みんなの連続アニメレビュー Menu

新世紀エヴァンゲリオン

1995年【日】 第1シーズン[全26話]
平均点: / 10(Review 5人) (点数分布表示)
アクションバトルものSF
[シンセイキエヴァンゲリオン]
新規登録() 【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-11-27) 【シネマレビュー管理人】さん
放送開始日(
放送終了日(1996-03-27)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

監督庵野秀明
キャスト緒方恵美(女性声優)碇シンジ
林原めぐみ(女性声優)綾波レイ、碇ユイ、ペンペン
宮村優子【声優】(女性声優)惣流・アスカ・ラングレー
三石琴乃(女性声優)葛城ミサト
立木文彦(男性声優)碇ゲンドウ
山口由里子(女性声優)赤木リツコ
清川元夢(男性声優)冬月コウゾウ
山寺宏一(男性声優)加持リョウジ
関智一(男性声優)鈴原トウジ
岩永哲哉(男性声優)相田ケンスケ
岩男潤子(女性声優)洞木ヒカリ
長沢美樹(女性声優)伊吹マヤ
結城比呂(男性声優)日向マコト
子安武人(男性声優)青葉シゲル
石田彰(男性声優)渚カヲル
大塚芳忠(男性声優)(07話)時田シロウ
脚本庵野秀明1-3,5-26話
キャラクターデザイン貞本義行
メカニックデザイン山下いくと
庵野秀明
アニメーション制作タツノコプロ
GAINAX
音楽鷺巣詩郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.私の青春アニメのひとつ。社会現象といっていいでしょう!
小学生の頃、夏休みに再放送やってて夢中でみてました。
「ロンギヌスの槍」「ATフィールド」「人類補完計画」といった謎のワードと物語、
そしてアスカと、綾波レイ、カヲルというキャラがかっこよくて魅力的だった。
オープニング曲と、次回予告のBGMが最高にかっこよかったな〜。
終わりは酷いというか、わけわからないけど、とにかく一生に残るアニメだった。 なので9点!
へまちさん [地上波(日本アニメ)] 9点(2018-08-23 21:35:04)
4.《ネタバレ》 放映当時、私はいわゆる水商売に身を粉にするという状況でした。忙しすぎて、テレビとか観ているヒマがなかった。つぶやきシローがつぶやいているトコロも、パイレーツの「だっちゅーの(むぎゅ)」も、結局リアルタイムで観ていない。当然、同時期に流行したエヴァンゲリオンとやらも、観ていなかった。

ラウンジで「一部ホステスや一部のお客が夕方放映しているアニメについて語り合う」という常軌を逸した状況からするに、やんわり社会現象になりつつあるアニメなのだろう、と、ヲタ業界から若干の距離をとっていた当時の私は冷ややであった。

やがて、水商売というブラック企業顔負けの日常が災いしたか、数年後に体やらココロやらが病み足を洗う羽目となった。

ある程度の金銭的余裕はあれど、やる気やら日常に対するモチベーションやら忙しさに感けて放置してた恋人だとかが、ネコソギ消失した。

そんなユルユルな消失感に苛まれている時に、ふと「そういやエヴァンゲリオンとか、全然わかんねぇ。観とくか」と、レンタルビデオ店から本作を借りてボヘーと観ていた。

テレビシリーズ、劇場版をも鑑賞した。

「エヴァで人生観が変わった!」とまでは、流石に言えないイイトシしたオッサンだ。だけど、イイ意味でも悪い意味でも、エヴァを観るには悪くないタイミングだったなぁ、と、当時を振り返りたくなる45歳の新春であった。

冷静にレビューするなら、作画の荒れや「動画もコンテも間に合ってない話数」などの減点対象が多いながらも、脚本やら世界観の妙味や残酷さは、アニメ史に於けるターニングポイントに成ってしまった感はある。

何だかんだで、もう23年前の物語なんだよなぁ…(自分語り、長ぇよ!)

蛇足ですが…「髪の毛を後ろでくくるオトナのオトコにロクなヤツはいない」という理由で、加持が今でも大嫌いです。(管理人さん、すまぬ)
aksweetさん [DVD(日本アニメ)] 8点(2018-01-10 05:16:33)(良:1票)
3.《ネタバレ》 当時アニオタのバイト君がお勧めしてくれた作品で「ヤマト」「ガンダム」級の人気だよ~、と聞き彼が録画したビデオで鑑賞、当時社会現象となりつつある頃で、そこまでの人気とは知らない状況でした。けっこうハマって一気に観たのですが、なんだかよく分からん終わりで消化不良に陥ったのを覚えています。良く分からんけど倒すの無理だろ!って使徒が出てきてなんとか倒すのが面白かったですね。好きなシーンはミサトと加地?だっけの会話のみのところ。
ないとれいんさん [地上波(日本アニメ)] 7点(2018-01-03 16:44:55)
2.ブームが去って、新劇場版で再びブームになった辺りでDVDレンタルして一気に観ました。
このアニメが革新的だったのは主人公がヘタレだったところだと思う(笑)
あんなにウジウジしたネガティブ野郎じゃなかったら。
もし、主人公が正義感溢れる熱血キャラだったら?
全く別の物語になっていたような気がする。
中盤にかけてはしっかりエンターテインメント性に溢れ、素直に楽しめたのだが、後半の展開は作り手が病んでしまったとしか思えない演出が多く、観ていて精神的に来るものがあった。それでも観始めたら止まらない癖になる面白さがあった。
ヴレアさん [DVD(日本アニメ)] 9点(2017-12-06 16:14:03)

1.《ネタバレ》 ブームがそこそこ落ち着いたぐらいの時に鑑賞しました。

最後の二話が変な感じになってましたが、
それでもやっぱり面白かった。

オープニングのカッコよさに最初びっくりし
先に読めない展開や独特の世界観に驚愕し
ほんと夢中で見ていました。

使徒の独創的なデザイン。
19話「男の戦い」に登場した「ゼルエル」とか
子供のデザイン感がありますが、動きの恐ろしさ。

この辺の展開は凄かったです。

貞本さんのキャラクタデザインと音楽も逸品で
作品としてのクオリティを上げていると思います。

キャラクターは加持リョウジがずっと好きで
このキャラクタが発する言葉はほぼ名言だなぁって感じで
以前セリフをまとめていたぐらいです(どっかいった)

最後二話のマイナス要素よりもプラス要素が強烈にあるので9点です
シネマレビュー管理人さん [CS・衛星(日本アニメ)] 9点(2017-11-27 09:29:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 8.40点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7120.00%
8120.00%
9360.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 ストーリー評価 8.00点 Review2人
2 作画評価 9.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 2.50点 Review2人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS