みんなの連続アニメレビュー Menu

翠星のガルガンティア

2013年【日】 第1シーズン[全13話]
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
SF
[スイセイノガルンガンティア]
新規登録() 【なにわ君】さん
タイトル情報更新(2018-10-26) 【シネマレビュー管理人】さん
放送開始日(
放送終了日(2013-06-30)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

キャスト石川界人(男性声優)レド
杉田智和(男性声優)チェインバー
茅野愛衣(女性声優)サーヤ
阿澄佳奈(女性声優)メルティ
伊藤静(女性声優)ベローズ
原画亀田祥倫OP, ED, 6, 9話
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.異世界間のボーイミーツガール物×デストピア・ロボットアニメ。

個人的には、鳴子ハナハル原案のキャラクターというだけでグウの音もでないご褒美。
aksweetさん [DVD(日本アニメ)] 8点(2018-09-09 01:44:44)
1.《ネタバレ》 いきなり、どっかの銀河系での宇宙戦闘から始まり、のっけからテンション高めで観ました。なにやら人類が人型兵器に乗り込んで、得体の知れないエイリアンとの激しい戦い、かと思うと、一挙に舞台は、映画「ウォーターワールド」的な場所に急展開。そこは地球です。陸地はほとんどなく海だけの世界で、人は船をつなげて生活してます。雰囲気も含めまんまウォーターワールドです。そして、そこがこのアニメのメイン舞台であり、以後、その世界でのお話になります。
最初のテンションのまま、主人公がどーなっていくのかとか気にしてると、ドンドン物語は進み、全く退屈しませんでした。後半の驚愕の真実や、物語の着地地点とか、素直に面白いです。一応ロボット兵器ドンパチモノですけど、ロボット同士の戦いは前半と後、ラスト近くのみで、異世界の探索モノ的な部分や、主人公が地球の人々との交流でどう変わっていくか的な部分が大きいです。ストーリーはシームレス度が高く、1本の映画を観る感じに近く、先が気になり、次々に観てしまいました。一挙見度が高いです。
なにわ君さん [インターネット(日本アニメ)] 7点(2018-09-08 19:02:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS