みんなのシネマレビュー

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

2010年【日】 上映時間:107分
サスペンスミステリー小説の映画化
[インシテミルナノカカンノデスゲーム]
新規登録(2010-05-06)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-01-31)【イニシャルK】さん
公開開始日(2010-10-16)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督中田秀夫
キャスト藤原竜也(男優)結城理久彦
綾瀬はるか(女優)須和名祥子
石原さとみ(女優)関水美夜
石井正則(男優)西野宗広
北大路欣也(男優)安東吉也
阿部力(男優)大迫雄大
武田真治(男優)岩井荘助
平山あや(女優)橘若菜
片平なぎさ(女優)渕佐和子
大野拓朗(男優)真木雪人
チョーガード
日村勇紀インディアン人形
脚本鈴木智〔脚本〕
藤井清美(文藝協力)
音楽川井憲次
撮影林淳一郎
製作ワーナー・ブラザース(「インシテミル」製作委員会)
ホリプロ(「インシテミル」製作委員会)
日本テレビ(「インシテミル」製作委員会)
読売テレビ(「インシテミル」製作委員会)
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
配給ワーナー・ブラザース
編集高橋信之〔編集〕
録音柴崎憲治(音響効果)
柿澤潔(整音)
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1234


69.《ネタバレ》 閉鎖空間の不気味さ、みたいな雰囲気はよく出ていて、結構、楽しめました。正直、あのロボットアームみたいなヤツがどうにも、脆弱なプラスチック製か何かに見えてしまい、あまりコワくないのですが、動きはなかなか器用。
「リアリティ番組」の問題にも微妙に踏み込んでいて、踏み込みは浅いとは言え、少し予言的な部分も。
ただ、このオハナシ、確かに「デス・ゲーム」と相成りましたが、これってかなり運がよい? 実際にはかなりの確率で「何も事件が起こらずに7日間経ちました」という展開になってしまうのではないか、という要らぬ心配をしてしまうのですが・・・ 鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-06-06 13:51:29)

68.SAW、ライアーゲームなどの一級密室ゲームサスペンスを見た後だと、凄くザツい。 ◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [DVD(邦画)] 1点(2015-12-01 18:13:18)

67.似たような設定のヒット作に続こうとの下心が見えるが、内容ははるかに及ばない。
リアリティも緊張感も意外性もない。 飛鳥さん [DVD(邦画)] 2点(2013-08-27 20:37:46)

66.《ネタバレ》 ラストも残念。途中も?が多く、典型的な残念な邦画。キャストで少し楽しめたか。 竜ヶ沢中段さん [DVD(邦画)] 5点(2013-06-15 11:05:50)

65.《ネタバレ》 1億円投げた時点で、現実味0です。そもそも視聴者があれだけ居るってことは、「バトル・ロワイヤル」のように公認なの?じゃないと、すぐに足がつくでしょうに。現実世界での有名度合で長く生き残り、綾瀬がいる時点で初めから怪しすぎる推理の楽しみがほとんどないお粗末なシナリオ。褒めるところがほんとないですね。「ハンガーゲーム」もそうでしたが、運営側がルールを破りだしたら、全てが崩れだします。キャストに興味なければ、見る価値なし。 マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 4点(2013-04-11 12:22:35)

64.藤原竜也の口をあまり開けないでヒソヒソ声で早口で話す演技が、鼻についてしょうがなかった。不自然とか演技が下手とかいうより、アニメキャラみたいで気持ち悪かった…。まあ藤原だけでなく、登場人物すべてのキャラクターがパロディみたいではあったけれど。

にしても、これをミステリと言ったらミステリに失礼だ。
「ソウ」のような、殺人ゲーム×心理ゲームを狙ったのかもしれないが、土台から崩壊している。
もしかして原作はマシなのかもしれないが、映画を観る限りは期待できなさそう…。もともとの設定がしょ~もな。いくら小説でも、金目当ての人間を寄せ集めてゼロサムゲームをやらせるなら、貴志祐介「クリムゾンの迷宮」くらいのスケールでないと、チャチすぎて滑稽。しかもリアル感ゼロ。
小説ならまだしも、3次元で映画化するなら、お汁粉に入れる塩程度でもいいからリアリティがなければ、甘すぎてウンザリしてしまう。
もしかして、リアルさを一切排除したチャチさとスケールの小ささを「現代風」というのか。それだったら、この程度の心理・殺人ゲームレベルではなく、それこそ「ソウ」のように究極に突っ込んだ描き方をしないと、商品にならないよ。
観客も読者もこんなんで満足できるのか。ワタシはできない。できるワケないだろ。制作側は観客をナメてるのか、それともレベルが低いからこの程度しか作れないのか、どっちだ。最悪の回答は、「レベルの低い観客に合わせてレベルの低い作品を作った」。コレだったら、もうお手上げ。 りりらっちさん [地上波(邦画)] 3点(2013-03-07 20:44:29)

63.原作既読で、どんな風に映像化されたのかと気になって視聴しましたが、原作のいい部分をことごとく排除したアレンジに驚愕です。
これを見て原作の評価をされたら著者が気の毒すぎる…。
デスゲームという割には、全く緊張感が表現されておらず、退屈すぎて途中で寝そうになったのをかろうじて最後まで見ました。 seleneさん [地上波(邦画)] 3点(2013-02-11 10:59:54)

62.《ネタバレ》 設定等は良いのですが、展開が浅くてドタバタコントを見ているようでした。俳優も藤原君が出るとどうしても「カイジ?」と思っちゃいますね。他の俳優も有名度で生き残りの順番が分かっちゃうし、綾瀬はるかの役割もバレバレ。最後に安藤も生き残ったけど報酬はもらえないのかな? Banjojoさん [地上波(邦画)] 4点(2013-02-09 23:49:18)

61.夫「あ、今日デスノートやってんの?」
私「違うよ」
夫「あ~…カイジか…」
私「違うっつーの」 どぶん子さん [地上波(邦画)] 3点(2013-02-01 23:50:15)(笑:2票)

60.《ネタバレ》 原作を読まずに見に行きました。
藤原竜也君はカイジで新境地を開いてくれたのでどうかな?と思いましたがダメでした。
北大路欣也氏に喰われすぎです。
設定もおかしいところが盛り沢山。なぜあのロボットから逃げられないの?

鑑賞後原作を読んで「全然違うじゃん!」ということが分かりました。
原作も「映画より大分マシ」って印象でしたが…。
HIGEさん [映画館(邦画)] 3点(2012-08-15 17:32:33)

59.《ネタバレ》 原作未読。雰囲気は良し。でも、自分で設定したゲームのルールを途中から自分で無視してしまう製作者には作品に対する愛情を感じません。流行りのプロットに流行りの役者を揃えてとりあえず仕上げました、みたいな商業主義がみえみえです。むしろセットや役者はチープでいいからプロットやストーリーにこだわりぬいたゲーム的映画を観てみたい。 クレイバードさん [DVD(邦画)] 5点(2012-07-29 19:47:59)

58.ソウとかCUBEみたいな不条理設定は面白そうだったのに、残念。金はもらってくだろ。 movie海馬さん [地上波(邦画)] 3点(2012-07-18 01:04:56)

57.《ネタバレ》 設定は面白そうだったんですが…演出・殺害方法・心理サスペンスなど全てが中途半端でイマイチでした。特に主演である藤原竜也…その過剰とも言える演技力が彼のウリなんですが今回は空回りだった気がします。その他にも綾瀬はるか、石原さとみなど今が旬の若手人気女優も出ていますが、役に深みが無いので魅力的に感じられず、行動もよく理解できませんでした。 nyarameroさん [DVD(邦画)] 4点(2012-05-08 10:29:01)

56.《ネタバレ》 設定はいい。でも、矛盾おおすぎ、粗すぎる。

エンディングもお粗末。。。。

後味の悪い映画です。
某大手レンタルショップの店員に「あなたのお勧めのDVDは?」と聞いたら、これをお勧めされました。

ふざけるなw たかくんさん [DVD(邦画)] 3点(2012-04-27 19:54:09)(笑:1票)

55.《ネタバレ》 全くの予備知識無しで真夜中に観賞。こういうシチュエーションが好きで、推理物として観なかったせいか、なかなか楽しめた。ただ、藤原竜也ってよく映画でみるけどそんなに人気や実力があるのか?といつも疑問に思う。監督は彼に何を期待して起用するのか。彼が主演することで映画そのものの質を下げているようでならない。綾瀬はるかは今まで一度もいいと思わなかったが今回はなぜかかわいかった。 N.Y.L.Lさん [DVD(邦画)] 7点(2012-03-12 11:46:17)

54.《ネタバレ》 ”ソウ”や”キューブ””バトルロワイアル”など、過去のヒット映画からの影響を感じます。
シチュエーション映画で、
シチュエーション的には良いですよ。
あの隔離施設の雰囲気は良いです。外観も良いです。
さまざまなオブジェも良い。
アル中のおじさんが良い。
スプラッタも適量に。
帰りは徒歩かよ。1億円は投げねぇだろw
ゴシックヘッドさん [DVD(邦画)] 4点(2012-02-27 00:03:28)

53.《ネタバレ》 最初にここの評価を見ていたので期待していませんでしたが、やっぱりダメでした。
死ぬ前に妙にセリフや出番が増えたり、ギャラの高そうな人が生き残ったりするのは、事情はわかりますが、やっぱり映画としてダメです。 紫電さん [ブルーレイ(邦画)] 3点(2012-01-10 21:05:28)

52.藤原竜也がまた命を懸ける、もはやパロディのような映画。みんな殺したり殺されたりが好きなんだなー、て思う。 なこちんさん [地上波(邦画)] 3点(2012-01-09 19:43:28)

51.《ネタバレ》 ある施設で7日間過ごすだけで時給11万2000円。面白い題材ですがストーリーがイケてません。彼女は最初のコンビニで唐突に主人公へ話しかける時点で怪しさ満点、殺人から一番遠い存在になのが明らかに不自然なのです。なぜ機構の職員になったのかもしかしたら原作にはその背景が描かれているのかもしれませんが映画ではわかりません。息子を機構に殺されたお父さんもラストへ向かうキーマンとして最後のほうまで生き残るであろうし、次々に殺されるであろう方々もだいたい序盤で見当がついてしまい、ああやっぱりかと確認するだけの視聴になります。推理モノの映画作品としては物足りないけど、コタツでミカンでも食べながら見るTVドラマとしては最適です。 時計仕掛けの俺んちさん [地上波(邦画)] 5点(2012-01-07 02:06:37)(良:1票)

50.設定はいいんだけど、演出に緊迫感、恐怖感がない たこちゅうさん [地上波(邦画)] 6点(2011-12-10 09:38:31)

別のページへ
1234


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 69人
平均点数 3.57点
022.90% line
134.35% line
268.70% line
32536.23% line
41724.64% line
5913.04% line
668.70% line
711.45% line
800.00% line
900.00% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.83点 Review6人
2 ストーリー評価 2.60点 Review10人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review9人
4 音楽評価 3.11点 Review9人
5 感泣評価 1.00点 Review9人

Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS