みんなのシネマレビュー

狼男アメリカン

AN AMERICAN WEREWOLF IN LONDON
1981年【米】 上映時間:98分
ホラーサスペンスシリーズもの
[オオカミオトコアメリカン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-12-01)【S&S】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ランディス
キャストデヴィッド・ノートン(男優)デビッド・ケスラー
グリフィン・ダン(男優)ジャック・グッドマン
ヴィク・アームストロング(男優)バスの運転手(ノンクレジット)
ジョン・ランディス(男優)(ノンクレジット)
フランク・オズMr.コリンズ/Ms.ピギー
脚本ジョン・ランディス
音楽エルマー・バーンスタイン
撮影ロバート・ペインター
製作ジョージ・フォルシー・Jr〔編集〕
製作総指揮ピーター・グーバー
ジョン・ピーターズ
配給日本ヘラルド
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
ダグ・ベズウィック(メーキャップ)
スティーヴ・ジョンソン(メイクアップ・アシスタント)
美術レスリー・ディリー
衣装デボラ・ナドールマン
編集マルコム・キャンベル[編集]
録音ジェリー・ハンフリーズ〔録音〕
アイヴァン・シャーロック
字幕翻訳野中重雄
スタントジョン・ランディス(ノンクレジット)
ヴィク・アームストロング
あらすじ
 デビッド(デヴィッド・ノートン)と親友のジャック(グリフィン・ダン)は、あてのない旅の中、小さな村にたどり着く。その小さな村の、一軒のパブに入る。二人が店に入ったとたん、静まり返るパブ。なんか様子がおかしい。二人は居心地が悪くなり、店を出ることにする。店の人達が、「月に気を付けろ」「荒地を歩くな。」などと、謎めいた言葉をかけてくる。いったい何があるというのか。

たきたて】さん(2012-03-26)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想(6点検索)】

別のページへ(6点検索)
1


9.《ネタバレ》 同年に公開された「ハウリング」と何かと比較されがちですが、とにかく、リック・ベイカーによる狼変身シーンは圧巻。
近年では「ウルフマン」でも仕事をしていますが、この時代の特殊メイクが自分には肌に合っているようで…。
物語は、冒頭は正統派ゴシックホラーの趣ですが、舞台をロンドンに移してからはどちらかといえばブラックユーモアを交えた作風になります。
登場する度に腐敗が進んでいく友人や、主人公に殺され、亡霊となってこの世をさ迷う羽目になった犠牲者たちが一堂に会す場面はなんともいえない場面です。
全般的に、それ程じめじめしない物ですが、テーマは結構陰気、そしてラストシークエンス(ロンドン市内でのクラッシュは結構見ごたえあり)で一気に現実に突き戻されるように唐突に終わるので、もう少し余韻を大事にしてほしかったですねぇ。 クリムゾン・キングさん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-20 02:33:55)

8.全編通してコメディなら+1~2点だったかもなぁ。狼男への変身シーンはなかなか見物だった。後半の映画館のシーンはかなり新鮮だったかな。 真尋さん [DVD(字幕)] 6点(2007-06-01 23:15:52)

7.あら、これ廃番なんですか..へー。一時代を築いたちょっとわびしい独特のセンスのB級ホラーなんですけどねぇ。この映画はとにかくテーマの「ぶるーむーん」です。「ぶるーむーん」につきます。映画終わった後劇場から出るときに「ぶる~む~~ん」と鼻歌を歌っている自分に気がつきます。ベイブのねずみ達も歌ってましたが..


あばれて万歳さん 6点(2004-02-22 21:33:09)

6.これが「スリラー」のもとネタだったのか....知らんかった。 veryautumnさん 6点(2004-01-25 10:09:48)

5.これは「Blue moon♪」ていうテーマ曲が忘れられない。この頃のランディスは脂が乗ってて面白かったですねえ。リック・ベイカーの特殊メイクも、今観るとしょぼいですが、当時は最新テクだったんです・・・ ロイ・ニアリーさん 6点(2003-12-12 11:36:54)

4.ジョン・ランディスの絶頂期の作品なので結構期待して見たら、そこそこだった。最後、悲惨なラストから一転して陽気なドゥーワップの「ブルームーン」。その転換が良かった。あのシャワーシーンの時にちょうどウチの親が部屋に入ってきて・・・ちょ~気まずかったぞ!! こわだりのインテリアさん 6点(2003-12-05 10:45:48)

3.狼映画では ナンバー1!!!!! 白うなぎさん 6点(2001-11-13 00:05:39)

2.「ハウリング」に続いての狼男物。当時はワンカット特殊メイク変身シーンが強烈に衝撃的でした(ただ身体に毛が生えるっていうのではなく、正に人間が狼に変身します、水谷豊のように…って、あれはアニメか…)。ところで今、ジョン・ランディスって何か映画撮ってます? というわけで6点献上。 sayzinさん 6点(2001-09-04 23:33:50)

1.コメディータッチでありながら、しっかり怖がらせる映画という記憶がある。死んだ友人が現れるのだが、出てくるたびに朽ち果てていくのを引き攣って笑ってたような?最近のランディス作品は面白くない!? 支配人さん 6点(2001-08-19 17:18:39)

別のページへ(6点検索)
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 6.85点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
312.17% line
424.35% line
5510.87% line
6919.57% line
71634.78% line
8817.39% line
912.17% line
1048.70% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review4人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 3.00点 Review1人

Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS