みんなのシネマレビュー

パニック・イン・スタジアム

Two-Minute Warning
1976年【米】 上映時間:115分
サスペンスパニックもの小説の映画化
[パニック・イン・スタジアム]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-03-01)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ラリー・ピアース
演出グレン・R・ワイルダー(スタント・コーディネーター)
キャストチャールトン・ヘストン(男優)ピーター・ホリー警部
ジョン・カサヴェテス(男優)クリス・バトン巡査部長
マーティン・バルサム(男優)サム・マッキーヴァー
ボー・ブリッジス(男優)マイク・ラムジー
デヴィッド・ジャンセン(男優)スティーヴ
ジーナ・ローランズ(女優)ジャネット
ウォルター・ピジョン(男優)スリ
ジャック・クラグマン(男優)スチュー・サンドマン
マリリン・ハセット(女優)ルーシー
ミッチェル・ライアン(男優)神父
デヴィッド・グロー(男優)アル
アンディ・シダリス(男優)TVディレクター
ロバート・ギンティ(男優)売り子
J・A・プレストン(男優)警官
グレン・R・ワイルダー(男優)
納谷悟朗ピーター・ホリー警部(日本語吹き替え版【日本テレビ/DVD】)
羽佐間道夫クリス・バトン巡査部長(日本語吹き替え版【日本テレビ/DVD】)
藤本譲サム・マッキーヴァー(日本語吹き替え版【日本テレビ/DVD】)
小林勝彦スティーヴ(日本語吹き替え版【日本テレビ/DVD】)
高木均スチュー・サンドマン(日本語吹き替え版【日本テレビ/DVD】)
平井道子ジャネット(日本語吹き替え版【日本テレビ/DVD】)
松村彦次郎スリ(日本語吹き替え版【日本テレビ/DVD】)
柴田秀勝ピーター・ホリー警部(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
玄田哲章クリス・バトン巡査部長(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
佐々木功ピーター・ホリー警部(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中信夫クリス・バトン巡査部長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
阪脩サム・マッキーヴァー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
井上和彦マイク・ラムジー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
谷口節スティーヴ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
弥永和子ジャネット(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大宮悌二スチュー・サンドマン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
松本梨香ルーシー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本エドワード・ヒューム
音楽チャールズ・フォックス
撮影ジェラルド・ハーシュフェルド
製作エドワード・S・フェルドマン
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給CIC
特撮アルバート・ホイットロック(特殊効果)
美術ハーマン・A・ブルメンタル(美術監督)
ジョン・M・ドワイヤー(セット)
フィル・ノーマン(タイトル・デザイン)
編集イヴ・ニューマン
ウォルター・ハンネマン
スタントトーマス・ロサレス・Jr(ノンクレジット)
グレン・R・ワイルダー(ノンクレジット)
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1


16.どういう作品かと言いますと・・・
ゴジラ現れる ⇒ 逃げ惑う人々 ⇒ 押し合いへし合い突き飛ばしあい、あれよあれよという間に死傷者多数発生 ⇒ 「これってオレのせいなの?」とさすがのゴジラも引いてしまう。
ってな感じですね。ホントに怖いのは、パニックを起こす人間心理である、という教訓でしょうか。はい、一応、確かに、承りました。けれども。
必要以上にドキュメンタリタッチというか、基本、地味です。音楽だけが何とかそこに気合を入れようと、孤軍奮闘しております。アメフトの試合進行に、それを観戦する何組かの人々(互いに関連はなく、最後までお互い関連し合わない)の人間模様を配置して、あと、スタジアムに潜む謎のスナイパー殺人鬼の姿と、それに立ち向かう、あまり頑張る気の無いチャールトン・ヘストン他、警備側の様子が描かれます、それはもう、淡々と。いや、アメフトに興味の無い私も悪いんでしょうけど、そんな私にも少しはアメフトに興味抱かせるくらい、試合の模様をうまく描写してくれたらなあ、と。よくわからん試合と、それを眺めるオジサンオバサンの姿とを、こういう風に見せられると、何だか、田舎の運動会を見てるような気持ちになってきます。
クライマックスの群衆シーンは、大量のエキストラを動員してさすがに気合の見せ所、70年代パニック映画魂の片鱗を見せてくれます。が、「どこかから自分が狙われているかも」という危機感なり何なり、パニックの源泉が特に感じられないもんで(みんなただ走ってただ転んでただ転落してるだけ)、アメフトのルール以上に溶け込むのが難しい、ついていきづらいパニックシーンになっております。 鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-05-02 11:31:21)

15.パニックになるまでが退屈だし、パニックになってからも別に大して面白くない・・・。 ケンジさん [DVD(字幕)] 4点(2016-05-15 21:03:08)

14.《ネタバレ》 ○見せ方の問題か、かなり地味な印象。○主役のチャールトン・ヘストンだけが存在感抜群。 TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2014-03-09 19:29:41)

13.《ネタバレ》  2分前までの話しは、じっくりと緊張を描写していて、面白かったのだがなあ……。
 その後の展開が何だか、とてもお粗末な事件だった。継続的に狙いをつけていた狙撃兵が、壁の上から顔を出しざまに撃った犯人にまんまと狙撃されるとか、観衆のパニックを心配していた警官が、2分前に投げやりに現場に全て丸投げしちゃうとか。
 そして、まんまと観客を撃たれてしまった後の、観衆のパニック具合が、ちょっと嘘くさい感じは否めない。どうすると、あんな所にぶら下がることになるのやら。

 事件は、詳細が全く不明のまま、犯人射殺。曰くありげに描かれていた何組かの観客は、結局何も関係が無いっていう、あまりにも斬新な仕掛けに驚かされる。その何組かの観客たちを、一生懸命観ていた我々にとっても、もちろん劇中の刑事たちにも、何にも判らないしょーもなさが残る事件になったわけだ。
 何も要求しない、一切交渉の余地のない乱射犯なんて、全く生きた凶器だが、こんな事件に対峙した刑事役のチャールトン・ヘストンが、後に全米ライフル協会の会長として、銃規制に反対することになるのは、皮肉なことだなあ。と、日本人としては思わざるを得ない。 Tolbieさん [DVD(字幕)] 4点(2012-11-25 22:03:20)

12.劇中では一切動機と犯人の素顔が明かされない、本当の無差別殺人を10万人近くいるスタジアムでやっちゃうっていう所が凄いなぁ。SWATvs犯人の時間が押し迫った緊張感と対決っぷりが見事でいつやっちゃうんだろか、誰を狙ってるんだろか、というスリルがたまらん前半だったのに後半10万人の観客が逃げ惑う姿が・・あぁ、逃げ惑いすぎと乱射で人が殺されまくってるSWATの情けなさっぷりがそれまでの雰囲気がぶち壊しになったような感じがするけどチャールトン・ヘストンの頑張りと前半の雰囲気の良さでまぁよしとしますか~。 M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 6点(2011-10-10 10:04:39)

11.タイトル通り、パニックを存分に見せてくれた作品だった。
正直映像や演出はあまり良くないし、地味めなストーリーではあるけれど、
落ち着いて鑑賞できるし、そこそこ楽しめるのではないかと思う。
主役のチャールトン・ヘストンは、相変わらずどっしりしてるなぁ。 MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-07-26 07:23:48)

10.犯人のバックボーンが一切語られず、その辺は不気味さが伝わって良い。パニックに陥った群集が、ただ逃げてるだけにしか見えないのがいまいち。 真尋さん [地上波(吹替)] 5点(2010-04-25 05:41:57)

9.最後のパニックシーンはなかなか見ごたえがありましたが、それ以外は特に面白いと思わせるものはありませんでした。
doctor Tさん [DVD(字幕)] 4点(2009-09-11 11:00:45)

8.《ネタバレ》 まさに今日の無差別殺人を表しているかのような映画。
「何の理由もなく」人を撃ち殺していく犯人。そして慌てふためく人々。まさに今日を表しているかのようだった。

しかし試合に熱狂しているとああも周りの事態に気付かないものなのかと思うと恐ろしい。横で人が撃たれていようとも、SWATが宙づりになっていようとも、熱狂している観客は誰も気づかない。
そしてラストの観客の大パニックはまさに『よくとったな』という映像。出口に殺到する群衆はまさに怪物である。

ただ、序盤から中盤にかけてがやたらと冗長で飽きる。
人間ドラマもわりと不要な気がした。80分ぐらいにコンパクトにまとめられる内容が引き伸ばされた感じ。そこだけ難なり。 θさん [ビデオ(字幕)] 7点(2008-09-08 16:45:13)

7.《ネタバレ》 10万人の観衆でごった返すスーパーボウルの競技場に,1人の男が忍び込んだ。素性の知れないその男の手には,高性能ライフルが……という設定は,物語としては手垢がついているのかもしれないが,本作ではサスペンスの盛り上げ方がとても秀逸で,無理がない。冒頭の,ホテルの窓からたまたま通りかかった自転車の男を射殺する場面では,これから何が始まるのかを観る者に予感させて,思わずぞっとする。犯人の姿はテレビカメラ,あるいはSWAT隊員のライフルスコープ越しでしか見えず,それも不鮮明に映るため,不気味さと恐ろしさは倍増である。それだけなら一本調子で終始しがちなところも,競技場を訪れた観客たちの人間模様を同時並行で見せることで,ストーリーに奥行きを持たせてある。サスペンス映画としても,アクション映画としてもよくできていると思った。なお,状況的にはSWATチームの負け。2名が殺され(1人が犯人に射殺されてロープで宙吊りになっても,試合に興奮する観客たちは背後にぶら下がる死体に気づかない),隊長も撃たれたのだから。仇を取ったのが,寄る年波を隠せないチャールトン・ヘストンというのが何だか反則のような気もするが,これは御大に花をもたせたというべきでしょう。SWAT隊長を演じたジョン・カサヴェテスのサングラス姿が渋い。最後まで正体不明だった犯人について言った,最後の台詞もまた渋い。「……奴のことはマスコミが全部調べてくれるさ。住んでいるところはどこで,仕事は何で,家には優しいママがいて,そして,それが終わったらまた次のニュースだ。でも俺たちは……」みたいな内容だった。兇悪犯罪へのやりきれなさが余韻となって残る。 《追記》1975年に公開されたTV映画「パニック・イン・テキサスタワー」を明らかに意識しています(昔,金曜ロードショーあたりで何度か放映)。あるいはモチーフを拝借したかもしれません。余談ですが,「パニック・イン・テキサスタワー」の無差別射殺犯は,当時まだ無名だったカート・ラッセルが演じていました。作中ではほとんど喋っていません。 Roxyさん [地上波(吹替)] 8点(2006-06-26 11:30:46)

6.無差別テロが横行する今だからこそ、現実味を帯びている話だと思います。東京ドームとか、国立競技場とかで爆弾を持った犯人が何かをしでかしたら、とんでもないことになっていると思いますよね。この頃のチャールトン・ヘストンは活発に動き回ってアクションしていたね。 オオカミさん 7点(2003-12-03 08:11:21)

5. SWATの活躍(?)と樹脂手錠が出てきて、当時のポリスおたくにはたまらない逸品(笑)冗談はさておいて、個人的にはパニック描写よりも犯人と警察の対決の方が数段面白いと感じた。そういうわけで邦題は失敗だ。しかし防犯という意味では犯人を逮捕して動機を聞き出すべきなんだろうが、最終的には逮捕できそうな場面でもあったのに口も聞けないような致命傷を与えて形だけの尋問で終わるというのはアメリカらしいとも言えるが...。 さとし@快投乱打さん 8点(2003-06-02 15:37:18)

4. 日本の特撮モノなんかもそうだけど、モブシーンが下手だなぁ…。恐怖でパニックに陥った群衆にゃ、ちーーーっとも見えん!もっと真面目にやれよな。SWATもあれだけ犠牲者を出してりゃ世話無いわなぁ。第1被害者のデビッド・ジャンセンに合掌。チャールトン・ヘストンも木偶の坊で泣ける(T T)。ラリー・ピアースって監督はパニック・アクション・ムービーには畑違いじゃないのか?サスペンスが全然盛り上がらないし。ドン・シーゲルにでも監督させてりゃ遙かに面白かったかもね。残念。 へちょちょさん 6点(2003-01-26 01:00:56)

3. 現在、頻繁に起こっている不条理な事件を予見したもの(?) ジョン・カサベテスが光る。 偏見マンさん 6点(2002-08-23 10:48:50)

2.すごいいい!! 前半の人間ドラマの間に、犯人がスタジアムに向かうシーンが入るので緊張感があるし。 後半はなかなか犯人が行動を起こさないのでイライラするけど、ラスト15分、観客が狂ったように出口に殺到するシーンはすごすぎるぅぅぅぅ!!!! ただ、あれほど準備をしておきながら、犯人に撃たせまくってしまったSWATってマヌケなんじゃ・・・。 プレデターさん 8点(2001-08-12 13:30:07)

1.不特定多数の人間を標的にする影なき狙撃者。まさにスタジアムをそのまま人質にしたかの様なイメージには、背筋が凍る思いがする。とりわけSWATが銃撃戦に備えて照明塔に登るけれど、逆に狙撃されて命綱でつながれたまま宙吊りになってしまう。試合に熱中している観客誰一人それに気づかないという描写のリアルさが凄い。作者が言いたかったのは、結局誰にでも狙撃者に成り得るという、現代の怖さということに他ならないという事だろう。 ドラえもんさん 7点(2001-04-15 20:10:11)

別のページへ
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 5.75点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
300.00% line
4637.50% line
516.25% line
6318.75% line
7318.75% line
8318.75% line
900.00% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 2.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人

【アカデミー賞 情報】

1976年 49回
編集賞ウォルター・ハンネマン候補(ノミネート) 
編集賞イヴ・ニューマン候補(ノミネート) 

Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS