みんなのシネマレビュー

ドラブル

The Black Windmill
(Drabble)
1974年【英】 上映時間:106分
アクションサスペンス犯罪もの小説の映画化
[ドラブル]
新規登録(2010-02-17)【RTNEE USA】さん
タイトル情報更新(2019-05-04)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ドン・シーゲル
キャストマイケル・ケイン(男優)ジョン・タラント少佐
ドナルド・プレザンス(男優)セドリック・ハーパー
ジョン・ヴァーノン(男優)マッキー
ジョセフ・オコナー(男優)エドワード・ジュリアン卿
ジョス・アックランド(男優)レイ
クライヴ・レヴィル(男優)アルフ・チェスターマン
エドワード・ハードウィック(男優)マイク・マッカーシー
ジョン・リス=デイヴィス(男優)ニセ軍警官(ノンクレジット)
デルフィーヌ・セイリグ(女優)シイル・バロウ
ジャネット・サズマン(女優)アレックス・タラント
デヴィッド・ダカー(男優)MI5の男
ジョージ・A・クーパー〔男優〕(男優)ピンカス(ノンクレジット)
カトリーヌ・シェル(女優)メリッサ・ジュリアン
ハーマイアニ・バドリー(女優)ヘティ
井上孝雄ジョン・タラント少佐(日本語吹き替え版)
大塚周夫セドリック・ハーパー(日本語吹き替え版)
増山江威子シイル・バロウ(日本語吹き替え版)
平井道子アレックス・タラント(日本語吹き替え版)
宮川洋一(日本語吹き替え版)
石井敏郎(日本語吹き替え版)
原作クライヴ・イーグルトン
音楽ロイ・バッド
撮影ジェームズ・デヴィス(カメラ・オペレーター)
製作ドン・シーゲル
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮リチャード・D・ザナック
デヴィッド・ブラウン〔製作・1916年生〕
配給CIC
美術ピーター・マートン(美術監督)
衣装アンソニー・メンデルソン
編集アントニー・ギブス
録音ジェリー・ハンフリーズ〔録音〕
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1


2.《ネタバレ》 誘拐、ドラブルという名前の破壊工作員たちの秘密組織、黒い風車、まるでスリラーの神様・アルフレッド・ヒッチコック監督のスパイ・スリラーを思わせるような、映画好きの心をワクワクさせる、実に良いムードの映画だ。

沈んで暗い色調の英国の風景も、優しくてノスタルジックな雰囲気を湛えている。

小さな一人息子を誘拐された夫婦。夫のマイケル・ケインは、秘密情報部員だが、情報部の協力を得られず、たった一人で敢然と、可愛い息子の救出のために、事件の渦中へと飛び込んで行く。

夫は外から妻に電話をかけて、情報部にも警察にも知られずに、ひとりで会いに来てくれと伝える。
その伝え方が実に面白くて、洒落ている。

と言うのも、もちろん電話は盗聴されているので、夫は妻に約束の場所を口で言う代わりに、電話でミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」の音楽を聞かせるのだ。
息子にせがまれて、夫婦が何回となく見に行った映画なのだ。

この映画の最大の見せ場とも言える、風車小屋の中の撃ち合いは、この静かなスパイ・スリラーの数少ないアクション・シーンの一つだが、職人肌のドン・シーゲル監督ならではの、スピーディーでダイナミックな演出で、見応えのある素晴らしいクライマックス・シーンになっていると思います。 風早真希さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-09-13 15:31:59)

1.《ネタバレ》 どん天のロンドン。誘拐犯からの電話。逆探知。ロンドンチューブ(地下鉄)。追跡劇。アタッシェケース型機関銃。夜のテムズ川。銃撃戦。赤いドレスの女。待ち合わせの劇場。謎解きのダブルデッカー(二階建バス)。パブで待つ一本の電話。ラストに待つ不気味な黒風車と裏切り者。一つ一つの場面が非常に印象的に撮られ、見るものをぐっと引き付けてくれるところに監督 Don Siegelらしさを感じます。相変わらずクールなMichael Caineもさることながら、飄々とMI-5の冷徹な上司を演じる名優 Donald Pleasenceの演技もすばらしい。黒幕の犯行動機がいまいちな感じではありますが、70年代英国スパイ映画の雰囲気は満点。原題は”The Black Windmill.” 風車、誘拐、裏切り、見えない敵・・に、Alfred Hitchcockへのリスペクトを感じました。 RTNEE USAさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2010-03-15 12:08:45)

別のページへ
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
300.00% line
400.00% line
500.00% line
600.00% line
72100.00% line
800.00% line
900.00% line
1000.00% line

Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS