みんなのシネマレビュー

恋愛だけじゃダメかしら?

What to Expect When You're Expecting
2012年【米】 上映時間:110分
ドラマコメディロマンス
[レンアイダケジャダメカシラ]
新規登録(2013-11-09)【HRM36】さん
タイトル情報更新(2018-06-26)【たろさ】さん
公開開始日(2012-12-15)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督カーク・ジョーンズ〔監督・1963年生〕
キャストキャメロン・ディアス(女優)ジュールズ・バクスター
ジェニファー・ロペス(女優)ホリー
エリザベス・バンクス(女優)ウェンディ・クーパー
アナ・ケンドリック(女優)ロージー・ブレナン
デニス・クエイド(男優)ラムジー・クーパー
クリス・ロック(男優)ヴィク・マック
ロドリゴ・サントロ(男優)アレックス
トーマス・レノン[男優](男優)クレイグ
ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ(女優)ケイラ
林真里花ジュールズ・バクスター(日本語吹き替え版)
藤貴子ホリー(日本語吹き替え版)
音楽マーク・マザースボウ
ジョン・フーリアン(音楽監修)
撮影ハビエル・ペレス・グロベット
製作マイク・メダヴォイ
アーノルド・メッサー
配給カルチュア・パブリッシャーズ
特殊メイクマシュー・W・マングル(スペシャル・メイクアップ・エフェクツ・デザイナー)
美術アンドリュー・ロウズ(プロダクション・デザイン)
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1


5.《ネタバレ》  妊娠を主題としている為か、序盤にて嘔吐ネタが繰り返される事には、少々ゲンナリ。
 演出も冴えていないというか、正直ちょっと好みじゃないなと感じる部分もあったりしましたね。
 でも、総合的には良い映画だったと思います。

 養子を迎えようとする夫婦、流産を経験するカップルなど、群像劇ならではの個性が感じられましたし、それによって様々なエピソード、様々なメッセージを描く事に成功しているのですよね。
 妊娠による体調不良を「体内で奇跡が起きてる証拠」と美化する一方で「妊娠は最悪」「ニキビも出来る。歩けばアソコが痛む。オナラも出ちゃう」と、生々しく表現したりもしている。
 基本的には「子を産むことの素晴らしさ」を声高に主張している映画なのだけど、そういう現実的な側面もキチンと描いている為、あまり偏った印象は受けず、素直に楽しむ事が出来たように思えます。

 くしゃみと同時に軽く出産しちゃう女性もいれば、激痛に叫びながら出産する女性もいるという対比も面白かったし「血の繋がらぬ子を養子として迎え入れる場面」を、出産に負けず劣らず感動的に描いていたのも、何だか嬉しかったです。
 劇中の人物同様に、世の中には子供を産みたくても産めない女性が存在する訳で、そういった人々への優しさというか「出産を経ずとも人は母親になれる、父親になれる」というメッセージが伝わって来て、とても温かい気持ちに浸れました。

 ラストにて、子育てパパ軍団が、冷たい缶ビールをベビーベッドの下から取り出し、仲間にパスするシーンなんかも、妙にお気に入り。
 筋トレマニアで、常に公園を走って身体を鍛え上げ、派手に女遊びしていた独身男がパパになると同時に「もう走るな、歩くんだ」と男友達から諭される件も、色々と象徴的に思えて良かったです。
 そんな彼が、当初はタッチを拒んでいた相手と、仲良くタッチを交わして「パパ」の仲間入りを果たして映画が終わるという構成も、凄く後味爽やか。

 大人達が主役であり、子供にスポットが当てられていない為、肝心の「子供を持つ喜び」が伝わってこない点など、色々と気になる部分もあるのですが「あぁ、良いなぁ……」と思える場面の方が多くて、帳消しにしてくれたという感じですね。
 こういう映画、嫌いじゃないです。 ゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2017-07-04 13:52:03)(良:1票)

4.題材としてはオモシロそうだが、群像劇なので1つ1つの内容が薄い。女の苦労はいろいろと描かれているが、男の苦悩はイマイチかな。子供は産まない・持たないという選択もあるので、そういうカップルが出てきて、論争させてもよかったような。 東京50km圏道路地図さん [地上波(字幕)] 4点(2017-02-28 12:40:40)

3.評判がかなり悪かったのでどんなものかと身構えて観たが言うほど悪くなかったです。あと久しぶりにクリス・ロックを見れてよかったです。 たろささん [インターネット(字幕)] 5点(2016-04-18 00:57:13)

2.《ネタバレ》 大事な事なので最初に書いておきますが、この映画は食事時にみないほうがいいです。
「妊娠→つわり→ご想像におまかせします」のコンボが冒頭に炸裂しますから(複数回)

キャメロンディアスが出ている、くらいしか知らずに観たので、知ってる顔が沢山出てきてびっくり。エリザベスバンクスやジェニファーロペス、デニスクエイド。結構な豪華キャストです。そして、その女優陣が見せる見事な妊婦腹が印象的。特殊メイクなんでしょうけど、意外と観ない姿だけに新鮮です。

全編、日本とアメリカの風習の違い等いろんな発見があったわけですが(割礼とか)、個人的に一番おどろいたのは「センチュリー21(不動産屋)」がアメリカの会社だった!というところでしょうか。だからケインコスギがCMしてるんですね…
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-07-28 23:00:10)(良:1票)

1.すごく豪華な食材なのに、もう少しなんとかしてほしかったのですが、まま楽しめました。男女とも悪い人出てきませんね。 HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2013-11-11 09:38:01)(良:1票)

別のページへ
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.60点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
300.00% line
4120.00% line
5120.00% line
6240.00% line
7120.00% line
800.00% line
900.00% line
1000.00% line

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2012年 33回
最低助演女優賞ジェニファー・ロペス候補(ノミネート) 

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS