みんなのシネマレビュー

ミスト

The Mist
2007年【米】 上映時間:125分
ドラマホラーミステリー小説の映画化
[ミスト]
新規登録(2008-03-10)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-11-14)【イニシャルK】さん
公開開始日(2008-05-10)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督フランク・ダラボン
助監督K・C・コーウェル
グレゴリー・ニコテロ(第二班監督)
キャストトーマス・ジェーン(男優)デヴィッド・ドレイトン
マーシャ・ゲイ・ハーデン(女優)ミセス・カーモディ
ローリー・ホールデン(女優)アマンダ・ダンフリー
アンドレ・ブラウアー(男優)ブレント・ノートン
トビー・ジョーンズ(男優)オリー・ウィークス
ウィリアム・サドラー(男優)ジム・グロンディン
ジェフリー・デマン(男優)ダン・ミラー
フランシス・スターンハーゲン(女優)アイリーン・レプラー
クリス・オーウェン(男優)ノーム
デヴィッド・ジェンセン〔男優・1952年生〕(男優)マイロン
アレクサ・ダヴァロス(女優)サリー
ネイサン・ギャンブル(男優)ビリー・ドレイトン
堀内賢雄デヴィッド・ドレイトン(日本語吹き替え版)
宮寺智子ミセス・カーモディ(日本語吹き替え版)
日野由利加アマンダ・ダンフリー(日本語吹き替え版)
古澤徹ブレント・ノートン(日本語吹き替え版)
茶風林オリー・ウィークス(日本語吹き替え版)
辻親八ジム・グロンディン(日本語吹き替え版)
佐藤利奈ビリー・ドレイトン(日本語吹き替え版)
小室正幸(日本語吹き替え版)
佐々木敏ダン・ミラー(日本語吹き替え版)
原作スティーヴン・キング『霧』(扶桑社刊『スケルトン・クルー1 骸骨乗組員』所収)/『霧』(『闇の展覧会―霧』所収)
脚本フランク・ダラボン
音楽マーク・アイシャム
製作フランク・ダラボン
ディメンション・フィルムズ
製作総指揮ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ
ハワード・バーガー
K.N.B. EFX Group Inc.
ジェイク・ガーバー
特撮K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
カフェFX社(視覚効果)
グレゴリー・ニコテロ(クリーチャー効果)
美術グレゴリー・メルトン(プロダクション・デザイン)
ハワード・バーガー(クリーチャー・デザイン)
グレゴリー・ニコテロ(クリーチャー・デザイン)
録音マーク・A・マンジーニ
エリオット・タイソン
字幕翻訳松浦美奈
その他ジェイク・ガーバー(パペット操演)
スティーヴン・キング(スペシャル・サンクス)
あらすじ
メイン州の田舎町。凄まじい嵐が過ぎ去った翌朝、 買出しに来た住民で賑わっていたスーパーマーケットは まったく視界が利かなくなるほどの霧につつまれる。 霧の中には得も言われぬ恐ろしい〝何か〟が潜んでいた…。

ヒゲ太】さん(2008-06-01)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1234567891011121314


235.《ネタバレ》 2007年当時は大ハマりして繰り返し観ましたが、久しぶりに観てみたら、あれっ凄くつまらない。生存者がゴチャゴチャやりあっているだけで、結局何の解決もしないストーリーが退屈でした。女性キャストへの虫刺されが容赦ないのは好印象で、クリーチャーは良い感じですがあくまで脇役なのも残念です。ローリー・ホールデンは本作と『サイレントヒル』(2006)の両方に出演できて羨ましいと思いました。 DAIMETALさん [DVD(吹替)] 3点(2014-08-15 04:39:31)

234.《ネタバレ》 モンスターが出てからも面白い(モンスターが出ちゃうとしらける映画も多くて)。ラストに+1点。 JFさん [DVD(吹替)] 7点(2014-07-11 13:23:54)

233.《ネタバレ》 CSでやっていたので見ました。
これは思いっきりネタバレします。
 (詳細はブログにて) シネマレビュー管理人さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2014-05-14 15:46:34)(笑:1票)

232.《ネタバレ》 すごく哲学的な要素が入った映画だと思います。
「人間、部屋に二人以上いれば最終的には殺しあうんだ」 りょーちんさん [DVD(字幕)] 5点(2014-04-04 02:48:11)

231.おそらく、キリスト教圏の人にはこの作品の意図するもの、暗示しているものが、すーっと体に入ってくるのでしょう。多くの日本人は、盆暮れしか宗教を意識しないと思います。そういう状況ではこの作品は単なるパニック映画、究極の選択のお話にしか見えないかもしれません。こういう作品は最後の着地点で評価が大きく変わると思います。うーんそう来たか!というラストでした。キングの映画化作品の中では上位に来ると思いました。 たかちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2013-12-08 21:51:28)


230.《ネタバレ》 スティーブンキングの原作は2バージョンありますが、キングフアンの自分は事前に2バージョンとも読んだ事があり、ストーリーを把握した上での鑑賞でした。
そしてストーリーをあらあら知っていたからこそ、映画用に改変された最後のくだりは本当にすごいな、と感心してしまったわけです。
それなりに希望を感じる原作のラストを、よくまぁこんなひどい(残酷な、シニカルな)ラストに変更したものです。
好き嫌いは別れるでしょうが、少なくともこの映画を観たすべての人の印象に残る事は間違いないでしょう。
しかし、劇中で老人が言っていたように、最大限の努力を行いやるだけやった結果としてのあの選択ですから、それが「結果的に裏目に出た」だけであって、あの選択を行った事自体は絶対に間違っていないのです。
人間、生きていく上で常に大なり小なりの選択をしながら毎日を生きているわけで、誰しも「あのときこうしていれば」と思った事は1度や2度じゃないでしょう。
でも自分なりに最善を尽くして選択したものであれば、それが結果として悪手となったとしても、それは決して間違った選択ではないのです。
たとえそれがこの映画のように残酷な結果であったとしても。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-11-06 17:09:22)(良:2票)

229.救いようのないラストにはため息が漏れましたが、おばさん以外怖くないです。 カニばさみさん [DVD(字幕)] 5点(2013-08-18 15:40:29)(良:1票)

228.《ネタバレ》 ダラポンXXXスティーブンキングということで舐めて鑑賞。B級と言えばB級だがパニックムービとして素晴らしい作品。時折迫る陰惨なシーンも程よい緊張感をもたらし小気味いい。エンディングも個性が強く素晴らしい。車でスーパーマーケットより抜け出す際の妙に宗教的な描写等なんとも気持ち悪い感じも意図通りなのだろう。車で脱出するのが間違いだったーというのはなんとも皮肉だ。見て良かった。 reitengoさん [DVD(字幕)] 8点(2013-07-09 16:40:36)

227.《ネタバレ》 文字通り深い霧の中にいるような先の見えない展開で、サスペンス性たっぷり。
狂信的なクリスチャンのおばさんもキャラが立っていて、ウザくて仕方ない。
ラストはこれ以上ないほど皮肉なバッドエンドで、インパクトがある。
後味がきわめて悪いものの、それが狙いなので大成功といえる。
カタルシスとは対極にあるので好みとはかけ離れるが、一味違ったモンスターパニック映画に仕上がっていることは確か。
ストレスを感じたいときにはオススメ。 飛鳥さん [DVD(字幕)] 6点(2013-06-21 23:39:26)

226.《ネタバレ》 スティーブンキングやねぇ。最後のどんと落とす所が無常観あってやりきれなくてナイス。現実はこうなんですよ。きっと。宇宙戦争なんか、無理やりハッピーエンドにするよりこの結末の方がリアリティーがありますわ。しかし、自分の息子撃ち殺した直後に助かる事実知ったらもう廃人になりますわ。『霧が立ち込めるときは動いちゃいかん!』登山の大原則。やっぱそうなんだなぁと痛感であります。ただ我慢してじっとする。それが大切。 トメ吉さん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-04 10:51:55)

225.《ネタバレ》 もうスティーブン・キング印のB級感満載のシチュエーションホラー&スリラー。意味不明な濃霧に追い立てられ、スーパーマーケットに閉じ込められた人間たちの極限状態を描く。キングお得意の気持ちの悪い化け物や蠢く虫たちもさることながら、次第に狂っていく人間たちの暴走もひたすら怖い!!この気持ち悪さはなかなかツボです。そして、賛否両論の超後味悪いラストシーン……。もう、ここまで気持ちの悪い映画を撮った監督にただただ拍手です(笑)。 かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-04-26 13:57:15)

224.すごく後味が悪い映画だ。人間が極限状態になると何をしでかすかわからないということはよくわかるのだが・・・。評価できる映画だとは思うが好きではない。 ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 4点(2013-02-22 23:07:36)

223.《ネタバレ》 真っ白な霧の中から触手が。スーパー内で恐怖の極限に達した人々の様子を赤裸々に描き出したシチュエーション・モンスターパニック。援けがちょっとばかし遅かった…酷すぎる結末。余韻を残す静寂なED曲。エイリアンものでこれほど引き込まれたのは初めてかも。さすがは「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督、スティーブン・キング原作。 獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 8点(2013-01-19 22:51:55)

222.《ネタバレ》 なにこれどう点数つければいいんだか分からん。ただでさえ宗教信者はタチが悪いのに、極限状態だと更にタチが悪くなるってことが分かってよかった。てっきり「全て」主人公の妄想で、夢オチEDだとばかり思ってたのに。 悲喜こもごもさん [DVD(字幕)] 7点(2013-01-19 02:24:13)

221.《ネタバレ》 これはただのエイリアン系のB級映画。そう、エンディングまでは。
この映画をB級映画として観れば7点は付けられるかもしれないが、スティーブン・キング原作フランク・ダラボン監督作品として観てしまったら0点。
壮絶なエンディングによってただのB級映画が映画史に名を残す映画になったのは間違いない。しかしこの絶望感は受け入れられない。極限状態における心理描写が素晴らしいとか宗教的だというレビューもあるけど、そんなものはもはやどうでもいい(だって途中経過はB級映画だもん)。「セブン」みたいな結末は必然性があって受け入れられるが、この映画には最低限の倫理がない。。
しかし!映画としては、多くの衝撃を与え議論を巻き起こしたいう意味で成功しているのではないだろか amierさん [DVD(字幕)] 0点(2012-12-26 21:30:12)

220.《ネタバレ》  監督フランク・ダラボン・原作スティーヴン・キングということで、かなり期待してみました。実際、初めのうちは悪くなかったと思います。主人公の男も、脇を固める俳優も結構いい雰囲気です。が、「虫」が出てきてからちょっと変わりました。エイリアン等を見てでさんざん鍛えられている映画ファンにとって、あんなちゃちな「虫」、しかも何種類いるかよくわからないような「虫」ではガックリきてしまいます。すごみのないものを出すくらいなら、むしろ姿を見せない演出のほうがよかったんじゃないでしょうか。エンディングを含めてストーリーはたいへんよくできているので、残念です。 海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-09-22 17:33:58)

219.主人公が大活躍するご都合主義的なストーリー展開を想像していると見事に裏切られます。それはもう見事に。これほど先の展開が読めない映画を久しぶりで観ました。それだけでもこの点数の価値は十分にあると思います。 kainyさん [地上波(吹替)] 7点(2012-09-07 12:00:59)

218.《ネタバレ》 ラストまではハラハラドキドキで面白かった。
宗教女や弁護士の言動にイライラ、無意味に虫を懐中電灯で照らす行動にイライラ、
銃に手を伸ばすシーンでノー!ノー!とやかましくわめきたてる行動にイライラ、
そしてまず窓危ないんだから女子供はバックルームに避難させとけよ!とイライラしながら見ていたが、
それでも面白かった。
しかしラストはもはやギャグである。
主人公は息子の為に最善を尽くしてないように見える。
車なんてそこらにいっぱいあったんだし
ガソリン移し換えや車の乗り換え等も出来ただろう。
どう考えても「やるだけやった」にはならない。
結局何のためにあのスーパーを脱出したの?
あの場から逃げたかっただけ?
主人公は奥さん失って精神的に追い詰められてたのか?
いずれにせよ主人公より息子が不憫過ぎる。
もっと頑張れ親父!

nokkyさん [DVD(字幕)] 5点(2012-08-25 01:13:55)(良:1票)

217.《ネタバレ》 見えない霧の中に得体の知れない何かが潜む恐怖・・・つかみはOK  
あっさり異様なイカの足?のようなものが出てきた時点でちょっとがっかり・・・
この時点でビジュアル面に目がいってしまい、どうしようもないグロテスクホラーに感じてしまいました。
しかし、見ていくにつれ、この作品に潜む恐怖とは、"怪物"ではなく恐怖に陥ったときの人間自体であることに気付きました。
思えば、最初に出てくるモンスターぺアレント的なおばさんからして、すでに人間の見苦しい姿にほかなりません。
そして、最後のどうしようもない絶望感での終わり方はなかなか個性的。
こういうラストはなかなか持ってこれないと思います。
問題は収束し、主人公は生き残ったのに、主人公にとって最悪の終わり方・・・言ってみれば死んでいたほうがまだマシ。
面白かったですが、正直、広く一般には薦められない作品です(^^; 午若丸さん [DVD(字幕)] 5点(2012-08-19 17:46:15)(良:1票)

216.《ネタバレ》 普通の映画は主人公たちの行動が正しい選択なんだけど、この映画では逆というのが面白い。
ただし映像は少しショボい。 たんたかたんさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-19 01:08:31)

別のページへ
1234567891011121314


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 275人
平均点数 6.37点
031.09% line
182.91% line
220.73% line
372.55% line
4279.82% line
52810.18% line
64917.82% line
76925.09% line
85720.73% line
9124.36% line
10134.73% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.36点 Review36人
2 ストーリー評価 7.06点 Review45人
3 鑑賞後の後味 4.68点 Review47人
4 音楽評価 5.92点 Review26人
5 感泣評価 4.76点 Review25人

Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS