みんなのコミックレビュー Menu

タッチ

連載開始1981年
連載終了1986年
コミック数26冊
連載終了
平均点:7.46 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
スポコンもの青春もの野球漫画
[タッチ]
新規登録(2007-10-11)【シネマレビュー管理人】さん

Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者あだち充
掲載誌週刊少年サンデー
出版社小学館
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.あのシーンのあのセリフが有名なので、抑えとこうと思って読みました。
野球漫画なのか?と思うほど試合内容はさっぱりしていて、熱くなるようなドラマはなかったです。
このゆるい感じが魅力なんですかね・・・。
へまちさん 6点 [全巻 読破](2018-09-02 15:52:43)
12.《ネタバレ》 実は、あまり真剣には読まなかったんだよねぇ。面白くて、読みやすい漫画だとは思うのだけど、間の取りかたが最初、良く判らなくてね。それが落語の間なんだと理解できたら少し面白さが増したかな?漫画としても引き込まれたのはやっぱり霊安室での達也と南のシーンだろうね。あのシーンが出来たから、その後の話まで維持できたのだと思います。
奥州亭三景さん 7点 [全巻 読破](2010-09-04 09:30:43)
11.《ネタバレ》 弟が死ぬ展開にする事で、弟の意志を受け継いだ兄の奮闘に思わず力が入ります。そしてヒロイン南ちゃんのいつまでもぶれない優しさに、多くの男子が理想の女性像としたのではないでしょうか?スポコンとか恋愛モノという括りを飛び越えた、一大青春群像劇のような大作に感じます。話としては結構長いですが(アニメはもっと長いですが)、主人公達の心情の変化と、高校時代の時間的進行が見事にマッチして、無駄を感じません。しかしやはり達也の魅力に溢れた作品ですね。憎まれ役も出てきますが、皆どこか愛嬌があって。そこらへんがあだち充の上手さかなって思います。突然読み返したくなる作品の1つです。大傑作だと思います。
まさかずきゅーぶりっくさん 10点 [全巻 読破](2010-02-16 10:40:03)
10.《ネタバレ》 前半の達也がくすぶっていた期間は退屈なんだけど、やっぱり必要な部分。

一番好きな場面は西村が負けたことを達也に伝えに来るシーン。

「ばあちゃんが死んじまってよ・・・」

すげー、遠まわしなだけにものすごく切なかったですね。
バニーボーイさん 7点 [全巻 読破](2009-09-15 18:29:57)
9.《ネタバレ》 あだち充の中で何よりも一番好きなのが、主人公たちの表情の無さ。顔が赤くなったり、どぎまぎしたりしないのです。タッチはあだち作品の中でも、テンポが早くて飽きてくるころにちょうど終わるので心地よく読み終われます。もし満田拓也が試合書いてたら50巻くらいになってただろうなと思ったり。
ronronvideoさん 7点 [全巻 読破](2009-07-21 08:11:19)
8.《ネタバレ》 ラブコメの部分だけ取り上げられますが、読み返すと意外と(?)スポーツものなんですよね。
MASSさん 8点 [全巻 読破](2009-05-09 23:22:39)
7.小学生のころ「みゆき」に少しハマッて、中学生のころに「あだち充」に対する興味は終わった。アニメ版タッチも、中学生のころ日曜日の夕方「サザエさん」→「タッチ」と、惰性で観ていた感がある。

君にタッチ・タッチ・リズムタッリ・猪木のリズムタッチ!と、適当に替え歌にしながら、である。

原作もサンデー紙上ではどうでもいい扱いにしていた。この扱いが私の中で20年以上続いているぞ。あだち充。
aksweetさん 4点 [全巻 読破](2008-10-18 00:31:47)
6.《ネタバレ》 はるか昔、双子と南の勉強部屋が羨ましくてしかたなかった。
「きれいな顔してるだろ、死んでいるんだぜ、それ」
もう10年は読んでいないのに未だにセリフを覚えている。良い漫画でした。
野球ものとしても、青春ものとしても。
さん 9点 [全巻 読破](2008-10-17 20:57:56)
5.目鼻耳のバリエーションがないのに、人物の描き分けできているのはすごい。双子だって違う人格に見えるもの。吉田秋生は見習ってほしい。
みんな嫌いさん 5点 [全巻 読破](2008-08-31 15:23:10)
4.あだち充の大ファンです!(そのため未だにサンデー愛読中) 久しく読んでいないので、今読むと多少評価が違うかもしれませんが..あだち充 独特の “世界観” と “間” が、大好きです..なんといっても、あの、あっけない最終回、、うなりましたね~ あだち充らしくて、すばらしい~..
コナンが一番さん 10点 [全巻 読破](2007-12-27 12:35:26)
3.この作品の特徴は兄貴が主役であるということ。そしてこの作品がただのスポコンや青春漫画で終らない傑作となった最大の要因は、柏葉(弟)の存在に尽きると思います。達也とこの監督のやりとりの中に、男の「カッコ良さ」や「やさしさ」が凝縮されていると思います。
マー君さん 9点 [全巻 読破](2007-10-27 16:39:34)
2.《ネタバレ》 野球漫画なんですけど
主要人物が凄すぎて
試合はその主要人物対決以外がはしょり倒してるので

手に汗握り度は低いですね

ただ、青春漫画として見た時に
良いっすね

あだち先生の漫画って
キャラに区別があんま付かないですけど(本人も自覚してますが)
話の流れが好きなんですよ

甲子園も下手に描かなかったのは良かった思います。

ただ、個人的には最終巻(決勝に勝った後)は結構蛇足かなぁ・・・。
シネマレビュー管理人さん 7点 [全巻 読破](2007-10-26 01:06:06)
1.朝倉南が隣に住んでるなんて、達也がうらやましすぎる。
ケンジさん 8点 [全巻 読破](2007-10-17 20:20:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 13人
平均点数 7.46点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
417.69%
517.69%
617.69%
7430.77%
8215.38%
9215.38%
10215.38%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 タイトルマッチング評価 9.00点 Review2人
2 ストーリー評価 8.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review3人
4 感泣評価 8.00点 Review3人
5 爆笑評価 5.00点 Review1人
6 作画力評価 7.66点 Review3人

Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS