みんなの連続アニメレビュー Menu

さらざんまい

2019年【日】 第1シーズン[全11話]
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
[サラザンマイ]
新規登録() 【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-23) 【シネマレビュー管理人】さん
放送開始日(
放送終了日(2019-06- )


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

キャスト内山昂輝(男性声優)
アニメーション制作MAPPA
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 元セーラームーンの監督さんである幾原邦彦の作家性は、その時代に子供たちに伝えたいメッセージを、一番届いて欲しい若者が楽しめる言語で語るとゆうものです。「少女革命ウテナ」ではお姫様幻想を破壊し、「輪るピングドラム」では見捨てられた子供たちの生存戦略をぶっ飛んだお話の中で描きました。若者の言語なんで、一見、めちゃくちゃふざけた世界観で、「なんやこのヘンテコなアニメ、よーわからん」、と僕みたいなオッサンはついていけなくなります。特に前作である「ユリ熊嵐」では女の子の言語にふりきっていて、オッサンの僕は観るのがしんどくて(でも結局、最後は泣けちゃうんですけどね)。その反省をふまえたのか、今作はだいぶわかりやすいエンタメになっておりました。てゆーか幾原邦彦の過去作品を見ていたおかげか耐性がついてたみたいで、もう最初から最後までワクワクが止まんなかったです。春河と一稀のツナガリのくだりなんかボロボロ泣いちゃいました。幾原邦彦の語るテーマは常に、その時代の苦しんでる子供たちへの突破口です。それを、バカバカしいドタバタ劇の中に巧みに配置し、まるでサブリミナル効果のように、子供たちの深層心理に届くように描いていきます。今回のお話の基本ラインは「それぞれの悩みを抱えた浅草に住む3人の男の子が河童になって、カッパゾンビなるものとミュージカル調で戦う」ってゆーモノです。とにかく色んな所がぶっ飛んでいて、しかし、そんな中にも、幾原邦彦が伝えたいモノがいくつもまぶされています。前作「ユリ熊嵐」では、あなたのスキは本物かをずっと問われていました。そこからの流れをくみ、今回は主にツナガリについてです。今や社会は分断を若者たちに強いてきます。それは人々のツナガリだけでなく、過去からも分断されていきます。昔から脈々と続く大切な何か、歴史の中で犠牲になった人々の思いからも分断されていきます(記号化されたモブがチョンマゲなのは過去の人々の思いみたいなモノだと思います)。そしてツナガリはとてもやっかいで、しんどくて、面倒くさくて、切れちゃうと痛いのです。でも人は基本的にツナガリたいんです。しんどさに負けて、ツナガリ=欲望を手放すことは、自分の中の妄想や虚構(ウソ)の簡単な欲望に向かう事になります。最後に吾妻サラが言います「忘れないで、喪失の痛みを抱えてもなお、欲望をつなぐものだけが未来を手にできる」と。僕は今のコロナ禍は人々を分断する最大の試練だと思っています。それと同時に、人々のツナガリたいとゆう思いを逆に増大させる痛みにも思えます。つまり、また始まると思うのです。強いツナガリが。ツナガリの終わりはツナガリの始まりなんです。円になってるんです。アニメの中にも何度も円が出てきます。春河の合言葉は「はじめからおわりまで、まるいえんでつながっている」です。そして皿も円です。円は縁でもあるんです。そう信じたい。そんな事をアニメを見ながら考えてると、まるで今の出来事を予言したみたいにタイムリーなアニメだなーっとも思えました。
なにわ君さん [インターネット(日本アニメ)] 10点(2021-04-09 03:13:15)
1.ものすごく人を選ぶ作品だなぁって感じでした。

自分には全然合わなかった訳ですが。

伏線作品好きな自分にとって
この作品にいろんな伏線があるのはなんとなく分かるのですが
答え合わせの為に再度見直したりする魅力をあまり感じなかったです。

最終話で色々納得できる解が得られると思ったんですけどねぇ。

ってことで3点で
シネマレビュー管理人さん [地上波(日本アニメ)] 3点(2019-07-05 18:36:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
10150.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2022 JTNEWS