みんなのシネマレビュー

タイヨウのうた

Midnight Sun
2006年【日】 上映時間:119分
ドラマラブストーリー青春もの音楽もの
[タイヨウノウタ]
新規登録(2006-06-04)【sayzin】さん
タイトル情報更新(2013-09-04)【イニシャルK】さん
公開開始日(2006-06-17)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督小泉徳宏
キャストYUI(女優)雨音薫
塚本高史(男優)藤代孝治
麻木久仁子(女優)薫の母 雨音由紀
岸谷五朗(男優)薫の父 雨音謙
山崎一(男優)薫の主治医 遠山隆文
マギー(男優)(男優)ストリート・ミュージシャン
ふせえり(女優)孝治の母
小林隆(男優)巡回中の警察官
小柳友(男優)大西雄太
原作坂東賢治
脚本坂東賢治
音楽YUI
作詞YUI「Good-Bye Days」
作曲YUI「Good-Bye Days」
主題歌YUI「Good-Bye Days」
製作阿部秀司〔製作〕
遠谷信幸
松竹
ROBOT
S・D・P(スターダストピクチャーズ)
ジェネオンエンタテインメント
ツイン
製作総指揮迫本淳一
企画細野義朗
プロデューサー榎望(プロデュース)
堀部徹(プロデュース)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給松竹
美術都築雄二
龍田哲児(装飾)
あらすじ
太陽の光に当たる事の出来ない難病XP(色素性乾皮症)に冒されている少女、雨音薫(YUI)は、夜になると駅前広場でギターの弾き語りをしている。そんな薫の密かな楽しみは、早朝サーフボードを持って佇む少年・孝治(塚本高史)を家の窓から見つめる事。太陽と月の下という正反対の環境で輝く二人は夜の街で偶然出会う。薫の精一杯の告白をきっかけに、いつしかお互い淡い恋心を持ち始めるが・・・。命の期限を知りながらも、恋に人生に前向きな気持を詩に乗せて唄う雨音薫の姿が、観る者の心を掴んで離さない珠玉のラブストーリー。

まさかずきゅーぶりっく】さん(2006-08-02)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞 エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1234


66.綺麗な映像とYUIのPVですね。もっと泣かせる作品かと期待しましたが、キャスティングもイマイチで正直ヘタだしたね。全然響きませんでした。 SUPISUTAさん [DVD(邦画)] 4点(2018-07-14 21:07:41)

65.《ネタバレ》  昔ドラマを見ていました。結構好きなドラマでした。
 雨音薫は沢尻エリカよりYUIのほうが良い。でも藤代孝治は、塚本高史より山田孝之のほうが雰囲気があって好きですね。
 ドラマでは、二人の交流をじっくり見ることができました。そのイメージがあったので、なんとなく映画は敬遠していたんですよね。時は経ち、ドラマの記憶もすっかり薄くなってしまったので、今回映画版も鑑賞。多少の不安はあったものの、見始めると驚くほど丁寧な人物描写に驚きです。
 映画はスローペースで落ち着いた雰囲気。そんな淡々とした空気感の中、『ストリートライブ』や『迫り来る日の出』など、盛り上がるイベントや緊張感漂うシークエンスがあり、メリハリが効いています。映画として大変バランスが良いんじゃないでしょうか。
 主人公や大切な人が、病気や事故や自殺で死んじゃう。この頃の邦画はそんなんばっかり。この作品も例外ではありません。ただ、そーゆーテイストではあるものの、悲しさ一辺倒ではないのがこの作品の良いところ。コメディタッチで、さわやかな雰囲気。孝治のキャラクター。YUIのキャラクター。そういったものが、さわやかな雰囲気や、生きる希望、そういった前向きなオーラを全面に押し出しています。
 人の優しさや強さを感じられる映画は良い映画。
 個人的には、序盤がちょっともったいつけすぎ、尺をとりすぎなのが気にかかるか。『藤代との恋愛』『ストリートライブ』『病気』『家族と友人』『CD製作』この辺りが作品のテーマとなるのでしょうが、本題に入るまでがもったいつけすぎかも。序盤でいきなり中だるみします。
 それにしてもYUIの透明感あふれると同時に、芯の強さも感じられるキャラクターは貴重ですね。
 薫の曲がラジオから流れてきたことがわかるクライマックス。ここをあえてサイレントにしちゃう演出のセンス、最高の余韻を感じさせてくれます。
 不要だったのは棺おけに入った薫を映してしまったこと。そこはナレーションだけにしたほうが良かったと思います。 たきたてさん [DVD(邦画)] 7点(2018-06-10 11:55:26)

64.《ネタバレ》 難病と恋愛をテーマにした作品と知っていたので、重い内容を覚悟していましたが、
病気については、あまり重く(詳しく)描かれておらず、天音薫=YUIをテーマ(プロモーション)にしたような印象。
それでも、夜にしか外にでれない16歳の女の子と、普通の男子校生との短い恋愛は、少なからず胸を打つ内容でした。

映画初出演、初主演のYUIですが、表情はよかったですけど、セリフが微妙。 へまちさん [インターネット(邦画)] 7点(2017-12-24 16:56:57)

63.YUIの等身大の演技が良かった。塚本君のおバカで単純ながら、いざというときにかっこよい男子像が逆に今の時代に新鮮に感じられたのもGOOD。病の進行が進む後半は
見ている方もしんどくなるが、全体的に完成度が高い良作。 mhiroさん [CS・衛星(字幕なし「原語」)] 7点(2015-03-03 18:44:29)

62.この頃の塚本君は最高にカッコいいですね。YUIちゃんの演技も自然でよろしい。劇中歌も好きでした。しかしいろんな病いがあるもんです。そういう難病を知らせる上でも映画と言うのは大事な役割を担ってると思います。 movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-01-22 17:22:59)

61.《ネタバレ》 良くも悪くも映像とストーリーが綺麗すぎて、YUIのプロモーション映像ような印象を受けました。
歌はとてもいいので、どうせならCDがオリコンでジワジワ順位を上げるくらい現実とリンクさせてもよかったと思います。
このテーマならもっと抑揚のある演出でお涙ちょうだいでもいいから盛り上げることができたのでは?
特に主人公の死をあっさり流して終わったことには拍子抜けで、かなり残念です。 牛若丸さん [DVD(邦画)] 6点(2014-08-10 22:18:52)

60.さわやかじゃのー、青春じゃのー。Yuiの初々しさと塚本氏のさわやかさが相乗しておる。でもそれ以上はつけられん。。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 4点(2014-07-17 11:04:41)

59.《ネタバレ》 YUIさんの絞り出すような高音のがなんとも言えなく良いですね、といってもCDは持っていません。。。演技については微妙に思う部分がありましたけど、素な感じでちょうど良い塩梅でした、ライブシーンは聞き惚れます。これをきっかけにCD買うと思います。塚本高史くんもストレートにいい味出してました、悪者的な人は出てこないのも良いですね。 ないとれいんさん [地上波(邦画)] 7点(2013-09-04 19:55:54)

58.《ネタバレ》 YUIはもちろんだが、この映画の功労者は塚本高史君であります。一見チャラいが実は誠実で友達思いのよいヤツ、を好演しています。(同じクラスにいたらぜひ友達になりたいもんだ)YUIが歌い始めると周りに次から次へと集まって来る場面、一歩間違うとあざといシーンになりがちですが、YUIの存在感と歌によって見事に本作のハイライトとなりました。何度も使い古された感のある難病モノですが、役者陣の熱演によって一際心に残る映画となっています。 タケノコさん [DVD(邦画)] 7点(2013-07-25 15:54:21)(良:1票)

57.《ネタバレ》 オープニング~前半は作り込みもいいんだけど、後半にかかってだれた感じがぬぐえない。ストーリー的にエンディングへの方向性が決まっているから作り込めないものなのかも。

前半部分はお勧め。後半部分は(悪いけど)よくある流れ以上の物ではない。

シーンが変わったとたん先が読める箇所がいくつかあり、これはちょっとどうかと。

とはいえ、お父さんの木訥な演技には(私もお父さんなので)少し泣けました。

【追記】
見終わった後、翌日、翌々日と不思議なことに体に"いい余韻"が残っていました。
こういう映画は初めてでした。 まささん [DVD(字幕)] 8点(2012-12-06 21:45:30)

56.《ネタバレ》 ほぼ今現在、鑑賞した段階でYUIって歌手を知ったオジサンの私ですが、
一気にYUIの大ファンになってしまいました。

これがYUIのPVなら、まんまと術中にハマっている訳ですが、
いやいや、どうして映画としても良かったです。

映画初出演?で、ぎこちなく初々しい演技ですが凄く魅力的で『雨音薫』役を等身大で演じていて、大して演技が上手くもないのに女優面している輩より、ずっと好感が持てると思いました。

ストーリー的に若干あっさりしているかなとも思いますが、ベタになり過ぎてないとも言え、他の配役も良かったです。

横浜の夜景の美しさの中、生き生きとした表情の雨音薫(YUⅠ)が印象的。

終盤、無邪気に浜辺で戯れて遊んでいる他の親子を見て、父の『もう面倒くさいから、そんなもん(防護服)脱いじゃうか・・・』のセリフに対し、『嫌だよ、そんなことしたら死んじゃうじゃん・・・私、死ぬまで生きるって決めたんだから・・・』ってセリフが力強く、彼女なりに精一杯生きているのが伝わってきました。

そして彼女の歌声が生きた証しとして、皆の心に生き続けるのですね・・・(涙)。 ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 8点(2012-05-09 13:58:06)(良:2票)

55.冒頭に流れる音楽からこの映画に引き込まれていきました。歌手であるYUIの初主演映画ですが、どこがぎこちない演技が雨音薫の魅力をより引き立てていました。懸命に生きようとする薫のまっすぐな気持ちに感動しました。あまりに感動して劇場で2回見ちゃいました。若かったなぁ…この頃は。
nyarameroさん [DVD(邦画)] 10点(2012-04-27 18:15:44)

54.《ネタバレ》 YUI演じる雨音薫のように可愛いが天然で「好きなバナナは食べ物です」という、いかした名(迷)セリフを吐いてくれるような女性を探しているが、未だに見つからない。 mickeyさん [DVD(邦画)] 8点(2012-04-03 10:17:36)

53.《ネタバレ》 思っていたよりずっと良かった。大筋はわかって見ている訳だけれども、ベタベタせず媚びてこない演出が心地いい。YUIもいいね。左手が動きずらくなってから死にいたるまでが早すぎて、少し腑にオチない感じがしたが、そこをしつこく描かれるより良かったかも・・・。見て良かった。 フラミンゴさん [DVD(邦画)] 5点(2011-08-04 18:58:49)(良:1票)

52.この映画のアンサーソング、I remember youまで込みでいいです。もう少しで泣けそうでした。 Yuさん [映画館(邦画)] 8点(2010-07-25 20:57:29)

51.《ネタバレ》 分かるよ~。分かります。あんだけの美少女に「彼氏はいません!」って逆ナンされたら、大抵の男はその気になっちゃうって。例えその美少女のことを良く知らなくても、例え心当たりの無い事で見ず知らずの人からビンタ喰らっても、、、、性の魅力に対して男はどうすることもできないっていうね。とにかく薫役のYUIが、無茶苦茶可愛いです。初めて歌を聞いたけど、歌も上手です。何か普通っぽくて良いです。演技の方は、もう切なくなるくらいどうしようもないんだけど、可愛いんでオールOKです。あの岸谷五朗の演技が上手に見えるような錯覚に陥ります。YUIの役柄である薫の方は、もうどんだけ親から甘やかされて育てられたのかっていうくらい自己中。まぁ病気だから過保護になるのも仕方ないんだろうけど。彼氏にちゃんと説明もせず「もう会いたくない!」って言ったり、彼氏が趣味でもあるサーフィンを辞めてでもYUIの希望に向けて手伝おうとしてても何とも思ってないし・・・。相手の事なんて考えてないでしょ。恐らく薫は、最初で最後の付き合った男性が孝治だっただろうと思います。それでも、男女の駆け引きが天性で出来てるのが凄い。難病ある無しに関わらず、自分の存在価値をちゃんと分かってるんですね。女性って凄い。反面、孝治は超イイ奴。バカっぽい所も好感持てます。ラストで、棺桶の中がひまわりの花で埋め尽くされていたけど、あれは皮肉っぽくて気味悪いです。 VNTSさん [DVD(邦画)] 6点(2009-11-04 00:33:57)

50.《ネタバレ》 当時に映画館で鑑賞し、昨日家で見ましたが・・・。
どうしても主人公が病人という観点で見ることができず、アッサリと死んでしまうところに疑問を感じた。あれで涙を誘われても、自分には何も伝わってこなかった。
余命が少ないからこそ、その時その瞬間をめいっぱい生きるという設定は良いが、
全体的にあまり印象に残らない作品。淡々としたストーリーに、もっと強弱が欲しかった。 ひまわりさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-07-09 14:15:49)

49.当たり障りの無いそこそこのシナリオに、圧倒的な存在感のYUIが合わさって、まずまずの映画に仕上がってました。 アフロさん [映画館(邦画)] 6点(2009-07-09 03:09:57)

48.生きることの大切さをみた気がした。YUIの歌声はもちろんよかったが岸谷吾朗も素晴らしかった。 しっぽりさん [DVD(字幕)] 8点(2009-03-01 02:40:21)

47.《ネタバレ》 難病に冒された少女。
それを愛した青年。
たとえ時間に限りがあっても、愛した人と一緒にいたい。
限りある時間のなかで精一杯、楽しみたい。
そして、命がついえる最後まで、楽しく幸せに生きたい。
限りある命だからこそ、愛というものは輝きを持ち、価値を増す。
そんな誰にでも気付きそうで気付かない、人生におけるかけがえのないものを、じっくりと映像にやきつけた名編。

健康というものは当たり前のものでは決してなく、今健康に生きていることに対し有り難味を感じ、そして命というものは永遠でないと常に意識している人にとっては心を打たれる作品に違いない。

そして何より、愛とは、相手がどんな難題を抱えていようとも、一緒に最後まで精一杯過ごしていきたいと思う気持ちであり、それは限られた時間であるからこそ輝くものである。
そんな気持ちを持って、愛する人と日々接している人には、なお更の共感を呼ぶ作品であるに違いない。 にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2008-12-10 23:32:08)(良:1票)

別のページへ
1234


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 66人
平均点数 6.62点
011.52% line
100.00% line
223.03% line
334.55% line
457.58% line
546.06% line
61116.67% line
71522.73% line
81421.21% line
9913.64% line
1023.03% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.61点 Review13人
2 ストーリー評価 6.50点 Review16人
3 鑑賞後の後味 7.12点 Review16人
4 音楽評価 8.06点 Review16人
5 感泣評価 6.18点 Review16人

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS