みんなの連続ドラマレビュー Menu

ライン・オブ・デューティー

Line of Duty
2012年【英】 第1シーズン[全5話]
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
サスペンス刑事もの
[ラインオブデューティー]
新規登録() 【なにわ君】さん
放送開始日(
放送終了日(2012-07-24)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 イギリス発のドラマで、ネットフリックスで人気の作品。残念ながら日本語吹替はないが、それでも観ないとかなり損をするほど面白い刑事ドラマ。刑事ドラマと言っても、このドラマの主人公たちの所属する部署は、汚職警官を調査し摘発する汚職特捜班(通称A-12)というちょっと特殊な部署で、だから通常の刑事ドラマのように事件が起こり、その犯人を捜査する感じではないのです。シーズンごとに事件は起こるのですが、それに関わった警官を探って、汚職警官を捕まえるお話しなのです。正直、シーズン1では、こじんまりとした感じで、事件も調査する警官も、なんかチマチマしてる感で、そこまで面白いとは感じなかったのですが、シーズン1の終わりから、かなり面白い展開を見せます。実は汚職警官たちは組織を組んでいて、それが犯罪組織とつながっていて、その組織と対峙する物語になっていくのです。そして汚職警官の表現も、警官がちょっとした犯罪を裏でしてるって感じじゃなく、映画、物体Xでエリアインに憑りつかれて、もう人間でなくなったような描き方なのです。いや、もちろん、これはSFでもホラーでもないので、汚職警官は普通の人間なんですけど、その態度や行動がそんな感じなのです。警察の中で、仲間と思っていた者が、実は汚職警官として裏で、犯罪組織側に組していて、捜査を混乱させたり、真相に近づく者を暗殺したり、誰が仲間で、誰が汚職警官なのか、もうハラハラドキドキなのです。だから、突然、普通の警官が、署内で銃撃してきたりとかあるんです。ただいま、シーズン5まであるのですが、各シーズンは6話ほどなので、アッとゆう間に終わっちゃいますが、中身はかなり濃くて、シーズン5の終わりを見ても、まだ続きそうなので、これからも楽しみなドラマです。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 10点(2019-08-31 18:12:38)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 10.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
101100.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2022 JTNEWS