みんなのコミックレビュー Menu

がんばれ元気

連載開始1976年
連載終了1981年
コミック数28冊
連載終了
平均点:9.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
青春ものボクシング漫画
[ガンバレゲンキ]
新規登録(2009-11-22)【夜光華】さん

Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者小山ゆう
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 今でも良く読み返しています。
今読むと、現代とは違うあの頃の特有の時代感というか、泥臭さと言うか何と言うかそういったものを含めてとても心に刺さるものがあります。
元気や、元気の周りの人々を取り巻く状況は結構ハードだし、元気にいたっては生まれて同時に母親を失い、幼少の頃からボクシング、大好きな父も亡くなり、中学を卒業して全てを捨てて上京・ボクサーの道へ。青春時代を全て父の想いを胸にボクシングにかけて来た。そしてプロわずか14戦で引退。その間に大切な人との幾たびの別れ、ライバル・親友の夢を潰して上に上がらなければいけない世界。
たとえ漫画だとしても恐ろしく過酷で尋常ではない苦難の連続にもかかわらず、元気は真っ直ぐで綺麗な目のまま真っ直ぐ歩いて来た。
他の漫画でこんな事があったら、主人公は道を踏み外し、主人公も汚れて行くでしょう。
がんばれ元気が特異で、これだけ心に残る作品なのはこういった点だと思います。
こんな聖人いないだろと思いながらも、作中のライバル達が、いつの間にか元気と戦う事を自らのボクシング人生の最終目的に変えて行くのはこういった元気の人物像に惹かれていったからでしょう。
そしてあのラスト。関拳児戦の終わりから田沼家へ帰るまでにシーンは漫画史上、これほど晴れやかで美しいラストは無いと思います。
今読むと、時代のずれを大きく感じるかもしれませんが、多くの人に読んで欲しい作品です。
夜光華さん 10点 [全巻 読破](2017-10-25 11:46:34)
2.《ネタバレ》 何度読んでも涙した作品。特に小学校に上がる前が泣ける。そしてラスト。
もっとも多くの感動を受けた作品でした。三島さんはじめ脇役も魅力的。
竜ヶ沢中段さん 10点 [全巻 読破](2013-10-22 22:19:28)
1.《ネタバレ》 暗く、重く、スカッとしない。しかし、面白い。ボクシング漫画の異端児的存在。

元気の父親・シャーク堀口が遊園地で死ぬシーンは、今でも軽くトラウマです。

蛇足だが、「少年サンデーのスポーツ漫画は、連載中に主人公の父親が死ぬと名作になる」というジンクスを作った(?)漫画と、言えなくもない。
aksweetさん 7点 [全巻 読破](2009-12-28 06:23:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 3人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7133.33%
800.00%
900.00%
10266.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 タイトルマッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 感泣評価 10.00点 Review1人
5 爆笑評価 2.00点 Review1人
6 作画力評価 8.00点 Review1人

【小学館漫画賞 情報】

1976年 22回
少年向け部門 受賞 

Copyright(C) 1997-2017 JTNEWS