みんなのシネマレビュー

メッセンジャー(1999)

1999年【日】 上映時間:118分
ドラマコメディ
[メッセンジャー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-11-03)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督馬場康夫
キャスト飯島直子(女優)清水尚実
草彅剛(男優)鈴木宏法
矢部浩之(男優)横田重一
京野ことみ(女優)阿部由美子
加山雄三(男優)島野真
別所哲也(男優)岡野博
小木茂光(男優)太田豊久
伊藤裕子(女優)前川万美子
田中要次(男優)黒バイクの男
マット・レーガン(男優)ティム・グレイ
江原達怡(男優)バーテンダー
岡元次郎(男優)
原作ホイチョイ・プロダクションズ
脚本戸田山雅司
音楽本間勇輔
作詞久保田利伸「NO Lights Candle Light」/「Messengers Rhyme」
作曲久保田利伸「NO Lights Candle Light」/「Messengers Rhyme」
主題歌久保田利伸「NO Lights Candle Light」/「Messengers Rhyme」
撮影長谷川元吉
製作小学館
ポニーキャニオン
フジテレビ
プロデューサー河井真也
石原隆〔製作〕
配給東宝
美術小川富美夫
編集田口拓也
上野聡一(編集助手)
録音柴崎憲治(音響効果)
その他IMAGICA(現像所)
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
123


44.「私をスキーに連れてって」以来の、観客のマーケティングリサーチ?に徹底的にこだわったとか、なんのかんの色々言われていた、一連のホイチョイプロ製作作品群の中ではこれが一番面白かったですね。キャラクターとか内容自体最も地に足が着いた設定で、スキーやマリンスポーツなんかのネタよりも新鮮味があったし。ガキの頃から自分がケッタ(←中部地方だとチャリの事をこう呼ぶ)好きって事も影響してるかも。今見返しても、きっと新たな発見があるんじゃないかなと思います。一連の作品群の中でここでの評価がアタマひとつ抜けている点も納得です。 放浪紳士チャーリーさん [DVD(邦画)] 8点(2018-09-19 23:41:28)

43.《ネタバレ》  これは好きな映画です。

 バブル期の若者を主役に、オシャレな青春映画を撮り続けてきた馬場監督が「バブル崩壊後、肉体労働で生計を立てる主人公」を描いてみせたという、その舞台背景も面白いし、そんな予備知識無しで、シンプルに作品を観賞するだけでも面白い。
 初見の際には、主人公の尚実に感情移入出来ず「何だ、この女は」と呆れる思いもあったんですが、今となっては彼女の存在ひっくるめて好きな映画になったんだから、本当に不思議ですね。

 理由としては、もう一人の主人公である鈴木が尚実に反発しつつも、少しずつ認め、惹かれていく過程が、観客である自分の心境と、上手くシンクロしてくれたのが大きいかと。
 とにかく最初の印象は最悪で、車で人を轢いておきながら相手よりも先に車の傷を心配する場面なんてもう、正直ドン引き。

 それでも「携帯電話を届ける依頼」をやり遂げてみせた辺りから、徐々に見方が変わってくるんです。
 ここの演出が上手くて、それまで日焼けを気にして着込んでいた上着を「邪魔」と言って脱ぎ捨てるシーンを挟むなど、視覚的にも分かり易く「彼女は生まれ変わった」事を示しているんですよね。
 また「ありがとうの一つも言われないような最低の仕事」という台詞が伏線になっており「ありがとう」と言われる事で、初めて彼女がメッセンジャーとしての喜びに目覚める形でもある。
 これまた凄く分かり易くて、その分かり易さが心地良い。

 「ビール」と「シャンペン」を巡る一連のやり取りも面白かったですね。
 汗水垂らして働いた後はビールに限るという鈴木と、高級なシャンペンが一番という尚実。
 中盤にて、尚実の方が労働後のビールの美味しさを認め、それによって彼女が正式にメッセンジャーの仲間入りを果たす訳ですが、この映画はそれだけで済まさないんです。
 鈴木もこっそりシャンペンを注文してみせたり、ラストにて皆でシャンペンで乾杯したりするという、素敵なオマケを付け足しているんですよね。
 それによって、単なる肉体労働賛歌だけに終始せず、高級品の魅力もキチンと認めているのだという、作り手のバランスの良さが伝わってきました。

 バランスと言えば、尚実が一方的に「汗水垂らして働く喜びに目覚める」という受け身な立場に終始せず、元キャリアウーマンの経験を活かし、メッセンジャー業の改革に貢献していく流れも気持ち良いんですよね。
 その他にも、憎まれ役と思われた尚実の元恋人や、取引先の太田さんなども「実は良い奴」オチが付くものだから、非常に後味爽やか。
 そんな中、最後まで悪役の座を貫いたバイク便の「セルート」は実在の会社との事で、イメージダウンを覚悟で悪役を演じ切ってみせた、その懐の深さにも拍手を送りたいところです。 

 ラストの競争にて、チーム内で封筒の受け渡しを行う際の演出も、逐一恰好良い。
 「何も言ってないだろ」「自転車よりバイクの方が速い」「楽勝」という台詞の使い方も上手いし、鉛筆や無線機などの小道具の使い方も上手い。
 演者さんの棒読み率が高い事、エンディングでのアマチュア感漂うラップなども、普通なら減点対象となったかも知れないけど、本作に関しては「愛嬌」に思えてくるんですよね。
 最初はメッセンジャー業を恥じらい、元同僚に対し「別の仕事をしている」と見得を張っていた尚実が、誇らしげに働く姿を見せるようになる様も良いし、鈴木が尚実を後ろに乗せて、自転車に二人乗りして帰るシーンなんかも、凄く好き。

 全体的に「分かり易い面白さ」に溢れている中で、唯一つだけ「尚実は鈴木に何を言ったのか」という謎掛けが残されているのも良かったですね。
 自分としては、凄ぉ~くベタだけど「アンタが好きだから」が正解だったんじゃないかな……と思いたいところです。 ゆきさん [DVD(邦画)] 9点(2017-09-27 08:18:55)(良:1票)

42.自転車のスピードにびっくり、無茶しよるなあと思う所が多々あったけど、おもしろさは抜群で痛快。昔の若大将も歳には勝てず支持する側に回るが、気持ちは若い者に負けてはいない。草彅君の「何も言ってないだろう」に思わず笑ってしまった。 ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 8点(2014-10-31 22:29:20)

41.《ネタバレ》  かつて23区以内なら、大抵のところは自転車で行っていた自転車乗りの自分としては、大変痛快で面白い映画であった。
 公開当時、銀座に自転車で映画を見に行く人はあまりいなかったと思うが、これの公開後に俄かに自転車が増えた。メッセンジャー効果なのかなぁと思っていた。
 そんなことを思い出しながら、見た。

 バイク便側は、ハッキリと「悪役」の性格付けがされており、自転車便が勝利するストーリーが単純だがキモチイイ。
 金とブランドに物言わせてた女が、バブル崩壊後に金と機械に物言わせてる連中に決別して、カラダ一つで勝利するという、実に望ましいストーリーだ。
 実際にこういう仕事は、肉体的経済的にかなりキツイものだと思うが、明るくさわやかなテイストで描かれており、ちょっとやってみたいかも、なんて思わせる魅力が表現されていた。

 そして、飯島直子の決意を表現している、スカートビリッがたまりません。

 ちなみに、あの近道で実際に頭ぶつけると、しばらく起き上がれないほど痛い、という事を知っている人は結構いるんじゃないだろうか? Tolbieさん [DVD(邦画)] 8点(2014-03-26 01:17:17)

40.《ネタバレ》  おばかなキャラクターにも、本当に人をイライラさせるタイプと、なんか憎めないタイプの2種類がいます。飯島直子演じる尚美はまさに憎めないタイプ。次々と悪いことが起こるにも関わらず、あまりめげることもなく、あっけらかんとしています。憎まれ口をたたく一方で、なんか人として大事なものも持っているし、結構ファインプレーも繰り出しちゃいます。こういうキャラ設定、ありがちなんですけど大好きです。
 さらには周りを固める脇役たちの個性が光ること光ること。特に由美子(京野ことみ)はかなり良いんじゃないでしょうか。愛らしさだけではなく、頼りがいなんかもあったりしちゃうのです。もちろんバイク便をクビにされちゃった若者や、元警察の島野さんなんかもただの脇役では終わっていません。むだな配役が一切なく、絶妙なポジショニングで、とにかく見ていて楽しかったです。
 大口の契約が取れると同時に、あれよあれよという間に仲間が増え、映画全体が活気付くそのストーリー展開もスピード感があって本当に良かった。更には無線で連絡しあって、配達物をリレーする一連のシーンは、最高に気分が盛り上がります。
 題材を最大限に活かした演出に、もうおなかいっぱいになるほど楽しませてもらいました。万人に愛される映画だと思います!
 ただ、ラストの追いかけっこだけは、法律犯しすぎでちょっとやりすぎだったかもしれないですね。 たきたてさん [DVD(邦画)] 8点(2014-02-04 07:24:39)(良:1票)

39.なんのひねりもないベタな内容でしたが、5人が集まるあたりからテンポ感も増して一気に面白くなりました。こういう娯楽映画は、見終わって「あー面白かった!」のひと言で充分でしょう。あれこれと批評するようなものでもないかと・・・(笑) ramoさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-10-05 12:35:22)(良:1票)

38.《ネタバレ》 軽い作りのフジテレビ製作っぽいといえばっぽいのだが、
盛り上げ方が上手く、薄っぺらい作品を多く残すフジテレビ製作の中では隠れた良作。
欲を言えば、もう少しバイク便側に個性が欲しかった。
エンディングのチャラい感じには、どん引いてしまった(飯島直子の下手すぎる合いの手の入れ具合とか)が、それさえなければね。
変なところでフジの「軽さ」が仇となっている気がする。
映画としてはスピード感もあるし、ストーリーも演者も良かったのにね。 バニーボーイさん [地上波(邦画)] 7点(2012-02-26 08:31:57)

37.勢いがあって、面白くていい。

この時の草なぎ剛の年齢と主人公の年が合っていて、とてもハマっていると思った。

軽快な音楽も好印象。

Sugarbetterさん [DVD(邦画)] 7点(2011-01-21 20:40:01)

36.10年前の映画に今さらの感想だけど、飯島直子のなんとエロいこと…。余談ですが、悪役バイク便のセルートは実在の会社で、私がサラリーマンを始めた年にバイク便の営業を始めた業界の老舗で、社長のTさんとも何度か話したことがあります。主な送付先へのルートを予めライダーに覚えさせていて、営業とはこういうことか、と感心した記憶があります。もうひとつ。現在の仕事で自分は主に自転車便を使わせてもらっていますが、そのブランド名が「メッセンジャー便」です。この映画から貰ったのかな…。 アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-09-22 06:04:18)(良:1票)

35.こう来るだろうなーという予想通りの展開。でもそうなる事も願っていたのも確か。素直に面白かった。 Yoshiさん [DVD(邦画)] 7点(2008-03-24 01:05:46)(良:1票)

34.何度見ても爽快な、「ガール・ミーツ・ボーイ」の佳作。

常に「お洒落な若者たちの姿」を描くことに腐心するホイチョイ映画がポストバブル時代に舞台としたのは、一見お洒落さとは無縁な自転車便の世界。
華やかなアパレル業界を追放された勘違い女が、ふとしたきっかけでやる羽目になった自転車便で地に足をつけた労働の尊さを学び、
「いかしたお姉さん」に変貌していく姿を描いた物語です。
いわば現代版「アリとキリギリス」とでも申しましょうか。「汗水たらして地道に働くことが格好いいんだ!」という単純だけど普遍的なメッセージは、
この作品に10年近くたっても古びない強靭さを与えていると思います。

ホイチョイらしいお洒落なセンスで、本当は大変なのであろう自転車便の仕事を、楽しそうに見せてるところも秀逸。
実際やったらかなり危ない運転や「ンなあほな!」的シーンも多いんだけど、あくまで現代のおとぎ話なんだから、固いことは言いっこなし!^^ 大鉄人28号さん [DVD(字幕)] 9点(2007-12-07 23:22:25)(良:1票)

33.《ネタバレ》 予想以上に面白かったです!軽く観られる作品でみんなそれなりに個性的だったと思います(^^)矢部ちゃんはちょっとキツかったけど・・・(笑)最後のラップも一見の価値有りかな!! 見てるこっちが気恥ずかしいけど(*ノ▽ノ*) うさぎ大福さん [DVD(邦画)] 8点(2007-09-05 15:13:31)

32.スピード違反に信号無視に飲酒運転。
多少なりとも自転車に対する愛情があるのなら道交法は守って欲しかった。
それでも、物語としては非常に面白くて、特に後半の盛り上がりは最高。
自転車の爽快感がよく表現されていたと思う。 もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2007-08-24 16:53:23)(良:1票)

31.今見ると開発中の品川駅の記録にもなってますね~~。なかなか軽快で面白かったであります。ホイチョイ系の作品は、あっと言う間に懐かしい作品になってしまうのが良くも悪くも。オシャレと言われる街の風景が頻繁に出て来ますので、30年後40年後に見るとまた面白いかもしれません。 5001stellaさん [映画館(邦画)] 8点(2007-01-01 02:07:30)

30.ロードに乗り始めて約1ヶ月。メッセンジャーやりたくなった。されど田舎には無し(泣)最後のエンピツには、太田さんのあまりのカッコよさに涙が…。 透き通るBlueさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-11-01 15:22:16)

29.内容は大したことないけど、気分爽快! あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2006-07-08 17:55:48)

28.オフィス街を行き交う文書配達業(メッセンジャー)を扱った作品。主人公たちは自転車を使い、ライバル会社はオートバイを使います。メジャーでない職業にスポットを当てた着眼点もよく、都会の交通渋滞の中を自転車ならではの機転とチームワークで、配達を繰り広げる様子も面白いです。加山雄三のミスマッチ具合もよかった。ちょっと気になったのは、自転車を漕いでいるメッセンジャーがみんな華奢なこと。草なぎも矢部も細い。もうちょっと筋肉質でもよかったかも。 目隠シストさん [ビデオ(邦画)] 6点(2006-05-25 17:56:25)

27.これを観た当時は、映画館が入れ替え制でなかった頃で、あまりに後味が軽快だったので勢いで2回続けて観てしまった。特に凝ったことも無く、主人公の成長と勧善懲悪の物語という分かり易い話でテンポも良く素直に楽しめる娯楽映画でした。 MIDさん [映画館(字幕)] 8点(2006-01-04 19:00:54)

26.邦画としては、なかなか面白かった^^  でもねぇ、役者がヘタっぴぃだねぃ(^^;  そんで、もっとセンスよくスカッと見せられるよね。 惜しいなぁ。。。 とっすぃさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-24 00:13:03)

25.ホイチョイ・センスはバブル崩壊とは無関係だし最高。凄く格好良い。爽快だしとにかく面白いし何よりお洒落。草なぎ剛が凄く格好いい。自転車(当然MTB)に乗りたくなるような映画。邦画アレルギーな人も騙されたと思って見てほしい。 HILOさん [地上波(字幕)] 9点(2005-11-09 20:09:01)

別のページへ
123


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 7.27点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
300.00% line
412.27% line
512.27% line
61125.00% line
71022.73% line
81534.09% line
9511.36% line
1012.27% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review3人
2 ストーリー評価 8.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.75点 Review4人
4 音楽評価 8.33点 Review3人
5 感泣評価 6.50点 Review2人

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS