みんなの連続ドラマレビュー Menu

エクスパンス-巨獣めざめる-

The Expanse
2015年【米】 第1シーズン[全10話]
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマSFミステリー
[エクスパンスキョジュウメザメル]
新規登録() 【ザ・チャンバラ】さん
放送開始日(
放送終了日(2016-02-02)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

キャストトーマス・ジェーン(男優)ジョー・ミラー
スティーヴン・ストレイト(男優)ジム・ホールデン
プロデューサーアンドリュー・A・コソーヴ
ブロデリック・ジョンソン
ショーン・ダニエル
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> 全レビュー表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 ヤバい。面白すぎる。てゆーか、ごめん、このドラマの舞台設定が僕のハートにズキューンだったので、通常の人とは恐らく違った評価になっちゃいます。SFで、スタートレックやスターウォーズみたいな他の星系までワープとか、異星人がウジャウジャとか、銀河系全体に人が領土を広げてるとか、そーいったスペースオペラも好きなんですけど、こーいった太陽系だけ全体に人類が移住し、その中で地球とか火星とか、その他の衛星とかで紛争が起こったり、陰謀が渦巻いたりするドラマも好きなんです。多分、昔、読んだ、谷甲州の小説で、航空宇宙軍史シリーズの1つ「エリヌス戒厳令」がめっちゃ面白くて、それに影響を受けてるんだと思います。なんか舞台設定とかそれに似てるんですよねー。宇宙に住む人々の生活感とか、重装備の火星軍とか。宇宙戦艦とか。政府が絡んだ陰謀とか、それに応じて太陽系の各地で起こりそーな紛争一歩前の状態とか。それに映像が良く出来てます。チャチくない。小惑星帯の地下都市風景で、天井にラスベガスのアーケードみたいな青空が映され、その下にアパートとかが乱立してるのを見て、もうそれだけで、なんか世界観に引き込まれます。将来もし宇宙で人が生活するとしたらこんな街並みなんだろーってのが僕の中にあって、それがそのまま映像化されてるんですよね。お話は、とりあえず人を探す刑事の話と地球の高官のおばーちゃんの話は最初はちょっとわかりにくくて退屈かもしれませんが、貨物船のクルーの話は最初から結構テンション高く観れました。謎の救難信号を受け、救出に向かい、正体不明の宇宙船からの攻撃、1話目から惹きつけられました。ただ太陽系の政治状況とか説明的なセリフとかが少なく、あんまSF好きじゃないと、オイテケボリ感は半端ないと思います。でも、僕なんかは世界観が好きなので、食い入るように画面やセリフに集中してたせいか、そんなにストーリーで混乱することはあんまありませんでした。それに9話目くらいになれば、だいたい理解できると思いますが、やっぱこの世界観が好きじゃなければ、そこまでしんどいかもしれません。恐らく、普通ならシーズン2の2話目あたりで、面白さが急上昇するかもしれません。ちなみにシーズン2では火星の女戦士なんかの新たなキャラも登場して、もう僕はかっぱえびせん状態で一挙に観てしまいました。太陽系を舞台に、大きな陰謀が進行し、それに巻き込まれる主要キャラたち。火星と地球が軍事的に衝突しそうな緊張状態、OPAと呼ばれるテロ組織の存在、重力ブーツとか、宇宙船の重加速に耐えるために、シートに座ると加速ドラッグなる液体が自動的に体内に送り込まれる装置などのガジェット、緊張感ある宇宙船外活動、ブレードランナーみたいなサスペンス感、全体的に漂う星野之宣のSF漫画のような近未来叙事詩的な終末感と重厚感。そんなのが好きならおススメですが、僕の感想は好きすぎて参考にならないかも。多分、1話目で世界観に引き込まれず、面白さを感じず、2話目が観たいとゆう欲求がなければ、全体でもそんなに楽しめないかと。
なにわ君さん [テレビ(吹替)] 10点(2017-10-03 01:33:38)
1.《ネタバレ》 映画・ドラマ・アニメを含めたすべてのSF作品の中でも最上位クラスの作品だと思っている作品として『バトルスター・ギャラクティカ』があるのですが、Syfyチャンネルがそのギャラクティカ以来久し振りに手掛けた宇宙ものが本作『エクスパンス』ということで、大変な期待の下での視聴となりました。
で、結果なのですが、物語もビジュアルも確かに作り込みが凄い。巨大なスペースコロニーから小道具ひとつに至るまで何一つ手抜きがなく、宇宙移民が始まって数世代が経過してくたびれてきた世界というものを、ほぼパーフェクトに視覚化できています。また物語も硬派な空気を終始維持できているし、いざ戦闘が始まれば圧倒的なテンションの見せ場が繰り広げられ、本作のメイン視聴者であると見られるギャラクティカのファンが要求するものは、とりあえず提示できています。
問題は、とにかく内容がわかりづらいこと。失踪した富豪令嬢を追うコロニーの刑事、正体不明の敵に攻撃された貨物宇宙船の生き残り、地球の国連大使が主人公となるのですが、シーズン佳境までほとんど接点を持たないこの3名が別々に謎解きをしているので、彼らが何をしているのかをしばしば見失いそうになります。
また、前述の通り個々の見せ場のクォリティは高いものの、最近のアメリカドラマとしては珍しく見せ場の数がとにかく少なく、何事も起こらないまま終了する回もザラにあるため、見続けるためには時に忍耐が必要となります。なお、謎の多くは解明されないままシーズン最終話を迎え、本シーズンが序章に過ぎなかったことが判明するのですが、今後このシリーズがどうなっていくのかには大変興味をそそられる一方で、この構成ではシーズン単独での評価はどうしても低くなってしまいます。複数のシーズンをまたぐ壮大なサーガを描きつつも、個々のエピソードの満足度も高いものだった「バトルスター・ギャラクティカ」や「ゲーム・オブ・スローンズ」などと比較すると、本作では全体構成のために個別エピソードが犠牲にされているという印象を持ちました。
ザ・チャンバラさん [テレビ(吹替)] 6点(2017-08-05 22:50:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
10150.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2022 JTNEWS