みんなのシネマレビュー

96時間 リベンジ

Taken 2
2012年【仏】 上映時間:92分
アクションサスペンスシリーズもの犯罪もの
[キュウジュウロクジカンリベンジ]
新規登録(2013-01-06)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2015-05-02)【+】さん
公開開始日(2013-01-11)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督オリヴィエ・メガトン
キャストリーアム・ニーソン(男優)ブライアン・ミルズ
マギー・グレイス(女優)キム
ファムケ・ヤンセン(女優)レノーア
リーランド・オーサー(男優)サム
D・B・スウィーニー(男優)バーニー
ラデ・シェルベッジア(男優)ムラド
ルネル(女優)ドライビング・インストラクター
石塚運昇ブライアン・ミルズ(日本語吹き替え版)
深見梨加レノーア(日本語吹き替え版)
牛山茂サム(日本語吹き替え版)
佐々木梅治ムラド(日本語吹き替え版)
仲野裕ジャン=クロード(日本語吹き替え版)
原作リュック・ベッソン(キャラクター創造)
ロバート・マーク・ケイメン(キャラクター創造)
脚本リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
製作リュック・ベッソン
配給20世紀フォックス
編集カミーユ・ドゥラマーレ
あらすじ
前作で元CIA秘密工作員のブライアンに徹底的に叩かれた人身売買組織。彼らは密かに復讐を企てていた。折りしもブライアンは、愛娘のキムや元妻レノーアを誘って海外旅行に向かうところ。イスタンブールで待ち合わせた3人だったが、そこに組織の魔の手が忍び寄る。ブライアンとレノーアは敵に拉致され、キムにも魔手が。ブライアンの怒りは頂点に達し、再び最凶の父親となって戦いの火蓋を切る。 大ヒットした前作のシチュエーションそのままに、リーアム・ニーソンが画面狭しと大暴れする。

ぽこた】さん(2013-09-24)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想(7点検索)】

別のページへ(7点検索)
1


13.《ネタバレ》 1作目より世間の評価は低いみたいですけど、私はこちらも同じくらい楽しめました。攫われるのが娘じゃなくてオカンだと皆さん血のたぎり具合が違ってくるということ?
相変わらず娘大好きのブライアン、黙ってりゃ渋い佇まいなのに彼氏の家にまで押しかけるとはいよいよクレイジー。やっぱり身辺調査ソッコーでやってるし笑。娘のサプライズ登場には相好を崩す様子もまあ微笑ましく、こういう親バカぶりをきちんと前作から踏襲しているのも好感度が高いです。
元CIA親父の指示によって動くキム、意外と足手まといにならず、親父と二人三脚でイスタンブールの街を(破壊しつつ)駆け巡る前半のヤマ場は見ごたえありです。
目隠し状態で”音”のみ手がかりに現在地を絞り込んだり、電話で娘に出す指示が驚異的に的確だったり、ブライアン・ミルズの今回も「やる時はやる」頼れるオヤジっぷりには惚れ惚れします。 tottokoさん [DVD(字幕)] 7点(2018-06-26 00:14:56)

12.《ネタバレ》 リーアムお父さん無双全開映画第二弾。まぁ相変わらずのメチャクチャ振りw でも、こちら側とすればそれしか期待してないからこれでいいんですよ(笑) しかし実質無免許の娘にあんな運転させちゃいかんよ(苦笑)アメリカの免許制度はどういうシステムなのでしょうかね、いきなり路上?州によって違ってそう。 ある意味固定パターンwwだけど、まぁこれはこれでいいんではないでしょうかハイ Kaname🌟さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-02-15 09:08:52)

11.普通のアクションドラマかな。こうなるんだろーなという期待通りになってしまって、
びっくりはなし、がっかりもなし。
最後が何故か素手での殴り合いって、それは別に要らんのでは?
結局息子があと二人もいるのか。ふむふむ。 Skycrawlerさん [地上波(吹替)] 7点(2015-11-22 01:32:55)

10.96時間シリーズの2作目。今回はタイトルに「リベンジ」とあるように、前作で主役に殺された敵の父親が復讐のために襲ってくるってお話。前回で主人公のオヤジが普通じゃないことはめいっぱい描かれていたので、今回は哀愁があるように描かれておらず、もうのっけから娘への偏愛ぶりを発揮したノリノリオヤジである。そのために、前回のような感情移入→カタルシスのジェットコースターのような感じにはなっていなかった。むしろ敵側の背景を少し描いて、映画を観てる側に、「ブチギレたオヤジが見たいんだろうけど、お前ら、まずは落ち着け」と言わんばかりの雰囲気にしてくる。そして今回は主役のオヤジがとある事情により、その破壊的な力をすぐには使えないので、それをいつ発揮するのかが期待するポイントになっていました。前作でポイントなった携帯電話は今回もお約束的に使われており、これはもう、観てる側の「出ました―!」的感覚を意図的に狙っておりますな。今回は活躍するのが主役のオヤジだけじゃないってのも新しい試み。どっちかとゆーと前作よりハラハラ感をあおったつくりになっています。二作目としては悪くないです。ただやっぱ前作の面白さに比べたら、僕の中ではこの評価です。 なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2015-06-20 23:30:33)

9.《ネタバレ》 相変わらずの、不死身ぶりで楽しめましたが、内容は前作の方が好きです。最後には全員助かるというお約束は分かっていても、テンポ良く話が進むので退屈はしませんでした。 モリーさん [DVD(字幕)] 7点(2014-05-11 16:52:37)

8.辛口の評価が多いが、そこまでひどいとは思わない。普通に、アクションを楽しみたいと思ってみれば、十分楽しめる映画だ。前作同様、スリルと、アクションは健在で、単なる誘拐からの生還という小さなストーリーなので、何も考えずに楽しめる。たしかに、手榴弾とかやり過ぎ感は否めないが。それでも、ダイハード5のように、ただの破壊映画よりはましで許容範囲だと思う。 シネマファン55号さん [DVD(吹替)] 7点(2013-12-09 11:05:36)

7.《ネタバレ》 前作でブライアンに殺された売春組織の一族郎党による“復讐戦”。同じく前作では誘拐され痛い目を見た娘にとっての“雪辱戦”。邦題『リベンジ』に偽りなし。前作が4日間のタイムリミットだったのに対し、本作は一刻の猶予も許されぬ時間との戦いです。捕まったが最後、何時殺されてもおかしくありません。カーチェイス・銃撃戦・マーシャルアーツと全方位アクションが小気味よく展開され、今回もリーアム・ニーソンが無敵の強さと驚異的な洞察力を見せつけます。敵役の親父が実に憎たらしいこと。「お前(ブライアン)が殺した者にも肉親がいるのだ」なんて、素敵なブーメランをかます狂人ぶり。決着の付け方も納得でした。温情を理解出来ない者に容赦は要りません。カタルシスは十分です。ただし、些か緊張感に欠けたかもしれません。その発端は、主人公が拘束されたシークエンスにあったと考えます。拘束具が、手錠でも鎖でもなく、結束バンドとは。敵が三流チンピラである証です。当然?難なく脱出してしまい脱力。せっかく娘を呼び寄せた価値が目減りしてしまいました。街中で手榴弾を投げまくり、列車に突っ込む無免許運転車。随分と大味な。娘が運転免許試験で合格する和やかなエピローグまで容易に予想出来てしまいました。つまり、シュワちゃん主演のアクション映画と同じ系統ということ。ですから、前作と同じシリアスサスペンスを期待すると落胆するかもしれません。なお、このフォーマットは魅力的ですが、続編は期待薄でしょう(ブライアンも口にしたように、復讐の連鎖はもう懲り懲りです)。よってパッケージだけ利用してスピンオフ扱いでコメディなんて如何でしょうか。題して『96時間・お父さんは心配症』脚本は岡田あーみん先生に依頼してください。 目隠シストさん [レーザーディスク(吹替)] 7点(2013-08-28 18:57:27)

6.前作よりスピード感は落ちたものの、それでも充分に楽しめた。続編を期待してます。 真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2013-05-31 18:59:44)

5.矛盾、無理筋を考えさせないためへんな緩みを作らず立ち止まらない。それが可能な上映時間に閉じ込め、これはこれで成功していると思う。 monteprinceさん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-25 16:01:08)

4.《ネタバレ》 リーアムニーソンがどんなに愛する人が二人同時にヤバいって時にあわてず、クールに敵に立ち向かう姿を見て、逆にこの人が「アッチッチ」とか言って、ビックリする姿を見てみたくなる自分に気づく。ダメだぁ、もう続編創らないでくれ~!!「ザ・レイド」もそうだけど、この種の映画、どんな映画か、分かっちゃいるんだけど、観ずにおれない。観ると、身内が危険な目、最近では殺しちゃうパターンもあるし(「獲物プレイ」とか)、そうすると鑑賞後、厭~な気分になるし・・・。でも、二人の息子がいるわけだし、伏線ありまくり・・。あ~あ、でも観ちゃうんだろうなぁ、俺。 トントさん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-18 08:20:29)

3.《ネタバレ》 闘うお父さん再び!
素直に面白かったです。リーアムめっちゃ格好いいじゃないですか!

今回は96時間という設定ははまっっっったく関係ありませんでしたが、全作で殺された悪役の親たちが
復讐にくるという設定なのでしょうがないですよね。
その復讐にきた方々も揃いも揃ってクズばっかり(失礼)なので、パパさん側を思いっきり応援出来ました。

残念だったのが、アクションシーンが分かりづらかったところ。
めちゃくちゃ格好いいんですけど、カメラがアクションのスピードについていけてません。
特に通路とか狭いところ、暗いところは結構闘っているのに何をしているのやら…。

この際、多少のご都合主義には目をつぶります。
最後に出てきた彼氏が、実は悪役のもう1人の息子でした…とかならないことを祈ってます。 HIGEさん [映画館(字幕)] 7点(2013-01-28 18:47:57)

2.《ネタバレ》 誘拐拉致されて生存率が絶望的になるまでの平均時間が96時間、そう思うと前作の「96時間」はよかったのだが、続編までは考えていなかったらしい。 今回原題は「Taken2」さすがに「96時間2」という題名にはできなかったらしい (48時間というエディマーフィーの映画は48時間part2ってタイトルだったけど)。んでもって苦肉のタイトルが「リベンジ」、何が「リベンジ」なのかと言うと、前作で殺した誘拐犯の親父が主人公にリベンジ。 えー、タイトルが敵さんのことなのー? スターウォーズ「帝国の逆襲」以来だな。 あと親父を困らすバカ娘の名前は「キム」で決定でいいですね、TVドラマ「24」でもそうだったんで。バカにしてる言い方だったけど、面白かったよ。 かのっささん [映画館(字幕)] 7点(2013-01-15 10:21:25)

1.《ネタバレ》 4か月ぶり早くも2度目観賞。“最凶のオヤジ”続編。殺された息子の復讐、憎しみが憎しみを呼んでます。娘と妻を救うためメチャクチャします。娘のアクションはデキすぎだけど爽快です。前作のインパクトには及びませんがアクションだけで持ってイカれます。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 7点(2013-01-13 23:06:47)

別のページへ(7点検索)
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 56人
平均点数 5.77点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
311.79% line
447.14% line
51933.93% line
61730.36% line
71323.21% line
823.57% line
900.00% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.25点 Review4人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 1.50点 Review2人

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS