みんなのシネマレビュー

パーマネント野ばら

2010年【日】 上映時間:100分
ラブストーリーコメディ漫画の映画化
[パーマネントノバラ]
新規登録(2010-06-03)【あにやん‍🌈】さん
タイトル情報更新(2013-07-07)【ESPERANZA】さん
公開開始日(2010-05-22)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督吉田大八
キャスト菅野美穂(女優)なおこ
小池栄子(女優)みっちゃん
池脇千鶴(女優)ともちゃん
宇崎竜童(男優)カズオ
夏木マリ(女優)まさ子
江口洋介(男優)カシマ
山本浩司(俳優)(男優)ユウジ
霧島れいか(女優)
汐見ゆかり(女優)
田村泰二郎(男優)
本田博太郎(男優)みっちゃんのお父ちゃん
ムロツヨシ(男優)
畠山紬(女優)もも
原作西原理恵子「パーマネント野ばら」
脚本奥寺佐渡子
撮影近藤龍人
配給ショウゲート
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
12


40.《ネタバレ》  出てくる人たちが変な人ばかり。
 雰囲気だけはのんびりとしていて、でも暴力的なシーンはやたら多くて、嫌な気分になります。
 みっちゃんは旦那を車ではねるし。旦那は旦那でクズ野郎だし。ともちゃんの付き合ってきた男達も暴力的な人間ばかり。最後に付き合った男と結婚するも、ギャンブル狂で、失踪して、シャ○打って、野垂れ死ぬ。唯一まともかと思われた主人公のなおこが一番頭がおかしくなっていたってのはもう救いようがないです。
 そもそも結婚して子供がいるってのが疑問。頭がおかしくなっちゃうほど先生のことが好きだったのに、結婚して子供まで作っちゃったってことですか?それは説得力が無いんじゃないでしょうか。
 なおこの母親も、回想シーンを見る限りではとてもまともな母親とは思えません。
 他には電柱を切っちゃうみっちゃんの父親や、おそらく同居人を次々と山に埋めている不審な老婆。
 なんとも薄気味の悪い人々ばかりで、私の好みと真逆の世界観に気が滅入ります。
 途中からなんとなくカシマは存在しないのでは、と思い始めると、なおことカシマのエピソードはどれも辛く切ないものばかり。
 特に温泉のシーンは辛い。
 なんか映画に爽快感や達成感、満足感や幸福感を求める一般人とは、非常に相性が悪いのではないでしょうか。これぞ玄人向けの映画でしょう。私はもっと普通の世界で起きる非日常のストーリーを楽しみたい一般人です。 たきたてさん [DVD(邦画)] 3点(2020-12-07 13:48:32)

39.《ネタバレ》 死のにおいのする映画だ。

都会は、その圧倒的にぎやかな情報群で、人の死に鈍感である。
しかし、地方は誰それの死は情報的に大きな話題性を持つ。
それ故、地方の方が「死」のにおいが漂う。

ただでさえ、有望な若者は地方を離れ、都会に行っている。
その置いてきぼり感と、寂しさで、地方の人間は過激になる。
この映画は、そんな地方の漁村の話である。

菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、夏木マリ、4人の名女優が話を彩る。
後半の菅野美穂のエピソードが強烈だ。
一番しっかりしてそうな彼女が、一番弱かった。

観終わって、死と隣り合わせででも生きていこうとする人たちの健気さが胸をうった。 トントさん [DVD(邦画)] 7点(2018-07-14 20:54:16)(良:1票)

38. 全体としては今ひとつですが、菅野美穂はいい女優だということがわかりました。 海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2018-01-12 22:21:55)

37.『じゃりン子チエ』の高知のおばちゃん版みたいなものかと思って見ていたら、いきなり違った世界が出てきてびっくり。それまでの雰囲気とは水と油なので、どうにも違和感が残るのですが……。しかし、それをわかっていながら見つめていたみっちゃん・ともちゃんの友情は、美しかったと思います。 アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-11-14 19:46:29)(良:1票)

36.《ネタバレ》 うわあ~、すっごく良かったです~! 単純な話を、これほどまでに魅力ある構成に仕立てる吉田監督の演出センスはさすが! 「桐島、部活やめるってよ」の時も驚きましたが、この作品は、さらにハイレベルな出来だと思いました!

登場人物は、男も女もろくでなしばかりで、こんなどうしようもないクズ人間しかいない町、日本から隔離しろよと言いたくなるほど。いかにもサイバラが描きそうな男女の恋愛模様・人生模様をコメディタッチで描いています。嫌悪感だけが残りそうなキャラクターばかりで、普通なら途中で観るのをやめてしまうところですが、なぜか引き込まれて、そして最後の切ないオチ・・・。 それまでのベタベタな「現実」を描くことで、最後が余計に際立っていましたね。

現実と妄想、まったく相容れない要素を、みっちゃんの「デート中?邪魔してごめんねぇ」のセリフが両者を結び付け、ひとつの世界へと違和感なくまとめ上げています。
一番印象的だったのが、なおこの、鹿島に髪をかき上げられた時の微笑み、そしてラストの子供が迎えに来て声を掛けられた時の微笑み・・・ まったく同じアングルですが、あえて同じシーンのように見せることで、後者の「これからは母としてしあわせになる」というメッセージがしっかりと伝わり、見ている側も救われました♪

小池栄子、役者としてあまり良い印象はありませんでしたが、この映画では輝いていたと思います。 ramoさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2016-11-09 18:22:55)

35.終盤の展開は私には衝撃でした。そして、菅野美穂の演技のうまさに改めて気付かされます。ですが、この作品の一番の収穫は小池栄子でした。この存在感は夏木マリ以上かも。パンチ熟女連中の下ネタ連発には少々辟易しましたが、まあ原作があの人なのでしょうがないですね。お店のヘアーカタログのモデルにマイナス1点です。 la_spagnaさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-10-29 15:48:44)

34.《ネタバレ》 どこか知りませんが、この街にはロクな男がいないですねぇ(笑)。
原作がコミックだからか、登場人物がちょっとデフォルメしすぎな気も致します。
こんなやついねぇだろ!みたいな。ち○この話しかしない町のおばちゃんたちに5点。 あろえりーなさん [地上波(邦画)] 5点(2016-10-25 23:02:54)

33.揃いも揃って登場人物の描き方が平坦で観念的、演技もみんな(男女問わず)似たような感じ。ロケ地を探してそれらしいパーマ店のセットを作って、そこで力尽きてしまった、という感がありあり。 Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2016-10-23 22:15:24)

32.電柱を早よコンクリートに変えるべきや。 ケンジさん [DVD(邦画)] 6点(2015-08-16 19:48:50)

31.何というか、普通に生きている独身男には、ただひたすらつまらなく、何の役にもたたない映画でした。 マー君さん [DVD(邦画)] 2点(2014-08-10 17:52:02)

30.《ネタバレ》 頭はパンチパーマ、実は性格もパンチが効いてるオバチャン達・・・
男に振り回されつつも、当の本人等も一癖も二癖もある女友達2人。

が、終盤に謎が解けてからは、切ないけどハートフルな気持ちになった。

なおこ(菅野美穂)は、皆にとても暖かく見守られていたじゃないか。

特に2人の友人・・・
みっちゃん(小池栄子)が素晴らしい。こんなママがいるスナックなら行ってみたい。
鱈腹呑んで会計は勿論『釣りはいらんき!!』

ともちゃん(池脇千鶴)も負けていない。今じゃバラエティでもやらないような汚れ役を健気にやっている。

『人は二度死ぬ・・・一回目は生きるのが終わり、二回目は人に忘れられ、人の心におらんようになったら、いよいよ最後・・・』

カシマ(江口洋介)は、罪な奴・・・だが羨ましい。

そして何気に気になったのは、掘り起こしたら色々なモノが出てきそうな、あの裏山・・・

婆さんは一体なにを。。。

ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2014-07-19 23:10:16)

29.テンポの悪い、ダラダラとした下品でオーバーな話が延々と続く中、最後で視聴者を背負い投げ。作品としてはどうしようもないね。子役も含めて役者陣はがんばっていたとは思うけど。 東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 2点(2014-01-20 11:17:44)(良:1票)

28.これはなんとも切ない物語だけど、深刻になり過ぎないようにコミカルな演出でバランスが取られていて良かったと思います。
この作品から笑いを排除したら、もうほとんどホラーになってしまう。
母から娘に受け継がれていく負の連鎖は本当に怖いです。
結局、最後まで良いちんこは1本も出て来なかったけど、菅野美穂・小池栄子・池脇千鶴の好演のお陰で、それでもいいんじゃないかという錯覚に陥る。
良い男に恵まれない不運より、良い友達に恵まれた幸せの方が勝っているように感じられました。 もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2014-01-16 16:01:39)

27.《ネタバレ》 菅野美穂は不幸な女もしくは庶民を演じるとすごく光ります。本作でも違和感なく鑑賞できました。ただ、オチは途中で気づいてしまいましたね。それにしてもろくな人間が住んでいない町ですな。山にはいろんなものが埋まっていそうですし。大切な人をなくして精神病に陥っている主人公。江口が死んでいなくても、あの町にいると幸せになれない気がします。そもそも女子校生に手を出す先生ですよ・・・。 マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 4点(2014-01-14 13:13:08)(良:1票)

26.小池栄子 菅野美穂の好演が光りました。山の婆さんは何を埋めていたんだ? 東京ロッキーさん [地上波(邦画)] 6点(2013-09-25 17:25:04)

25.《ネタバレ》 三女優の演技がきらりと光ります。男運に見放された女性たちが多く登場し、これは徐々に幸せをつかみ取っていく感動系のお話か~と思いながら鑑賞していたらびっくり!伏線探しの意味でもう一度観ても面白そうです。 タケノコさん [DVD(邦画)] 6点(2013-08-08 22:06:30)

24.どうしようもない男たちと男運のない男たち、タイトルに似合わないどうしようもない映画だと思いつつ見ていた。下ネタがバンバン飛び出し、まともな人物はなおことカシマさんだけかと・・・。ところがところが思いがけない展開、あとでなるほどと思うシーンが続く。やっぱり良い映画なんだなと思う。 ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 7点(2013-06-20 21:25:50)

23.《ネタバレ》 美しいキレイな映像でした。最後のオチが無ければ良い話だったかも知れない。何か変な違和感の残る作品。 山椒の実さん [地上波(邦画)] 5点(2013-03-03 12:00:23)

22.《ネタバレ》 いやー相変わらず吉田大八監督は裏切らない。どの作品も見終わった後すげー!!ってなる。

ラスト手前で「ある真実」が明かされるのだが、その一つ前の段階で、頭が混乱するんです。これはデビットリンチ作品なのか!?と笑
そして「ある真実」を示された後の衝撃…。全ての点が線となりつながった時、言いようのない哀しみや辛さが襲ってきます。そして同時に取り巻く人々の破天荒でどうしようもないと思っていた行動が、あたたかく優しい行動であった事に気づきます。

それでも最後、(空想の)デートを楽しんでいた「女の子」は、我が子の声でフッと現実に戻り、「母」としてふんわりとした優しい笑顔を見せます。

彼女はこれからも心の傷は完全に癒える事はなく、時にはどうしても彼に会いたくなりデートをしてしまうでしょう。それでも彼女は「母」として、辛い現実を周りの(みんなも強くはないが)あたたかいみんなに支えられながら乗り越え、何とか前を向き生きていけるでしょう。僕はそう信じてやみません。 TK of the Worldさん [DVD(邦画)] 8点(2013-02-24 22:46:07)(良:1票)

21.《ネタバレ》 サイバラさん一連の作品全体に流れてる空気感や世界観、その他モロモロを、演出、脚本、キャスト各々が巧く呑み込んで出来た佳作。これまで映画化されたどの作品よりもこれが一番出来が良いと思います。表面だけをなぞったような「ぽくんち」なんかとは雲泥の差。普段フツーに仕事して生活していると、「人間性善説」なんて、もういい加減どうでもいいよって思う事もしばしばだけれど、こういうのを観ると性善説も一回信じてみようかとも思ってみたりする。不思議。猥雑には違いないけど、み~んな優しい人ばっかなんだよね~、出てくる人たち。見守るだけの優しさってのもあるんだな、まずそこに泣けた。鬼の目にも泪(笑)人に優しくしてあげたくなる。菅野、小池、池脇、夏木、主要四人、それぞれに疵を抱えた男運最凶な女たちが皆魅力的。テレビドラマはともかく、映画ではなかなか代表作に恵まれない菅野美穂だけど、この役は良かった。 放浪紳士チャーリーさん [地上波(邦画)] 8点(2013-01-06 08:44:31)

別のページへ
12


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 6.03点
000.00% line
100.00% line
237.50% line
325.00% line
412.50% line
5410.00% line
61435.00% line
7922.50% line
8512.50% line
925.00% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人

Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS