みんなのシネマレビュー

マリと子犬の物語

2007年【日】 上映時間:124分
ドラマ動物もの実話もの
[マリトコイヌノモノガタリ]
新規登録(2007-11-08)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2020-10-04)【イニシャルK】さん
公開開始日(2007-12-08)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督猪股隆一
助監督石井良和
キャスト船越英一郎(男優)石川優一
松本明子(女優)長谷川冴子
広田亮平(男優)石川亮太
佐々木麻緒(女優)石川彩
宇津井健(男優)石川優造
徳井優(男優)竹村真治
蛍雪次朗(男優)本間信悟
角替和枝(女優)本間早苗
蛭子能収(男優)内村和男
三宅弘城(男優)内村義男
高嶋政伸(男優)安田啓一
小野武彦(男優)児島忠志
脚本山田耕大
音楽久石譲
作詞平原綾香「今、風の中で」
作曲久石譲「今、風の中で」
主題歌平原綾香「今、風の中で」
撮影北信康
製作東宝(「マリと子犬の物語」製作委員会)
日本テレビ(「マリと子犬の物語」製作委員会)
小学館(「マリと子犬の物語」製作委員会)
読売テレビ(「マリと子犬の物語」製作委員会)
ホリプロ(「マリと子犬の物語」製作委員会)
東宝映画(製作プロダクション)
製作総指揮島谷能成(製作指揮)
企画奥田誠治
市川南〔製作〕
配給東宝
美術部谷京子
録音斉藤禎一
照明川辺隆之
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1


7.夏休みに子どもが喜びそうな映画でも…と思って内容も知らずにレンタルしたら、甥っ子やら姪っ子に号泣され、我が家は一時阿鼻叫喚のパニック状態に・・・。
よく内容を吟味してから借りなくちゃダメですね。
しかし、一番堪えちゃうのは無類の犬好きな私だったりする。
実話なんですもん。 poppoさん [DVD(邦画)] 6点(2011-09-08 19:36:15)

6.《ネタバレ》 犬はちっちゃな体に似合わず精一杯の愛をぶつけてくれます。うちの犬も病気で寝込んでいるときはまるで心配してくれているように片時も側を離れません。そんな犬を置いていくとなったら、自らの危険を顧みずに助けに行くのは当たり前のことでしょう。涙なくしては見れない感動作です。 いっちぃさん [地上波(邦画)] 7点(2010-03-05 19:49:29)

5.これは泣きました。
足の悪いじいちゃんに散歩を強いるあの杖は、もはや呪いの杖としか思えなくて、出血が酷くて死に掛けていても犬の心配ばかりされるじいちゃんの扱いの低さは尋常じゃありません。
やっと一時帰宅できるかと思ったら、じいちゃんだけを残して一家3人で行ってしまう有様です。
それでも、まあ、子犬と子役は可愛いし、芸達者だし、じいちゃん抜きでも構わないような気がしてくる作品でした。 もとやさん [DVD(邦画)] 6点(2009-08-21 15:54:21)

4.《ネタバレ》 犬がとっても可愛いです。あやちゃんも可愛いし演技が上手!あの子の涙にはもらい泣きさせられました。ストーリーは、お母さん犬(マリ)がすばらしい。飼い主を必死に助けようとするところは心打たれ、ヘリに置いてかれてしまうところは切なかったです。実話というのが、これまたすごいと思いました。 ひまわりさん [DVD(邦画)] 7点(2009-08-05 21:45:26)

3.人間にとって絶望的な状況であっても、犬にとっても見れば普通の事。人間達が驚いているのが、逆に不思議だったんじゃないですか。にしても彩ちゃんのパワーには圧倒された。こいつの為なら自分は犠牲になってもいいという周りの男共もちろん主人公であるマリの気持ちは分かります。 Yoshiさん [DVD(邦画)] 4点(2009-05-20 05:09:56)

2.久々に泣かされた。全編ベタだらけで子供向けで捻りとか一切無いんだけど、地上にマリを泣く泣く置き去りにしてヘリで飛び立つシーンに、主題歌のインストなんか被せてスクリーンから流されたら、涙腺の弱い人じゃなくても感極まるに決まってる。泣きたいときに見るには持って来い。もう一つ、地震の特撮シーンは東宝特撮陣の腕の見せ所。地震の恐怖を助長させる描写は、地震国日本だからこそ描けた技術の結晶。 ドラりんさん [DVD(邦画)] 8点(2008-08-12 22:55:20)

1.《ネタバレ》 あら? 私が一番最初のレビューですか・・・。

犬を飼っている人間としてまた、地元の話ですし・・・見に行きました。
もうね、もうね、犬を飼っている人は、涙無くして見れないでしょう。
「うちのワンコは・・・ここまでしてくれるのか・・」と思う所が
随所に見られます。 本当のマリは雑種だと言う事ですが映画では柴犬。
うちの犬も柴犬。 我が家では暫く犬を抱きしめて「マリごっこ」が流行りました。
「マーーーーーーーーーーリーーーーーーーーーーーーーィ」って。
犬は嫌な顔してました。 あずきさん [映画館(字幕)] 7点(2008-02-22 19:01:35)(良:2票)

別のページへ
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 6.43点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
300.00% line
4114.29% line
500.00% line
6228.57% line
7342.86% line
8114.29% line
900.00% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人

Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS