みんなのシネマレビュー

探偵はBARにいる

2011年【日】 上映時間:125分
アクションドラマサスペンスコメディシリーズもの犯罪ものミステリーハードボイルド小説の映画化
[タンテイハバーニイル]
新規登録(2011-09-14)【フライボーイ】さん
タイトル情報更新(2018-11-03)【イニシャルK】さん
公開開始日(2011-09-10)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督橋本一
演出諸鍛冶裕太(アクションコーディネーター)
キャスト大泉洋(男優)探偵(俺)
松田龍平(男優)高田
小雪(女優)沙織
西田敏行(男優)霧島敏夫
街田しおん(女優)近藤京子
吉高由里子(女優)近藤恵
竹下景子(女優)近藤百合子
新谷真弓(女優)スナック元従業員
安藤玉恵(女優)峰子
有薗芳記(男優)田口幸平
波岡一喜(男優)佐山
石橋蓮司(男優)岩淵恭輔
本宮泰風(男優)岩淵貢
田口トモロヲ(男優)松尾
松重豊(男優)相田
マギー(男優)(男優)源ちゃん
榊英雄(男優)スポーツバーのマスター
片桐竜次(男優)桐原組組長
中村育二(男優)
高嶋政伸(男優)(俺)を拉致した男
野村周平(男優)則天道場の塾生
土平ドンペイ(男優)
東直己(男優)バーで寝ている男
カルメン・マキ(女優)マキ
原作東直己「ススキノ探偵」シリーズ「バーにかかってきた電話」(ハヤカワ文庫JA刊)
脚本古沢良太
須藤泰司
音楽池頼広
津島玄一(音楽プロデューサー)
主題歌カルメン・マキ「時計を止めて」
製作鈴木武幸
平城隆司
東映(「探偵はBARにいる」製作委員会)
テレビ朝日(「探偵はBARにいる」製作委員会)
朝日放送(「探偵はBARにいる」製作委員会)
木下グループ(「探偵はBARにいる」製作委員会)
プロデューサー須藤泰司
配給東映
美術大庭信正(装飾)
編集只野信也
録音北田雅也(音響効果)
照明吉角荘介
その他砂本量(SPECIAL THANKS)
あらすじ
主人公の探偵は携帯電話を持っていない。「用事があれば行きつけのBARに電話をくれ」と言っている。ある日、近藤京子という女性からBARに電話がかかって来た。探偵への仕事の依頼だ。しかし京子は決して、探偵の前に姿を見せないのだった。

コウモリ】さん(2012-07-07)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1234


66. シリアスとオチャラケを両方できるって見込んでの大泉洋なんだろうけど、やっぱりオチャラケ感が勝ち過ぎちゃってて、シリアスな場面はあんまり雰囲気出てない。松田龍平のオトウチャンだったら、はまったのかな? まあうまく演じるのは難しいキャラとは思う。 くろゆりさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2018-06-02 23:17:32)

65.札幌雪まつりから始まり、すすきの繁華街での乱闘。スノーモービルを使ったアクション。無理矢理挿入される日本ハムファイターズの映像。ジンギスカンにBoys, be ambitious。札幌のご当地要素がてんこ盛りで面白い。
探偵ものとしてはグダグダで緊張感に欠けるが、大泉洋と松田龍平のキャラの面白さでついつい観てしまう。
それから、あの深さからの脱出はいくらなんでもありえねぇと思った。 ヴレアさん [インターネット(邦画)] 7点(2017-11-30 15:43:12)

64.《ネタバレ》 脚本古沢に惹かれて鑑賞。
ちょっと無駄と思ってしまう、暴力シーンが多すぎる。
ラストの10分だけかな? 古沢さんらしいのは。
結局半殺しにしたオカマバーの二人は、誰に頼まれたの?
てっきり小雪と思っていたけど・・・さすがに違いますよね?
で、それを確認するための、部分的に再鑑賞・・・・
まっいいかと思ってしまう・・・・すみません。 yoshi1900olololさん [インターネット(邦画)] 3点(2017-08-26 14:54:25)

63.ゆるーい気持ちで楽しめた。どんどん続編を作ってほしい。 センブリーヌさん [インターネット(邦画)] 6点(2017-02-05 14:39:28)(良:1票)

62.大泉洋がいきなりアクションをかまして、シリアスな顔をしてる開幕に面食らい。
再婚相手の娘を殺した放火犯を殺した組織、という複雑な設定の人物とドンパチしていくので、
おおもとの人物(犯人)の心の描写が前半はほとんどなし。
終盤に詰め込んで描写される。

この感じがなんか懐かしさを感じる進め方で、
最近味わってないからか、終盤にきて大泉洋のシリアス顔がしっくりし始めたのか、
「(電車)スピードあげてくれ!」のシーンは結構ぐっときました。

さすがに披露宴で銃取り出して撃ち始めるのは笑ってしまいそうになるが、
各シーン一つ一つが妙に印象的で、
結果なんだか楽しめたんだよなぁ。 元祖さん [地上波(邦画)] 6点(2017-01-15 09:38:43)

61.《ネタバレ》 なんか思ってたのとは違うグロい描写ありのクドイ内容。観てて長いなーと思わせちゃう間延びした展開。もうちょっとオサレな探偵ものかとおもってた(勝手にだけどw)。なんかもう最初から声でバレバレじゃないこれ?なんとなーく話の筋が読めちゃう展開はどうなんでしょ。あ、喫茶店のおねーちゃんは個性的で良かった(笑)  いい雰囲気があっただけに残念な部分もあった印象ですハイ Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-07-24 07:48:56)

60.札幌は好きな街だが、内容が陳腐なのと主役に全く魅力がないので、地域起こしドラマにすらなっていない。松田龍平の探偵物語にちょっと期待したんだが、不発だった。 東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 3点(2015-12-28 09:42:25)

59.全編に漂うパロディっぽさというか、キッチュさというか、どこかで観たことあるような既視感というか、そういうマイナスになってもいい筈の要素がプラスに働いている。劇画的な面白さというか。ただしストーリーのラストまで読めてしまうあたりはちょっとなあ。あとディテールの凝り方が気持ち良かった。 すらりんさん [地上波(邦画)] 5点(2015-04-06 16:04:28)

58.肩の力を抜ききって気楽に見れる面白さでした。
シナリオも映像も出来のよい2時間ドラマのような感じがちょっと気になります。
映画館で見たのなら、もう一つ評価が低かったかもしれません。 さわわさん [DVD(邦画)] 6点(2014-12-22 02:52:25)

57.《ネタバレ》 観終わって思ったのは、「沙織(小雪)は中盤から終盤にかけて凄く悪い人だという流れを作っておいて、オチでそれを覆すのはズルすぎる」ということ。本当にミスリードが過ぎる。

それを見逃せば良作だろう。特にコメディの中でもバカ笑い系ではなくニヤリと笑える系の映画の方が好きな人は楽しめるはず。


他にも気になっちゃう点がいくつか
・電話の声が思いっきり小雪で分かっちゃう
・沙織と霧島の絆を描くシーンが皆無
・吉高由里子の使い方がズルい(笑) amierさん [レーザーディスク(字幕)] 6点(2014-10-30 22:32:49)

56.《ネタバレ》 松田龍平好きの友達に薦められて見ました。
思ったより面白かったけど長いです。
後20分位削ってテンポ上げたらもっと良かったのに。

大泉洋の、二枚目を気取ってるけど限りなく三枚目、ちゃらんぽらんのようで筋を通すキャラはハマってました。
松田龍平も「まほろば~」よりこっちの方が私は好みです。

残念なのは小雪が大泉洋が見とれるほどの美人に見えないのと、
霧島への深い愛を感じられる描写が無かったこと。
へえ~そこまで愛してたの?何で?どこが?という感じでした。

でも、松田龍平目当てに次作も見ます。 nanapinoさん [DVD(邦画)] 6点(2014-10-12 17:39:20)(良:1票)

55.《ネタバレ》 松田優作の探偵モノ要素や濱マイク要素、それにルパン三世のエッセンスを加えた、平成世代の探偵モノ。世代でまとめようとすると異様にオッサン臭くなるが、そんな新風を感じざるを得ないオッサンな私なのであった。

これは、どこかで味わったことのあるようで、無いような、そんな新フレーバー。印象は、決して悪くない。

全体的にウサン臭いムードがステキであったが、元スナック従業員役・新谷真弓の突出した胡散臭さは異常。 aksweetさん [DVD(邦画)] 6点(2014-09-17 05:08:24)

54.《ネタバレ》 登場人物の相関関係が複雑な割りに、終盤のオチはてんで大したことがない。
主人公の大泉洋にも小雪にも感情移入出来なかったためか、
披露宴での一幕はクレイジーすぎて笑ってしまいましたw 勾玉さん [地上波(吹替)] 3点(2014-08-02 22:43:08)

53.《ネタバレ》 ○単なるコメディかと思いきやハードボイルドな一面もあり驚かされた。大泉洋で客を集めようって言う映画ではないんだな。○松田龍平とのコンビは割と良かった。○依頼主が小雪であることが序盤でわかる割にはなかなか話が進まず、主人公の動機付けのための遠回りが多く感じた。○あれだけ寒そうな薄野で軽装の大泉洋に驚かされる。一度は行ってみたいと思った。 TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-04-30 20:39:16)

52.洋ちゃんのよさが出てない。ストーリーも安っぽい。 ドンマイさん [ビデオ(邦画)] 4点(2014-04-16 01:46:01)

51.《ネタバレ》 探偵ものをあまり観た事がなかったので期待せずに観れた分なかなか面白かった。大泉洋が演じる探偵がいいキャラで松田龍平とのコンビも最高でした。ただ最後のほうに恋愛感情を持ち出してきて終わったのが残念。もっと軽い感じで終わったほうがスッキリした。 ぷるとっぷさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-04-07 00:52:37)

50.《ネタバレ》 こういう探偵バディ物好きなんです。しかもやや古臭い感じのハードボイルドでこれも好み。そして大泉洋が大好き。だから点は甘めです。ストーリー流れとしては、"京子"の電話の声が明らかに小雪である事から、早いうちに依頼者もその後の展開もある程度読めてしまいましが、先が読めない映画も好みな中で、古き良きハードボイルド映画好きとしては期待を裏切らないラストで嬉しいパターンでした。他の方が仰る様に連続ドラマとして始まってから映画ってのが良かった気がします。勿体無い。あとついでに言うと見事に鍛え直した大泉洋のボディも見どころかなw?2も楽しみにしよう。 movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-02-23 17:37:56)(良:1票)

49.いいですねえ。。大泉洋さんと松田龍平さんのトボけた掛け合いは面白かったです。お互いが良さを引き出しあう、絶妙なコンビネーションでした。ひょうひょうとした役柄が多い大泉洋さんの、ハードボイルドな一面も新鮮でした。確かに、TVドラマのようなこの内容ですが、息抜きでたまにはこういったお気軽映画(ホメ言葉です)も大スクリーンで観たいな。北海道に特別な思い入れがある方、お酒をこよなく愛する方は必見です。どちらも当てはまる方は必ず観るべし。 タケノコさん [映画館(邦画)] 6点(2013-12-19 19:39:00)

48.大泉洋がかっこよかった。小雪が、良かった。この作品はこんな率直な感想だけで評価して良いと思う。 ちゃかさん [地上波(邦画)] 7点(2013-12-07 08:31:22)

47.《ネタバレ》 ストーリーを楽しむというよりは、北海道、特に札幌の風景を楽しむ映画ですね。キャスティングも70年代から80年代の探偵ドラマを思い起こさせるような渋さでよかったです。
 観た後に札幌に行きたくなる映画です。2作目も楽しみです。 TMさん [地上波(邦画)] 7点(2013-10-30 23:20:55)(良:1票)

別のページへ
1234


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 66人
平均点数 5.76点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
3710.61% line
41218.18% line
51015.15% line
61218.18% line
71319.70% line
81015.15% line
923.03% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.85点 Review7人
2 ストーリー評価 4.45点 Review11人
3 鑑賞後の後味 5.20点 Review10人
4 音楽評価 5.87点 Review8人
5 感泣評価 3.60点 Review5人

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS