みんなのシネマレビュー

96時間 リベンジ

Taken 2
2012年【仏】 上映時間:92分
アクションサスペンスシリーズもの犯罪もの
[キュウジュウロクジカンリベンジ]
新規登録(2013-01-06)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2015-05-02)【+】さん
公開開始日(2013-01-11)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督オリヴィエ・メガトン
キャストリーアム・ニーソン(男優)ブライアン・ミルズ
マギー・グレイス(女優)キム
ファムケ・ヤンセン(女優)レノーア
リーランド・オーサー(男優)サム
D・B・スウィーニー(男優)バーニー
ラデ・シェルベッジア(男優)ムラド
ルネル(女優)ドライビング・インストラクター
石塚運昇ブライアン・ミルズ(日本語吹き替え版)
深見梨加レノーア(日本語吹き替え版)
牛山茂サム(日本語吹き替え版)
佐々木梅治ムラド(日本語吹き替え版)
仲野裕ジャン=クロード(日本語吹き替え版)
原作リュック・ベッソン(キャラクター創造)
ロバート・マーク・ケイメン(キャラクター創造)
脚本リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
製作リュック・ベッソン
配給20世紀フォックス
編集カミーユ・ドゥラマーレ
あらすじ
前作で元CIA秘密工作員のブライアンに徹底的に叩かれた人身売買組織。彼らは密かに復讐を企てていた。折りしもブライアンは、愛娘のキムや元妻レノーアを誘って海外旅行に向かうところ。イスタンブールで待ち合わせた3人だったが、そこに組織の魔の手が忍び寄る。ブライアンとレノーアは敵に拉致され、キムにも魔手が。ブライアンの怒りは頂点に達し、再び最凶の父親となって戦いの火蓋を切る。 大ヒットした前作のシチュエーションそのままに、リーアム・ニーソンが画面狭しと大暴れする。

ぽこた】さん(2013-09-24)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想(5点検索)】

別のページへ(5点検索)
1


19.ん~~やっぱ前作と比べるとガッカリ感は否めない。前作のオヤジは激情にまかせて手当たり次第に容赦なく悪人をぶち殺していくのが痛快だったのにめっきり普通になっちゃっている。だからさ、殺された者にも家族がいるだの復讐が続くだの面倒なヒューマニズムはこの手の映画にはいらないの。そういうのはまた別のジャンルの映画でやればいいんだからさ。次回作はまだ見てないんだけど豪快オヤジの復活を期待する。 イサオマンさん [地上波(吹替)] 5点(2018-02-17 20:30:27)

18.前作のほうが、父親が思う家族愛がにじみ出ていてよかった。
というか、これだけ愛しているなら別居しなくてもいいと思うのだが・・・
まぁ、あまり頭を使わずに安心して見られるという映画としては及第点か。

でも、時々思うのは、バイオレンス映画って、雑魚でバンバン死んでいくのが当たり前のように書かれているが、奇しくも敵の親分がいうように、そいつも親であり子であり、家族もいるわけで、悪いやつではあるが、ごみのように描写してはいけないような気がする。こころのどこかに、自分と関係の薄い人の痛みには鈍感になることへの肯定が植え付けられていくような気がして、ちょっと背筋が寒くなった。 チェブ大王さん [地上波(字幕)] 5点(2017-03-18 16:57:14)

17.《ネタバレ》 前作と同じくリーアム・ニーソンの過剰な娘への溺愛ぶりから始まる冒頭。
娘に彼が出来たことが分かり、「何だと!?」というリーアム親父の表情が笑えます。
前作では「外国は危ない」とあれ程娘のパリ行きに強硬に反対していたのに、
本作では元妻と娘をイスタンブールに呼び寄せ、娘をホテルに1人残して外出。
イスタンブールに娘が現れたときのデレデレぶりを見れば少々浮かれるのも仕方ないとは思いますが、
リーアム親父、今回はちょっと危機感が足りないぞ。
しかし危機が迫るその娘がリーアム親父譲りの驚異的大活躍を見せます。
縦列駐車も出来ない無免許の娘がアクセル全開でバックしたり
イスタンブールの街で豪快なカーチェイスを披露するくだりには、もはや笑いがこみ上げてきました。
自身も家族もみんな無事であることは分かっていますので、
あとは前作同様、家族に危害を加える奴には容赦しないリーアムの最強親父ぶりを堪能するだけです。
90分程度の手頃な尺で、これも前作同様作品のテンポはとてもいいのでそれなりに楽しめる作品にはなっています。 とらやさん [DVD(字幕)] 5点(2016-02-07 21:32:24)

16.この手の映画は主人公が活躍するって初めから分かっているのでしょうがないが、中盤から緊張感が薄れて退屈になる。
なのでもうひとひねり欲しいところだった。 misoさん [地上波(吹替)] 5点(2015-10-18 02:55:28)

15.うーん、なんか普通の2時間ドラマに成り下がった感じです。前作が予想外に良かったので期待したのですが・・・。あまりにもご都合主義が過ぎるかな。それに、どんな状況でも絶対大丈夫って分かってしまっているのも、緊張感を削いでしまっていると思います。シリーズものにすべきではなかったですね。 はりねずみさん [地上波(吹替)] 5点(2015-10-17 18:50:15)

14.《ネタバレ》 “超神経質最恐親父活劇”第二弾。
完全な二番煎じではあるが、前作が生み出したオリジナリティは継承されており、その部分の娯楽性だけは評価できるし、アクション映画はそういう娯楽要素があればそれでいいとも言える。

そのオリジナリティとは、もちろんリーアム・ニーソン演じる主人公の“親父(元CIA)”の超絶なキャラクター性に他ならない。
愛娘の運転練習のために迎えに行くという日常から、その超神経質な精神は張りつめられ、ただ一カ所のウィンドウのくもりも、一秒の遅刻も許さない彼のスタンスは、明らかに「異常」と言ってしまっていい。
ただし、その途切れることが無い危機管理意識が、「危険」との邂逅の瞬間に何の迷いも無く発動され、ピンチを乗り越えてゆく。

突如巻き起こった危機に、本来何の事前準備も無い状態から、どう対処し、どう回避していくかということをつぶさに映し出す描写こそが、このシリーズのハイライトであり、クライマックスで悪を駆逐しく様自体は、はっきり言って“おまけ”と言ってしまっていい。

そういうある意味割り切った構成が今作のオリジナリティである一方で、やはり”それだけ”という希薄さが残ることも事実ではある。
特にこの第二作については、登場する悪党の規模も前作に対して明らかにトーンダウンしてしまっているので、終盤に欠けての迫力の無さは欠陥と言わざるを得ない。

前作から引きずった“憎しみの螺旋”を結局断ち切れぬまま、映画は軽薄なハッピーエンドを迎える始末。
もしかして、今度は“孫”まで登場させる第三弾を目論んでるんじゃあるまいな……。 鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-08-17 22:35:49)

13. リーアム・ニーソンは格好良かったが、映画自体の満足度は低かった。
 数あるアクション映画の一つであった。 タックスマン4さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-01-11 11:48:56)

12.最後まで疑問であった96時間とは?の答えを本サイトで知りました。モッサリしたリーアム・ニーソンのご意見無用の暴れっぷりでサクサクと都合よく事が進む本作に、ヒットしたらしい前作を観たいとは思えません。敵方がマヌケなアクションものはいけません。胡散臭さ漂うイスタンブールの街並みに加点。 JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 5点(2014-01-01 00:30:07)

11.《ネタバレ》 つまらなかった訳ではないが特に印象に残ることはなかった。前半部分がまったりしてたのが「なんだかなぁ」って感じです。やっぱりこういう映画は最初からドンパチやってこそだと思います。でも短かったのでスッキリ観れました。 ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-11-27 17:15:51)

10.《ネタバレ》 んー。。。。。
今回は何となく釈然としませんね。。。。

色々な方がココに書いている通り、息子を殺された父親が
今回は復讐に来るという筋立てにするのならば

もう少し、殺しに来る側の理不尽なバックボーンを明確にしないと
主人公に感情移入出来なくなる。

或いはです。
逆に「主人公側のやり過ぎで一方的な正義」で「危険に晒される家族」
この部分をもっとクローズアップし

更にアルメニアという、オスマン帝国(現トルコ共和国&ムスリム)からの
長年の迫害の歴史、特に近代における強制移住や計画的なジェノサイド

つまり、「アルメニアの悪党がなに故、こんな悪党なのか???」
この辺りにもっと光を当てた筋立てにしても良かった気もします。
せっかく、舞台をイスタンブ-ルにしたんですから。

逆に言うと今回、リュック・ベッソン監督は
暗にそういう「理不尽なアメリカ」を、本作品で描きたかったんでしょうか?

どうも、何となく暗にそれを意識させるオマージュ
例えば、未開地然とした土くれだらけのアルメニアで埋葬される死体
そして復讐を誓う父親。

それと対照的に平和で明るい物質文明に囲まれ
極貧のアルメニアの面々と比べ、取るに足らない悩みで涙する元妻
ボーイフレンドと宜しくやっている娘、野暮な横槍を入れる主人公

余りに落差があり過ぎます。これは意図的なんでしょうかね??

もし、意図的であるとするならば
本作の意図する所はアメリカ批判ですよ。
でもアクション主体なのでそうは出来ない???

どうも、その辺り、作っている方に迷いが有るというか
迷いが有るがゆえに、イマ1つ前作と比べ、キレが無くなってしまい
作品としての完成度が下がってしまっている気がします。

ともあれ、ちょっと残念でしたね。

おっと!!!監督がピエール・モレルじゃないんですね。。。
なるほど、これで腑に落ちました。
一般人さん [DVD(字幕)] 5点(2013-09-16 19:24:06)

9.《ネタバレ》 いまや伝説となった一作目は一発ギャグ的にヒットしたもの。
いわば「ゲッツ!」や「そんなの関係ねぇ!」みたいなものです。
そういったほとんどの一発ギャグ芸人がそうであるように、大ヒットした一発目に続くような二発目を何とか生み出そうと努力するものの、一発目を超えられることなく消えてゆきます。
この映画も一発目につづいて二発目のヒットを狙おうという魂胆。
「前作の雑魚悪党の父親が復讐」という苦しすぎるプロットには必死な感じは伝わってきますが、いかんせん一作目の奇跡的な面白さや新鮮味は望むべくもなく、よくある典型的なダメ続編の仲間入り。

良かったのはラストシーンくらい。バカンスを楽しむ家族に同席する娘の彼氏。
テーブルの下ではひそかにブライアンの手に握られている銃がしっかりとジェイミーに照準が合わせられているに違いない。
ジェイミー気をつけて!

ちなみに私もこの映画をネタに一発ギャグを考えてみました。

「キムがタクシーで爆走!!だけにキムタク!」

・・・・バキューン(銃声) 8bitさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2013-08-18 18:52:27)(笑:1票)

8.《ネタバレ》 前作よりは相当~落ちる。
見張り無しで放置しとく、って敵がアホすぎるよ。
まあずっと見張ってたら逃げられないからね・・・、って脚本の都合を感じさせる時点でアウトなのです。
最初は奥さんを人質にとられてあっさり捕まったわけですが、
最後も奥さんを人質にすればいいのに敵がそれをしない。
まあ奥さんを人質にしちゃったらまた敵が主人公を捕まえてしまうからね・・・、って脚本の都合を感じさせる時点でアウトなのです! 虎王さん [DVD(字幕)] 5点(2013-05-19 16:52:01)

7.悪くはないものの、1作目のようなインパクトや面白さはなかった。危機的状況からの脱出などがご都合主義であっさりしてて、また娘が意外に大活躍してどうも主人公のキャラが生かしきれてないような。
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 5点(2013-05-10 15:48:13)

6.《ネタバレ》 う~ん、まぁ暇つぶし程度にはちょうどいいと思いますが、前作は「なぜ妻が自分のことを知らないんだ?」ていう謎解きサスペンスみたいな要素があったのに対し本作は復讐心を募らすおっさんとの闘いというだけで言わばアクションオンリーなわけですね。だからストーリー的にはそんな面白いものではない。強いて言えば、娘に手榴弾を投げさせて位置を把握する超人的能力のシーンが良かったぐらいかな。カーアクションのシーンはスピード感あって悪くはないけれど、肉弾戦のショットなどは若干ジャンプカットが多いように思う。ごまかしでなく、もう少し落ち着いてアクションを堪能したい。 あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-05-07 19:51:44)

5.《ネタバレ》 前作が予想以上に面白かったので、嫌が上にも期待しての鑑賞となりました。元CIAの人をテクニカルアドバイザーに迎えて制作されたそうで、そういった面でも期待値はかなりMAX状態でした。娘を使って自分の場所を探させたり、目隠しされて搬送中に耳だけでルートを確認したり、また狭い空間での銃撃戦において、マシンガンよりもハンドガンを利用したりと、たしかにアドバイザーの起用が功を奏している場面もあり、おお!と関心もさせられました。がしかし、そこまで緻密に取り組んだにも関わらず、なぜかご都合主義な展開が乱発します。運転初心者の娘による信じられないドライビングテクニック。毎日同じ場所で楽器を演奏する人物。元奥さんを利用して主人公を捕まえたのに、主人公が攻めてきたらその元奥さんを全く利用しないアホな犯人たち。捕まえた主人公の身体チェックをしてない、これまたアホアホな犯人たち。前作の、多少は力技な所があっても、それを黙らせるほどの圧倒的な計略性はどこへやら。トホホですよ。と思ってよくよく確認したら、あららら、監督さん交代してますやん。どうやら凶と出てしまったようですね。残念。でもそんなダメダメ映画ではありますが、グイグイと引き込むエンターテイメント性は抜群で、アッという間に時間が過ぎておりました。その点は評価しました。最後に、邦題の96時間、もう関係ないじゃないですか!日本の配給会社もきっと、悩んだ末にこの放題にしたんですかね?合掌www Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 5点(2013-05-05 10:42:18)

4.《ネタバレ》 前回よりアクション、知力とも大幅ダウン。奪還すべき物への執着の違いなのか。イケイケ感が消失したあんたはまったく怖くない。復活を待つ! リニアさん [映画館(字幕)] 5点(2013-05-05 01:27:17)

3.飛行機の中で暇をつぶすにはちょうどいい。 ぺんさん [ビデオ(吹替)] 5点(2013-05-01 12:03:30)

2.前回の作品で、身内を殺された悪役の復讐劇ただそれだけの内容です。 SATさん [DVD(吹替)] 5点(2013-03-03 21:30:00)

1.《ネタバレ》 B級アクション映画の続編としては驚異的な面白さでした。もうリーアム・ニーソン演じる親馬鹿ダディを見ているだけで笑いがこみ上げてきます。愛娘に彼氏がいたからってくぅ~ちゃんみたいな泣きそうな顔する所とか最高です。リーアム・ニーソンは本当にオイシイ役を掴んだなーと思います。
前作同様に事態のセットアップが済んでからのスピーディーな展開は健在。但し前作ではダディが「敵をぶん殴る→拷問→殺す」だけだったのが、アクションに本来非力な娘が絡み敵味方のパワーバランスがコロコロと変わり見ごたえがありました。
しかし前作では鳴りを潜めていたリュック・ベッソンにありがちな"異常に都合の良い女キャラ"感が本作では炸裂しています。まず前作のパリであんな危険な目にあったのに母娘はホイホイとイスタンブールまで来んなよ!エンディングでは家族揃ってパフェ喰ってるけど、今回の騒動はハッキリ言ってダディが原因だからな。普通ダディから遠ざかるだろ(若しくはダディが身を引くか)。
ツッコミどころも満載。娘は「そんなの無理よ!できないわよ!」とか言いつつイスタンブール市内を無免許で爆走する。ここは大爆笑でした。ダディは「これからパパとママは拉致される」って電話してから娘にクローゼットに隠れろとか色々指示するけど、何で敵はボケーと立ってるんだよ。娘が逃げられないように手を打てよ。あと敵はダディの元妻という最強のカードの使い方が下手過ぎ。折角の人質なんだからもうちょっと使い方考えようぜ。
それから無意味なアップ、真上からの撮影が多すぎでは?色々な格闘シーンで真上から写してキャラの位置関係を見せるんだけど、余りにも一瞬過ぎてとても判りづらい。しかも沢山カットを切りまくっていてチャカチャカしているから何が写っているか良く分からない。ポール・グリーングラスのフォロワーなのは分かりますが、ちょっとアクションシーンは上手くないなあと思ってしまいました。 民朗さん [映画館(字幕)] 5点(2013-01-12 21:43:55)

別のページへ(5点検索)
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 56人
平均点数 5.77点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
311.79% line
447.14% line
51933.93% line
61730.36% line
71323.21% line
823.57% line
900.00% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.25点 Review4人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 1.50点 Review2人

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS