みんなのシネマレビュー

ガール・ネクスト・ドア

The Girl Next Door
2004年【米】 上映時間:110分
コメディ青春もの学園ものロマンスエロティック
[ガールネクストドア]
新規登録(2004-10-29)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2021-03-30)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ルーク・グリーンフィールド
キャストエミール・ハーシュ(男優)マシュー・キッドマン
エリシャ・カスバート(女優)ダニエル/アテナ
ジェームズ・レマー(男優)ヒューゴ
ポール・ダノ(男優)クリッツ
ティモシー・ボトムズ(男優)マシューの父親
ティモシー・オリファント(男優)ケリー(Kelly)
オリヴィア・ワイルド〔女優・1984年生〕(女優)ケリー(Kellie)
クリス・マークエット(男優)イーライ
キャサリン・マクグーハン(女優)ピーターソン夫人
スチュアート・ブルムバーグ(男優)アダルトビデオの見本市で踊る男(ノンクレジット)
園崎未恵(日本語吹き替え版)
松野太紀(日本語吹き替え版)
咲野俊介(日本語吹き替え版)
金尾哲夫(日本語吹き替え版)
岸尾大輔(日本語吹き替え版)
脚本スチュアート・ブルムバーグ
音楽ポール・ハスリンジャー
挿入曲デヴィッド・ボウイ"UNDER PRESSURE"
クイーン"UNDER PRESSURE"
ザ・フー"BABA O'RILEY"
撮影ジェイミー・アンダーソン〔撮影〕
製作チャールズ・ゴードン〔製作〕
製作総指揮アーノン・ミルチャン
ガイ・リーデル
衣装マリリン・ヴァンス
編集マーク・リヴォルシー
スタントクリストファー・レップス
あらすじ
模範的な生徒会長マシューは、高校卒業を前に青春を楽しんでいない。ある日、隣の家に、とてもセクシーできれいなおねいさんのダニエルが引っ越してきた。彼女と知り合い、純愛を育むマシュー。ところが、マシューのエッチな親友、イーライが、1本のポルノビデオを彼に見せた。そこにはあのダニエルのあられもない姿が…。ちょっとエッチな彼女だけど、彼女への想いは一途な青年の、爽やか青春ラブストーリー。

どんぶり侍・剣道5級】さん(2007-08-26)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
123


55.《ネタバレ》 登場人物のバランスが好み。
まず主役のトリオ。
イーライの絶妙なでしゃばり具合と、クリッツのふんわり感が素晴らしい。
途中から大活躍するケリーも、悪い奴だけど意外と憎めないのがちょうどいい。
主役のマシューが一番大したことないのは少し問題。妄想癖の部分をもっと際立たせたら彼自身の魅力につながったのかもしれないけど、少し中途半端かな。
そしてダニエル役のエリシャ・カスバート。
セクシーに振り切りすぎないキュートさを併せ持つ彼女にとにかく参った。
特に奨学金争奪スピーチの場面の彼女の表情がかわいらしくて最高。
ラストに向けて伏線を回収していく流れも素晴らしい。
意外といい映画。
それにしても、ポール・ダノっていい映画に当たるよなあ。 roadster316さん [インターネット(字幕)] 8点(2021-02-24 21:42:30)

54.単なるボーイ・ミーツ・ガール系ラブコメかと思っていたら、途中からはあれこれ詰め込んで来ていて、頑張って考えた形跡が窺える。そしてそれがきちんと機能しているかというと必ずしもそうではなく、あっちの話に行ったら頭打ち的にぶつかって、しかしぎりぎり墜落寸前で踏みとどまってまたこっちの話へ・・・みたいな感じで、すっきり一本化されているとはいいがたい。しかし、それでも好感が持てるのは、AV女優という職業を主人公の日常生活周辺の中にナチュラルに組み込んでいることの誠実性と、それが同時にどこまでも恋愛のハードルになっていく構造の維持による一貫性があるからなのです。 Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2019-03-23 01:38:45)

53.過激な内容だと思っていたが、意外と純愛なラブストーリー。
ラブストーリー、コメディが好きな方は楽しめる作品。 バッジョさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-06-12 17:13:22)

52.《ネタバレ》  予想より真面目でしっかりした設定のラブコメ。過激なシチュエーションの割りに、序盤・前半は手堅いつくりです。オーソドックスなラブコメとして、落ち着いて鑑賞できます。コメディがくどくないので、すっきりとしていて見やすいのもポイントが高いですね。
 やや下品ではありますが、下品になりすぎないバランス感覚がグッド。出演者たちも、皆個性的で面白いです。
 その一方で、プロットがストーリーに活かしきれていたかどうかは、何とも言えないところ。
 特に中盤から終盤にかけて。ケリーが登場してからは、やや雰囲気が変わります。ヒロインであるはずのダニエルは次第に『脇』へと押しやられ、主人公のマシューとケリーのやりとりがメインとなっていきます。
 『ダニエル』演じる『エリシャ・カスバート』はかなり魅力的。ですので、ケリーが登場してからは、ダニエルが各登場人物の動機付けのためのギミックと化してしまったのが、ちょっともったいない気がします。
 でも前半のテンションが好きではあるものの、ずーとあのテンションでいかれると途中で飽きちゃうのも確か。
 ケリーのせいでプチサスペンスの色合いが出てきて、次々とピンチに陥る主人公を見ているときは、ハラハラしていましたね。
 ただその結果、ケリーに何の罰もないってのは、さすがに不満。
 『ドラッグを飲ませる』『盗みを強制する』『殴る』『結果、奨学金のための選考会を台無しにされる』『留学生のための25,000ドルをパクる。』『ラストでダメ押しの恐喝。更に金を要求する。』
 これだけやって、なんのお咎めもナシってのは、なんか納得いきません。
 フィナーレはそんなケリーも含めて、無理矢理全員をハッピーエンドでしめくくっちゃいましたが、腑に落ちないものが残りました。 たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-12-05 03:29:44)(良:1票)

51.エリシャ・カスバートね。24の頃の思い出補正でDVD買ってしまいました。当時から気になってたんですよ。彼女のケツアゴ。タイプじゃないけど、こんなセクシーなケツアゴ女子が隣に引っ越してきたら燃えるよな、うん。 真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2016-07-20 04:18:29)

50.純粋な青春ラブコメかと思ったら、後半からちょっと変な展開に。
ヒロインへの一途な思い、楽しい学園生活、主人公の成長とサクセスストーリー。
何を描きたかったのか、詰めこみすぎて、すべてに中途半端さを感じてしまいました。
ヒロインの設定は決して悪くないんだから、もっと彼女の描写を掘り下げればいいのに。結局、女優さんのセクシーさしか印象に残らない作品に……。 MAHITOさん [DVD(字幕)] 3点(2015-02-12 03:19:05)(良:1票)

49.《ネタバレ》 冴えない童貞高校生の夢を具現化したかのような、とびきりイカしたエロい美女がお隣に引っ越してきてというお話。
卒業を控えてこれといった思い出も作れなかったマジメな高校生が、その美女をきっかけに無茶もしながらかけがえのない思い出を作っていく。
「24」のエリシャが魅力的だけど、AV女優役なのに脱いでいないというヌルさ。
そのヌルさは作品全般にも感じられ、ストーリーも何か物足りない。
軽いタッチのコメディなのでそれでいいのかもしれないが。
ラストも性教育ビデオのオチではスッキリしない。 飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2014-08-03 20:11:05)

48. かなりおちゃらけた内容だけど、若さって素晴らしいなと思える内容だった。
 たまにある、「なぜか好きな映画」郡の一つになった。

 エンディングのThe Whoが良い! タックスマン4さん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-21 16:12:34)

47.「24」のキムがこんなことに!!ジャックが許しませんよ~(笑)うらやましいような展開で、こんなこと本当に起こったらすごいです!!
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-25 13:35:03)

46.地味な高校生が、隣に引っ越してきた元アダルト女優に翻弄さる青春ラブ・コメディ。ヒロインのエリシャ・カスバートがエロ可愛くて、大抵の男はこの映画を見ればファンになります。あまり知られてないと思うのでぜひ一度ご覧あれ。 nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-24 14:20:38)

45.《ネタバレ》 結構面白い。

色々温いのだが、その温さがよかったりする。もうちょっとハードな展開とか、痛い展開とかをやると妄想アニメみたいになってイヤだったりする。別れちゃったりしなくてよかった。

最後もうまくいってよかった。切なくなっちゃったらどうしようとか心配したけど、直球ど真ん中な話もたまには良いな。うまくいって何が悪い。切ない展開悲しい展開はスイマセン自己憐憫で死にそうになるから止めてください耐えられないんですゴメンナサイ。

アーア。こんな夢みたいな卒業してミテエ。 黒猫クックさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2012-03-23 05:37:43)(良:1票) (笑:1票)

44.《ネタバレ》 ラブストーリーを面白くするのは“障害”です。原因は大きく2つに分類できると考えます。優柔不断や消極的等、キャラクターの性格に起因するもの(内的要因)と、恋敵や遠距離といった2人を取り巻く環境に起因するもの(外的要因)。障害の匙加減ひとつで、恋物語の良し悪しが決まります。本作の場合はどうでしょう。主人公の恋愛経験値は低めながら、困るほどではないレベル。流石アメリカの高校生。キスまでが早いです。それに彼は大学進学決定済み。学業面での足枷はありません。内的要因、外的要因、共にクリア。唯一障害と呼べそうなのが、2人の“ステイタスの違い”。将来有望な学生とポルノ女優とでは、確かに釣り合わないかもしれません。でも恋愛で一番大事なのは2人の気持ち。それに結婚云々って話じゃない。この障害は問題になりません。物語終盤のピンチについても、恋愛とは直接関係ない話(このエピソードで彼も男優デビューすれば、彼女と同じステージに立てたのに!)。つまり本作では、メインとなる恋の障害が存在しないのです。コメディですから“試練”なんて必要ありませんが、程よい“ハードル”は欲しいと思います。「ああ、もどかしい!」とか「ライバルは手強いなあ」とか、ヤキモキするのがラブストーリーの醍醐味でしょう。ちょっと物足りなかったです。以下余談。ちなみに自分も『24』から流れてきたクチ。あえて日本語吹替えで鑑賞したのですが、ダニエルの声がキムバリー・バウアーと同じで嬉しかったです。吹替え声優が定着すると、洋画の楽しみ方が増えます。エリシャの可愛さに+1点。 目隠シストさん [DVD(吹替)] 6点(2011-10-19 20:28:26)(良:2票)

43.エリシャ・カスバートを観る映画ですね。 ダルコダヒルコさん [DVD(字幕)] 5点(2011-08-20 10:17:25)

42.《ネタバレ》 お色気ありの学園物って感じかな。
3人の友情が良かった。 虎王さん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-20 18:36:53)

41.《ネタバレ》 おっぱいがいっぱいで撮影が楽しかっただろうなという印象。期待しすぎたせいと軽いラブコメと思って鑑賞したため話に乗り切ることが出来ませんでした。おっぱいだらけの映画の割りには肝心のエリシャ・カスバートが脱いでいないのも駄目!!ダニエル
って名前もNG。エミール・ハーシュは若いのに、ある意味で大人な映画に出れるなんて羨ましい限りです。ピーターソンと並んでのスリスリはリアルでした。肝心のストーリーはさっぱり。重たい映画にしたいのか軽い映画にしたいのか中途半端で見ているのがしんどかった。ラスベガスあたりはコメディっぽくて良かったです。オチはないようなもので結局はケリーも含め、みんなでハッピーエンドっていうシナリオはさすがに受け付けなかった。せっかく生徒会長と隣に引越ししてきたAV女優という面白くなりそうな設定なのに、もっと弾けた内容が良かったです。 仮に重たくするのであれば、なぜ彼女がこの仕事に固執するのか等を描かないと駄目かと・・・。 マーク・ハントさん [DVD(字幕)] 5点(2009-06-09 22:23:02)(良:1票)

40.《ネタバレ》 エリシャ・カスバートのファンだから見た。彼女の顔と体を見る、という点ではおおむね満足。可愛(ミ´∀`)
ドラマの方は、まあ途中で放り出さない程度。後半の性教育映画うんぬんの話は何のことやらよく分からなかった。もしかして、あれで一応「どんでん返し」のつもりか(笑)
AVプロデューサーのケリーが格好よかった。 佐吉さん [DVD(字幕)] 4点(2009-03-22 21:05:44)

39.《ネタバレ》 「アメリカン・パイ」とかと同じ系統で同じノリの映画かと思い鑑賞したが…ただのお色気青春コメディじゃなかった。脚本がよく練られてるし、有名な音楽も多く使われてるし、予想以上におもしろかった作品。もちろん俳優にも魅力あるしね。 たっけさん [DVD(字幕)] 7点(2009-03-15 11:17:24)

38.べらぼうにぶっとんだバカ映画でした。そのわりに最後はきれいにオチがついたのがすごい。 よしふみさん [DVD(吹替)] 6点(2009-01-01 22:57:48)

37.《ネタバレ》 QEENの「UNDER・PRESSURE」が使われているということで観ました。
思ったより面白かったけれど、前半の「留学生を招き入れる資金が盗まれる事件」以降の展開よりも、もっと主人公とダニエルの恋愛の行方にクローズ・アップしたストーリー展開も有りではないかと思いました。つまり「ダニエルは育英資金の試験を兼ねたレセプションみ同伴しないまま主人公の元を去り、主人公が大学に入って何年かたったあと、何かをきっかけに再会する。だけど二人は・・・」といったような正当派恋愛路線も観たかったなと思いました。それだけダニエル役のエリシャ・カスバートがキュートで可憐でした。でも、どうして彼女はあの職に就いたのでしょうか?今回の映画はハッピーエンディングですので詳細な説明は必要ないのでしょうけど、もう少し描かれているとよかったと思いました。 たくみさん [DVD(字幕)] 6点(2008-07-27 21:44:10)

36.24見た事無いし、出てる人を誰も知らないし、最後までタイトルも知らずに見てしまいました。細かい事に目クジラたてなきゃ気軽に楽しめる雰囲気です。最後に意外とドキドキしたのは内緒ですが、思いがけずイイ拾いモノをした気がしました。
HLB傭兵さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-07-25 14:21:05)

別のページへ
123


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 55人
平均点数 6.53点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
323.64% line
423.64% line
5814.55% line
61323.64% line
71629.09% line
81120.00% line
935.45% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.75点 Review4人
2 ストーリー評価 7.42点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.88点 Review9人
4 音楽評価 7.33点 Review6人
5 感泣評価 4.00点 Review6人

Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS