みんなの連続アニメレビュー Menu

UN-GO

2011年【日】 第1シーズン[全11話]
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
小説のアニメ化サスペンス推理もの
[アンゴ]
新規登録() 【ヴレア】さん
タイトル情報更新(2017-12-06) 【ヴレア】さん
放送開始日(
放送終了日(2011-12- )


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

監督水島精二
キャスト勝地涼(男性声優)結城新十郎
豊崎愛生(女性声優)因果
松本まりか(女性声優)佐々風守
梶裕貴(男性声優)自称小説家
三木眞一郎(男性声優)海勝麟六
山本希望(女性声優)海勝梨江
本田貴子(女性声優)虎山泉
入野自由(女性声優)速水星玄
椎名へきる(女性声優)佐々光子
原作坂口安吾
アニメーション制作BONES
放送局フジテレビ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.坂口安吾の小説「明治開花安吾捕物帳」を戦後の日本に舞台を移して描いた作品。なのだが、何故かネットや人工知能やハイテクが登場するという近未来的な世界観となっている。これは原作でも明治と戦後をリンクさせていた事へのオマージュとなっている。

1番好きなアニメは何かと聞かれたら間違いなくこの作品をあげる。アニメの円盤なんざ高くて買う奴はアホだと思っていたが、このアニメだけは思わず全巻買ってしまうほどハマった。

基本的にミステリーであり、敗戦探偵と呼ばれている主人公の新十郎と因果のコンビが活躍する物語なのだが、この因果というキャラクターがとにかく魅力的で好き。一度だけ相手に本当の事を話させるというミステリーとしては反則的な能力を使えるのだが、普段は子供みたいに悪戯したり、新十郎との絡みが最高である。

前述の「明治開花安吾捕物帳」の他に同作者の「白痴」や「アンゴウ」を原作とするエピソードもあった。後半登場する人工知能の風守も面白いキャラクターであった。
また、劇場アニメ化もされており(「UNGO エピソード0因果論」)、第1話の前日譚を描いている。そちらはみんなのシネマレビューの方に登録済みなので、見た方はそちらにレビューしよう。
ヴレアさん [ブルーレイ(日本アニメ)] 10点(2017-12-05 21:26:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 10.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
101100.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS