みんなのシネマレビュー

スパルタンX

Wheels on Meals
(快餐車)
1984年【香・スペイン】 上映時間:108分
アクションコメディカンフー
[スパルタンエックス]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-03-14)【イニシャルK】さん
公開開始日(1984-12-15)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督サモ・ハン・キンポー
演出ジャッキー・チェン・スタントマンチーム(武術指導)
ブラッキー・コー(カースタント・コーディネーター)
キャストジャッキー・チェン(男優)トーマス
ユン・ピョウ(男優)デイヴィッド
サモ・ハン・キンポー(男優)私立探偵モビー
ローラ・フォルネル(女優)シルヴィア
ベニー・ユキーデ(男優)ガーディ
リチャード・ン(男優)精神病患者
ジョン・シャム(男優)精神病患者
ウー・マ(男優)精神病患者
ポール・チャン(男優)デビッドの父
ブラッキー・コー(男優)街のチンピラ
キース・ヴィタリ(男優)フレンチ・ギャング
石丸博也トーマス(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray/フジテレビ】)
水島裕モビー(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray/フジテレビ】)
古谷徹デイビッド(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray/フジテレビ】)
園崎未恵シルヴィア(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray】)
牛山茂デヴィッドの父(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray】)
大塚芳忠モンデール伯爵(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray】)
野島昭生伯爵家の執事(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray】)
小山力也アメリカン・ギャング(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray】)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray】)
斎藤志郎(日本語吹き替え版【DVD&Blu-ray】)
土井美加シルヴィア(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
納谷六朗モンデール伯爵(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大木民夫伯爵家の執事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大滝進矢アメリカン・ギャング(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
田原アルノフレンチ・ギャング(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
嶋俊介マット(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本エドワード・タン
音楽クリス・バビダ
木森敏之(日本初公開版)(名義「キース・モリソン」)
作曲ローウェル・ロー(広東語バージョン主題歌作曲)
撮影アーサー・ウォン
製作レナード・ホー
ゴールデン・ハーベスト
製作総指揮レイモンド・チョウ
プロデューサーピーター・チャン
チュア・ラム
配給東宝東和
編集チョン・イウチョン
字幕翻訳進藤光太
寺尾次郎
スタントマース
チン・ガーロウ
ベニー・ライ
あらすじ
スペインのバルセロナでキッチンカーを共同経営するトーマス(ジャッキー・チェン)とデイヴィッド(ユン・ピョウ)。二人は公園広場でアクロバットを披露しながら客を取っいた。そんな彼達がとある事から謎の美女シルビア(ローラ・フォルネル)出会う。ところがシルビアの正体は・・・。

HILO】さん(2003-10-14)
全てのをあらすじ参照する

◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
12345


86.《ネタバレ》 西洋人が中国語を喋ってるのがすごい違和感ですが、そんなことよりもこの映画がファミコンの「スパルタンX」にどう繋がってるのかが不思議でならない。 いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-02-05 23:00:23)


85.《ネタバレ》  これはジャッキー主演映画の中でも、五指に入るくらい好きな作品。

 もう設定の時点で白旗を上げちゃうというか、とにかく好みなんですよね。
 兄弟のように仲の良い男友達と二人暮らしで、朝起きたら武術の稽古。
 それからシャワーで汗を流し、牛乳を飲んで出掛ける。
 この一連のシークエンスを眺めているだけでも、楽しくって仕方ない。
 お隣さん夫婦に、階下の店主と、近所の人々も魅力的で(良いなぁ、こういう暮らしをしてみたいなぁ……)って、憧れちゃうものがあります。

 彼らの愛車「スパルタン号」のギミックにも痺れるし、出張屋台で働く姿も楽しそうで、おまけに謎の美女との三角関係まで付いてくるんだから、もう言う事無し。
 子供の頃、何度となく「ジャッキー・チェンになりたい」と思ったものですが「じゃあ、どの映画のジャッキーになりたいの?」と問われたら「アジアの鷹」か、本作のトマスの名前を挙げていた気がします。

 ジャッキー自身もベストバウトに選んでいるという、ベニー・ユキーデとの戦いも、本当に素晴らしいですね。
 緊迫した空気の中に、適度なユーモアが漂っており、彼だからこそ醸し出せる魅力がある。
 飄々として、惚けていて、でも強くて恰好良いという「理想の男性像」「理想の主人公像」を、そこに感じ取る事が出来ます。

 対する敵の「アメリカン・ギャング」ことベニー・ユキーデの存在感も抜群であり、この戦いがベストバウトであるという以上に、彼が「ジャッキー映画最大の強敵」である事も、はっきりと感じられますね。
 ラッシュの勢いが凄過ぎて、防戦一方のジャッキーが押されまくり、背中に当たったテーブルが、そのまま音を立ててズレ動いてしまう描写。
 蹴りの風圧が凄過ぎて、幾つもの蝋燭の炎が、一瞬で消えてしまう描写。
 どちらも印象的で「こいつは強い!」と確信させるだけの力がある。

 そんな二人の戦いが「窓から落ちそうになった敵の脚を掴み、引き上げて助けてみせる主人公」という形で決着するのも、実にジャッキーらしくて好き。
 彼には「相手を殺す」倒し方よりも「相手を救う」倒し方の方が、ずっと似合うと思います。

 それと、本作はジャッキーがアクション面で一番目立っている訳だけど、共演のユン・ピョウはヒロインの本命となっているし、サモ・ハン・キンポーはコメディリリーフに徹して良い味を出しているしで、この三大スターのバランスが非常に良かった事も、特筆に値するかと。
 思うに、監督兼任のサモ・ハンが「一番情けなくて、散々な目に遭う」という探偵の役を率先して引き受け、兄貴分としての度量の広さを示してみせたのが、成功の秘訣だったんじゃないでしょうか。
 弟分の二人には、それぞれ「アクションの主役」「ロマンスの主役」を割り当てて、綺麗に纏めてみせたという形。
 ラスボスも「一心同体、三銃士」という合体攻撃で倒してみせるし「三大スター夢の共演」を楽しむならば、この映画が一番だと、胸を張ってオススメ出来ます。

 「三菱の宣伝が目立つ」「精神病院の患者で笑いを取る件は、ちょっと浮いているし、テンポが乱れる」などの不満点も、あるにはありますが、まぁ御愛嬌と笑って受け流せる範囲内。
 それと、本作についてはDVD版やBD版も観賞済みですが、個人的には一時間半ほどでテンポ良くまとめ、BGMも素敵なTV放送版が、一番お気に入りですね。
 色んなバージョンを見比べ、音楽や翻訳の違いを楽しむのも良いものですが「どれか一本だけ選んで欲しい」と言われたら、これを選ぶ事になりそうです。
ゆきさん [地上波(吹替)] 9点(2017-12-07 14:12:28)(良:3票)

84.《ネタバレ》 点数が高かったので見てみたけど、ちょっと期待外れ。
ストーリーは陳腐だけど、身体を張ったアクションはまだ見どころがある。

まぁヒロインは東洋人好みの美人さんですね。
「先にどっちと寝ればいいのかしら」というセリフが印象的(笑)

まったくの余談だけどユンピョウは酔拳2のラスボスに出てくる人かと思ったら違うのね。
ジャッキーはその無双イメージが強いので、本作では物足りなかった。 mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-08-19 10:29:17)

83.前観たときはもっと面白いイメージだったが、今回はとても単調に感じた。
あの時代だったから、の映画かもしれない。 simpleさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-08-18 16:38:49)

82.香港とスペインのチグハグ感や吹替字幕映画に違和感大。確かにアクションは見事だけど・・・ ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-06-11 14:44:42)

81.《ネタバレ》 冒頭の無意味なトレーニングシーンから、スケボーアクション、悪ガキ軍団の退治・・・という導入部分は期待満点なのですが、そこからが何となく弱いかなあ。ユン・ピョウはその後意外と活躍しないし、サモハンは最後にフェンシングなんかやっちゃうし(まあ、一度はやってみたかったのかもしれないが)。ただ、カーチェイスのところで、細切れカットでごまかすことなく、遠景ショットで全体を撮り尽くしているところには、「ちゃんとやってるんだぞ~」的な誇りを感じて、さすがだと思いました。 Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-05-03 23:12:13)

80.《ネタバレ》 いや〜素晴らしい。エンターテインメントですねぇ。なぜスペイン人たちが中国語わかるのかという疑問はさておき、
コメディ喜劇としての出来栄えがほんと素晴らしい。逐一ケラケラ笑かしてもらいました。
え〜そして何と言ってもジャッキーとベニー・ユキーデの戦いです!
素晴らしい見応え。お腹いっぱいであります。 あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-05-01 19:27:21)

79.《ネタバレ》 時代劇から現代アクションへ変わってからあまり観なくなってしまいましたが、そういう意味では最後に劇場で観たジャッキー映画でした。当時あのベニーユキーデとの対決はものすごい話題だった。あの場面だけでも観る価値は十分あります。ローソクが消える演出はうますぎる!観客がすごいどよめいた。ちょっと残念なのはユン・ピョウが最初のトレーニングシーンではめちゃ強いのに、最後の対決では弱かったことでしょうか。サモハンは相変わらず安定感がいいです。 金田一耕助さん [映画館(字幕)] 8点(2014-11-03 10:39:46)

78.今観ると陳腐で雑な映画です。1980年代って結構適当な時代だったんですよね・・

最近になって再鑑賞して驚いたのが、ジャッキーとユンピョウがまるで高校生くらいにしか見えないこと!まるでガキじゃないか??そしてシルビアが超絶美人であることにも驚きました。当時は私自身が子供だったのでシルビアの魅力に気が付かなかったのか・・

ストーリーやその他適当具合には目をつぶりましょう。素晴らしいのはアクションシーンです。当時から話題だったベニー・ユキーデとの死闘は今見ても凄いです。ジャッキーには失礼だがベニー・ユキーデが完全に上にしか見えませんね(笑)

陳腐な割には最後まで安定して見られます。ある意味、下手な新作よりお勧めできると思います! アラジン2014さん [映画館(字幕)] 6点(2014-09-23 16:15:50)

77.僕世代にとっては、テレビゲームの方を真っ先に思い浮かべてしまうけど、内容的にはあまり関係無いですね(笑)。あえていうなら、主人公がトーマス、ヒロインがシルビアという設定くらいか。今観るとさすがに古臭い箇所が目立ってしまうのは仕方が無いものの、アクションシーンの迫力は保証済み。ジャッキー・サモハン・ユンピョウと、彼らが絶頂期の頃の作品なだけに、今観ても十分楽しめます。あと、シルビアがめっちゃ綺麗だった・・。 けんおうさん [DVD(字幕)] 6点(2014-04-29 17:40:40)

76.まず余談だが、ファミコンのゲーム版を子供の頃によくやっていた記憶が甦った。
テレビゲームが下手だったので、ファーストステージのボスである“棒術使い”を倒すのがやっとだった。
ちなみ映画には、その棒術使いも、他のブーメラン使いや怪力男も出てこなかったけれど……。

ジャッキー・チェンというアジアを代表するスーパースターの「価値」を個人的に再認識している今日この頃。
彼が身体的に絶頂期だった頃の作品をちゃんと観ておこうと思い、「プロジェクトA」「ポリスストーリー」に並んで評価の高い今作をとりあえずチョイス。
スペインを舞台にした「活劇」と呼ぶに相応しいジャッキー映画だったと思う。

何と言っても、少年時代からの盟友であるユン・ピョウ&サモ・ハン・キンポーとの絡みが、一映画ファンとして非常に楽しく、共演している彼ら自身が他の誰よりも楽しそうなことが、とても微笑ましい。
最初のアメリカ進出が不調に終わり、一度原点に立ち返ろうと、監督にサモ・ハン・キンポー、相棒役にユン・ピョウを配した今作は、ジャッキー・チェン個人にとっても極めて記念碑的な作品になったのだろうと思う。
ここから再度スター俳優としての地固めを強め、不動の国際的スターに上り詰めていくわけだから、持つべきものはやはり「友」だなと思う。

1984年の香港映画らしく、時代を感じさせる“ダサさ”は目に付く。ジャッキーをはじめ主要キャラクターの服装がことごとくダサい……。特にユン・ピョウの服装はダサいを通り越してもはやスゴい…。
しかし、30年の時を経ると、その“ダサさ”すらも映画としての味わいに変わってくるもの。
ストーリー上の理由は分からないが、何らかの理由でスペインに渡り住んでいる中国人たちが、逞しく楽しそうに生きているということが、彼らの服装に表れているようにも見え、結果としてナイスな衣装センスだったのだと思える。

一方で、彼らの体技は物凄い。冒頭の“朝練”シーンから、屈強な体の張りと、動きのキレに惚れ惚れしてしまった。
そして、原題が「快餐車」というだけあって、意外にもカーアクションが充実していたことも印象的。

年代的に今作以前のジャッキー・チェン映画の鑑賞率が非常に低いということに気付いた。もう少し、彼のフィルモグラフィーを遡っていってみようと思う。 鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 6点(2013-05-11 14:52:45)

75.前半はやや退屈。しかし、ジャッキー映画の三人集が集まってからの展開は面白く、ラストまでの流れと相変わらずのアクションシーンの凄さに釘付けになる。この映画を見てもやはりジャッキー映画はアクション映画とは何なんのかアクション映画の面白さとは何かを見せてくれる。

青観さん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-14 13:10:01)

74.《ネタバレ》 このテーマ曲を聞くと心が踊りますね!もちろん映画が面白いから! ろにまささん [ビデオ(字幕)] 8点(2012-02-20 03:09:24)

73.《ネタバレ》 ベニーユキーデVSジャッキーチェン!!ベストバウト!! わんたんさん [ビデオ(字幕)] 10点(2011-12-29 18:38:04)

72.香港からスペインに舞台を移した、ジャッキーにとっては新境地のアクション映画。
これまでのコミカルな動きに加え、スピード感溢れる正統派のファイトを存分に見せてくれる。
特にマーシャルアーツのチャンピオンでもあるベニー・ユキーデとの対決は見応えたっぷり。
ストーリーは全体的にコメディータッチだが、共演者のユン・ピョウや
サモ・ハン・キンポーもそれぞれ個性があり、ジャッキーのシーン以外でも飽きさせない。
アクがなくて爽やかだし、娯楽映画としても万人向けの作品だと思う。 MAHITOさん [地上波(吹替)] 6点(2011-08-13 18:12:10)

71.めっちゃ好き。元気でる。 たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2011-07-06 21:39:14)(良:2票)

70.郷に入っても郷に従う必要はない、ということか。さすが中華思想です。それにしても、なぜ舞台がスペインなのか、当のスペインの人はこの映画にどんな感想を持つのか、興味は尽きません。その違和感がおもしろいのですが…。 眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-04-23 17:59:47)

69.《ネタバレ》 自分が生まれる前の映画だし、香港映画に苦手意識があったので期待しないで鑑賞。いや~非常に活き活きとしていて楽しめましたね。ジャッキー・チェン&ユン・ピョウ&
サモ・ハン・キンポーのトリオが揃っている上に、ヒロインのローラ・フォルネルが超美人ときましたか!!その上、若さもあってかアクションのキレも良く、ベニー・ユキーデとの死闘がメイバウト。全体的に完成度が非常に高いです。ちなみに親玉はほんと脇役なので、無視してもOKです。ベニーの相方を演じたキース・ヴィタリとユン・ピョウ戦も楽しめます。とにかく、終盤の戦いとローラ・フォルネル美人な姿を見るだけでも損はしませんよ。 マーク・ハントさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2011-04-10 01:32:52)

68.有名な最後の戦いは何度見てもスゴイ!!敵の軍団が休憩中に野球してるのが不思議で笑えました。 さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-04-08 15:45:10)

67.《ネタバレ》 ○ジャッキー、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポーのゴールデンコンビ。面白かった。○前半が少し退屈した。 TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-12-23 09:51:16)

別のページへ
12345


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 86人
平均点数 7.12点
000.00% line
100.00% line
211.16% line
311.16% line
422.33% line
578.14% line
61922.09% line
71922.09% line
82124.42% line
91112.79% line
1055.81% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.80点 Review5人
2 ストーリー評価 6.85点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.14点 Review7人
4 音楽評価 7.40点 Review5人
5 感泣評価 3.00点 Review4人

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS