みんなのシネマレビュー

96時間 リベンジ

Taken 2
2012年【仏】 上映時間:92分
アクションサスペンスシリーズもの犯罪もの
[キュウジュウロクジカンリベンジ]
新規登録(2013-01-06)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2015-05-02)【+】さん
公開開始日(2013-01-11)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督オリヴィエ・メガトン
キャストリーアム・ニーソン(男優)ブライアン・ミルズ
マギー・グレイス(女優)キム
ファムケ・ヤンセン(女優)レノーア
リーランド・オーサー(男優)サム
D・B・スウィーニー(男優)バーニー
ラデ・シェルベッジア(男優)ムラド
ルネル(女優)ドライビング・インストラクター
石塚運昇ブライアン・ミルズ(日本語吹き替え版)
深見梨加レノーア(日本語吹き替え版)
牛山茂サム(日本語吹き替え版)
佐々木梅治ムラド(日本語吹き替え版)
仲野裕ジャン=クロード(日本語吹き替え版)
原作リュック・ベッソン(キャラクター創造)
ロバート・マーク・ケイメン(キャラクター創造)
脚本リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
製作リュック・ベッソン
配給20世紀フォックス
編集カミーユ・ドゥラマーレ
あらすじ
前作で元CIA秘密工作員のブライアンに徹底的に叩かれた人身売買組織。彼らは密かに復讐を企てていた。折りしもブライアンは、愛娘のキムや元妻レノーアを誘って海外旅行に向かうところ。イスタンブールで待ち合わせた3人だったが、そこに組織の魔の手が忍び寄る。ブライアンとレノーアは敵に拉致され、キムにも魔手が。ブライアンの怒りは頂点に達し、再び最凶の父親となって戦いの火蓋を切る。 大ヒットした前作のシチュエーションそのままに、リーアム・ニーソンが画面狭しと大暴れする。

ぽこた】さん(2013-09-24)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
123


55.ん~~やっぱ前作と比べるとガッカリ感は否めない。前作のオヤジは激情にまかせて手当たり次第に容赦なく悪人をぶち殺していくのが痛快だったのにめっきり普通になっちゃっている。だからさ、殺された者にも家族がいるだの復讐が続くだの面倒なヒューマニズムはこの手の映画にはいらないの。そういうのはまた別のジャンルの映画でやればいいんだからさ。次回作はまだ見てないんだけど豪快オヤジの復活を期待する。 イサオマンさん [地上波(吹替)] 5点(2018-02-17 20:30:27)

54.相変わらずの親バカっぷりの父さんにバカ母にバカ娘(バカが先につくか後につくかで意味合いが異なるのです)、
今度は敵も子を思う親の逆恨みです。

なぜかあれだけ円満そうだったレノーア夫婦は別居中、仲直り家族旅行もキャンセルされたと泣いているレノーア
なにかとご都合主義な設定なんですが、そうこうして舞台は前回のパリからイスタンブールへ
元CIAの工作員なので拉致され目隠しされてたのに連れていかれた場所もあっというまに探し出す
今度は母親救出なんですが、まさにこの親にしてこの子あり、娘の活躍を盛り込んでる。
でも前作のほうがクールでキレ味の良いアクションものって感じかな。
凄すぎる強すぎるブライアン父さんの活躍、3作目も観たいと思います。 envyさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-09-20 13:31:37)

53.前作のほうが、父親が思う家族愛がにじみ出ていてよかった。
というか、これだけ愛しているなら別居しなくてもいいと思うのだが・・・
まぁ、あまり頭を使わずに安心して見られるという映画としては及第点か。

でも、時々思うのは、バイオレンス映画って、雑魚でバンバン死んでいくのが当たり前のように書かれているが、奇しくも敵の親分がいうように、そいつも親であり子であり、家族もいるわけで、悪いやつではあるが、ごみのように描写してはいけないような気がする。こころのどこかに、自分と関係の薄い人の痛みには鈍感になることへの肯定が植え付けられていくような気がして、ちょっと背筋が寒くなった。 チェブ大王さん [地上波(字幕)] 5点(2017-03-18 16:57:14)

52.《ネタバレ》 感想は前作とまったく同じで・・・最初の方の頭脳戦の部分はいい感じなものの、結局はお約束のカーチェイス&銃撃戦&肉弾戦。やるのはいいんだけど、主人公をこういう設定にしているんだったら、もっとその中にも頭を使う要素を感じさせてほしいのです。 Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-03-17 01:43:37)

51.《ネタバレ》 リベンジと言いながら、犯人はなんでさっさと主人公を殺さないんでしょう?娘の活躍による救出劇という形にしたいがために結構無理があるような。本来なら家族を人質に本命を呼び出すという流れになるハズだが、イキナリ夫婦で捕まっちゃうし。
が、お約束の電話指示は面白いし、危機的状況における冷静な判断力は見習いたい。ただし、後半はただの救出劇で犯人側との心理的攻防もなく雑に終わってしまった。イスタンブールの町並みやカーチェイスは悪くはないが。
この作品の肝はやはり電話によるオフサイトサポートにあるので、窮地に立たされた人を只管電話のみで救うという作品シリーズにしたら面白いんじゃないの?。『ザ・コール 緊急通報司令室』的な感じで。 東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-03-09 10:43:48)

50.《ネタバレ》 前作が結構好きで今作も見てみました。

相変わらず良し悪しがはっきりしてます。

この作品が微妙な所は
「リアリティは基本ない」
「娘のドライブテクニックが異常」
「パリで偉い目にあったのに、もっと治安悪そうな所にノコノコ来ちゃう親子」
「アクションのカットを割りすぎて良くわからない」
「カーチェイスらへん」
「復讐って言ってる割に最初以外雑(嫁を人質に使う事忘れてるレベル)」
「最後の移動先(ハマム)に行きたい理由がなんかよく分からない事」
「助ける相手が娘じゃなくって嫁(リーアムは最悪ええか。って思ってそう)」
「タイトルの96時間関係
ま、そんな所ですが、

このシリーズの醍醐味は、おっさんが敵を容赦なく一掃する。っていうのもありますが、

個人的には好きなのが、どうしようもない状況を
僅かな情報や知恵でどうにかする。という点です。

これが好きなんです。

町中で手榴弾投げさせるってめちゃくちゃなんですけど(沢村栄治も肩壊すレベル)
それキッカケで絞っていく感じとか好きです。

前作よりトーンダウンしたとはいえ
やっぱり面白かったです(7点に近い6点で) シネマレビュー管理人さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-03-06 23:32:06)

49.《ネタバレ》 娘にガンガン手榴弾を投げさせる親ってのはどんな親なんでしょうかね。 珈琲時間さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-05-07 08:32:16)

48.《ネタバレ》 ○安直な続編だが、前作の路線でそれなりのクオリティ。 TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-02-23 12:42:19)

47.《ネタバレ》 リーアムお父さん無双全開映画第二弾。まぁ相変わらずのメチャクチャ振りw でも、こちら側とすればそれしか期待してないからこれでいいんですよ(笑) しかし実質無免許の娘にあんな運転させちゃいかんよ(苦笑)アメリカの免許制度はどういうシステムなのでしょうかね、いきなり路上?州によって違ってそう。 ある意味固定パターンwwだけど、まぁこれはこれでいいんではないでしょうかハイ Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-02-15 09:08:52)

46.まず物語の発端が、前作の敵サイドからの復讐。ってのがまあ、何ともお手軽な設定。わかりやすいけど、その分、物語がどう展開していくんだろう、という期待感が乏しくなります。そして、「復讐なんだから、簡単には殺すまい」という敵の思惑が、結果的に主人公に何かとチャンスを与えてしまうのも、お約束過ぎるお約束。だいたい、さんざん手を焼いた末に宿敵たる主人公をせっかく拉致したにも関わらず、誰もちゃんと見張ってないから逃げられる、ってのが実にヌルい。いや、主人公はどうやったって助からなきゃいけないんだから、そのコト自体は構わないけれど、それにしたって、復讐譚としてぶち上げておきながら、まるで粘着質なところもないし、なんぞサスペンスを盛り上げる工夫って無いもんかねえ。
監督変われど見づらいアクションは前作通り、というか、これはアクション俳優リーアム・ニーソンの限界でもあるのか。 鱗歌さん [地上波(吹替)] 6点(2016-02-11 11:00:16)

45.《ネタバレ》 前作と同じくリーアム・ニーソンの過剰な娘への溺愛ぶりから始まる冒頭。
娘に彼が出来たことが分かり、「何だと!?」というリーアム親父の表情が笑えます。
前作では「外国は危ない」とあれ程娘のパリ行きに強硬に反対していたのに、
本作では元妻と娘をイスタンブールに呼び寄せ、娘をホテルに1人残して外出。
イスタンブールに娘が現れたときのデレデレぶりを見れば少々浮かれるのも仕方ないとは思いますが、
リーアム親父、今回はちょっと危機感が足りないぞ。
しかし危機が迫るその娘がリーアム親父譲りの驚異的大活躍を見せます。
縦列駐車も出来ない無免許の娘がアクセル全開でバックしたり
イスタンブールの街で豪快なカーチェイスを披露するくだりには、もはや笑いがこみ上げてきました。
自身も家族もみんな無事であることは分かっていますので、
あとは前作同様、家族に危害を加える奴には容赦しないリーアムの最強親父ぶりを堪能するだけです。
90分程度の手頃な尺で、これも前作同様作品のテンポはとてもいいのでそれなりに楽しめる作品にはなっています。 とらやさん [DVD(字幕)] 5点(2016-02-07 21:32:24)

44.《ネタバレ》 まるで躊躇がないのが、かっこいい。ただ、守るモノが分散しちゃったがために、やることなすことまるで超能力なんですよ。前作のように、ただ娘を守るための行動であるなら、どんな奇跡もそれはあり得ると思えたのでしょうけど。敵役が役不足です(間違った日本語)。 なたねさん [DVD(邦画)] 6点(2016-01-23 23:01:00)

43.普通のアクションドラマかな。こうなるんだろーなという期待通りになってしまって、
びっくりはなし、がっかりもなし。
最後が何故か素手での殴り合いって、それは別に要らんのでは?
結局息子があと二人もいるのか。ふむふむ。 Skycrawlerさん [地上波(吹替)] 7点(2015-11-22 01:32:55)

42.この手の映画は主人公が活躍するって初めから分かっているのでしょうがないが、中盤から緊張感が薄れて退屈になる。
なのでもうひとひねり欲しいところだった。 misoさん [地上波(吹替)] 5点(2015-10-18 02:55:28)

41.うーん、なんか普通の2時間ドラマに成り下がった感じです。前作が予想外に良かったので期待したのですが・・・。あまりにもご都合主義が過ぎるかな。それに、どんな状況でも絶対大丈夫って分かってしまっているのも、緊張感を削いでしまっていると思います。シリーズものにすべきではなかったですね。 はりねずみさん [地上波(吹替)] 5点(2015-10-17 18:50:15)

40.《ネタバレ》 1でブライアンに殺害された敵のマルコの父が逆襲を仕掛ける物語。イスタンブールが舞台になっている。娘のキムのみならず、元妻であるレノーアも誘拐されてしまうが、やや脇が甘い気がする。1で味わったようなドキドキするサスペンス色はやや薄れており、その分アクションが増えたが、ややゴリ押し気味にストーリーが進んでいく(現地警官を射殺するのはどうか)。敵陣営も力が弱く、ごくごく小さなマフィアを相手にするかのような規模の小ささが盛り上がりに欠けるポイント。スケール、ストーリーともに前作を超えることはできなかった。 カジノ愛さん [DVD(字幕)] 6点(2015-10-10 09:09:47)

39.96時間シリーズの2作目。今回はタイトルに「リベンジ」とあるように、前作で主役に殺された敵の父親が復讐のために襲ってくるってお話。前回で主人公のオヤジが普通じゃないことはめいっぱい描かれていたので、今回は哀愁があるように描かれておらず、もうのっけから娘への偏愛ぶりを発揮したノリノリオヤジである。そのために、前回のような感情移入→カタルシスのジェットコースターのような感じにはなっていなかった。むしろ敵側の背景を少し描いて、映画を観てる側に、「ブチギレたオヤジが見たいんだろうけど、お前ら、まずは落ち着け」と言わんばかりの雰囲気にしてくる。そして今回は主役のオヤジがとある事情により、その破壊的な力をすぐには使えないので、それをいつ発揮するのかが期待するポイントになっていました。前作でポイントなった携帯電話は今回もお約束的に使われており、これはもう、観てる側の「出ました―!」的感覚を意図的に狙っておりますな。今回は活躍するのが主役のオヤジだけじゃないってのも新しい試み。どっちかとゆーと前作よりハラハラ感をあおったつくりになっています。二作目としては悪くないです。ただやっぱ前作の面白さに比べたら、僕の中ではこの評価です。 なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2015-06-20 23:30:33)

38.《ネタバレ》 取り立ててつまらないわけではなく、取り立てて面白い!となるわけでもない。至って普通のアクション映画という印象です。前作は「有無を言わさぬ親父無双」が堪能できましたが、本作はそれが薄まってしまっている。娘の助けを借りたり、敵に生きるか死ぬかの選択肢を与えたり。映画としてはそっちがベタなんでしょうが、「96時間」に期待したのは「無双」と「無慈悲」なんですよね笑。その点、ほんとに「普通」という言葉しか出てこない本作でした。 53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-15 21:37:25)

37.《ネタバレ》 “超神経質最恐親父活劇”第二弾。
完全な二番煎じではあるが、前作が生み出したオリジナリティは継承されており、その部分の娯楽性だけは評価できるし、アクション映画はそういう娯楽要素があればそれでいいとも言える。

そのオリジナリティとは、もちろんリーアム・ニーソン演じる主人公の“親父(元CIA)”の超絶なキャラクター性に他ならない。
愛娘の運転練習のために迎えに行くという日常から、その超神経質な精神は張りつめられ、ただ一カ所のウィンドウのくもりも、一秒の遅刻も許さない彼のスタンスは、明らかに「異常」と言ってしまっていい。
ただし、その途切れることが無い危機管理意識が、「危険」との邂逅の瞬間に何の迷いも無く発動され、ピンチを乗り越えてゆく。

突如巻き起こった危機に、本来何の事前準備も無い状態から、どう対処し、どう回避していくかということをつぶさに映し出す描写こそが、このシリーズのハイライトであり、クライマックスで悪を駆逐しく様自体は、はっきり言って“おまけ”と言ってしまっていい。

そういうある意味割り切った構成が今作のオリジナリティである一方で、やはり”それだけ”という希薄さが残ることも事実ではある。
特にこの第二作については、登場する悪党の規模も前作に対して明らかにトーンダウンしてしまっているので、終盤に欠けての迫力の無さは欠陥と言わざるを得ない。

前作から引きずった“憎しみの螺旋”を結局断ち切れぬまま、映画は軽薄なハッピーエンドを迎える始末。
もしかして、今度は“孫”まで登場させる第三弾を目論んでるんじゃあるまいな……。 鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-08-17 22:35:49)

36.《ネタバレ》 相変わらずの、不死身ぶりで楽しめましたが、内容は前作の方が好きです。最後には全員助かるというお約束は分かっていても、テンポ良く話が進むので退屈はしませんでした。 モリーさん [DVD(字幕)] 7点(2014-05-11 16:52:37)

別のページへ
123


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 55人
平均点数 5.75点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
311.82% line
447.27% line
51934.55% line
61730.91% line
71221.82% line
823.64% line
900.00% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.25点 Review4人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 1.50点 Review2人

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS