みんなの連続ドラマレビュー Menu

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

2016年【日】 第1シーズン[全9話]
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ミステリー
[オンイジョウハンザイソウサカントウドウヒナコ]
新規登録() 【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-09-07) 【シネマレビュー管理人】さん
放送開始日(
放送終了日(2016-09-06)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

キャスト波瑠(女優)藤堂比奈子
要潤(男優)倉島敬一郎
渡部篤郎(男優)厚田巌夫(班長)
林遣都(男優)中島保(心療内科医)
篠田麻里子(女優)鈴木仁美(1話)
佐々木希(女優)佐藤都夜(3,4話)
放送局関西テレビ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 原作は内藤了の小説「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」 シリーズで、僕は原作のシリーズを読んでおります。原作とドラマでは各事件そのものの大まかな展開は同じなんですが、決定的な違いがあります。それはキャラ。特に主人公、藤堂比奈子は小説とドラマでは全然違います。小説では藤堂比奈子は普通の女の子でして、記憶力がいいのはドラマと同じなんですけど、ドラマみたいに感情がないとかはありません。前向きで、笑いもするし泣きもするし恋もする、全く持って猟奇的とは縁遠いキャラです。アニメ「サイコパス」の常守朱みたいな感じかな。だもんで、事件の描写は陰惨でおぞましいのに、警察の藤堂比奈子周辺になると、なんだかラノベみたいなノリになちゃってて、そのギャップの差がある意味、不思議な魅力をかもしだしているんですが、これをそのままドラマにしちゃうと、果たして面白いのかどーかは疑問です。だから、ドラマのキャラの改変や、それに連続性をもたらすために、一部の事件を改変したことは、僕的にはがんばったなーって感じで好感がもてました。一応、次も観たくなるように工夫もされていたし。ただし、完璧に成功かと言われれば、うーん、って感じもあります。特に最終話の2話は、小説の「ZERO」と「ONE」を大きく変更したもので、お前誰やねん的に急に登場した犯人の永久より、僕は小説の永久の方が断然、サスペンス的には面白いと思っています。都夜も佐々木希ががんばっていましたが、小説の全く異常に見えない都夜のほうが何倍も恐ろしく思えました。でも小説の藤堂比奈子の捜査班はたまに、なんか漫画っぽくて軽いなーって感じに思える時もあって、そー思うと、ドラマの不敵で不気味な藤堂比奈子とか、影があって暴力的な東海林とかの方が、なんか緊張感があっていいかなーと、ドラマと小説、どちらも一長一短って感じですかね。やっぱ。ちなみに、小説の藤堂比奈子シリーズはまだ続いていて、最近では人魚の水死体が発見されるとゆうトンデモ展開になってきてます。解剖した死神女史が本物なのか?それとも合成?と頭を悩ますくらいの異常事態です。さらになにやら怪しげな組織の影がチラホラ。一応、人魚事件の方は解決しますが、次の予告では今度は魔法陣に置かれた三つの死体と抜き出された心臓とゆう、これまたおぞましい事件っぽくて、どーやら死神女史に因縁のある事件とつながってるみたいで、早く続きが読みたいって感じです。
なにわ君さん [テレビ(日本ドラマ)] 7点(2017-07-27 00:41:54)

1.《ネタバレ》 猟奇殺人的な話は好きなジャンルではあるのですが(羊たちの沈黙 とか ストロベリーナイト とか 沙粧妙子-最後の事件-とか)、
全編通しして、犯人の動機やら行動に色々と納得いかない印象でした。

ディテイルをこだわる以上に、殺人手法の奇抜さを優先しちゃった感じです。

犯人が簡単に自白しまくりで、よくそんなんで連続殺人見つからなかったな。って思うレベル。
なんなら聞いてない事までべらべら自供しだす始末。
古畑さんが出る幕もなく、今泉君だけで解決できそうですし、
なんとかサスペンス劇場なら崖にまで到達できないですよ。

シリアルキラーってIQが高いイメージがある割りに、
このドラマでは逆にお馬鹿なシリアルキラーが集まってた感じです。

全体的にまわりくどく、手紙に隠された暗号とかもそうですが、
後半に動物の死体の数と地名を使った謎解きがありましたが、
で?って感じですし。(途中で捕まるリスクが高まる割に、中島先生に調査依頼がなかったら誰も気づかない。そもそもプロファイリングとこの謎解きは別かと)
※チャー研のデュアル星人レベル

エピソードレビューの平均は5.4でしたが、
1話から引っ張っていた殺人方法が
デスノート的方法って事に猛烈に萎えたので4点かなぁ。

あれ使えるなら完全犯罪し放題でしょうに。

後半逆にそれでいききっていたらまた印象が違っていたかもです。

尚、全体的に音楽は良かったですし、
奇抜さを優先してる感じるぐらい、死体の描写は良かったと思います。
シネマレビュー管理人さん [テレビ(日本ドラマ)] 4点(2016-09-07 00:16:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 ストーリー評価 4.00点 Review1人
2 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
3 音楽評価 8.00点 Review1人
4 感泣評価 1.00点 Review1人
5 映像評価 7.00点 Review1人

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2017 JTNEWS