みんなのシネマレビュー

セルラー

Cellular
2004年【米・独】 上映時間:94分
アクションドラマサスペンス犯罪ものミステリー
[セルラー]
新規登録(2004-12-03)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2018-08-27)【イニシャルK】さん
公開開始日(2005-02-26)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・R・エリス
キャストキム・ベイシンガー(女優)ジェシカ・マーティン
クリス・エヴァンス〔男優・1981年生〕(男優)ライアン
ウィリアム・H・メイシー(男優)ボブ・ムーニー巡査部長
ジェイソン・ステイサム(男優)イーサン
ノア・エメリッヒ(男優)ジャック・タナー
エリック・クリスチャン・オルセン(男優)チャド
ジェシカ・ビール(女優)クロエ
リチャード・バージ(男優)クレイグ
マット・マッコーム(男優)ディーソン
キャロライン・アーロン(女優)マリリン・ムーニー
グレッグ・コリンズ(男優)年老いた警備員
ロバート・シェイ(男優)刑事のようにみえる男
リン・シェイ(女優)エキゾチックな女性運転手
ディーン・デヴリン(男優)タクシードライバー(ノンクレジット)
ヴァレリー・クルス(男優)
ローナ・スコット(女優)Bank Teller
塩田朋子ジェシカ・マーティン(日本語吹き替え版【DVD】)
桐本琢也ライアン(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木敏ボブ・ムーニー巡査部長(日本語吹き替え版【DVD】)
宝亀克寿イーサン(日本語吹き替え版【DVD】)
仲野裕ジャック(日本語吹き替え版【DVD】)
天田益男ディーソン(日本語吹き替え版【DVD】)
五十嵐麗ジェシカ・マーティン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山野史人ボブ巡査部長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
谷口節イーサン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
土師孝也ジャック(日本語吹替版【テレビ朝日】)
西凜太朗ディミトリ(日本語吹替版【テレビ朝日】)
津田健次郎ディーソン(日本語吹替版【テレビ朝日】)
板倉光隆チャッド(日本語吹替版【テレビ朝日】)
江原正士弁護士(日本語吹替版【テレビ朝日】)
原作ラリー・コーエン(原案)
脚本クリス・モーガン[脚本]
音楽ジョン・オットマン
編曲ジョン・オットマン
撮影ゲイリー・カポ
製作ディーン・デヴリン
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮ダグラス・カーティス〔製作〕
トビー・エメリッヒ
配給日本ヘラルド
美術ドメニク・シルヴェストリ
ロバート・グールド〔美術〕(セット装飾)
スタントジャック・カーペンター(ノンクレジット)
J・アーミン・ガルザ二世(スタント・ドライバー)(ノンクレジット)
あらすじ
平和で裕福な家庭に突然銃声が響く。誘拐された母子。何故?本人にも思いつかない突然の出来事。そして、絶望的な状況の中、偶然繋がる一本の電話。まさに命綱とも言えるその回線が、思いがけない展開を引き出し、観るものを事件の真相とへと誘っていく。携帯電話という今や当たり前となったアイテムを最大限生かし切ったノンストップサスペンスムービー。

ぽこた】さん(2006-04-22)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞 エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
12345678


149.《ネタバレ》  「別れのワイン」もそうでしたが、ラリー・コーエン関連作だと彼が「脚本」を担当した品よりも「原案」を担当した品の方が、傑作が多い気がしますね。
 根本となるアイディアを思い付く能力と、それを形にする能力とは別なのだと示す好例であるように思えます。

 実際、本作においても「携帯電話が紡ぐ物語」を魅せる演出が、アイディアに負けず劣らず素晴らしかったですからね。
 とにかく展開が早くて、映画が始まって三分程でヒロインの女性が拉致される様を描く辺りなんて、実に気持ち良い。
 本作は「ある日突然、謎の連中が家に押し入って来て監禁された」というヒロインと「ある日突然、謎の電話が掛かって来た」というヒーローの二人によるダブル主人公制になっているのですが、この二つの導入部を立て続けに見せられると、普通ならダレちゃうはずなんです。
 なんせ「一人の主人公」「一つの導入部」に比べて、単純計算で二倍の時間が必要になるし(さっき導入部やったのに、また別の主人公でやるのかよ)という観客の苛立ちだって、無視出来ませんからね。
 にも拘らず、本作はとにかくスピーディーな演出で乗り切って、観客に余計な事を考えさせず、そのまま映画の世界に引きずり込んじゃう訳だから、見事という他ないです。

 主演がクリス・エヴァンスにキム・ベイシンガーと、アメコミ映画好きには嬉しい顔触れが揃っている事。
 更に、ジェイソン・ステイサムやウィリアム・H・メイシーまでいて、脇役陣に至るまで非常に豪華な事も、嬉しい限り。
 本作は主役側の「青年」「女教師」「警官」の三人が、揃いも揃って有能という、都合が良過ぎる内容なんですけど、それに対する違和感が少なくて済んだのは、演者さんの力が大きかった気がします。

 それと、普通ならエヴァンス演じる青年に視点を絞り「ある日突然、謎の電話が掛かって来た。受話器の向こうにいる彼女は何者だ? 監禁されてるというのは本当なのか?」という謎解きの物語にするところだろうに、ダブル主人公制にして、事前に答え合わせを済ませてある辺りも、本作の凄いところですよね。
 「謎解きの魅力」は潔く振り切って「事件を解決しようと奔走する面白さ」を重視した作りになっており、それゆえに新鮮で、十五年近く経った今でも古臭さを感じさせない。
 
 「携帯切れよ、運転に集中しろ!」と言いつつ、自分も携帯電話とハンドルを手放せない主人公の姿とか、非常事態ゆえのギャップの面白さを描いている点も良いですね。
 大変な事件が起こっているのに、それを知っているのは主人公だけで、周りは理解してくれないというシチュエーション。
 だからこそ「すれ違いコント」のような笑いがあるし、孤軍奮闘している主人公の事を、観客も応援したくなるという図式。

 携帯のバッテリーを調達する為、止むを得ず店から強盗する際のカメラワークなんかも、凄く良いですね。
 あえてシンプルに、画面を左から右へと移動させ、その後にまた右から左に戻すという形で「車に行って銃を取り、店に戻って来る」という主人公の動きに、完璧にシンクロさせている。
 主題歌の使い方も抜群に上手くって、視覚的に印象に残る場面と、聴覚的に印象に残る場面、両方が揃っているってのは、かなり凄い事なんじゃないでしょうか。

 そんな中でも特に好きなのは、人質を取られているのを承知の上で「交渉決裂だな」と一度電話を切り、犯人側が再交渉を持ち掛けてくるのを、祈りながら待つ主人公という場面。
 とにかくエヴァンスの演技が素晴らしくて、本当に感情移入させられるし、犯人側が折れる電話を掛けてくるまでの「間」も完璧で、緊迫感が凄かったです。
 敵側が悪徳警官である事を活かした「(人質には)手を出さないと誓う」「市民を守ると誓ったように?」というやり取りも、皮肉が効いていて素敵でしたね。
 クライマックスにおいても、アラームを駆使して敵の位置を知らせたり、ビデオ録画で証拠を押さえたりと、最後まで「携帯電話」というアイテムをフル活用している辺りも、実に見事。

 ヒロインは人妻なので、ロマンスに発展したりはしないんだけど、最後は感謝を込めたキスで終わって、ハッピーエンドとなる辺りも好みですね。
 携帯電話の画面を使ったスタッフロールに至るまで、とことん楽しむ事が出来た、満足度の高い一品でした。 ゆきさん [DVD(吹替)] 8点(2018-12-17 03:30:50)(良:1票)

148.《ネタバレ》 キムベイシンガー母さんは、先生で頭もいいし度胸もあるって設定により、ぶっ壊れた電話でも電話かけちゃうし、襲い掛かってきた強靭な悪徳警察をも何かの破片で1分で80リットルの失血を呼ぶ急所を一箇所突いて倒しちゃうし、運転席の犯人を背後の席から手錠でクビしめちゃうし、けっこうやらかしてくれます。

それはそうとムーニー巡査部長。彼は「ミザリー」で好きになった俳優ですけど、「ミザリー」でも保安官みたいな役で、孤軍奮闘してる主人公に”何かを察して助けてやろうとする”キャラがとっても似合いますね。


でも一番ツボったのは、最後のエンドロール場面。監督やキャストの名前が、劇中で出演者が手に持っている携帯電話の画面の中に表示されていく演出です。
特に、ジェイソンステイサムが携帯電話をさっと見るとその電話の画面に「ジェイソンステイサム」って書いてあったのにはクスって笑えましたw フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-12-10 16:36:20)

147.携帯電話一本というか細い手段が効果的に使われている。
壊れる、電波が途切れる、音が聞こえないなどなど
さまざまな携帯電話ならでは、の窮地をハラハラさせる描写。

「誰かにつながれ」
というポケベルな時代の"楽しみ"がそのまま"悲壮・切迫感"に
変換されたような、
デジタル過渡期ならではのサスペンスと思います。 元祖さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-04-09 18:11:21)

146.面白い。
展開が早く、ダラダラとしたシーンもなく、ずっと画面に見入ってしまう。
お話は最初はかなりイライラした。充電が切れるとか、充電器を買いに行ったら大混雑とか、大音量で音楽かけてるババアがいたり、電話が混線したり、何かとイラッとさせられる。しかも、主人公の行動が、苦労の割に、いちいち全部「間に合わない」。子どももお父さんも結局助けられない。前半は見ていて、スリルを感じるというよりイライラともどかしさがすごかった。でも後半からどんどん悪人をぶっ倒していって気分爽快。前半にフラストレーション溜まってた分なおさら。これは製作者の狙い?
最初から最後まで電話(無線含む)が何かと鍵になって物語が進むのもニクい演出である。
引退間際のおじいちゃん警官もいい味出してる。
警官が悪いやつってのはもううんざりするほどありがちなのは気になったが。
しかし、冒頭の元カノとのやりとりは何だったのだろう。「無責任で自己チュー」が理由で彼女にフラれたわけだが、彼は今回の事件で赤の他人のためにすごい頑張った。これで彼女も彼のことを見直して仲直りして終了だな、と思ったら、そこは何にもないんだな(笑)じゃあ、元カノのくだりは要らなくない? 椎名みかんさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-09-18 20:07:12)

145.悪役のジェイソン・ステイサムというのは、なかなか迫力があります。特に本作のように、腕力だけではなく権力も知恵も持っているとすると、かなり無敵感が増します。リアルでは出会いたくないものです。
それはともかく、ひたすらB級ジェットコースタームービーを目指したという感じの本作、グレートバリアリーフのように浅いですが、テンポがいいのでけっこう楽しめます。10年以上も前の作品ですが、当時からベイシンガーはけっこう老けてたんですね。それと、ステイサムと対象的なキャラで立ち向かう巡査部長がいい味出してます。この役者の方、かつて「ER」の序盤でも準レギュラーの医者として登場し、似たようなキャラだった覚えがあります。しかし横っ飛びには驚き。 眉山さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-08-28 00:11:09)(良:2票)

144.なぜか、電話を媒介にした和製ホラーの焼き直し的な映画だとばかり思い込んでました。
体調のせいもあるかもしれませんが、途中、まぶたが重くなったので、この点数で。 プラネットさん [インターネット(字幕)] 5点(2017-03-18 21:15:03)

143.《ネタバレ》 わけも分からず突然誘拐された母親が、偶然電話で繋がった見ず知らずのチャラチャラしている若い男と、携帯電話を駆使しながらスーパーヒロイン&ヒーローになって、ワル顔の悪徳警官たちを自力でやっつけてしまうお話。無理矢理サスペンスの展開だけど結構ハラハラドキドキできるので、リアリティの乏しさがもったいない。 ProPaceさん [地上波(吹替)] 6点(2016-09-18 23:12:11)

142.携帯を使い込む設定が面白く、ちょっと意外な展開が少しずつ続いていくテンポも良い。なかなかの出来。
多少まどろっこしいところもあるが、それが無ければ映画にならない。何度も観る作品では無いけど。 simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2016-09-03 13:02:29)

141.《ネタバレ》 非常にテンポがよく面白かった。ダメダメ男が意外にも奮闘していく姿は観ていて清々しい。携帯電話を使った色々なアイディアがよく生かされているのがとても良かった。奪った充電器にちゃんと金を払っていたのはウケました。あんなに思い切りのイイ奴なら普通なら振られないだろうなぁ。 とむさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-24 20:31:11)


140.《ネタバレ》 テレビ東京で放送されてたので何年かぶりに再見。
いや、ほんと~にこの映画が面白いって事を再確認しました。

という事でレビューを書き直します。

この映画の魅力は緻密でよく練り込まれたスピーディな脚本とそれを生かす細やかな演出にあります。
たとえば、ジェシカの家を訪ねて撃ち合いになったあとのボブムーニー巡査部長、撃ち合いの途中で金魚鉢を囮に使うわけですが、その後の救急車のシーンでブランデーグラスに入った金魚を片手に持ってます。
撃ち合いで使ったささいな小道具をしっかりとユーモアの小ネタとして拾いつつ、この巡査部長が優しくて頼りになる人なのを表現してるわけですね。
これはほんの一例ですが、このような細かい配慮が映画全体に行き届いているおかげでこの映画がB級の枠を超えた傑作になってるんだと思います。
並のB級映画のようなとりあえず撮って編集しとけ、的な要素はこの映画にはありません。
94分の短い映画ですが、製作サイドの細やかな配慮を下敷きにしながらストーリーが突っ走っていくため、観客は途中で飽きる事なく最後までノンストップで楽しめるわけです。
それにしても、ほんとこれだけちゃんと練り込まれたシナリオの娯楽映画って、他にそうそうないと思うんですよね。すんばらしいです。

あと、今この映画を見直すとなかなかの豪華キャストでびっくりします。
主役のチャラい兄ちゃん(しかしやるときはやる頼れる男)役は今やキャプテンアメリカだし、他の顔ぶれを見ても主役級が結構います。ちょい役でも後でそれなりの映画でそれなりの役をやってる人がちらほらいるし。
B級だとなめてかかると意外なほどの豪華キャストにびっくりするはずです。

そして、前回のレビューでも書いたビーチのシーンのビキニの尻のえろさ。
日本人には残念ながらほとんどいない白人女性特有のプリプリした尻の魅力はやはり素晴らしいものがありました。
映画の本筋とはほとんど関係ありませんが、ビバ!!
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-04-29 08:47:20)(良:1票) (笑:1票)

139.《ネタバレ》 とっても面白い映画です。時限サスペンス・ジェットコースタームービーのお手本となり得る作品です。「フォーン・ブース」で脚本を担当したラリー・コーエンの原案ということでその辺りも期待させる点でした(あいにく「フォーン・ブース」はラストの出来が最悪でしたが・・・ラストまでは素晴らしい脚本だったので)。 MASSさん [映画館(字幕)] 8点(2014-01-22 22:18:00)

138.《ネタバレ》 B級の巻き込まれがた(今回は協力者が)系スリラーは結構好きなのですが、電話を使った新しいタイプと聞いて、当りかハズレかどっちだろうと思って観ましたが、なかなかの面白さでした。携帯の使い方、トラブルの起こし方、スピード感なかなかの佳作でした。 minさん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-15 22:46:23)

137.《ネタバレ》 突然誘拐され絶望的な状況で繋がった一本の電話。
その命綱とも言える着信を受けた携帯電話から物語はまさにノンストップで展開します。
ところどころ『なんじゃそら?』ってツッコミどころはありますが、それ以上に勢いが凄かった。
携帯電話あるある的なネタを織り交ぜながら勢い良く進んで物語の傍ら、引退を決めた警官あるある的な死亡フラグにもドキドキさせられました。
なにはともあれ悪徳警官のクズっぷりにヘドが出ますね。
絶望感がハンパ無かったです。
まぁ監禁ひとつマトモにできないアホっぷりでしたが。
ウィリアム・H・メイシーの活躍にスカッとしました! ろにまささん [地上波(吹替)] 7点(2013-05-23 00:53:48)

136.ちょっとだけ携帯電話のCMっぽいが、なかなか良い。スピーディなサスペンスでおもしろい。だけど携帯片手に運転は警察に捕まるんじゃないかな、良い警官か、悪い警官かわからないけど・・・。 ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-20 21:03:32)

135.《ネタバレ》 なんか、うまいなあ。孤軍奮闘、とにかく劇中走り回るライアンは、ダイハードのジョンマクレーン刑事を髣髴させます(大げさ?)。みなさんおっしゃるとおり、唯一援軍になるウィリアム・H・メイシーのストーリーへの絡み方がホントいいです。技ありの作品。 なたねさん [DVD(字幕)] 8点(2013-01-06 18:36:42)

134.「ソウ」のヒットで「ソリッド・シチュエーション映画はニワカ映画ファンに受けがいいぞ!」と味をしめた日本の配給会社が、何でもかんでもソリッド・シチュエーション風に売り出しそうとしていた時期の映画だからだろうか。さも「密室に閉じ込められた女が電話一本で事態を切り抜ける物語」ふうのパッケージをしているが、基本的には携帯片手に東奔西走する若者の必死な戦いを中心とした、かなりアクティブな映画。ウィリアム・H・メイシーの横っ跳びガンアクションが見られるのはたぶんこの映画だけ。 肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 6点(2012-12-29 08:01:08)

133.《ネタバレ》 面白いじゃないかっっ!ちゃらいダメ青年が頑張る!頑張る!!頑張る!!! 携帯電話の特性を最大限に生かし切った脚本がお見事。配役もなかなか良い、特にさえない刑事役のウィリアムの活躍は爽快の一言ですな。これはなにげにオススメできるかと思いマスヨ Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-12-01 09:54:08)

132.《ネタバレ》 以前このサイトで投稿者の数に比べて平均点の高い作品をラインナップしておいたリストから、これと「シビル・アクション」をレンタルしてみました。「シビル・・」は途中で飽きてしまったんですけど、これは抜群に面白かった。意外な掘り出し物。小道具の生かし方のうまさ、これでもかという小ネタのかわいらしさ、面白さ。昔「ダイハード」を初めて見てワワクしたときのような爽快感がありました。前半では「見終わったら見たことを忘れちゃいそうなくらい軽いなあ」と思っていたのですが、どうしてどうして、終盤のオチのつけどころもよかったですね。それに、見逃した小ネタあるかもしれないと思うと、また見ちゃいそう。 おばちゃんさん [DVD(字幕)] 8点(2012-05-23 23:23:37)

131.正統派のジェットコースター・ムービー。
キム・ベイシンガーはちょっとお歳を召されたが、相変わらずきれいな女優さんだ。
ヒロインのために奔走する一人の青年、こいつがかなりのお間抜けさん。
要領が悪く、やる事がハチャメチャで笑え、そのおかげでコメディー色が強くなった。
サスペンスとしての緊張感はあまり感じることはなかったが、
ストーリー自体はちゃんとまとまっている。突っ込み所は満載だけどね。
おやじ警察官もいい味出してて、中々渋い。肩の力を抜いて鑑賞するには、丁度手頃な映画。 MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-07-27 05:52:08)

130.《ネタバレ》 見知らぬ人からの電話から救出劇が始まる。アイデアが非常に良い。途中二人の電話が切れてしまった後も、さらに電話を使った駆け引きが合って一貫した構成に好感が持てた。 たこちゅうさん [DVD(字幕)] 7点(2011-06-02 23:49:51)

別のページへ
12345678


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 149人
平均点数 7.07点
000.00% line
110.67% line
200.00% line
300.00% line
474.70% line
5106.71% line
62516.78% line
74530.20% line
84127.52% line
91812.08% line
1021.34% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.30点 Review10人
2 ストーリー評価 7.38点 Review18人
3 鑑賞後の後味 7.94点 Review19人
4 音楽評価 4.90点 Review11人
5 感泣評価 3.37点 Review8人

Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS