みんなのシネマレビュー

時をかける少女(2006)

The Girl Who Leapt Through Time
2006年【日】 上映時間:98分
SFラブストーリーアニメ青春もの学園もの小説の映画化
[トキヲカケルショウジョ]
新規登録(2006-07-27)【十人】さん
タイトル情報更新(2019-11-22)【イニシャルK】さん
公開開始日(2006-07-15)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督細田守
仲里依紗紺野真琴
石田卓也〔俳優〕間宮千昭
板倉光隆津田功介
垣内彩未早川友梨
谷村美月藤谷果穂
関戸優希紺野美雪
立木文彦福島先生
山本圭子坂のおばさん
反田孝幸加藤
松田洋治高瀬宋次郎
中村正[声優]老守衛
原沙知絵芳山和子
相沢恵子
原作筒井康隆「時をかける少女」(角川文庫刊)
脚本奥寺佐渡子
音楽吉田潔[音楽]
美野春樹(ピアノ演奏)
岡田こずえ(音楽プロデューサー)
ポニーキャニオン(オリジナルサウンドトラック)
作詞奥華子「ガーネット」 「変わらないもの」
作曲奥華子「ガーネット」 「変わらないもの」
編曲佐藤準「ガーネット」 「変わらないもの」
主題歌奥華子「ガーネット」
挿入曲奥華子「変わらないもの」
撮影旭プロダクション
製作川島晴男
川崎代治
角川書店(「時をかける少女」製作委員会)
ハピネット・ピクチャーズ(「時をかける少女」製作委員会)
角川映画(「時をかける少女」製作委員会)
製作総指揮角川歴彦
企画丸山正雄
制作マッドハウス(アニメーション制作)
配給角川映画
作画貞本義行(キャラクターデザイン)
石浜真史(作画監督)
名倉靖博(作画監督補佐)
高橋英樹[作画](原画)
長谷川眞也(原画)
荒木哲郎(マスコットデザイン)
久保田誓(作画監督)
今井一暁(原画)
山下高明(原画)
青山浩行(作画監督)
中鶴勝祥(原画)
亀井幹太(原画)
美術山本二三(美術監督)
鎌田千賀子(色彩設計)
小倉宏昌(背景)
平田秀一(背景)
男鹿和雄(背景)
加藤浩[美術](背景)
編集西山茂
録音東京テレビセンター(整音スタジオ)
その他IMAGICA(デジタル&フィルムラボ)
あらすじ
性格はアクティブだけど、ごくふっつーの高校生、紺野真琴。いつも通りに二度寝して、いつも通りに学校まで自転車でダッシュ。普通の生活、普通の暮らし。だけどその日は気付いたら歯車が狂っていた。ある瞬間に時間が戻ってしまったのだ。自分のタイムリープ能力を発見した彼女は一日前の世界に戻って、妹に食われてしまったプリンを先制奪取し…古典的SF小説の別解釈版。気持ちいいほどにバカで無計画な、かつてないタイムトラベラーがここに誕生。

エスねこ】さん(2009-02-14)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞 エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1234567891011121314


267.《ネタバレ》 良作だとは思うがそこまで好きになれない。
本当は他の細田作品をレビューしようとしたら、サマウォ9点、おおかみ7点、ミライ4点(主人公の声変えれば6点)、バケモノ3点でレビューしてあって
それのどれかに
サマウォ>>>時かけ>おおかみ>>>ミライ>>>バケモノ
と書いていて、めちゃめちゃ自分ってブレないなぁと思った次第。

ただ一つ訂正、時かけよりおおかみのほうが好きです。
一般的に時かけのほうが好かれるでしょうが時かけは5回くらいしか見てない、おおかみは20回くらい見てます。
ちなみにサマウォは50回くらいかな。
好きの基準はいろいろですし見るのは一度だけでもそれはいいんですが、三回くらい見て「たくさん見た」と言うのはやめましょう。
劇場で何度も見ていい時代に同じ作品を朝から晩まで4回見たことありますよ。

とどうしても細田作品だと全然関係ない話をしたがってしまうが、話はいい。
男の友人二人との友情。
タイムリープというSF要素。
悪くはないんだが、致命的ポイントになる踏切、あれがどうにも多分好きになれない。
自分なら救えるはずの救えないもの、という描写はわかるがどうにもね。
でも、「彼」が「来た」理由も好きだし、それがどんなものでもそれはどうでもいいのだ。
それは彼の問題であって我々の問題ではない。
例えばサマーウォーズのエンディング曲は不評が多いが、細田は山下達郎ありきであの作品を作ってるはず。
つまり彼の見たかったものが仮に山下の歌だったとしたらお前らは「え? そんなもの?」となるんだろう。
そうじゃないんだよ、お前にとって大切なものと俺にとって大切なものは違うし、
みんなちがってみんないい
である。って、本当に本編の内容を何も語ってない気がするが、とにかくおおかみよりは下の7点でお願いしまーーーーす!!!! にんじんさん [DVD(邦画)] 7点(2019-11-29 13:46:06)

266.タイムリープものだが、それに固執しすぎず、甘酸っぱい青春を描いている。3人の会話のテンポも素晴らしく、観ていて飽きない。
サマーウォーズもいいが、やっぱり細田守作品はこれが一番。 アクアマリンさん [地上波(邦画)] 8点(2019-07-21 18:42:41)

265.《ネタバレ》 この映画ってファンタジーだったんですね。
原田知世の頃からタイトルは知っていましたが、現在と過去を行き来して悪を倒すとかいうお話かと
思って特に興味はなかったのです。
こんな高校生の日常と心情を淡々と描いただけのお話とは全く想像していませんでした。
タイムリープは単なる仲良し3人組の心の機微を描く為の小道具に過ぎなかった、という感じなので
しょうか。
多分10代の頃とかに観たら、意外と感情移入できたかもしれませんが、素直にストーリーを受け入れるに
はあまりにも人生経験と常識がつきすぎて汚れてしまった自分には、正直これは無理と感じましたね。

汚れてしまった自分には、折角回数が限られたタイムリープできる能力を手に入れたのなら、そんな
くだらないことに使うんじゃなくて、3.11や9.11の直前に跳んで行って人々を救えよ、とか考えて
しまうものですから。 キムリンさん [地上波(邦画)] 5点(2018-07-21 20:56:34)

264.《ネタバレ》  今となっては珍しくなくなったタイムリープを題材とした作品。原作ができた年代を考えれば、そのアイデアに注目が集まるのもわかる気がします。真琴、千昭、功介の3人だけでなく、親戚のおばさんや友人の早川さん、天ぷらの失敗を押し付けられるクラスメートに、内気な少女など、脇役の個性も光っていて面白い。
 プロットは確かに『バタフライ・エフェクト』に似ている部分がありますね。コメディとシリアスの寒暖差はなかなか凄い。『おまえタイムリープしてない?』の衝撃発言。結果、最後のタイムリープをしちゃった直後、ブレーキが壊れる自転車に乗ってしまった功介&女の子とすれ違うときの恐怖。このシークエンスの完成度はピカイチ。ここだけだったら間違いなく10点でしょう。
 『千昭が実は未来人でした。』ってオチは、あんまり好きではないです。
 『タイムリープという力を持っているのが主人公一人だけ』という特別感が好きなんですよね。そこにもう一人同じ力を持っている人が現れて、説明までされちゃうと、なんか神秘性がなくなってしまってちょっと寂しい。
 また、個人的には回数制限なんて無いほうが好きですね。タイムリープを私利私欲に使えば、他人を不幸にすることがある。そのリスクに気付いた主人公が、自らタイムリープを使うことを封印する、っていう展開のほうがよりアニメ的でかっこいい気がします。やっぱ出だしがこーゆー主人公だからこそ、その成長をわかりやすく描いて欲しいものです。
 ちょっと長くなっちゃいましたが、最後の感想です。
 『リアルなアニメは好きだけど、リアルじゃないアニメも好き。』
 アニメ的主人公。アニメ的男友達。アニメ的シチュエーション。実写でされちゃうと寒いだけのノリやセリフも、アニメだと楽しく受け入れられちゃう。そーゆーアニメの良さを満喫できる作品ではあります。 たきたてさん [DVD(邦画)] 7点(2018-02-15 13:28:09)(良:1票)

263.清々しい青春映画でした。 へまちさん [DVD(字幕)] 9点(2017-11-30 18:25:03)

262.《ネタバレ》 面白かったんですけど、他人のタイムリープで回数復活するなら他に手段ないかな?とか思ってしまいました。
ただ、「リセット回数が戻ってる!?」と考えるということは他人のタイムリープで記憶を引き継ぐということなので
千昭の「功介たち死んでからお前大変だったんだぞ」は真琴にとって記憶がない以上、
背伸びした千昭による嘘とか考えると深読みできそうなので、見落としてるところがあるかもしれません。 Donatelloさん [映画館(邦画)] 7点(2017-07-25 10:45:55)

261.正直、何でここまで評価されているのかよく分かりませんでした。時かけは実写の方が好きです。 レッドデヴィルさん [DVD(字幕なし「原語」)] 1点(2017-02-18 01:44:53)

260.《ネタバレ》 なかなか良い映画だと思います。なつかしい気分にさせてくれる映画ですね。 cogitoさん [DVD(字幕)] 7点(2016-09-04 08:25:42)

259.みんな大好き『時かけ』ですが、私は細田映画がいまいちピンと来ません。本作もそう。ピンと来ない理由は面白いと思えないからという点に尽きます。 カニばさみさん [DVD(邦画)] 5点(2016-03-02 23:54:59)

258.《ネタバレ》 このサイトのレビューを見て、大いに期待して見たのですが、私にはつまらなかったです。後半に行くほど引き込まれるようなレビューがありましたが、私の場合、前半はバカバカしくて、さらに後半に行くほど気持ちが冷えていきました。時間を行ったり来たりしすぎてよくわからなくなります。キャラクターの誰にも魅力が感じられず、感情移入できません。特に千昭のテンション低いしゃべりが苦手です。それに「絵が残っているように何とかしてみる」って? どうやって? 「未来で待ってる」「うん、すぐ行く。走って行く」って? どうやって? チョコレクターさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2015-09-27 22:37:44)

257.《ネタバレ》 時をかける少女というより恋はデジャブに近い気がしました。
話や演出はウマイなーと思わせる場面がいくつかあったんですが。
決定的にキャラクターのノリが好きになれませんでした。
掛け合いも不自然さが目立つ。 CBパークビューさん [地上波(邦画)] 6点(2015-09-14 06:58:40)

256.主題歌を聴いた瞬間、絶対見てみたいと思える透徹感がこの作品にあった。現代的なリアルと些細なファンタジーが違和感なく溶け込み、それに反してもう戻れないかけがえのない時間がこの世界観を際立たせていた。本当に求めていた映画に出会えたという喜びは数年に一度かもしれない。そして、それをリアルタイムで見れたこと自体、かけがえのない時間そのものだ。こんなに青い大空と雲を見たことがない。何故か涙が溢れた。 Cinecdockeさん [映画館(邦画)] 10点(2015-08-08 00:50:22)(良:1票)

255.青春だねえ。甘酸っぱいテイストを巧く料理した。なんとなくゆったりとした間も使い方もアニメならではの良さ。少しづつ引き込まれていくのは演出の良さ。 タッチッチさん [地上波(邦画)] 7点(2015-07-26 11:36:45)

254.《ネタバレ》 原作は未読で大林監督作品も観ていないが、結構楽しめた。ありそうでなさそうな高校生の日常の中に、タイムリープというSF要素を絡めた、爽やかな青春ドラマ。主人公の行動は基本的に幼稚なのだが、その幼稚さゆえに誰の記憶にもある二度と戻らない青春の日々を追憶させる力を持っている。実際には本作のような「男2人と女1人」の友達関係を経験した人はあまりいないと思うが、誰もが憧れるシチュエーションだったりもする。夏の日、自転車、キャッチボール、堤防、そして友達……全てがかけがえのない日々だったことを思い起こさせる不思議なアニメだった。 田吾作さん [地上波(邦画)] 8点(2015-07-21 11:47:00)

253.《ネタバレ》 バッチリと知世世代なワケですよ。キララも飲んでました(古)そんなこんなで(意図的に?)見逃していた本作なワケです。
最初は「なるほど今風ライト感覚リメイクね。まあ悪くはないンじゃないかな」なんて思いながら見ていたのに…中盤からドンドン引き込まれ…最後は泣きそうになりました。いやお見事!有名作品(超がつくほどの!)のリメイク作品としては稀有な成功例じゃないでしょうか?(個人の感想です)古典を新解釈してなおかつ根底の“時かけイズム”はバッチリ。もう1回言うケド、いや本当にお見事!

個人的には“魔女おばさん”の想い出の写真は…ヘルメットヘアーが良かったかな…(微笑) 幻覚@蛇プニョさん [地上波(邦画)] 9点(2015-07-19 09:29:13)(良:1票)

252.《ネタバレ》 タイムリープと少女、この掛け合わせと絵のタッチが絶妙でした。
マコトとチアキ、コウスケのキャラも立ってて安心して物語を楽しめました。
なんせアホなマコトの勢いは凄まじく、グルグルグル、ドーンの繰り返しに笑っていたら、
ズドーンと真相を知る展開に。
『大切な話をちゃんと聞いてあげられなかった』と泣きじゃくるマコトに共感。
人生、大事に生きなくちゃいけませんね。 ろにまささん [DVD(邦画)] 8点(2015-07-18 22:14:58)(良:1票)

251.《ネタバレ》 筒井康隆のSF小説をアニメで復活させた。
長馴染みの男女3人。
他愛の無い青春を送る彼らだが、ヒロインは突然「時を超える」能力に目覚める。
何も起こらず退屈な日々を送っていたヒロインにとって、突然の「能力の目覚め」は彼女を虜にした。

過去を行き来して夢のような毎日を送るヒロイン。
だが能力は次第に「ひずみ」を産んでいき、友達の身も危険にさらしてしまう。

目覚めた「異質の能力」、そして大切な友人との別れ。
だがそれは元の「つまらない毎日」に戻るワケではない。

いつか「友人」と再び巡り合う事を信じて・・・。 すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 9点(2014-12-19 21:18:25)

250.《ネタバレ》 ずいぶんやりたい放題やったなという感じ。でも爽快感あっていい映画だった。


6年前テレビでやってた時は終盤見なかったけど、ちゃんと見とけばよかった ラスウェルさん [インターネット(字幕)] 7点(2014-08-29 20:50:16)

249.ちょっとコアなふぁんむけのような感じが初めはしてたけど
見て行くとすんなり映画の世界に引き込まれる。
面白い。 miumichimiaさん [DVD(邦画)] 7点(2014-08-13 22:30:39)

248.原作とは似ても似つかぬストーリーだが原作を超えたといっても過言ではない良く練られたストーリー展開(まあ比較すること事態がナンセンスだが)。何回か見直すことによりさまざまに散りばめられた伏線に気づくことが出来るだろう。笑いあり恋愛ありハラハラドキドキあり悲しみありのバランスの取れた作品で大ヒットも納得の作品だ。能天気だった主人公がいろいろなことに気づくうちに著しく成長していくのだが、それが不自然でないのがとてもいい。好み45/50、演出13/15、脚本15/15、演技5/10、技術8/10、合計86/100→9/10点
chachaboneさん [DVD(邦画)] 9点(2012-11-21 23:08:18)

別のページへ
1234567891011121314


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 267人
平均点数 7.24点
000.00% line
110.37% line
220.75% line
331.12% line
4145.24% line
52810.49% line
62810.49% line
76725.09% line
85520.60% line
94316.10% line
10269.74% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.38点 Review39人
2 ストーリー評価 7.86点 Review59人
3 鑑賞後の後味 8.18点 Review60人
4 音楽評価 7.70点 Review50人
5 感泣評価 6.98点 Review52人

Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS