みんなのシネマレビュー

壁の中に誰かがいる

THE PEOPLE UNDER THE STAIRS
1991年【米】 上映時間:102分
ホラーサスペンスコメディ
[カベノナカニダレカイル]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-12-14)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウェス・クレイヴン
助監督ニコラス・マスタンドレア
キャストエヴェレット・マッギル(男優)
ヴィング・レイムス(男優)
ジェレミー・ロバーツ(男優)
ビル・コッブス(男優)
堀絢子(日本語吹き替え版)
青野武(日本語吹き替え版)
矢島晶子(日本語吹き替え版)
辻親八(日本語吹き替え版)
中庸助(日本語吹き替え版)
脚本ウェス・クレイヴン
音楽グレーム・レヴェル(追加音楽)
製作スチュアート・M・ベッサー
マリアンヌ・マッダレーナ
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮ウェス・クレイヴン
シェップ・ゴードン
配給UIP
特殊メイクK.N.B. EFX Group Inc.
ハワード・バーガー
ロバート・カーツマン
グレゴリー・ニコテロ
字幕翻訳岡枝慎二
その他スチュアート・M・ベッサー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
12


31.《ネタバレ》  先に「みんなのシネマレビュー」で平均点とジャンルだけチェックしていました。
 ホラー+コメディという先入観で観賞。
 はじまりはじまり~。
 ・・・・んーーーー!?超怖えぇ・・・。怖い。怖い。!!ひゃぁああ、見つかるー!
 なんで「コメディ」がジャンルにあったんだー?
 と、謎だったのですが、なるほど。
 いつの間にか「ホームアローン」状態に。
 この映画のジャンルは
 「ホラーのち、コメディ」
 ですね。
 本当に、気づいたらいつの間にか映画のテイストが変わっていました。
 後半は爽快ですらあります。
 それはそうと、この映画、なかなかの好き放題っぷりです。
 ですが、なかなかの掘り出し物でもあります。
 個人的には大好きです。 たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2012-06-13 00:17:54)

30.一番困る映画って、あちらが笑いを狙ってるのかそうでないのかハッキリしないホラーで、もしかするとマジかもしれない、って気分があるので心から笑えない。途中から劇場内では、もう皆さん笑いましたけど、でも気分は中途半端でスッキリしない。あのオッサンなんであん格好しなきゃいけないんだろう。また吠え声は獰猛な犬が、姿は獰猛と程遠かったり。見始めのときは「家というものが本来持っている怖さ」というあたりを軸に観賞していこうか、などと思っていたんだけど、次第に気が抜けてきた。街の住人たちがぞろぞろと「正義」って感じで現われてくるところが最高かな。 なんのかんのさん [映画館(字幕)] 4点(2012-06-12 10:30:10)

29.《ネタバレ》 もっと真面目なホラーかと思ったら全然そんなことなくてホラーコメディといった感じ。監督にその意図はあったのかしらないけど(笑)とにかく兄弟がいかれててバカでどういう感情持ったらいいかわかりませんでした。 とまさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2011-09-18 00:36:16)

28.とんでも屋敷の至る所に隠されたギミックが最高です。家主も屋敷の隠し扉の全貌は把握してないのかな。悪態をつくなら、隠し扉の入口を全部塞いでしまえばいいのに…って言うと話が始まらないけど。何はともあれ全身レザーのオッチャンや、ヒステリックなオバチャンのキャラはとてもイケてる。壁の中の誰かよりイケてる。 真尋さん [DVD(吹替)] 8点(2011-06-07 02:46:43)

27.ああ、確かに誰かがいるんだけどさ。そりゃないでしょ。。 TAKIさん [DVD(字幕)] 4点(2010-02-20 17:12:54)

26.《ネタバレ》 すげええええ!全米ナンバーワン要素がてんこもり!
サスペンス!サイコキラー!タロットのお告げ!友情!
金貨!強盗!美少女子役!家族愛!マ~ダ~!
ド派手なアクション!大爆発!ゾンビ!犬!
・・・・なのにどこでどうなっちゃったんだろw マミゴスチンさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-11-12 22:33:55)

25.《ネタバレ》 何年か前に見て記憶に残っていて
もう一度見直すと改めてイカレた映画だなと思いました。
怖いというより笑える映画です。
しかしこんなイカレた殺人兄妹が今まで警察の目をくぐりぬけてこれだけの犯行を犯していたものだと感心します、近所の子供をかたっぱしからさらって地下室に閉じ込めてゾンビにしたり、不法侵入者は銃殺されて犬のエサにされてしまったり。
なんでもありだな。 ネスさん [DVD(字幕)] 7点(2005-12-11 01:18:35)

24.ホラーとしては中途半端。ジャケットを観た感じではもっとシリアスなホラーものを予想したのですが、ただのドタバタ劇でした。しかもゾンビっぽいものがケース裏のスクリーンショットに映っていたのでゾンビが登場するのかと期待したのに、数年間地価牢に幽閉された人々だったとは?いくらなんでもあんなになるかよ! (^o^)y-~~~さん [DVD(字幕)] 3点(2005-09-04 00:25:59)

23.扱ってるテーマは非常に深刻なもので、ビデオジャケットの方も髑髏が映ってたりと結構シリアス系なホラーかと思いきや…なんなんでしょうね、これは?って感じの映画。児童虐待のシーンや殺人シーンのグロテスクさはまさに“ホラー”な感じでなんですけど、実際見てみると実はホラー・コメディでした~といった感じ。これの元ネタというのが「ツイン・ピークス」らしいので、ツイン~を見てない自分としては「こんなで本当に判るんかいな?」といった感じだったんですが、元ネタというよりはキャラクターをそのまま持ってきたという感じなんで、ツイン~を見てなくても十分楽しめました。まあ、コメディともシリアスともとりがたい中途半端な出来、という感じもするんですが、個人的にはこの中途半端さとぶっ飛びすぎた登場人物で充分楽しませてもらいました。でも、本当に、なんなんでしょうね、これ?(笑) クリムゾン・キングさん 7点(2005-02-03 17:37:35)

22.《ネタバレ》 タイトルだけを聞くと、「アパートの怪しげなの隣人」やら、「壁に塗り込まれた死体」といったギミックを連想しそうになるけど、実際は、序盤のタロット占いで語られているように、少年少女の成長がテーマの根底にある作品。

それはそれでいいとしても、ホラーの中に時折見られるコメディ要素と、その「さじ加減」が、この作品を中途半端なものにしている。

命がけの脱出劇や、異常兄妹による監禁や殺人がリアルな割りに、何故か「トムとジェリー」ばりの「どたばたコメディ」のような軽いノリが入るので、せっかくの緊張感に水を注している。

また、壁の中や地下室でロクに食べ物も与えられないのに、何人も監禁されている人達が暮らしているとか、あれだけ人数がいるのに脱出できないのかとか、なんでゾンビみたいになってんだとか、突っ込み所が多いのも気になる。

要するに笑わせたいのか、怖がらせたいのか、はっきりしてくれってコト(笑)。全体的に真剣さとおふざけのバランスが取れていない中途半端な作品の典型。いつも思う事だけど、どんなジャンルにしても「やるならとことんやる」という姿勢が大事だね。 FSSさん [ビデオ(字幕)] 3点(2004-08-06 11:39:10)

21.《ネタバレ》 そんなに簡単に人を殺していいのかよ!っていうくらい平気で殺してましたね。あの家の兄妹の異常ぶりは怖かったけどアホっぽい面もあるので笑えた。少年が彼ら(殺人鬼達)から上手く逃げつつも少しずつダメージを与えていくところが面白い。屋敷に入って弾痕やら乱闘の跡やら何も痕跡を見つけられないアホ警官達や、後半ドアから出てきたピストル持った殺人鬼を取り押さえずにまた屋敷の中に野放しにした冷たい近所の人達にはそりゃねーだろって思ったが、面白かったから許します。 くうふくさん 6点(2004-07-05 00:12:49)

20.タイトルと冒頭の貧乏っぷりを見て想像したあらすじは「家賃が払えずに立ち退かされた一家が行き場を失い、マンションに改築された元の我が家の壁の中に住みつく」という至極まともなもの。が、その実態は…。オッサンオバハンのキチガイっぷりは見物ではありますが、正直それ以外見るものなし。私的には女の子が結構可愛かったのが救い、なのですが気になったのは最後の方「あの男と寝たんだぞ」という台詞。アリスちゃんは処女ではないのでせうか? Robbieさん 4点(2004-07-04 21:45:11)

19.テレビ見てたらちょうどオープニングでついつい最後までしかも飽きずに見てしまった。バカホラーだけどちょっとびびった。ちょっと呪怨のさだお?まさお?くんを思い出した。限られた空間の短かめの映画って好き。なんかけっこうおもしろかったなー。 bokugatobuさん 7点(2004-06-29 04:54:41)

18.この映画に怖さを求めると多分おもろない。ホームアローンに怖さ求めるのと同じやから。ホームアローンの逆バージョン。大人が家を守って子供が進入する映画。この映画はなにがおもろかったかゆーたら、とにかく、家を守る、おっさんとおばはんのキャラ。これにつきる。ホームアローンみたいに間抜けな大人じゃない。異常で巧妙かつ大胆。でも狂ってる。特におっさんのハンター衣装?おもろすぎ。異常やから何をしでかすかわからない。行動支離滅裂。でもそこがおもろい。意外な掘り出し物やった。 なにわ君さん 10点(2004-04-28 16:46:49)

17.アリ。 こーゆーのはアリでございます。題名からして素晴らしいじゃーないですかあ。 こんなやつこそ、今後ほのぼのと愛されてって欲しいな~ ←誰が誰に?
3737さん 8点(2004-04-13 00:28:16)

16.見てる間は知らなかったけど、監督ウェス・クレイヴンだったとは驚き。
だって内容がとてつもなくバカ。普段ホラー見ない人にもおすすめできます。



新井さん 6点(2004-03-06 14:38:22)

15.凄く古い映画かと思ったら、まだ10年位なのですね…。ホラー嫌いなのですが怖くなかったです。と言うかもう爆笑してしまいました。製作意図とは違ってると思いますがとにかくつっこみまくりました。笑わせてくれてしかもなんか人にも勧めたくなる変な映画です。ファニーです。 あかりん☆さん 7点(2004-01-21 11:02:51)

14.若かりし頃、友人と一緒に家で観た。本当に壁の中に誰かがいた。観終わって一言、二言。「あいつ、いい奴だったなあ…」「うん、いい奴だったね…」誰のことなのかは観れば分かります。キの字夫婦の切れっぷりもさることながら、そもそも作品自体にかなりの異色っぷりを感じました。正統派ホラーではないし、何ともシュールな映画でした。 ひのとさん 5点(2004-01-02 15:38:26)


13.《ネタバレ》 確かに壁の中にいるけどね…

この映画は邦題がよろしくない。
「壁の中に誰かがいる」だと、「やだ!?なんか壁の中に誰かいるみたい!怖い!!」という映画だと想像するわけですが、そういう映画では全くありません。
原題は「THE PEOPLE UNDER THE STAIRS」で、当たり前ですが原題の方がはるかに映画の内容を表しています。
「誰か」と「PEOPLE」ではだいぶ印象が違うわけで、この邦題をつけた人はかなりの罪作りだと言えます。
「壁の中」と「階段の下」の差もかなり大きいわけですが(普通壁の中に人はいないけど、階段の下には人がいてもおかしくないですからね)実はこの映画の場合、それはどっちでもいいことだったりします。
とはいえ、言葉から受ける印象はだいぶ違うわけで、やはり意図的に嘘じゃない範囲でできるだけ怖そうな邦題にした配給側の意向が見え見え。

だがまぁしかし、言葉から受ける印象は全然違うとはいえ、仮に「THE PEOPLE UNDER THE STAIRS」というタイトルだったとしてもそこからこの映画の内容は絶対に想像できないので大差ないと言えば大差ないのですが。

それくらい内容がおかしいぶっとんだ映画ですから。点数も非常に悩みますが…7点はあげすぎな気がするので6点ですかね…
あばれて万歳さん [DVD(字幕)] 6点(2003-12-28 00:18:49)

12.奇抜なアイデアの異色サイコホラー。
黒人の強盗グループが館に進入する。すると地下室の向こう側にはゾンビのように退化した人間たちがゾロゾロ住んでいた。館の主人であるイカれた夫妻は強盗たちの気配に気付いて次々に彼らを殺していくが、少年のみが辛うじて生き残る。少年は館の中で知り合った少女と一緒に何とか脱出を試みようとするが・・・。といった内容です。
何とも言い難い設定はホラーだから許すとしても、「怖さ」というものが全然なくて気持ち悪くなるだけです。サイコな夫婦のドジなやり取りなど、コメディーっぽいとこも有るんだけど笑えないんです。
怖さと笑いの「両面共倒れ」といった感想です。
おはようジングルさん 3点(2003-12-25 19:28:13)

別のページへ
12


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 6.00点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
3412.90% line
4412.90% line
526.45% line
6825.81% line
7722.58% line
8412.90% line
913.23% line
1013.23% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人

Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS