みんなの連続ドラマレビュー Menu

女子高生の無駄づかい

2020年【日】 第1シーズン[全7話]
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
コメディ青春もの学園もの漫画のドラマ
[ジョシコウセイノムダヅカイ]
新規登録() 【ヴレア】さん
タイトル情報更新(2020-03-11) 【シネマレビュー管理人】さん
放送開始日(
放送終了日(2020-03- )


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

キャスト恒松祐里(女優)ヲタ / 菊池茜
中村ゆりか(女優)ロボ / 鷺宮しおり
浅川梨奈(女優)マジメ / 一奏
大倉孝二(男優)教頭
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 なんやかんやで8点になった作品。

まぁ、最初はいくつか不満もあったものの
最終的に結構満足する作品になってました。

脚本が破綻している朝の連続ドラマ風の
ロボっこがああいう風に絡めてくるとは
ちょっと予想してなかっただけに

アニメ版よりも楽しめた部分でもあります。

キャスト陣はヴレアさんが言及されている部分が
ほとんど同じ感想で

あの3人の再現度=完成度になったといえます。
アニメでもバカが登場しないと物足りない感がありましたが
そこも同様で
中でも岡田結実さんの好演が光ります。

彼女以外の人がバカを演じていたら
間とか雰囲気が気になっていたかなぁって感じでした。

さらにワセダは回を増すごとに良くなった気がします。

ってことで、アニメからドラマ版としては成功なんじゃないでしょうか。
8点で
シネマレビュー管理人さん [テレビ(日本ドラマ)] 8点(2020-04-16 21:16:06)(良:1票)
1.コミック→アニメ→ドラマの順で映像化した場合、ドラマで爆死する可能性が高いが本作品は珍しくそのセオリーを覆したのではないだろうか。

まず一番大事なのはキャストが合っているかどうかだと思うので特に重要な主役の3人(バカ、ヲタ、ロボ)のはまり具合はほぼ完璧で、それだけでもう半分成功していたと言える。
勿論残念だったキャラも居るが(ワセダとかヤマイとか)それはそれで段々と慣れてきたので問題なかった。

あと良かったのはとにかく内容の濃さだろう。毎回50分位はあるのにびっしりとアニメにあったエピソードをこれでもかと詰め込み、さらにオリジナルのエピソード等もふんだんに盛り込まれ全然飽きさせないような構成だったので、そこが素晴らしいと思った。
ヴレアさん [テレビ(日本ドラマ)] 8点(2020-04-07 22:18:15)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
82100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS