みんなのシネマレビュー

96時間

TAKEN
2008年【仏】 上映時間:93分
アクションサスペンスシリーズもの
[キュウジュウロクジカン]
新規登録(2009-06-05)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-01-31)【イニシャルK】さん
公開開始日(2009-08-22)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ピエール・モレル
キャストリーアム・ニーソン(男優)ブライアン
マギー・グレイス(女優)キム
ファムケ・ヤンセン(女優)レノーア
リーランド・オーサー(男優)サム
ホリー・ヴァランス(女優)シーラ
ケイティ・キャシディ(女優)アマンダ
ジェラール・ワトキンス(男優)パトリス・サンクレア
ザンダー・バークレイ(男優)スチュアート
石塚運昇ブライアン(日本語吹き替え版)
深見梨加レノーア(日本語吹き替え版)
牛山茂サム(日本語吹き替え版)
辻親八スチュアート(日本語吹き替え版)
仲野裕ジャン=クロード(日本語吹き替え版)
伊藤和晃(日本語吹き替え版)
脚本リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
撮影ミシェル・アブラモヴィッチ 
製作リュック・ベッソン
配給20世紀フォックス
衣装オリヴィエ・ベリオ
あらすじ
離婚して今は母親側に引き取られている愛娘。父の心配を余所にパリに遊びに出掛けた彼女は、人身売買組織に誘拐されてしまう。助けを求める電話で娘の窮地を知った父は、なんと元CIAの腕利きエージェント。親父の怒りは爆発、もう止まらない。愛娘の為なら何でもありの大追走。史上最強の親父が画面狭しと大活躍! リュック・ベッソンが放つ痛快オヤジアクション!

ぽこた】さん(2010-09-22)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
12345678


150.《ネタバレ》 決して筋肉アクション派ではないリーアム・ニーソンがオヤジ・アクションものでスマッシュヒットを放つとはねえ。
まずブライアン・ミルズのキャラクターを度を越えた親バカに設定したのが効きました。世の親は多かれ少なかれ我が子に対して親バカですから、彼が娘を救うために何をしようと客の承認は得たも同然。なのでブライアンがもう虐殺レベルな暴れっぷりを披露しても眉根を寄せる客はいない。敵に電気ショックをかまそうが、元同僚のヨメを撃とうが、「まあ仕方あるまい」と思わせちゃうのがミルズ親父の人徳か。人身売買組織に情けをかける必要も全然ないし、と思わせる脚本も念が入っている。
電話越しに聞かされる娘の大ピンチ、足元だけ映す暴漢らの気配。この場面のスリリングな怖さはベッソンの十八番。導入からラストのカタルシスへと一気に見せます。ノッてるベッソンはこれくらいできるのですな。 tottokoさん [DVD(字幕)] 7点(2018-06-24 23:29:37)

149.《ネタバレ》 続編レビューしてて、これしてなかったです。

娘が誘拐されてからが非常にスリリング。
僅かな情報を手繰り寄せて敵組織に行くまでの間に
おっさんが容赦なく瞬殺するのが非常に爽快なんです。

命乞いも知らんがな。時間ないし。
と問答無用。

よってテンポが凄い良い。
話も単純明快。

娘とオカンがアホすぎるのが気になるところ
それ以上に軽い娘の友だちの存在がそれを緩和しているのが
非常に絶妙な存在です。

良い所が多いのに
微妙なのはカースタント。
カットが目まぐるしく見づらい。

そこらへんがなかったら8点だった気がします。 シネマレビュー管理人さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-01-23 11:45:31)

148.序盤はシリアスで、終盤からアクション多め。
最後まで緊張感あってオススメ へまちさん [DVD(字幕)] 8点(2017-12-06 22:44:58)

147.《ネタバレ》 リアム・ニーソンてこーゆー俳優でしたっけ?
スティーブン・セガールの沈黙シリーズを彷彿とさせる本作、お父さんが強いわ強いわ

17歳の娘はU2のおっかけするために海外へ行きたい、しかし実父にはパリで美術館巡りと嘘をつき
許可証にサインさせる、実は母親も継父もそれを知ってて金出すって?!
ヤボは承知で言うけど、娘が誘拐されるきっかけが粗いといいますか、なんか腑に落ちないんだよねー
娘と母親と継父にはたっぷり反省してほしいところだけど、そんな描写は無しだし

まあ、悪い奴らをバッタバッタとやっつけていく爽快感は充分なんで、それを味わう映画なんでしょうな。
続編を観る機会があれば見届けたいと思います
究極の親バカ映画です。 envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-07-16 11:44:53)


146.《ネタバレ》 映画全体の尺を考えると、実際に娘がさらわれるまでが異常に長く感じます。
初見のときは「え、必要なのはわかるけど前半こんなに引っ張って尺は大丈夫か?」と心配になりましたが、でも大丈夫。
なにしろ96時間しか猶予がありませんから、お父さんは休むことなく情け容赦なく駆け回ってあっという間に事件解決。
その情け容赦なさは、観ていてちょっと引いてしまうほどで、相手が悪党とは言え殺して殺して殺しまくります。
世のお父さんの娘への愛情ってのは、実際のところかなり複雑でかなり無限大なもの。

世のお父さんっていうのは、だいたい、自分が娘にとっての永遠の特別な恋人でありたい、こっそり(あるいは隠すことなく)そう願ってるわけですが、そのお父さんの気持ちが全編にあふれかえっているある意味とても気持ち悪い映画でもあり、特殊なシチュエーションの元にそのお父さんの気持ちを見事なまでに描き切っている変態映画です。

だけどまぁ徹頭徹尾それを貫いている分、観ていて面白いのも確かなのです。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-02 10:39:11)

145.まさに痛快アクション。しばしば見るような上手く行き過ぎのお話ですが、何となくの満足感を頂きました。
作中のどの女性もアホそうで都合が良いように思い、後味が悪く感じました。 さわきさん [地上波(吹替)] 7点(2016-12-25 21:44:10)

144.《ネタバレ》 この映画は、孤独な男が娘を見守り続ける平穏から始まる。

誕生日、ビデオ、母と娘を映す誰かの視点・暗い部屋で見つめる写真。
プレゼント、パーティー、抱擁、繰り返される撮影、馬、プレゼントの差。

扉を開けたら押しかける仲間たちの慰め、護衛仲間とトランプ 電話。


激しい戦いが起こるだろうと期待を抱かせるのは、10分を過ぎた辺り。
優しき父親は危機を察知すると仕事人の顔つきになり、キャメラも微かに揺れ出し不安を煽るようになり、押し寄せるファン、影に潜む刺客を取り押さえ守り抜くボディーガードの身のこなし。

一息、カフェで家族団欒…できない渡される紙とペン。

地図、別れの撮影、「電話してね」とお父さんは心配なのです。

ナンパ、観客に予告してしまうもの、「裏窓」さながらに窓の向こうで目撃するもの、嘆きを聞いて即座に行動に移るプロフェッショナリズム、アドバイス、ベッドからの視点・叫びだけが伝えるもの。

繰り返し聞いて得ようとする手掛かり、募らせる憎悪。

手掛かりを得るためなら壁を這いガラスをブチ破る!
残されたもの、推理、想像、情報収集、“鏡”に映っていたもの。

初対面に鉄拳浴びせまくる捜索者、巻き込みまくる大迷惑、狩人は車の中でとっ捕まえて殴りながら尋問、車を盗みまくる追跡、犯人も橋から飛び降りてまで必死、空回り。

女に執拗に絡むのは獲物を吊り上げ“信号”をつけるため。

腕に刺されたもの、布に覆われたもの。巻き込まれた女、女、女たちの顔、顔、顔。

斜面を敵の車ごとブッ転がしながら駆け下りるチェイス、窓に落ちるもの、壁だろうが建物ごとブチ破る。中指を立てる報告。
配線イジッてまた盗車。

ハンガーを折り曲げて吊るす治療、電話の行方。

手に刻まれた印、取り引き、声の“一致”。

机をひっくり返し、敵の得物で大暴れっ!!容赦なく拷問、膝にブッ刺す電気椅子、唾には電流でお返事、放置プレイ。

洗面所に隠していたもの、手から顔面に浴びせるもの、容赦なく引き金を引く覚悟、平手打ち。

オークション、窓の向こうで見たもの。

買い物、お約束…あるいは娘を救いたいがために信じられないパワーを発揮したのか、蒸気。

橋の上から船に飛び乗り、武器を手に入れ、扉の窓、扉越し、閉鎖空間における一騎打ち。

敏を割りまくり、足を引きずってでも迎えに行く!

締められる扉とともに終わる物語。

制作はあのリュック・ベッソンだ。
「レオン」で「リバティ・バランスを射った男」のクイズをジャン・レノに出題させたあのベッソンである。
ベッソンと監督のピエール・モレルはジョン・フォードの傑作「捜索者」も見ているに違いない。 すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2016-12-15 04:18:44)

143.《ネタバレ》 冒頭の娘が拉致される場面での冷静な指示は中々見応えあったし、罪のない奥さんの腕を打ち抜くとか容赦ない所も悪くはないんだけど、背景にある娘を溺愛する主人公のキャラというか顔つきに冷徹さを感じないので、どうも中途半端な感じが。「24」のパクリだとは気がつかなかったが言われてみれば確かにそうですね。そう考えると、ジャックバウワーには見劣りするかな。 東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-10-04 11:23:10)

142.《ネタバレ》  主人公の無敵さと娘の名前がキムなので、邦題を決めた人は「24」を意識していたのかな?
 しかも、ジャックバウアーは元同僚の罪のない妻を同僚の口を割らせるために撃ったところも同じ。ってことは、そもそも映画の制作者も意識していたのかも知れません。ジャックはたしか膝を撃ったからもっと残酷だったけど。
 娘の誕生パーティのシーンで人間関係が見事に説明されていて、地面に残されたプレゼントの前に立つ主人公の切ない気持ちに感情移入させられる冒頭部からはまってしまいました。
 あとは引き込まれてラストまで・・・素直に面白かったです。
「今も歌手志望よ。ママには内緒だけど」というのはリップサービスだったと思っていたら最後のシーン。リップサービスじゃなかったの?いや、このシーンはなしにして、リップサービスのままにしておいて欲しかった。 karikさん [地上波(字幕)] 8点(2016-09-28 17:48:48)

141.《ネタバレ》 まずは冒頭の娘の誕生日パーティーが効いている。
離婚した妻は今では大富豪と再婚し、娘と一緒に暮している。しかし娘を溺愛する気持ちは不変。
歌手に憧れる娘のためにカラオケマシーンをプレゼント。
しかし・・・。その直後に再婚相手のプレゼントが登場。何と馬だ。
もう娘はカラオケマシーンのことなど忘れて馬に夢中。
娘を思う気持ちは誰にも負けない。しかしそこに漂う哀愁・・・。
そんな娘が旅行先のパリで誘拐され命の危険にさらされる。オヤジはもういてもたってもいられない。
「狼よさらば」をはじめとするデス・ウィッシュシリーズのブロンソンを思い出しますが、
「娘のためなら俺はエッフェル塔だってぶち壊してやる。」の台詞がカッコいい。
あとはひたすら娘のために闘うリーアム・ニーソンの最強オヤジぶりを堪能する映画。
娘に危害を加える奴は誰だろうと、武器がなければ拳でボコボコにする。
そして銃を手にすれば容赦なく悪党どもを殺りまくる。
アクションサスペンスですが、終始安心してニーソンの無敵ぶりを楽しめる。
テンポの良さ、シリアスさとエンターテイメントのバランスの良さもお見事です。
そして無事救出した最愛の娘と一緒のラストシーンを迎える。キムちゃん、いいパパじゃないか。 とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2016-01-22 23:43:37)

140.《ネタバレ》 娘を溺愛しているために心配しすぎる父。口出ししすぎて嫌われるというよくあるタイプ。ところが過剰とも思える心配が的中してしまうこともある。
ストーリーはいたってシンプル。人身売買組織に捕まった娘を救い出す元CIA職員。なんだか「24」のジャックバウアーとかぶる。娘の名前もキム。キムを救うためにはどんな手段でも使う。相手が人身売買に関わっている悪人とはいえ、片っ端から殺していく鬼のような無双。
味方にすればこんな頼もしい人間もいないけど、もし彼女の父親がこんなのだったら絶対嫌だろうな。 飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-12-20 10:10:51)

139.《ネタバレ》 「お前が誰か知らない。目的も分からない。身代金が目的ならこれは確かだが金は払えない。だが言っとくが俺には高度で専門的な力がある、長年仕事で身につけて来た力だ。それでお前のような連中を追いつめて来た。今すぐ娘を返すなら見逃してやろう。お前を探し出さない、後を追う事は無い。返さないなら…お前を探し出す。必ず見つけ出し、この手で殺す。」「がんばれ」
そして親父は頑張ってしまった。どっかのバウアーと同じ名前の娘を連れ去られたリーアム・ニールソン演じるブライアンは頑張ってしまったのだ。
その長年仕事で身につけて来た高度で専門的な圧倒的パワーを使い居場所を迅速で冷静に突き止め、邪魔な連中を皆殺しにし、悪い奴も皆殺しにし、ついでに人身売買のシンジケートも潰してしまった。次から次へ悪い奴の在処を見つけては次の場所へ移り、そして本当の巨悪が見えてくるこの過程はとてもテンポが良くひと時も目を離す事が出来ない。そしてリーアム・ニールソンのどこにでもいそうなか弱そうに見えるおっちゃんが次々と悪漢をあの世に送って行く様は痛快そのもの。
もちろん娘の居場所を白状しない奴には情け容赦が無いのもグッと来る。なんせその悪が殺してもいいくらいスッゲェ悪いからこんなにグッとくるのだろう。
そんなこんなでパリの巨悪をぶっ潰しそれなりの幕引きで収まりよく、コンパクトにそしてシンプルに興奮する時間を提供してくれました。面白かったです。
そんで娘を誘拐されたらハリウッドではすなわち「皆殺し映画」になるという事もわかりましたね。 えすえふさん [DVD(字幕)] 6点(2015-10-28 00:54:15)

138.《ネタバレ》 見てからしばらく経ったので箇条書き。

・処女性を重視するのが男目線な作品(娘は処女のまま救出、性に積極的だったアマンダは死亡
・女は男を所有したがらないが、男は女を所有したがる  それでビジネスが成り立つのだろうが、男のその欲求は気持ち悪い
・娘を害するものは全部敵と見なす父親、突き抜けていて良い Sugarbetterさん [DVD(字幕)] 6点(2015-09-05 14:34:19)

137.《ネタバレ》 最近はイクメンが流行っているが、まだまだ家庭より仕事を一番にしているオヤジは存在する。この映画の主役もそんなオヤジの一人で、そのために妻とは離婚し、妻は一人娘とともに違う男性と家庭をもっている。前半、そんなオヤジが、今は愛する一人娘を喜ばせるために色々やるんだけど、もと妻は冷たく、娘も一応喜ぶけど、やっぱり無神経なとこもある。ここで僕らは、このオヤジの哀愁漂う空回り具合を見て、このオヤジに感情移入させられる。仕事がんばってきて、娘のことを誰よりも大切におもっているのになー、なんか寂しいよなーと。そして事件は起こる。娘が何者かに誘拐されるのだ。普通なら、これから大変だぞーって感じになるのだが、このオヤジは普通じゃなかった。元スパイだったのだ。娘が誘拐される時、彼女はこのオヤジと電話中だった。そして誘拐される時にオヤジが、この娘に電話である指示を与えるのだが、その内容で僕らは、このオヤジがスパイでもかなり優秀なとんでもないオヤジだとゆーことがわかる。感情移入していたオヤジが実に頼もしく見えるこの瞬間、僕たちのハートはもうこの映画にコントロールされてるわけだ。そこからのオヤジのテキパキさと破壊力といったら、もうカタルシスの連続である。敵は組織で巨大で得体が知れないので、言うなれば、会社や学校でいじめらて、その会社や学校自体をぶっ壊すほどの快感が得られるのである。しかも、この無敵のオヤジに危機的状況もちょいちょいいれてくるので、ドキドキ感もわく。ドキドキとカタルシスのつるべ落としにより最後まで全く飽きることなく映画を楽しめたのである。 なにわ君さん [DVD(字幕)] 10点(2015-06-20 02:35:01)

136.《ネタバレ》 ○割とシリアスだが、リーアム・ニーソンの無双映画なので、がんばれおっさん!ぐらいのスタンスで見るのがいいかな。○アクションシーンはここ最近のアクション映画の詰め合わせって感じで特に目新しさはない。 TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-05-17 17:19:56)

135.《ネタバレ》 娘が誘拐されそれを追う元CIA職員の主人公の話。
内容はありがちなアクション映画。
リーアムニーソン無双を眺める映画ですね。 SASUKEさん [DVD(吹替)] 5点(2015-04-10 21:41:10)

134.《ネタバレ》 情報戦の側面がある前半(携帯越しの親子の会話とか、チンピラにからまれるふりをして盗聴するとか)は、そこそこ目を見張る部分もあったのですが、後半は特に目新しさのない銃撃戦+肉弾戦になってしまいましたね。それと、最初のところでもっともらしく96時間とか言っていながら、途中からまったく残り時間は関心がなくなっているようなのですが・・・。 Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-01-18 03:42:14)

133.娘に超甘の異常に強くて冷徹な主人公が、息もつかせぬ展開で動き回って、あっという間に結末を迎えます。サスペンス感十分の見応えのあるアクション映画です。リアリティと中味は殆ど感じられませんが。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-01-16 23:39:48)

132.凄くテンポが良い、というか間奏が無い歌をずっと聞いている感じ。
これだけ展開が早いと飽きることなく最後まで辿り着いてしまう。アクション映画の予告編が90分ぐらいやっているような、そんな作品。 simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-01-09 22:11:50)

131.《ネタバレ》 良かった。前半はサスペンス要素が多く、事件の謎解きを楽しめた。後半はアクションシーンが多く、でもしつこくない程度で、テンポがいい。事件の背後にあるのもトラフィッキングで、なかなか現実的で裏社会のブラックさを堪能することができる。キムがブライアンに言ったI love you, dad.も旅行前と生還後では意味が違うでしょうね。ブライアンの表情は元諜報員らしくあまり喜怒哀楽は見せなかったけど、そのぶん安堵したときやキムを抱き寄せた時に垣間見れる笑顔が印象的だった。 カジノ愛さん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-14 03:33:48)

別のページへ
12345678


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 150人
平均点数 6.93点
000.00% line
100.00% line
210.67% line
310.67% line
453.33% line
5149.33% line
62919.33% line
74731.33% line
83724.67% line
91510.00% line
1010.67% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.43点 Review16人
2 ストーリー評価 6.50点 Review18人
3 鑑賞後の後味 7.45点 Review20人
4 音楽評価 5.75点 Review12人
5 感泣評価 5.08点 Review12人

Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS