みんなのシネマレビュー

15時17分、パリ行き

The 15:17 to Paris
2018年【米】 上映時間:94分
ドラマサスペンス実話もの
[ジュウゴジジュウナナフンパリイキ]
新規登録(2017-12-31)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2018-12-08)【イニシャルK】さん
公開開始日(2018-03-01)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
魏涼子(日本語吹き替え版)
撮影トム・スターン〔撮影・照明〕
製作クリント・イーストウッド
製作総指揮ブルース・バーマン
配給ワーナー・ブラザース
衣装デボラ・ホッパー
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
通常表示】/【お気に入りのみ表示】

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
12


37.《ネタバレ》 イーストウッドお得意のノンフィクション。
勇敢ですね、恵まれた過去がなかろうと突如襲い掛かる事件に立ち向かう若者3人。
当然フランスの表彰モノです。
あれ?4人のヒーロー?あと一人誰だ?
見返してわかったスペンサーの隣の救助おじさん。 mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-10-04 21:48:03)

36.イーストウッド作品の表現してきた、「誇り」「強さ」「尊厳」などといった明確なテーマでなく、
事実をこれ以上なく、魅力的に浮かび上がらせた作品。

それはまるで、人生を視力4.0 で見つめ直すような、
3人の過去、旅の道中、事件に至るまで、
楽しさ、苦しさ、仲の良さが身体の隅々まで染み渡る。

大切なこと、それは今を行動すること。
生きるために生きる、そんな感想です。 元祖さん [DVD(字幕)] 9点(2020-09-05 14:04:00)

35.《ネタバレ》 パリの列車テロを防いだ米国人の実話と知って観ても(わたしは知らずに観たので尚のこと)、あまり面白くはないですね。事件そのものについては当時大いに感嘆し3人のアメリカ人に興味も抱きましたけど、映画にするとなると2時間弱の長尺、事件そのものは数十分の出来事であるし、どうしたって個人の「それまでの人生」を描かなきゃならない。
だけど一個人の人生なんてそんな見どころいっぱいなわけないですもん。さしものイーストウッドも描くこと無くてヨーロッパ観光シーンが長くなっちゃってる。知らない人たちの生い立ちと観光旅行に付き合わされてやや辟易しました。
3人が本人というのもサプライズ企画ではあるけど、よく考えてみれば裏目だったかも。プロの俳優ってやっぱり引きのオーラがあるんですよ。同監督の実話ものを見ても、トム・ハンクスやブラッドリー・クーパー、ポール・ウォルター・ハウザーなどは演じた役の人間性をこちらに伝えてくる力があるのです。ある意味本人が動くのよりも。
今作を観てて終盤に「これってあの事件の実話かな」と気づくまで彼ら3人に特に興味を覚えず退屈したのは、脚本のせいだけではないのかも。 tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-07-07 23:22:26)

34.《ネタバレ》 欧米では一大ニュースだったんでしょうね。
目玉は本人たちによる5分間の再現ビデオ。
それ以外は…う~ん。
90分で終わってくれたのが救いです。
ところでクリント・イーストウッドが監督とのことですが、彼はどういう仕事をしたのでしょうね。
ローマでのロケや列車内の撮影に本当に携わっていたのでしょうか?
90歳のご老体で、あの現場に立っていたとは私には思えません。 クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2020-06-06 04:10:20)

33.駄作だといは思わないが、大きな気持ちの変化は起こらなかった。考えてみれば、結末はわかっているわけだし。
時間的に短い作品だというのもわかる気がする。そもそも、列車の中以外は日常そのものなのだから。 海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-05-31 21:50:23)

32.《ネタバレ》 世の中のほとんどの人は映画の中のヒーローのような人生を送っていないってことを淡々と描いた作品です。そして、望むか望まないかに関わらず、ある日突然ヒーローになることもあるってことですね。ヨーロッパ旅行楽しそうで何よりです。 いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-10-06 04:30:33)

31.何という豪胆で巧い「映画的話法」だろうか。
キャスティングにおける「特異性」は当然認識した上で鑑賞していたが、現実のフランス大統領本人から勲章を授与されるラストシーンを観ながら、思わず「うまく合成してんなー」と思ってしまった。
「あ、いやいや本人だ」と一寸遅れて思い直すくらいに、主人公らを演じたこの事件の“当事者”たちの演技には違和感がなかった。

2015年、実際にヨーロッパの高速鉄道タリス内で発生した銃乱射事件を描くにあたり、その現場に遭遇し、事件に立ち向かったアメリカ人の若者3人をはじめとする当事者(無論演技素人)たちを主演に起用するというあまりに常軌を逸した映画企画を立案し、成立させ、きっちりと良作を生み出してしまうクリント・イーストウッドという“映画人”は、本当に本当に映画に愛されているなと思う。

イーストウッド監督は、「アメリカン・スナイパー」、「ハドソン川の奇蹟」、そして本作と、この数年特に現実世界の中で実際に起こった社会的事件を精力的に映画化している。
題材の種類自体はバラバラだけれど、その根幹にある性質と、描き出そうとするテーマ性には揺るがないものを感じる。

それは即ち、現代社会における「アメリカ人」の在り方を問うということに尽きる。
それぞれの映画の主人公たちは、みな一つの「正義」や「信念」を背負って生きている。
ただし、彼らは一様に惑いと脆さを孕み、あらゆるしがらみや重圧に耐えながら苦闘する。
そこには、様々な側面でアンビバレントな理想と現実を抱える現代のアメリカ社会の中で生まれ、生きるアメリカ人の生き辛さのようなものが如実に映し出されているように感じる。

それはまさに、クリント・イーストウッド自身が今現在何よりも強く感じている、自国に対する憤りと悲しみなのだろう。
だからこそ、この御年89歳(2019年8月現在)の巨匠は、実際の事件発生から間髪を入れず、アメリカという国と、アメリカ人の「今現在」を映画として描き出すことに情熱を注ぎ続けているのだと思える。

そして、アメリカ映画史を代表するスター俳優でもあるクリント・イーストウッドは、観客に対して「娯楽」と「希望」を提示することを忘れない。
息が詰まりそうな世の中(アメリカ)だけれど、それでもこの国の人々は、何時だって誰だって“英雄(ヒーロー)”になれるんだ。ということを映画の主人公たちを通してひたすらに伝え続ける。
本作の主人公に演技経験がまるでない「素人(ただのアメリカ人)」を起用したのは、まさにそのメッセージの具現化に他ならない。 鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2019-07-28 00:23:32)(良:1票)

30.《ネタバレ》 良作。
クリント・イーストウッドの作品には外れが無い。
テロを阻止するクライマックスに至るまでの描写が淡々とし過ぎているかの様に思えるが、
本作を鑑賞する人は皆、これから彼らに何が起こるかを知っている訳で、
それが故に各シーンに巧みに散りばめられた伏線が最後に最大限の効果を発揮するのだと思う。
(落ちこぼれだった事、身体を鍛えた事、色々と努力した事、信仰が主人公の価値観に大きく影響を与えた事 等々)
本作最大の複線は、今更説明不要だが主人公含め主要登場人物を本人が演じている事だろう。
私は事前に予備知識として知っていたが、皆中々の演技をしていたと思うし、
フランス大統領から叙勲されるシーンや故郷でのパレードのシーンは、逆に本人が演じている事を
知っているが故に感動が増した様に思う。
本人を使うのは大英断だと思うし、彼らを被写体として最大限活用した監督の手腕にも脱帽する。
劇場で観るべき作品だった。 たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-07-23 18:05:20)

29.《ネタバレ》 実話を本人たちが演じていると知らずに見たので驚いた。
演技もそんなド素人には見えなかったので。
イーストウッド監督も思い切ったことをするもんだ。
面白い試みだったが、映画は実話ものにありがちな、ストーリーの芯から外れた散漫な部分、そこはいらないでしょ?ってところがある。
それがあるからリアルさが増すということでこだわりがあったんだろうけど、その部分は見ててちょっと退屈。 飛鳥さん [DVD(吹替)] 4点(2019-07-03 21:28:52)

28.前知識なしに鑑賞。とにかく感動した。 ホットチョコレートさん [CS・衛星(吹替)] 10点(2019-05-26 07:32:34)

27.監督、アメリカンヒーロー万歳ですね。本人たちもクリントイーストウッド氏だから断れないでしょうね、もう一回旅行に行けるのもあるし(笑)偶然と必然、あるんでしょうか。それにしてもすごい若者たちです。 HRM36さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-01-19 19:27:15)

26.《ネタバレ》 実際に起こった列車内でのテロ未遂事件。偶然その場に居合わせ、一瞬の判断で車内での大量虐殺を未然に防ぐことに成功した三人の若者たち。彼らの物語を実際の本人たちが演じるという一風変わった手法で描いた、イーストウッド監督の実話ドラマ。テーマ性も映像も名匠らしく手堅く纏められてはいるが、過去の彼の作品と比べると少々物足りない印象。もう少し心に響く何かが欲しかった。 かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2019-01-01 22:36:54)

25.やはり素人は素人。ストーリーも、起伏が欠けており、満足感は低い。イーストウッドの新しい挑戦は買うが、うまくいかなかったと思う。 にけさん [映画館(字幕)] 6点(2018-12-24 19:09:07)

24.登場人物が、すべて本人だなんて..クリント・イーストウッド監督も 大胆だね~ まぁ~映画として、ちゃんと成立しているので、ある意味すごい! 物語は、実話もので、シンプルで 淡々と進む 地味~な展開..上手く創っている方かな~ 良作ではあるので 8点 献上... コナンが一番さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2018-09-08 00:10:21)

23.《ネタバレ》 主役の3人、本人なんだね~。
それを知ってからでは、映画の印象がガラリ。

とてもじゃないが、恐れ多くて、マイナスのコメントなど言えないです。
いくら軍で鍛えられてるからって、銃を構えてる人にタックルなぞ・・・・俺は無理だなぁ・・
もし弾がひっかかってなかったら、確実に撃ち殺されてるのに・・
強運というか・・

それにしてもイーストウッド監督は、前作「ハドソン」から
アメリカ人の勇気を称える映画を創り続けてますね~
っていうか監督は、よく考えると、どの作品もアメリカ万歳だね。 トントさん [DVD(字幕)] 7点(2018-09-02 22:41:06)(良:1票)

22.伏線もきいてて、おもしろかったです。
キャストのことは、鑑賞後、特典映像をみて知りました。演じた側もすごいが、それをやろうとした監督もすごい。
リアリティーを追求してるなぁ。 へまちさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2018-09-01 20:17:09)

21.《ネタバレ》 本人たちが演じているということは、予備知識なしでは全く気付かないだろう。
それほど演技は自然だし、3人ともルックスも悪くないので、知らなければプロとしか思えないだろう。
事件に至るまでの3人のエピソードは多く事件(において、3人が対応できた事柄)への伏線になっているので見逃せない。
友情を描いた映画であり、青春映画でもあり、旅行(?)映画でもあり、なかなかの出来。
特典映像も見逃せない。 エンボさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-08-25 23:28:57)

20.《ネタバレ》 見る前は、全編にわたってテロリストと列車内で戦う内容なのかなと思ってたのですが、
実際に見だすと登場人物たちの少年時代から話が始まる。
そして彼らが青年になり、3人集まってヨーロッパに行くことになり、楽しいヨーロッパ旅行が始まる。
これが結構尺が長いもんで、途中から「あれ、自分は何の映画見てるんだろう」と思い始める(笑)。
全体の3分の2ぐらいが終わって、終盤ようやくテロリストとの対峙が始まる。なかなかの見応え。
3人でタコ殴りするシーンなんかはこっちも力が入りました。そしてフランス大統領との面談シーン。
「おや、本物の大統領じゃん。随分とCGよくできてんなぁ」なんて思いながら鑑賞終了。
その後、特典映像を見る。その時になって初めて、実際の人たちが演じていることを知る。
3人と、さらには撃たれた男性とその妻まで。これには驚いた。「マジで!?」思わず声が出た。
完全に素人なのに、違和感はほとんどなかった。3人のキャラがそれぞれ違っていて、
互いに補完し合うような関係であることがすごく良かったですね。運命的なものを感じちゃう。
被害にあったあの夫婦はよく出てくれましたね。
そして何より、ある意味で大きな挑戦をやってのけるイーストウッドがすごい。
長いキャリアの中で、素人にもできると踏んだのだろう。さすがとしか言いようがない。 あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-08-23 20:40:35)

19.実話をご本人たちが演じたとのこと。正直英語の発音やニュアンスがわからないので、どれだけ大根(失礼)なのかはわからなかった。その点では日本人の自分としてはよかったのかも。ただ実話だけにさほどの盛り上げもなく、さすがのイーストウッド作品とはいえ少々退屈でした。「ハドソン川の奇跡」は実話だけど良かったのに。。。 kaaazさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-07-20 16:37:35)

18.《ネタバレ》 映画の無限の可能性を感じさせられた。映画としての良し悪しは小星には判断できないが、1つの作品としてとても完成度は高いと思う。祈りの言葉がとても印象的で、賢治ではないけれど、そういう人になりたいと小星も思った。あの3人には自分はなれないが、わたしのことはいいからお前は逃げろと、あのおじいちゃんくらいにはなりたいな。そして、トイレ待ちしていて、いきなり半裸で銃を持った人がでてきたときに躊躇なく立ち向かった人にも、ぜひ勲章をあげて欲しい。 小星さん [映画館(字幕)] 6点(2018-03-29 00:20:44)

別のページへ
12


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 7.00点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
300.00% line
438.11% line
512.70% line
6924.32% line
7924.32% line
81129.73% line
938.11% line
1012.70% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人

Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS