みんなのシネマレビュー

スプライス

Splice
2010年【カナダ・仏・米】 上映時間:104分
ドラマホラーサスペンスSF
[スプライス]
新規登録(2010-10-17)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2012-10-28)【ESPERANZA】さん
公開開始日(2011-01-08)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ヴィンチェンゾ・ナタリ
キャストエイドリアン・ブロディ(男優)クライヴ
サラ・ポーリー(女優)エルサ
デヴィッド・ヒューレット(男優)ウィリアム・バーロウ
檀臣幸クライヴ(日本語吹替)
魚建ウィリアム・バーロー(日本語吹替)
原作ヴィンチェンゾ・ナタリ(原案)
脚本ヴィンチェンゾ・ナタリ
撮影永田鉄男(テツオ・ナガタ)
製作総指揮ドン・マーフィ〔製作〕
ギレルモ・デル・トロ
配給クロックワークス
特撮C.O.R.E. デジタル・ピクチャーズ(視覚効果)
BUFカンパニー(視覚効果)
衣装アレックス・カヴァナー
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
12


30.《ネタバレ》 不気味なSFホラー映画の体裁をとりながら、実は昨今の家庭内問題をてんこ盛りに扱った奥の深い?映画。
見る人によって好き嫌いが相当別れそうな映画です。

大人になりきれないまま親になってしまう夫婦、親から受けた虐待を結局自分の子供にも行ってしまう母親、問題児をかかえた親の苦悩と身勝手な対応、そして近親相姦、それも息子→母、娘→父の両パターンという念のいれよう。
…とまぁ家庭内問題各種大盤振る舞いで、しかもそれをなかなか気色悪く描いてるので、観ててお腹がいっぱいになります。
娘とセックスしてるとこを妻にみつかるとかなかなか修羅場ですよね笑

全体的な気色の悪さは相当なものですが、まさにそういう目的で撮られた映画だと思うので、映画として監督の狙いは成功してるんでしょうね。 あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-08-22 08:30:29)

29.《ネタバレ》 あんだけ我を通してアホやった女性科学者が手のひら返していく様を見る映画です。
全女性に当てはめるわけでは全くないですが、少なくともこいつが短絡的にそのときの感情で動く生き物っぷりをよく再現してるのではないでしょうか。
羽根生えたんなら大空を飛び立てよとかウサギは野菜とかツッコみだしたらキリのない映画なので疲れました。
もうCUBEなんて映画は二度とこの世に出ないんやなって・・・ 悲喜こもごもさん [インターネット(字幕)] 4点(2020-05-05 11:00:11)

28.《ネタバレ》 監督と主演女優の名前を見て、これはいけると思ったのは最初の7分くらいまで。
正直、褒めるところはサラ・ポーリー様が主演だということに尽きる。
納屋での展開はやめろやめろと思ってる間にそうなっちゃうし、新種とはいえ、羽根が生える必然性がほぼ感じられないから、途中からほとんどついて行けず、ただサラ様を鑑賞する映画になってしまった。
あの造形を愛せる、というところに科学者の狂気ぶりを表現したのだろうか。
ダメダメなサラ様を鑑賞できる珍しい映画、ということでなんとかこの点数。
CUBEの発想はもう無理なのかなあと感じる切ない感想。 roadster316さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-06-17 01:12:35)

27.《ネタバレ》 オスカーでのエイドリアン・ブロディ(ハルベリーにキスしたシーン)を観た時から、脳裏に
(この人は演技上手いけどスケベだ)と刷り込まれてしまっている私は、あの生命体が大人の女になったら
絶対やるだろうなーと冒頭の時からずっと思ってて。
案の定やってるところを彼女に見られて洋服上げながら彼女を追う情けない顔をしてて
(やっぱりエイドリアン・ブロディは俺の思った通りのスケベだった)
と妙に納得してしまう、そんな作品でした。

追記・レイプされた生命体との子を産むような女とやるよりまだマシという声もあります。 まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(字幕)] 5点(2019-02-25 19:34:08)(笑:1票)

26.《ネタバレ》 ストーリー展開はテンポよく飽きさせない。最後までどうなるか読めず目が離せない。
不気味な形容のドレンに愛情をそそぐ二人や、異なる種とセックスする旦那、そこに今まで味わったことのない異様なグロテスクさがあって面白い。
ただ、筋書きは残念な出来である。いいお膳立てがあったのに、それを活かせないまま終わっている。子供を早くして亡くした夫婦の悲哀、それゆに不気味なドレンに愛情を持ってしまう二人、不仲になる二人、さらに科学倫理との葛藤、そういうものを描いているのに、結局、それが全部未消化のまま終わってしまっている。ドラマが全くないのだ。
男の死に意味がない。ドレンの死にも意味がない。「ただ死んだだけ」である。女が妊娠を決意する意味もない。「ただ投げやりになった」だけである。ドラマなし、訴えたいものなし、意味なし。
題材はいいのに、何とも薄っぺらい作品になってしまった。 椎名みかんさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-02-05 22:38:11)(良:1票)

25.これはやっちゃいかんでしょう。結局両性具有ということですか?女性の科学者が一方的独善的過ぎて気持ち悪くなります。最後まで彼女は反省していなかったようで。最後の方、気持ち悪くて吐きそうになります。それでも映像に目を見張るものがあったんで1点で。 たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2013-01-15 13:36:01)

24.《ネタバレ》 遺伝子操作による生命を作り出し、やがて手に負えなくなるというありがちな話です。スピーシーズのようなSFホラー的なものを期待していましたので、かなりの期待外れでしたし、映像が気持ち悪く、後味も最低です。それでも間延びしなかったので最後まで観れましたので、まあ暇つぶしにはなったかな。研究発表での大惨事は面白かったです。 ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2012-11-11 17:00:38)

23.《ネタバレ》 『倫理』なんてものは何の歯止めにもならないという、エルサのマッドサイエンティストぶりをもっと強調して欲しかったが、彼女はそれに近い。人間、科学者、生物学者としてそれが可能なら、間違いなくやる。止めに入ったクライブも結局誘惑に負けたのだから。劇中で「結果を考えたか?」という台詞が出てくるが、これは皮肉と受け取る。これはまさにただ巻き添えを食ったが為の、自分の身を案じているだけの外野の意見。世紀の成功を目の前にした科学者、あるいはそう考えている人間は、そういう事を考えていても、やっただろう。それが『人間』というもの。そして招いてしまう、望まぬ結果も至極当然。ドレンに対するエルサの冷たい態度は、彼女の母に知らず知らず重なっているという描写であるが、それは案外どうでもよくて、この因果関係の最大のオチはやはり身ごもってしまったドレンの遺伝子。ドレンはエルサの遺伝子を受ける、いわばエルサの分身。その想像すら恐ろしい、禁断の種の芽生えが『倫理観』などいとも簡単にぶち壊す、ぞっ、とする
ラストシーンにつながるわけだ。中絶をしないエルサとその子は、地球上において、唯一無二の存在になるのだ。この結果を見ずしては、彼女は真の生物学者とは言えないだろう。 自分の遺伝子を受精された卵子。人間の思いつきとは恐ろしい。そう、本当に恐ろしいのは生み出されたドレンではなく、それが出来て、実行してしまう『人間』である。 mikiさん [DVD(字幕)] 4点(2012-08-23 17:13:44)

22.《ネタバレ》 製薬会社で数多の病気の治療薬に必要なたんぱく質を合成する研究者である男女2人の主人公。複数の生物の遺伝子を掛け合わせ、新種の生物からそれを取り出そうとするが、より高度なたんぱく質を合成するため(また科学者としての好奇心から)、人間の遺伝子を組み込むタブーを犯す。そして産み出された生物は、急速な成長を遂げ徐々に人間の姿と知能を獲得していく...。本当に小さく自分の思い通りになる頃の「我が子」を溺愛した女主人公が、思い通りに育てられなくなると虐待するようになる。自分が子供の頃に虐待を受けていたと思しき描写もあり深い。また、逆に最初は新生物を排除しようとした男主人公は、新生物の見た目が人間の女性に近くなるにつれ愛するようになり、最後は性的関係を持つに至る(新生物のフェロモンに負けた?)。最後は新生物の性転換(伏線あり)により、女主人公が陵辱されるに至る(自然の摂理を汚すものは報いを受けるということか?)。ありがちなバイオSFかと思いきや、自然の摂理の犯してはいけない境界線と、子育て(しかも子供は「異形」で先天的ハンデを負っている)の機微を描くとともに、うまくいかない育児に伴う身体的、性的虐待をも描く重い内容だった。 しぇんみんさん [DVD(吹替)] 6点(2012-08-14 23:24:59)

21.キモかったです。嫌悪感満載でした。ストーリーもよくある様な内容でオチまで読めてしまいました。スピーシーズ並にドレンが可愛かったらまだ見れたのに。 Kの紅茶さん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2012-05-13 01:46:36)

20.《ネタバレ》 序盤は禁断の実験で新生命体ドレンを作り出してしまう恐怖を描いていますが、ドレンが成長していくにつれてまさかの展開が起こってきます。ホラーサスペンスとして非常によく出来ているんですが、キモかわいい?ドレンの造形がなんともいえない嫌悪感を生み万人受けはしないかも… nyarameroさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-09 10:32:57)

19.《ネタバレ》 なんか出来の悪いジーパーズ・クリーパーズ デスカ。ヒューマン・キャッチャーでしたか? 的な。
両生類でありながら二足歩行してるわ 羽根が生えてきて好きな所に飛んで行けるわ なんでもありだな。
挙げ句、生前、エイドリアンの旦那に抱かれて結合して女としての悦びを知り (ってことはワレメがあったって事だよな) 
しかし、土の中から甦ってからというもの 今度は嫁さん相手に腰を振り振り (ってことはいつの間にやらチン●ンが生えてきてたって事だよな)
ほんでもって種蒔き完了ってデスカ。 はは~ん とことん なんでも有りなわけだな。 
はいはい わかりましたよ しかし、なんでこんなもんに時間を割いてしまってたかな~ ムッキーイ! 悔しーーい!
でもまあいっかぁ。少しは職場で話のネタにはなったから 3737さん [DVD(字幕)] 3点(2012-03-14 20:08:43)

18.《ネタバレ》 エイリアン風の新種の生き物を作っちゃって、育ててるうちに、恋に落ちましたって話。展開は意外性が多いので見ていて楽しめますが、なにせ新種の生き物が気持ち悪い。 たこちゅうさん [DVD(字幕)] 6点(2011-12-26 00:14:33)

17.《ネタバレ》 クリーチャーの造形が、気色悪くて微妙でした。髪の毛でもあればまだ見れるんですけど。科学者夫婦の壊れたモラルもなんだか納得がいきません。翼が生えたり水中で生活できるメスは抱けないでしょ。 真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2011-12-18 18:46:29)

16.ちょっとだけ高尚な『スピーシーズ』っちゅう感じで、自分たちが生み出した新種の生命体によって右往左往させられとる中盤ぐらいまではそれなりにおもしろかってんけど、それ以降の展開がなんや凡庸で、最終的には陳腐な愛憎劇みたいになってしもうてたし、新種の生命体であるドレンのキャラクターはよかってんから、そこをもうちょい突っ込んで描いてほしかった。あれじゃ結局なにがしたかったんかよくわからん。
幻の『モンスター』さん [DVD(字幕)] 5点(2011-12-18 16:17:57)

15.パッケージがなかなか秀逸で、レンタル店に行く度に気になっていた作品。2つしか在庫が無く、いつもレンタル中なので余計に気になっていた。パッケージからはスタイリッシュなサイエンスホラーかと思っていたけど・・・。導入部分はなかなか良かった。可愛いと言いながら、見せるクリーチャーがかなり気持ち悪かったり、この後どんな事があるのかと想像を駆り立てられたけれど、進めば進む程変な展開に。最後はヤッたヤられたは、もう気持ち悪いです。 はりねずみさん [DVD(字幕)] 3点(2011-11-23 22:51:20)

14.《ネタバレ》 吾妻ひでお氏のSFに近いんじゃないでしょうか。あるいは、初期の筒井康隆氏の中編小説にありそうなお話。だから、好きな感じの悪趣味でした。しかし、104分でも長いんだ。コンパクトにまとめてもらえれば、最後のオチも、もっと胸に刺さってきたような気がします。 なたねさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-21 17:02:10)

13.《ネタバレ》 科学者夫婦の考え方が浅薄な気はしますが、良作だったと思います。偶然生まれたドレンに対して紆余曲折を経ながらも、実験体としての興味とそれを生み出した親としての愛情がどんどん増幅していき、それは段々歪んでいき、最終的には抱えきれなくなり処分する・・・と。
しかしドレンの成長の見せ方はうまいと思いました。彼女の成長を見たいという感情移入を私も受けたあたり、バイオSFとしては純粋に良い映画だと思いました。ただやはりこういうジャンルの話では定番のような流れで、深みは少し足りない気がしました。体の成長が早すぎるため頭脳の発達は追いつかず、結果早熟な考えを持った生命体と性交をしてしまう・・・というのはまあ途中くらいから予想できた流れ。そこからさらに妊娠というのもまあ予想の範疇。このへんは「あーやっぱりな」感は否めませんし、見ていて気持ちいいものでもなかったので個人的には評価を下げることとなりました。

それでもとても過程を楽しめる映画ではありました。ぜひ人には一度薦めたいと思います。ちょっと過激な映像に免疫がある人で・・・。 TANTOさん [DVD(字幕)] 9点(2011-09-20 12:41:46)

12.《ネタバレ》 前半それなりに楽しめたのでこの点数ですが、全部見終わった後の気分で言うと3点程度にしたい作品でした。う~ん・・・遺伝子関係の科学者があのコとセックスしちゃうか??? 後のこと考えろよ~! で、その「後のこと」がクライマックスになるのかと思ったら、とんだ肩すかしじゃん。それなら、あんな展開描写やめなさいよエゲツナイ。背中からあんな羽が飛び出すと「残酷な天使のテーゼ」が聞こえてきそうで、ちょっと可笑しかったです。 だみおさん [DVD(吹替)] 4点(2011-09-18 07:32:54)

11.《ネタバレ》 遺伝子操作や新種の生物と云う共通項がある「ザ・フライ」が科学者の探究心がもたらした不幸なら、本作は科学者カップルの欲情が生んだバカ騒ぎ、ってところでしょうか。この種の作品は本来は嫌いじゃないんだけど、本作には不快感がこびり付いて離れない。生みの親である科学者の♂の方には犯され、♀の方は孕ませる。この親子どんぶりが気持ち悪い。倫理とか道徳とかを飛び越えるのはフィクションとしての映画の特権だけど、これはえげつなく悪趣味です。評価はできないけど記憶に残ってしまう映画でした。 アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-09-17 21:32:40)

別のページへ
12


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 5.00点
000.00% line
113.33% line
200.00% line
3413.33% line
4413.33% line
51033.33% line
6826.67% line
726.67% line
800.00% line
913.33% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 Review0人

Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS