みんなのシネマレビュー

ひゃくはち

2008年【日】 上映時間:126分
ドラマスポーツもの青春もの小説の映画化
[ヒャクハチ]
新規登録(2009-06-28)【コナンが一番】さん
タイトル情報更新(2015-02-09)【8bit】さん
公開開始日(2008-08-09)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督森義隆
キャスト斎藤嘉樹(男優)青野雅人
中村蒼(男優)小林伸広(ノブ)
市川由衣(女優)相馬佐知子
高良健吾(男優)佐々木純平
北条隆博(男優)星野健太郎
桐谷健太(男優)コーチ
三津谷葉子(女優)女子大生 アキ
有末麻祐子(女優)島千渚
小松政夫(男優)木場・横浜スカウト
二階堂智(男優)香川遼太郎
光石研(男優)雅人の父
竹内力(男優)サンダー監督
山田健太(男優)立花
阿部亮平[1980年生](男優)内田修二
太賀(男優)
原作早見和真
脚本森義隆
撮影上野彰吾
製作ファントム・フィルム
配給ファントム・フィルム
照明赤津淳一
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1


15.《ネタバレ》 原作は高校卒業八年後からスタートし、現在と過去を交互に語っていく形式である。
映画版はこれを高校時代の現在進行形で進めていく形に改変したのが良かった。
それに伴って、相馬佐知子のキャラクターも新人記者に変更され、映画後半のストーリーも
斎藤嘉樹と中村蒼の間でのベンチ入り争いへと大きく変えられることになったが、こちらも
一〇八の煩悩という題材を発展させた脚色として、尚且つ
躍動的な練習シーンと二人の感情のぶつかり合いが相俟った見事な映画的アレンジである。

序盤で携帯電話を壊される1シーンを加えることで、クライマックスの雨の公衆電話シーンが
音響と縦構図が印象的な名場面となった。

打撃や守備の練習をする部員らの身のこなしも本格的で実にさまになっており、
強豪校のレギュラーメンバーという設定を説得力をもって提示している。

ラストの斎藤のずっこけをスローで処理してしまっているのがちょっと勿体ないが、その直後の笑顔はピカ一だ。 ユーカラさん [DVD(邦画)] 8点(2017-10-12 00:41:45)

14.高校野球部を中心に、タイトル通り彼らとその周囲の人々の様々な煩悩の織りなす人間模様、それでも一度しかない輝く青春を描いています。やや編集というか間が単調な印象を受ける部分もありましたが、後半はうまく盛り上げ、爽やかな後味で締めていてよかったです。諸々の制約や人間関係の中での部員たちそれぞれの思い、そして振り返ってみて続けてよかったなと思えるものや仲間に出会えた幸福感を感じさせられました。
甲子園のスタンドでユニホーム着て応援してる選手達を観るとこの映画を思い出したりしそうです。 クリプトポネさん [DVD(邦画)] 7点(2017-08-15 23:34:13)

13.《ネタバレ》 甲子園常連強豪校の補欠を軸にした青春もの。苦しいことばかりで試合にも出られない。なのになぜ続けているのか?
前半はたわいないライトな野球コメディかと思っていたら、後半にわかにシリアス青春路線になってくる。
煙草を吸ったり、女子大生とコンパしたり。野球強豪校にもこうした部員は実際にいるのだろうと思わせるリアルさ。新人女性記者はそうしたいい加減でふざけた姿に憤りを覚えるも、部員たちの真摯な面も知っていく。皆が寝ている朝早くからバットを振ったり、泥にまみれヘドを吐くまで練習しているのも事実。
甲子園でベンチ入りできるかどうかというのは、当事者にとっては一生を左右するくらいの重大事に思えるだろう。レギュラーになれなかった試合での応援席ではチームの敗退を内心喜んだり、レギュラーの怪我でメンバー入りできたのを喜びもする。テレビの高校野球では決して描かれない球児の本音がここにはある。
ラストは試合の結果が描かれていないが、この映画にふさわしい良い終わり方だと思う。 飛鳥さん [DVD(邦画)] 7点(2016-10-21 21:15:02)

12.《ネタバレ》 前半は高校野球あるあるで笑いを取ろうとしていたけど、終盤は感動的な青春物語に昇華していたと思う。
補欠にスポットを当てて、最後まで試合には出場できないけど、なんとも言えない充実感がありました。
ベタだけど、野球が好きという直球ど真ん中のメッセージが心に届きましたよ。 もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2016-05-06 15:46:30)

11.《ネタバレ》 いい。まず、これどうやって撮ったんだろうと思うのは、野球のシーンがさりげなく、強いチームのそれらしく見えること。野球の上手い児を役者にしたのか、役者を徹底的にしごいたのか。1年立花のフルスイングしたあと手応えを確認する様。夜中のトスバッティング。ノブを迎えにいくシーンでの雅人の芯ブレのない走り、などなど。手抜きなし。森監督はサンダーのような人か。すごいぞ。こういうのが面白くないわけがないんだ。本筋について。常勝校の野球部員の生活は、修行僧のよう。煩悩に振り回されつつも、目の前の精進にひた走る。「最後の夏までやり遂げてからだったら、答えられるかも知れない」。眩しすぎる。最後のアレは、全国高校野球部そこかしこで、ささやかれているネタのような気がする。伝令ギャグ。練習が裏切らなかったことに、ワタシは血圧が上がってポーッとなる。オレもがんばろう、と一人ごちる。 なたねさん [DVD(邦画)] 10点(2014-11-15 07:37:03)

10.《ネタバレ》 野球よりサッカーが好き。自分の世代は野球部よりもサッカー部のほうが華がある。だけどこの映画はとってもおもしろい。瑞々しい映画。 miumichimiaさん [DVD(字幕)] 10点(2014-08-05 00:32:04)

9.【リーム555】さんや【すべから】さんのレビューを見たら、私の下手なコメントを書くよりぴったりと思ってしまった。何も相手チームと試合をして勝つだけがスポーツじゃないことをしっかり教えてくれるすばらしい映画だ。健全な部分と不健全な部分が入り交じるのもまた良し。佐知子(市川由衣)が高校野球の舞台裏を知って驚くのが新鮮、男4人の部屋に泊まったことも、寮の室内はもっと男臭くてもよかった。 ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 8点(2014-07-27 08:08:33)

8.《ネタバレ》 「108」は部員数…ではなく、除夜の鐘の108回と野球ボールの縫い目108個に由来する。横浜高校がモデルらしい神奈川の野球名門校を舞台に、ベンチ入りの当落線上にいる二人の球児を主人公した物語。控えサードの雅人、控えファーストのノブ、二人が3年になった時、新入生でスカウト一押しの逸材が入部。ポジションはファースト。勝てないと悟ったノブはポジションをサードに変更。この事を雅人に打ち明ける場面が大きな山。親友同士が同ポジションで争うことになり、恐らくはどちらかが落ちるという残酷さ。ライバル心を燃やす日々、メンバー発表、その後の気まずさ、と高校野球だけに限らない競争の厳しさが描かれている。県予選決勝、伝令係としてマウンドに向かった雅人の言葉は本当に素晴らしかった。しかし、ノブの逆転メンバー入りは個人的には不要。3年間必死にやった結果なのだから、胸を張ってスタンドから応援する姿があれば、それで十分だったと思う。 リーム555さん [DVD(邦画)] 7点(2012-06-12 17:39:06)(良:1票)

7.これぞ高校野球!!青春!!ストーリー、演出ともに良かったです。 映画さん [DVD(邦画)] 9点(2011-01-09 18:57:50)

6.《ネタバレ》 レギュラー争い以前の、ベンチ入りをかけた高校球児の苦闘を描いている。
『3年間死に物狂いで練習しまくってもベンチにすら入れない選手がいる』という事をしっかり伝えてくれているのが素晴らしい。無責任に「がんばれば必ず夢はかなう」とかいうような物語より心に響く。
主要人物も人間味あるキャラクターばかりで、これぞリアルな高校野球の映画なのかもしれない。 すべからさん [DVD(邦画)] 8点(2010-06-01 15:03:29)(良:1票)

5.全国の野球小僧諸君!イヤ、全国の体育会系老若男女諸君に見て欲しいねぇ。正直今作はノーマークでした。某屋の「泣ける100選」で唯一「?」作品だったので早速鑑賞しました。今まで見た野球映画の中では群を抜いてリアルだったね。「補欠」にスポットを当てていて、運動部の日陰の部分を上手に描いていたと思います。確かに泣けるツボがあって、蔦某の100選に感謝しています。ちなみに「ルディー(涙のウィニングラン)」がお好きな方と相性が良いのではないかと思います。 tonaoさん [DVD(邦画)] 9点(2010-01-25 15:39:56)

4.マンガ「ダイヤのA」の新入部員時代と雰囲気がよく似てました。実際、あのような感じなのでしょうね。センスのある人間もない人間も何かに夢中になります。そのような中でも切磋琢磨していく様は素敵です。ちょっと泣ける場面もあり、良い映画だと思います。某レンタル屋でお奨め100本の映画の中にあったので、観てみました。観て良かったです。 トントさん [ビデオ(邦画)] 7点(2009-12-29 13:29:13)

3.高校野球大好き。 アスモデウスさん [DVD(邦画)] 10点(2009-07-20 01:58:41)

2.《ネタバレ》 甲子園目指す高校球児なのに、煙草吸ったり、童貞捨てたりと等身大に近い彼らを見せてくれます。目指すはベンチ入りと決して高くない目標ですが彼らの青春は輝いていました。 東京ロッキーさん [DVD(邦画)] 7点(2009-07-03 20:42:58)

1.少しだけ期待してたんだけどね~ 補欠にスポットを当てたのは良かったけど..今一つ、説得力が無く、ところどころ微妙にリアリティーに欠け現実離れしている..(監督&脚本の力不足だ..) 小説の方はもっと面白いんだろうなぁ..って思ったりする... コナンが一番さん [DVD(邦画)] 5点(2009-06-29 13:03:12)

別のページへ
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 8.00点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
300.00% line
400.00% line
516.67% line
600.00% line
7533.33% line
8426.67% line
9213.33% line
10320.00% line

Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS