みんなのシネマレビュー

天国から来たチャンピオン

Heaven Can Wait
1978年【米】 上映時間:101分
ドラマラブストーリーコメディファンタジースポーツものリメイク戯曲(舞台劇)の映画化
[テンゴクカラキタチャンピオン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-02-22)【S&S】さん
公開開始日(1979-01-20)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウォーレン・ベイティ
バック・ヘンリー
助監督ハワード・W・コッチ・Jr
リチャード・H・プリンス(ノンクレジット)
演出クレイグ・R・バクスリー(スタント・コーディネーター〔ノンクレジット〕)
キャストウォーレン・ベイティ(男優)ジョー・ペンドルトン
ジェームズ・メイソン(男優)ジョーダン(天使長)
ジャック・ウォーデン(男優)マックス・コークル
ジュリー・クリスティー(女優)ベティ・ローガン
ダイアン・キャノン(女優)ジュリア
チャールズ・グローディン(男優)トニー・アボット
バック・ヘンリー(男優)新米天使
ウィリアム・シルヴェスター(男優)レポーター
R・G・アームストロング(男優)ゼネラル・マネージャー
ヴィンセント・ガーディニア(男優)クリム
ジョン・ランドルフ〔1915年生〕(男優)農場のオーナー
リチャード・オブライエン(男優)オーナーのアドバイザー
野沢那智(日本語吹き替え版)
小原乃梨子(日本語吹き替え版)
中村正[声優](日本語吹き替え版)
富田耕生(日本語吹き替え版)
安原義人(日本語吹き替え版)
中村晃子(日本語吹き替え版)
鈴木弘子(日本語吹き替え版)
羽佐間道夫(日本語吹き替え版)
原作ハリー・シーガル
脚本ウォーレン・ベイティ
ロバート・タウン(ノンクレジット)
エレイン・メイ
音楽デイヴ・グルーシン
撮影ウィリアム・A・フレイカー
ニック・マクリーン(カメラ・オペレーター)
製作ウォーレン・ベイティ
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ハワード・W・コッチ・Jr
配給CIC
特撮ロバート・マクドナルド〔特撮〕(特殊効果)
美術ポール・シルバート(プロダクション・デザイン)
ジョージ・ゲインズ〔美術〕(セット装飾)
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
衣装セアドラ・ヴァン・ランクル
編集ドン・ジマーマン
ロバート・C・ジョーンズ
字幕翻訳高瀬鎮夫
スタントクレイグ・R・バクスリー(ノンクレジット)
その他リンズレイ・パーソンズ・Jr(プロダクション・マネージャー総指揮[ノンクレジット])
あらすじ
故障休養中のアメリカンフットボールのクオーターバック、ジョー(趣味:サックス演奏)は、 レギュラーの座に復帰が決まったその日に自動車事故に遭ってしまい、天国へ。 しかしそれは、(どうみても下っ端公務員にしか見えない)新人天使の勘違い。 (どうみても悪人顔の)天使長のとりなしにより、ジョーは他人の体を借りて新たな生を歩むことになるが..

あばれて万歳】さん(2004-05-05)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞 エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
123456


108.《ネタバレ》 それなりに面白かった佳作。可もなく不可もなく。 にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-04 20:12:42)

107.苦手なウォーレン・ベイティ故にスルーしてきた本作。ジェームズ・メイソン目当てに鑑賞。役柄としてのみならず、俳優としてもキャストの演技を見守っている感のあるジェームズ・メイソンの極々静かな佇まいの中にある圧倒的な存在感に只々見惚れるばかり。自然と皆も入魂の演技を見せるのか、爽快で(ウォーレン・ベイティ)、クスッとさせられ(ダイアン・キャノン&チャールズ・グローディン)、ほろ苦く(ジャック・ウォーデン)て切なく(ジュリー・クリスティ)もあるお伽噺が胸に沁み入る珠玉の逸品。 The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 9点(2018-06-10 00:07:03)

106.心温まる作品ではあったが、古い映画特有の間が何とも気になる。大富豪に生まれ変わることで、素人がスーパーボウルに出場するという荒唐無稽な設定も、何となく納得させられる持って行き方がいいね。ジョーを探しに来たはずのベティが初対面のはずのトムと意気投合してしまうシーンはもう少し説得力のある表現が出来なかったものか。好み35/50、演出12/15、脚本8/15、演技6/10、技術5/10、合計66/100→7/10点 chachaboneさん [DVD(字幕)] 7点(2018-02-18 10:51:32)

105.《ネタバレ》 アメリカの良心的な映画。
そしてSFXを使わない力技映画。
主人公がアメフト選手と大富豪っていうアメリカを象徴する2つのポジションをこなすというのがミソではないかな。
どっちのポジションもすごいアメリカ的に解決。
ただひたすら前向きなだけでなくちょっと寂しげな終わり方がお見事。 CBパークビューさん [DVD(字幕)] 8点(2017-09-18 10:39:56)

104.序盤で事故死してしまい、新人の天国案内人がまだ生きてるのに死んでいると早合点して、天国に連れてきてしまう。モクモク雲の天国が出てきた時はあららーお笑い?って思ったけど、終盤はシリアスなドラマ。天国のルールで誰かに乗り移ると記憶が無くなってしまうのが、何とも悲しい。 SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 5点(2017-05-01 19:46:48)

103.石坂浩二の「病院坂の首縊りの家」を見に行ったら、なぜか洋画の本作が同時上映でした。もう一度みたい衝動に駆られ(当時は入れ替えなし)
病院坂→本作と二度見てしまいました。本作から見ていれば病院坂を二度見る必要はなかったのですが… ^_^;
シチュエーションは違いますが、「天使がくれた時間」と本作はとても気に入っている作品です。 Yama_Changさん [地上波(字幕)] 8点(2016-12-03 02:41:28)

102.良いファンタジー映画ってこういう作品を言うんでしょうね。
むろんツッコミどころはあるし最後には全て都合の良い展開で終わるのだけれども、最後はじんわり感動しました。
こういうストーリーは、あの世のルールが複雑だったり矛盾を感じたりしがちだけど、理解しやすくシンプルなのも好印象です。
邦題だけがしっくりこないのが残念。 さわきさん [地上波(字幕)] 8点(2016-12-01 18:48:30)

101.まさに運命のいたずら、間違って寿命前に天国へ運ばれそうになったアメフト選手の魂が、元の体に戻り損ね、その代わり折よく(?)殺された大富豪の体に入り込んで一騒動。天使のお偉いさんであるジェームズ・メイソンが、何やら言いたそうな顔をしながらボケっと突っ立ってて、役に立たないことこの上ない。おたくの管理が悪いもんだから、人間の運命をトコトンまで狂わせてしまってどうするのよ、と言いたくもなります。で、その彼が、ようやくラスト近くの試合の場面でマトモなセリフをのたまうのですが、いやいやマトモどころか。この狂いまくってしまった運命を含めた一切合財を「それが、運命、だったんです!!」と言い切ってしまうムチャクチャさ。いや~、ホント、実に強引で、実にシャレてます。おいおい今までの展開は何だったんだよ、ってそりゃすべて、ちょっと切ないようでちょっとハッピーな感じのこのシャレたラストを導くための、運命、だったのですな。
とまあ、物語はよくできてると思うのですが、すみません、この映画、昔からあまり好きになれない。さて何でだろう。ジェームズ・メイソンがこれ見よがしに突っ立ってる、その芸の無さか(いや突っ立ってる事自体が重要なのかも知れないけれど、でも観ててさほど面白くない)。それとも、物語の中心が大富豪の邸宅の中に限られる変化の無さか。
それとも、主演のウォーレン・ビーティ、いやベイティと言うんですかね、彼の、やたら涼しい顔した臆面の無い演技のせいか。赤の他人の体を突然乗っ取ったことでその他人を演じる苦労、みたいなものも無いし、それでも発生してしまう行き違いからの混乱もない。周囲の人々は確かに面食らってはいるらしいけれど、そもそも彼らには、主人公の姿が生前の大富豪の姿に見えているらしいのだけど、具体的にどう見えているのか、よくわからない。いや多分それ自体が悪い訳じゃなくて、それをどう可笑しさにつなげられるか、なんだろうけど、どうもこのベイティの余裕綽々の涼しい顔を観てると、もうちょっとガンバレよ、と言いたくなっちゃう(笑)。 鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-03-24 23:29:32)

100.《ネタバレ》 テンポが良くて面白かったんだけど、終盤の展開にはイマイチ納得できないかな。この件に関してジョーには一切非がない。となれば、もっとシンプルなハッピーエンドでも良かったのではないか、というのが率直な感想。ベティはともかくとして、長年の付き合いだったマックスとの思い出はもう戻らないんだな…と思うとやっぱり寂しい。直接関係はないけど、邦題ももう少しどうにかならないものか。 リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-03-08 18:04:45)

99.《ネタバレ》 30年ぶりぐらいに見たが、「蘇り系」の作品として面白かったという記憶だけあった。中年になって見ると、悔いの無い死などはるはずもなく、そして人間いつ死ぬかわからないし、やり直しもきかないという事を痛感させられる。これが「蘇り系」の作品の魅力なんだろう。富豪は嫌な奴だったので殺したくなんたんだろう。でも変化に気づいて妻も改心という展開だとさらに面白かったんだけど。 東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-04-04 11:24:47)

98.《ネタバレ》 寓話というかお伽話のような映画。
出来はいいと思う。飽きること無く安心して観ることが出来る。
最後はハッピーエンドにみえるが、結局は自分の意識が消えて生きていくことが哀しい。それってつまり自分でなくなっているということだろう。 simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-01-23 23:47:51)

97.《ネタバレ》 ファンタジー色が強くシリアスな内容ではありませんが、笑いと感動のバランスが絶妙でとても安らぐ映画です。ちょっと気を揉ませる切ないラストも印象的です。 ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-10-28 18:36:28)

96.《ネタバレ》 いい映画です。残されたトレーナーの人、お屋敷の人たちがかわいそうです。だから単純にハッピーエンドでもなくちょっと複雑な心境です。 pokobunさん [DVD(字幕)] 7点(2013-12-29 21:12:45)

95.《ネタバレ》 かつて2本立て、3本立ての名画座にラインナップされると必ず見に行っていた作品。「幽霊紐育を歩く」をリメイクしたいビーティがカシアス・クレイ(古いね)らに主演を依頼するが断られ、おまけに監督の人選も難航。それなら自分で撮って演じるしかない、とプロからスカウトの声もかかった腕を持つアメフトに置き換えて、新米天使役のバック・ヘンリーとともに作られた奇跡の一本。音楽は数多くの名曲を繰り出してきたデイヴ・グルーシン、ソプラノサックスの軽妙でコミカルなメロディをベースに、これぞ映画音楽というようなやさしい旋律をここぞで使う完璧なスコア。コーチ、悪妻や秘書役にも名優を揃え完成度はこの当時ピカイチだ。名優が荒削りなシーンの行間を埋め、キャラを補完してくれるからだ。おそらくプロデューサーの力と、様々な困難の末に映画化にこぎつけた初監督のビーティに協力したいという俳優ばかりなのだ。それにしてもなんて優しい映画だろう。ファンズワースに入れ替わったあとの執事たちにに見せる一言や優しさなども何回も見ると泣けてくる。ラスト近く、ジャレットになりきった主人公に置いてきぼりをくうコーチに切なさは残るが、今思えば、ヒロインがジョーの何か感じてジャレットと付き合い始めるその後を考えれば、彼女はコーチにその思いを伝えるはず。きっとコーチも納得するだろう。そんなことまで思いを馳せる映画はやはり名作だ。幽霊や天使が登場するからファンタジーではなく、初対面の選手らしき人に「もしよかったらコーヒーでも」と言われただけでクオーターバックと察する出来事がファンタジーなのだ。この映画を作ってくれただけでもビーティに感謝したい。 映画好きにはたまらない1本だ。 やしきさん [映画館(字幕)] 10点(2013-12-29 11:05:42)

94.《ネタバレ》 40歳以上の映画ファンで本作知らないっていう人少ないですよね。
誰かが「死んだ主人公が蘇って、現世で活躍するって話し…」なんて、自分が観た映画紹介しようもんなら「それって『天国から来たチャンピオンでしょ?』」なんて言われてしまう会話、私は何度も聞いたことがあります。
今では古臭いアイデアですが、未だに売れない邦画なんかで、ネタ、パクッテますよね。
一番いいのは生まれ変わってからのラブロマンスです。
目と目を見つめあうだけで、お互いの気持ちがわかるなんて、こんなシチュエーションでなければ通用しないのではないでしょうか?
「大丈夫。何も怖がることはない」「あなたクォーターバックね?」…本作最高の名セリフだと思います。 クロエさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-11-20 15:11:30)

93.《ネタバレ》 コミカルな話であり最後に切なくなる。時間も長くなく淡々と進むのが良かった。でも最後はジョーのまま生きてもらいたかったな。ベティとのラストは良かったけど、マックスが可哀想すぎるよ。二度も別れさせるなんて。だから俺のもとには絶対に新人天使は来るなよな!(笑) ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-11-01 18:13:40)

92.《ネタバレ》 新米天使のミスでまだ生きるはずだった男を死亡扱いにしてしまったことから巻き起こるファンタジー。
その設定があまりにマンガチックな陳腐さで、冒頭でもう期待薄かと思われたが、次第に引き込まれていった。
都合のよすぎる天国ルールやストーリー展開が気になるが、コミュニケーションのずれがうまく演出されていて楽しめる。
ジョーが記憶を失っているのに女が気づくラストシーンは、そうなるだろうなとわかってはいても期待に応える展開で、余韻があってすばらしい。 飛鳥さん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-16 23:43:08)

91.《ネタバレ》 天国のミスなので、記憶残してあげて欲しかったなぁ、やっぱり。でも良い映画だと思います。 movie海馬さん [地上波(字幕)] 7点(2012-11-24 02:41:48)

90.《ネタバレ》 これまで縁が無かった名画。上手くまとまったファンタジーだと思いました。
死んだ本人の記憶が無くなれば、それは本人が死んだことと同じだけど、彼女との関係を繋ぐことで足跡を残しました。うまく言えないけど、人は死んでも「自分が生きた証」を残す欲求を根源的に持っているような気がします。そこを上手にくすぐる構成だと思いました。結果だけを見ると、あの世を経ずに輪廻転生したってことですね。
ジェームズ・メイソンとジャック・ウォーデン。名バイプレイヤーの安定した演技を久しぶりに楽しみました。
唯一の綻びは業務上過失致死。あの世の新米役人のことです。自分の不手際で主人公を死なせておいて「決まりです」などと開き直るところが、この作品で最も酷い奴に見えました。あいつに「天罰」を下してやりたい(笑)。 アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-09-27 22:27:51)

89.映画自体はヒットしなかったけど、公開当時は評判の良かった作品。
ジャンルはファンタジーラブコメディー、アイデアは当時としては斬新だった。
全般的に設定とストーリー展開にかなり苦しい部分があり、
そのためラストの一番の見せ場も、今ひとつ盛り上がりに欠けてしまった。
古い映画なので演出が悪いのは仕方ないにしても、
シナリオももっと面白い内容にできたのではないかと思う。
ウォーレン・ベイティが若い。 MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 5点(2011-07-18 05:20:26)

別のページへ
123456


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 108人
平均点数 7.70点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
300.00% line
421.85% line
565.56% line
61715.74% line
72725.00% line
82018.52% line
91715.74% line
101917.59% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.27点 Review11人
2 ストーリー評価 7.93点 Review15人
3 鑑賞後の後味 7.56点 Review16人
4 音楽評価 7.45点 Review11人
5 感泣評価 7.55点 Review9人

【アカデミー賞 情報】

1978年 51回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ウォーレン・ベイティ候補(ノミネート) 
助演男優賞ジャック・ウォーデン候補(ノミネート) 
助演女優賞ダイアン・キャノン候補(ノミネート) 
監督賞ウォーレン・ベイティ候補(ノミネート) 
監督賞バック・ヘンリー候補(ノミネート) 
撮影賞ウィリアム・A・フレイカー候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)デイヴ・グルーシン候補(ノミネート) 
美術賞ポール・シルバート受賞 
美術賞ジョージ・ゲインズ〔美術〕受賞 
脚色賞ウォーレン・ベイティ候補(ノミネート) 
脚色賞エレイン・メイ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1978年 36回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ウォーレン・ベイティ受賞 
助演女優賞ダイアン・キャノン受賞 

Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS