みんなのシネマレビュー

RV

(ロビン・ウィリアムズのRV)
RV
2006年【米】 上映時間:99分
コメディファミリーロードムービー
[アールブイ]
新規登録(2007-10-23)【どんぶり侍・剣道5級】さん
タイトル情報更新(2018-01-23)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督バリー・ソネンフェルド
キャストロビン・ウィリアムス(男優)
ジョシュ・ハッチャーソン(男優)
ジェフ・ダニエルズ(男優)
クリスティン・チェノウェス(女優)
ブレンダン・フレッチャー(男優)
バリー・ソネンフェルド(男優)
ハンター・パリッシュ(男優)
ブライアン・マーキンソン(男優)
ウィル・アーネット(男優)
江原正士(日本語吹き替え版)
山像かおり(日本語吹き替え版)
中村千絵(日本語吹き替え版)
屋良有作(日本語吹き替え版)
ならはしみき(日本語吹き替え版)
津村まこと(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
朝倉栄介(日本語吹き替え版)
室園丈裕(日本語吹き替え版)
脚本ジェフ・ロドキー
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
デヴィッド・マンスフィールド(追加音楽)
ブレイク・ニーリー(追加音楽)
撮影フレッド・マーフィ
製作ルーシー・フィッシャー
ダグラス・ウィック
衣装メアリー・E・ヴォクト
編集ケヴィン・テント
あらすじ
仕事に忙しいボブには、もはや一家の主としての威厳がない。家族の輪をつなごうと家族旅行を計画するが、強気な上司に押され急きょコロラドの山の富豪の元へプレゼンに行くことに。仕事も家庭もなおざりにできない彼は、両方とも一緒にやっちゃえとばかりに、家族に仕事のことは隠してキャンピングカーを借りた。かくして、ダメダメな暴走おやじが巻き起こす涙ぐましい家族旅行が、いま始まる。

どんぶり侍・剣道5級】さん(2007-10-23)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1



13.《ネタバレ》  「ロビン・ウィリアムスの映画で一番好きなのは?」と問われたら、本作の名前を挙げます。

 感動して泣いちゃうとか、ギャグに大笑いしちゃうとか、そういう訳じゃないんだけど、とにかく「面白い」というより「好き」な作品なんですよね。
 良質な家族映画であり、旅行映画であり、何度も観返したくなるような魅力がある。

 何故こんなに好きなんだろうと理由を分析してみると「RVの魅力を、きちんと描いている事」が大きい気がしますね。
 飛び出すリビング機能とか、キッチンもシャワーもトイレも付いているとか、TVで映画も観られるし、後部にあるベッドで休む事も出来るとか、そういった性能面について、自然な流れで紹介してみせている。
 凄ぉ~くベタな感想だけど「こんなRVで旅行してみたいなぁ」って思わせる力があるんです。

 勿論、コメディのお約束で劇中の旅はトラブル続きであり、ともすれば悲惨で笑えない空気にもなりそうなんですが、そこをギリギリで踏み止まっているのは、主演俳優の力が大きいのでしょうね。
 ロビン・ウィリアムスの、あの笑顔と、飄々とした演技のお蔭で「何があっても、最後はハッピーエンドを迎えてくれる」と、安心して観賞する事が出来る。
 この「安心させる」って、観客を泣かせたり、笑わせたりするよりも、ずっと難しい事でしょうし、そう考えると、やっぱり凄い俳優さんなのだなと、改めて実感します。

「反抗期を迎えていた娘が、幼い頃と同じように心を開いてくれる」
「キャッチボールを通して、息子とも仲良くなる」
 といった具合に「家族の再生」が優しい空気の中で描かれているのも、凄く心地良い。
 序盤は下品なネタが多かったり、中盤以降はカーアクションもあったりと「笑い」の部分は派手で尖っていただけに、そういった真面目な部分は奇を衒ったりせず、落ち付いて、穏やかに描いているのが、良いバランスだったように思えますね。
 序盤の車中では、各々違う歌を好き勝手に唄っていた家族が、終盤には同じ歌を合唱してみせる演出も、非常に分かり易くて良かったです。

 準主役級のゴーリキー家族も魅力的だったし、ネルソン・ビーダーマン四世ことウィル・アーネットが悪役を楽し気に演じてくれているのも嬉しい。
 「やぁ、ローラ。妻はいないよ」とか「バーベキューセットを買ったからね」とか、台詞による小ネタの数々も好み。
 家族に隠れつつ企画書を書き上げた時の達成感に、悪魔の峠を越えて間一髪で間に合った瞬間の安堵感なども、忘れ難いものがありました。

 仕事人間だった主人公が、土壇場で良心を優先させて退職を選び、その後にちゃっかり新しい勤め先を見つけたりと、あまりにも予定調和過ぎて、都合が良過ぎるオチが付くのも、この映画らしいですね。
 天丼の「勝手に動くRV」ネタを挟みつつ、最後は家族皆で笑って、楽しく唄って終わり。
 ハッピーエンドが似合う、良い映画です。
ゆきさん [DVD(吹替)] 8点(2017-10-25 01:31:52)(良:1票)

12.よくあるコメディ映画、内容という意味ではなく、雰囲気というか、構成が。大笑いはないけれど、安心してみれる出来。最後にほろりとくるということもないけれど、元気な時のロビンが見れて嬉しい。 シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2014-09-03 17:07:22)

11.《ネタバレ》 ロビン・ウィリアムズが相変わらず体を張って頑張ってますねー。一時期シリアスな映画だったりサスペンスな映画に出てましたけどやはり元にいた畑に戻ると勢いが違う。家族と仕事に振り回されるロビン、レスリー・ニールセンとはちょとタイプが違うけど真面目なんだけどニヤニヤしながら笑わせてくれる小ネタ満載でまぁ下ネタ系統が好きなアメリカ産コメディらしいけどこれはこれでまた、いいかな。こんなに頑張っちゃうお父さんがそばにいたら逆に凄いわ(笑) M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 6点(2013-08-30 20:58:55)

10.小ネタがふんだんに盛り込まれており、大爆笑は無いものの飽きる事なく観れました。仕事と家庭を両立する為に必死な父親の姿が微笑ましい。 真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2012-03-06 18:21:21)(良:1票)

9.ロビン・ウィリアムスの味が出た良作。前半のもったり感も味のうち。 たるださん [DVD(字幕)] 8点(2011-11-26 08:12:51)

8.娘の胸の谷間が悩ましい。何を食わせたらあんな発育よくなるのかロビン・ウィリアムスと猿顔のママに聞いてみたい。そんなこんなで、深夜のテレビで遭遇したんだが、大いに笑わせてもらせてもらった 余は満足ぢゃ 3737さん [地上波(吹替)] 7点(2010-06-07 19:45:03)(良:1票)

7.《ネタバレ》 序盤の展開がダラダラしています。クサイ話があって、臭ってきそうでしたが、小ネタも一杯あって楽しめました。家族の再生という定番テーマなので、終わり良ければ全て良し。プレゼンテーション力が有る人は素晴らしいですね。 山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2010-04-19 23:45:44)

6.《ネタバレ》 久々に、腹が立つほどつまらない作品。そもそも、設定の前提として、本当はちゃんとしたお父さんが家族に誤解されたり嫌われたりするからこそおかしさが発生するのであって、この主人公は本当にただダメ男であるだけだから、コメディとして成立していない。子供2人もただ小生意気なだけで、ラストもとってつけた感じ。ウ○コネタであそこまで引っ張るってのも、発想の貧困さしか感じさせない。しかし、ロビン・ウィリアムスが06年にもなってこんなしょうもない作品に出ているとは・・・。 Oliasさん [地上波(吹替)] 1点(2010-03-18 00:46:13)

5.《ネタバレ》 ひたすらお父さんが奮闘してます。仕事に走りクソを浴び・・・、ウチの父さんはここまでしませんね。 たいがーさん [DVD(字幕)] 6点(2009-01-31 13:48:24)

4.ロビンがどんな家族旅行をするのか楽しみに鑑賞しましたが、大爆笑になるカットがないままエンデイングまで行っちゃうコメデイー作品でした。車窓からの背景がCGの為、風景画同じなのは残念でした。うんちは、本当に臭そうでした。 SATさん [DVD(字幕)] 6点(2008-06-14 17:07:32)

3.《ネタバレ》 ボブ(ロビン・ウィリアムズ)のちょっと空回り気味の奮闘ぶりが面白くって笑えた。でも、ちょっとかわいそうな気もした。家族には黙って仕事をしていたけれど、一応家族のことも想って旅行も兼ねているところがそんなに悪いおやじではないじゃないかと思った。家族の中にちょっとした理解不足があっただけでなかなか良い家族だなと感じた。でかいRV車で旅行なんていかにもアメリカだなと思った。そのRV車が度々転げてしまうのが面白かった。もうひとつの家族がロブの家族とは対照的で良い感じであったし、実は凄いところがあったりすると言うのも良かった。 スワローマンさん [DVD(字幕)] 7点(2008-06-12 22:56:49)

2.ロビンがこういう役やるのはかなり久々な気がしますね。年頃の娘と息子を持つお父さんが、家族の絆を深めるために大奮闘する(しすぎ?)という、こういうファミリー映画に彼は本当によく合っていると思います。ビデオスルー扱いなのがちょっと悲しいけど良作。 ライヒマンさん [DVD(吹替)] 7点(2008-01-04 18:11:17)(良:1票)

1.《ネタバレ》 ちょっと序盤はテンポが悪かったけど、中盤からたたみかけるように笑いネタ満載で面白かったです。家族のつながりがテーマであるのは当然のほか、人の親切がどんどん裏目に入っていく様も面白かったです。現状に流されてると、お父さんの良さって気付かないもんなんですね。旅行に行けば家族の輪がつながるとか、安直な発想なんだけど、何もやらないよりはマシなわけで、仕事して給料かせいで家族にいい暮らしをさせてやることが一家の主の存在価値だとしたら、それほど空しいことはない、という展開は考えさせられるものがありました。こういうアホな映画に出てるロビン・ウィリアムスって、好きです。注意:う○こネタがありますので要注意です。 どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 8点(2007-10-23 21:07:25)(笑:1票)

別のページへ
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 6.38点
000.00% line
117.69% line
200.00% line
300.00% line
400.00% line
500.00% line
6538.46% line
7430.77% line
8323.08% line
900.00% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review2人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS