みんなのシネマレビュー

ミッドナイト・イン・パリ

Midnight In Paris
2011年【米・スペイン】 上映時間:94分
ドラマラブストーリーコメディファンタジー
[ミッドナイトインパリ]
新規登録(2012-03-24)【放浪紳士チャーリー】さん
タイトル情報更新(2019-07-13)【Olias】さん
公開開始日(2012-05-26)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウディ・アレン
キャストオーウェン・ウィルソン(男優)ギル
レイチェル・マクアダムス(女優)イネズ
カート・フラー(男優)ジョン
マイケル・シーン(男優)ポール
アリソン・ピル(女優)ゼルダ・フィッツジェラルド
トム・ヒドルストン(男優)F・スコット・フィッツジェラルド
コリー・ストール(男優)アーネスト・ヘミングウェイ
ローラン・スピルヴォーゲル(男優)古美術品ディーラー
キャシー・ベイツ(女優)ガートルード・スタイン
マリオン・コティヤール(女優)アドリアナ
レア・セドゥ(女優)ガブリエル
エイドリアン・ブロディ(男優)サルバドール・ダリ
ガド・エルマレ(男優)探偵タスラン
森川智之ギル(日本語吹き替え版)
小山力也アーネスト・ヘミングウェイ(日本語吹き替え版)
渡辺美佐〔声優〕アドリアナ(日本語吹き替え版)
大川透サルバドール・ダリ(日本語吹き替え版)
脚本ウディ・アレン
撮影ダリウス・コンジ
製作レッティ・アロンソン
製作総指揮ジャック・ロリンズ
衣装ソニア・グランデ
編集アリサ・レプセルター
字幕翻訳石田泰子
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
12345


81.なんとも不思議なゆっくりとした他の映画にはない映画でした。テンポも心地よくパリもきれいで、こんな映画があったんだと思い、観た後に観てよかったなと思うような映画でした。 珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-10-27 08:39:34)
《新規》


80.全くどんな映画か分からずに観たが、
雰囲気が良くて心地よい映画だった。
パリやヨーロッパの芸術が好きな人にはたまらない映画だろうな。
私が1つ気に入らないのは、
昔は良かったと盛り上がっている人達に対して、
いつの時代もみなそう思うが、結局は今を一所懸命に生きればいいんだ。
と、達観しているところ。
いい体験をして楽しかったで終わってほしかった。 プエルトガレラさん [DVD(字幕)] 6点(2020-10-08 13:35:22)

79.ストーリーはどうということは無いが、雰囲気がすてき。住んだら悪いところもたくさん見えてくるんだろうけど、訪れるには本当に花の都だと思う。そしてヒロインは、こちらまでうっとりさせる。
制作が米・スペインなところが面白い。 くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-08-31 22:56:02)

78.《ネタバレ》 冒頭、パリの街がいくつものショットで描かれていて、つまり、空間的な積み重ねとしてパリが描かれるのですけれども、これはパリという街の一面でしかなくって。物語の中で主人公がタイムスリップ(?)して、1920年代のパリに集っていた文人・芸術家だちと出会うことで、パリの街が時間的な積み重ねとしても描かれます。
街が持つ多層性。それは、街の今の姿と、街が辿ってきた歴史。
レイチェル・マクアダムス演じる、主人公のフィアンセってのが、顔は可愛らしく、体はエロっぽく、性格は鬱陶しい、という、三拍子そろった存在で、身近にはあまりいて欲しくないけれど、ハリウッド映画にはヒロインとしてぜひ登場して欲しいタイプ。主人公はこの映画の物語を経験し、結局は彼女と別れることになって。
そして、この街の歴史を知るパリ娘と結ばれることを匂わせて、映画は幕を閉じます。一見、忘れられたような過去でも、現在のどこかに必ずその余韻が残っていて、こういう娘っ子の中に息づいている、それがパリの街。
主人公自身も「くだらない」ハリウッド映画の脚本を書く生活から、パリへの移住を決意した今後は、この街で文学を目指すのかもしれない。
浅はかなハリウッドよ、さらば。
という、何だか、結果的には「ニューヨークの映画作家ウッディ・アレンが例によって例のごとくハリウッドにイヤミを言う映画」になってしまった感もありますが、ま、そうでなくては。シャレた感じで、イヤミを言いつつ、古き良き文化の香りを謳い上げる。それがまた、シャレてるんです。
しかし、1920年代のパリというと、音楽はコール・ポーター、となるんですか、ねえ・・・例えば「フランス6人組」とかではなくって。 鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-08-29 17:29:17)

77.《ネタバレ》 未来が不安になるような気の合わないフィアンセ、過去の世界に生きたがってついていきにくい美女、旅先で出逢った今を生きながら一緒に楽しめそうな骨董屋の娘。

この選択肢で”正しく”、”現実的な”選択肢である骨董屋の娘を選んでいただき誠にありがとうございます的なキモチのいいオチ。

「婚約者とこのまま結婚していいものだろうか?」と迷う主人公の心の動きを描いた作品は数多くある。

そんな中で、珍妙なタイムスリップ要素を入れた本作は、なかなか異色の名作だと思う。

ついでに「芸術好きな人じゃないと楽しめない」との意見が多い中、ごめんなさい、芸術好きなのでそこも楽しんでしまいました…。

(逆に私、スポーツ好きじゃないのでスポーツが出てくる映画は楽しめないんです。だから許して笑)

作家群はいまいち知りませんが、画家群は全員性格も分かってたので、登場するたびに面白かった。

ピカソ、ダリ、ゴーギャン、ロートレック…

特にゴーギャンがマリオンを秒で口説いてたあたりは、彼が妻子をほっぽってタヒチに移住し、現地の13歳やら14歳の女子をかたっぱしから現地妻にしてたり、持参したポルノ写真を展示して”ゴーギャンの秘宝館”を作った絶倫エロおやじであることを知っている者としては、ウケる部分が大きかった。

あとタイムスリップするにあたって、本人が行きたい時代に行けちゃう都合のいいシステムもいいですね。

ギルが行きたかった時代にいたマリオンは、ベルエポックの時代に行きたがっていて、そうしたら馬車がやってきてベルエポックの時代へ…って笑

となると、ギルを尾行していた探偵がフランス王朝時代に行っちゃったってことは、あの地味な探偵は煌びやかなフランス王朝時代に憧れてたんだと思うとウケる笑


…といろいろ言いながらも、じゃぁまた見たいですかと言われたら別に見なくてもいいや程度なので5点となります。あしからず。

ムード重視のファンタジー・ラブストーリー映画。 フィンセントさん [DVD(字幕)] 5点(2020-05-31 17:11:15)(良:1票)

76.大人の童話という感じ。別に大人が鬼退治に行ったり、お姫様に会ったりしたらダメという法はないので、これはこれで面白いかなと。
しかし個人的には、リアルパートの知識をひけらかす米国人教授がツボ。私の周囲にヘミングウェイやダリやピカソはいませんが、こういう輩はけっこういます。しかし浅学ゆえに反論できず、悔しい思いをすることも多々。はなから次元の違う人々が集う童話の世界に浸りたくなる気持ちもわかります。 眉山さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-05-07 01:42:32)

75.《ネタバレ》 オープニングにパリの街並みが次々と映し出されるのはいいけど、映画としては異例の長さでして
「おや?」となるんですが、すぐに神経質で辛辣でごちゃごちゃした会話が始まる。
真夜中のパリでタイムスリップ、ロマンチックです。
1920年代のパリというと狂騒のパリ、アールデコ。モボ、モガなんていう言葉もこの時代ですよね。
よくは知らなくても名前は知ってる、ナニした人か知ってるというアーティストや作家がワンサカ出てきちゃって
作家はみんなパリに渡ったアメリカ人で、ウディ・アレンの憧れの時代なんだろうなというのがよくわかる。
エイドリアン・ブロディのダリと神経質そうなルイス・ブニュエルが良かったな。
自信満々にあれこれ解説するアメリカ人旅行客のことを「知識人ぶった男」と言うのは元スーパーモデルのカーラ・ブルーニなんですけど、この当時って大統領夫人だったんじゃ?フランスはこういうのOKなんですねぇ。
マリオン・コティヤールに初々しいレア・セドゥ、レイチェル・マクアダムスもキュートです。
アレンの女優選びは相変わらずソツがないですな、流石です。すごくたのしい映画でした、にやにやニタニタしながら観てた。 envyさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-04-13 18:15:44)(良:1票)

74.《ネタバレ》 評価が大きく割れている映画ですね。他の方もおっしゃっているように、どれくらい教養があるかによって楽しめるかどうかが分かれてしまいます。恥ずかしながら私も半分くらい楽しめたかどうか。でも単純に、ヘミングウェイやフィッツジェラルド、ダリなどはイメージした通りで笑えました。

トータル的なキャスティングも素晴らしくてセピア調の雰囲気もよく表現されています。何よりオープニングからパリの街並みにが美しく記録されていて、パリへの深い愛が伝わります。まさにウッディ・アレン的な。パリジャンやパリジェンヌが傘を差さないのもなんか納得。

ストーリー的にはファンタジー全開ですが芸術家志望の人ほど楽しめる作りなのは、なかなか間口が狭い映画ともいえます。多感な若い時に見たらパリに移住したくなったかもしれません。知ったかぶりもできないので点数はほどほどにしておきます。 アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-04-06 11:44:30)

73.当時の文学者や芸術家の描写はわりかし細かいのに、タイムスリップの手法はすさまじく雑なのが笑える。

ヘミングウェイ、フィッツジェラルド夫妻、ガートルード・スタインなど、いわゆるロストジェネレーションの文学に詳しかったり、ダダイズム以降のアートに詳しい人なら、いろいろクスクス笑える要素がたくさん盛り込まれているように思う(ヘミングウェイの面倒くさいマッチョな感じや、ダリのキテレツな雰囲気は、個人的にはツボだった)。笑いどころがわからないという方は、とりあえずヘミングウェイの初期作品や回想録を読んでみると、当時の世相やパリの雰囲気を掴むことができるので、そちらの読書をおすすめする。

世の中には知識があると格段に面白くなる映画が確かに存在するが、今作はまさにそれだと思われる。

あと主人公がマリオンコティヤールやレアセドゥといい感じになるなんて、なんてうらやましい。 nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2020-04-04 11:22:48)

72.《ネタバレ》 レビューをしてよいのか1年迷いましたけど、同意見のレビューが多かったので私も投稿。
正直なにが面白いのかさっぱり分かりませんでした。雰囲気は良いんですけど、それだけ。
へんてこなおっさんたちが掛け合うわけですけど、だから何?というのが印象。
本当なら、あー過去の偉人はこんな人物だったんだろうな!納得!なんていう共感があるのかもしれないが、
私は映画にそんなものは求めていないので、、、 申し訳ないけど低い点数です。 Keytusさん [インターネット(字幕)] 3点(2019-11-13 23:04:35)

71.何が面白いのかさっぱり分からなかった。教養のなさが問題なのかもしれませんが・・・
『読んでいない本について堂々と語る方法』でも読んでいれば、違うコメントもかけるのかもしれませんね。 あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2019-11-13 22:21:05)

70.《ネタバレ》 最後、古物店のお嬢さんと仲良くなる展開も良かったです。ああ、いい子なんだろうなあって思ってましたんで。まさかのタイムスリップものですが、SF的な注意事項(過去を変えてはならない、とか)を一切考慮しないイサギの良さ。なんか、オオゲサなドタバタ話じゃないところも良かったですよ。尺が短いところも良かった。今時(でもないが)、1時間半くらいで終わる映画って貴重です。 なたねさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-08-15 22:08:55)

69.《ネタバレ》 アレンの夢なんだろうね。

憧れの文豪や芸術家にまじって、
憧れの素敵な舞台で恋をしたら・・

彼女の気持ちを現代に帰って、著作で確かめるとことか
尾行していた探偵がルイ?世の時代に行ってしまうとことか、
アレンならではのユーモアもあって、面白かった。 トントさん [DVD(字幕)] 7点(2019-07-25 12:03:07)

68.雰囲気は良かった。

ただ面白くはなかった。

登場人物にも魅力はあまり感じなかった。

教養が深いと違うのかもしれませんが。 2年で12キロさん [インターネット(字幕)] 3点(2019-06-14 22:06:31)

67.アレンの久々の楽しい映画。タイムスリップして、パリに行く。真面目に考えれば、馬鹿らしいが、そこが楽しい。ララランドに何かにているとー思いませんか にけさん [映画館(字幕)] 8点(2018-12-25 21:32:08)

66.うーーん…レビューするか迷った作品。
というのも、自分の教養がこの映画を楽しむレベルに達していない…。めちゃめちゃいいシーン、いいキャラクター、の空気はするんだけど…元ネタが分からないものも多く心からは入り込めず、結果、途中眠たいという事態に。

要所要所やラストなんかはしっかり楽しませてくれるんですけどね。
見る側の問題が大きいので、そんなのでレビューして平均的を下げるのも申し訳ないと思いつつ…。
日本人では見る人を選ぶのも事実かなと思い投稿。
映画全体の雰囲気やストーリーは好きなので、フルに魅力を味わえなかった自分に悔しさもあり。 ハービィさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-06-10 23:28:14)

65.《ネタバレ》 ウディ・アレンのパリへの愛がわんさか伝わってくる。パリ好きな表現者って本当にパリ至上主義ですよね。序盤の展開が遅くて退屈なのでマイナス2点。中盤以降は最高。ロートレックやピカソに夢でも会えたらハッピーだろうなあ。 なすさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-05-10 09:55:03)

64.《ネタバレ》 タイムスリップとは少し違うけど、『カイロの紫の薔薇』がよぎって、つらい結末かも?って心配になったものの、清々しいラスト。
ちゃんと現実を見て選択した主人公になんだかホッとした。
マリオンでもレイチェルでもない、あの雑貨屋の女の子が一番ファンタジーだと思う。
そしてパリジャンが傘を差さない所に妙に納得。あそこは濡れて行くのがいいよね。
いい女の役しかやらないイメージのレイチェルに悪女を演じさせてるのも、珍しくて面白かった。 roadster316さん [DVD(字幕)] 8点(2018-05-06 20:46:05)

63.《ネタバレ》 過去に行って昔の有名人が沢山でてきて…系のお話は沢山あって、日本だと戦国時代に行くものが多いわけですが、とにかくこのジャンルはその時代(と人)について明るくないと全く面白くないわけです。

ヘミングウエイやピカソ、ダリ、フィッツジェラルドなんかはわかってもコールポーターやジョセフィン・ベイカー、ジューナバーンズなんかは「誰それ」状態な自分には本質的には楽しめない映画でした。
あげくにさらに過去にいってロートレックだゴーギャンだなんだとなるともうね…

例えばダリが登場したとき、テーブルにはちゃんと昔のラベルのシャトーオーブリオンが置かれていたんですが、こういうのも「シャトーオーブリオンを知ってて昔のラベルも知ってる」からこそ面白いわけで。
そういう意味で日本人にはめちゃくちゃハードルの高い映画になってると思うわけです。

さすがに映画フアンなら「部屋から出られない」という「皆殺しの天使」ネタはわかりますけど…このあたりBTTFなどにも見られる過去に影響与えてました系のベタネタですよね。

うーん、雰囲気は悪くないけど、西洋美術や文学に対する教養不足の自分にとってちょいとつらい映画でした。
回顧主義者なんかろくなもんじゃない、今が最高なんだっていう映画の主題は好きですけどね。

あと現代の婚約者がトリバゴの彼女に似てて途中からそれが気になって気になって… あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-04-27 11:59:30)

62.《ネタバレ》 ロマンチックでファンタジー。絵画や芸術好きには堪らない映画ではないでしょうか。また1つウディ・アレンの好きな映画が増えました。 VNTSさん [インターネット(字幕)] 9点(2018-04-12 00:47:15)

別のページへ
12345


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 81人
平均点数 7.04点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
322.47% line
422.47% line
567.41% line
61619.75% line
72125.93% line
82429.63% line
9911.11% line
1011.23% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review5人
5 感泣評価 6.00点 Review3人

【アカデミー賞 情報】

2011年 84回
作品賞 候補(ノミネート) 
監督賞ウディ・アレン候補(ノミネート) 
脚本賞ウディ・アレン受賞 
美術賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2011年 69回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)オーウェン・ウィルソン候補(ノミネート) 
監督賞ウディ・アレン候補(ノミネート) 
脚本賞ウディ・アレン受賞 

Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS