みんなの連続ドラマレビュー Menu

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女

2015年【日】 第1シーズン[全9話]
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
サスペンス刑事もの
[サイレーンケイジカケルカノジョカケルカンゼンアクジョ]
新規登録() 【なにわ君】さん
放送開始日(
放送終了日(2015-12-15)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

キャスト松坂桃李(男優)里見偲
木村文乃(女優)猪熊夕貴
菜々緒(女優)橘カラ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 主人公の男女の刑事が同じ部署、しかも付き合ってる、この設定にとてつもなくかるーい感じのユルユル刑事ドラマだと思い観始めたら、あーた、見事にハマりました。面白い。確かに、ドラマの最初の方はユルーイ感じの刑事ものなんすけど、そーはならない要素が1つありまして、それがもう1人の主人公、菜々緒演じる橘カラの存在です。タイトルにある通り、カラは完全悪女です。キャバ嬢ですが、サイコパスです。連続異常殺人鬼です。モンスターです。別の快楽殺人鬼にロープで首を絞められても、足で相手を殺すし、通り魔の刃物もなんなくかわします。そんなカラが木村文乃演じる猪熊夕貴と出会ったことで物語が動いていきます。カラは猪熊に事件を利用して、あの手この手でなぜか接近してきます。そんなドラマです。だから刑事ものにありがちな、1話1事件解決とかではなく、いや最初の方はちょこっとあるんだけど、徐々に各話がシームレスになっていきます。原作が漫画なので、リアルかと言われれば、うーんってなっちゃいますが、サスペンスとして僕は結構ドキドキして観ました。特に最終話近くは、もうドッキンドッキンでした。カラの秘密、なぜ猪熊に近づくのか、そして最後はどーなっちゃうのか、見ごたえ十分でした。1つありえないかなり重要な問題点もあるんだけど、そこはもう勢いで気にならないってゆーか、どーでもよくなっちゃいました。オープニングの歌の入り方もかっちょよくて好きです。
なにわ君さん [DVD(日本ドラマ)] 10点(2017-07-14 00:01:00)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 10.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
101100.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2022 JTNEWS