みんなのシネマレビュー

レオン(1994)

Leon: The Professional
(Léon)
1994年【仏・米】 上映時間:111分
アクションドラマラブストーリー犯罪もの
[レオン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-02-07)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督リュック・ベッソン
キャストジャン・レノ(男優)レオン
ナタリー・ポートマン(女優)マチルダ
ゲイリー・オールドマン(男優)スタンスフィールド
ダニー・アイエロ(男優)トニー
大塚明夫レオン(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
久川綾マチルダ(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
田中正彦スタンスフィールド(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
坂口芳貞トニー(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
石井康嗣(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
檜山修之(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
江川央生(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
山野井仁(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
高島雅羅(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
菅生隆之レオン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
篠原恵美マチルダ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
安原義人スタンスフィールド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山路和弘(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
家中宏(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
天田益男(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中庸助(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
亀井三郎(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大川透(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中田譲治(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中博史(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本リュック・ベッソン
音楽エリック・セラ
主題歌スティング"Shape Of My Heart"
挿入曲ビョーク"Venus as a boy"
撮影ティエリー・アルボガスト
製作リュック・ベッソン(共同製作/ノンクレジット)
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞 エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1234567891011121314151617181920
2122


434.《ネタバレ》 少女の魅力ってジャンルがあるとすればこれですね、なんかロリコンぽい人みたいであれですけどwなんというかその時期にしか出せない魅力が光りますね。どちらかというとジャンレノってことで見た作品なわけですけど、ナタリーにやられますね。最近(もはや最近でもないけど)キックアスのクロエ、古くはタクシードライバーのジョディとかですね。 ないとれいんさん [DVD(邦画)] 8点(2018-01-15 16:06:54)

433.リュック・ベンソンの現時点の最高傑作。
ジャン・レノも本作が一番いい。
吹替え版は大塚明夫はカッコ良すぎてあっていない。 ガブ:ポッシブルさん [映画館(字幕)] 8点(2017-11-10 23:41:36)

432.《ネタバレ》 何度も観てる大好きな映画。スティングのShape of my heartを聞くと、胸がしめつけられて泣けてくる。子どもの目をした殺し屋レオン。その昔、レンタルビデオ屋でバイトしてたことがある。この映画「レオン」を返却しに来た女の子の目が赤かった。彼女は何に涙を流したのだろう。レオンの生い立ちにか。現実の哀しさにか。女として共感するマチルダの想いか。時々一人で酒を飲む時にふと考える。 トントさん [ビデオ(字幕)] 8点(2017-09-16 09:36:10)

431.《ネタバレ》 なんどみても、色あせない。
ジャンレノはもちろんのこと、ナタリーポートマンがとてもいい。 へまちさん [DVD(邦画)] 10点(2017-08-18 01:19:26)

430.この作品が始祖なのかもしれないけど
殺し屋と少女という組み合わせ、もうアニメや漫画で消費されすぎたせいか
目新しさを全然感じられなかった。

マチルダはかわいいかもしれないのだけど、かわいさなら個人的には美少女アニメに勝てないのだから
外見だけじゃなくて人間的な魅力も欲しい。
幼いながらに身を守るために男に取り入ろうとする魔性さは表現されていたと思うけど魅力は感じられなかった。
結局、マチルダをかわいい、守りたいと思えるかどうかが分かれ目かも。 Donatelloさん [インターネット(字幕)] 5点(2017-07-27 01:57:47)


429.《ネタバレ》 面白いもので、有名な監督なりアーティストの代表作、最高傑作というのは本人がそれと意図しない作品だったりする事が多い。
この「レオン」も監督が本来撮りたかったのは「フィフスエレメント」であってその製作費を稼ぐために作ったという話も聞くけれど、本命であるはずの「フィフスエレメント」がしょーもない駄作に終わってる一方、この「レオン」は本来B級娯楽映画監督にすぎないリュックベッソンが偶然撮ってしまった第一級の名画になっている。まさに奇跡。
彼の撮る映画は、脚本構成に矛盾だらけで突っ込み放題のB級娯楽映画のオンパレードなのだが、この映画だけは、なぜかまぎれもない名画特有のオーラが映画全体からあふれ出していて、ホントにこの映画だけどうしちゃったの?と思わず聞いてみたくなるくらいだ。(ちなみに僕はグランブルーが大嫌いだからアレはなかったことになっている)

たとえば、最後にレオンが脱出できそうな雰囲気を醸し出しつつ後ろから撃たれて自爆するまでの流れ、スタンスフィールドが「やられた」と諦観してつぶやくまでの一連のシーケンスは完璧で、ここは何度見ても、上手いな~と思ってしまう。
このシーンなどは完璧に名画のそれで凡百のB級映画にはこの絶妙の空気感は断じて出せないと思う。

この映画について、冷酷な暗殺者であるレオンがたかが女の子相手に身を持ち崩すのはおかしいという感想を聞く事もあるけれど、そもそも「女子供は殺さない」を連呼してる時点で、実はレオンがそれなりに心が優しい人物である事は明白。
しかもこの映画に出てくるマチルダは、大人でもない子供でもない、あるいは子供でありながら大人の女でもある、絶妙な年齢だからこそ可能な独特の妖しい魅力に満ち溢れていて、ぶっちゃけ、目の前にこんな子がいたら恋に落ちないのはよほどの熟女趣味かゲイか性的不能者だけ。
しかも、根は心優しい少年のままのレオンなんだから、女性に対する抵抗力なんかあるわけもなく、当然のようにマチルダに手の平の上でコロコロと転がされてしまうわけである。
これはもうどうしようもない。しかもマチルダは子供故に無自覚な悪女っぷり。これはいかん、いかんですよ、奥さん。こんなのもう無敵じゃないですか。

さて、世の中のおじさんには、実はこのレオンのような「根は少年」みたいな人が結構いる。
マチルダならずとも危ない女の子にもてあそばれたらほとんどのおじさんはイチコロだ。
女子学生のみなさんにおかれましては、このマチルダのようにおじさんを操ってひどい目に合わせないようにしていただきたい、と切にお願いする次第なのだが、しかし一方で、破滅するくらいこんな女の子に弄ばれてみたいという気持ちも確実にあるわけで、げに女は魔物である。
あばれて万歳さん [DVD(字幕)] 9点(2016-06-30 23:47:05)(笑:1票)

428.《ネタバレ》 レオンの殺し屋、保護者?恋人?の部分、マチルダの無邪気であり、大人っぽく見せたい部分、
スタンの異常なんだけど狡猾な部分がみられ、3人とも素晴らしい演技でした。
ストーリーもアクションとヒューマンドラマのバランスが非常に良かった。 とむさん [DVD(字幕)] 9点(2016-06-27 01:17:38)

427.キャスティングが最高。主役ジャン・レノ、ヒロインナタリー・ポートマン、悪役ゲイリー・オールドマンみんないいです。特にナタリー・ポートマンがかわいい。序盤のドアの前での泣き顔いい。ナタリー・ポートマンの発掘はリュック・ベッソンの数少ない功績の一つ。 たろささん [地上波(吹替)] 9点(2016-01-30 01:14:42)

426.3回目の視聴だけど、全く色褪せない面白さ。単純なストーリーだけど、ひとつひとつの描写が凝っていて深く印象に残る。殺し屋、少女、敵ボスの主要3人ともが見事な演技だった。 もんでんどんさん [地上波(字幕)] 9点(2015-06-18 13:24:41)

425.《ネタバレ》 派手さがあるものの、渋い映画。
マチルダによって、最後はレオンも自らの場所を見つけたことになるが、悲しい結末。
それでも、誰かのために生きられたと実感出来たからいいのだろうか。
しかし、マチルダの将来は殺し屋しか道が無いように思えるのはやはり哀しい。 simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2015-05-04 13:27:06)

424.《ネタバレ》 映画設定としてはかなり異色だけど、プロットが追いやすいこともあってハマった。
殺戮だけを繰り返す殺し屋の内面が、少女を通じて描かれていた。
その少女を演じるナタリー・ポートマンの演技が子どものものと思えず、時にぞっとさせられるような場面も存在し、こんな子がそばにいたら、自分ならどうしてるだろうと想像すらしてしまう。彼らが「仕事」をしているシーンも良かったけど、身支度とか仕事後のシーンが一番魅力的だった。 カジノ愛さん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-03 11:48:19)

423.殺し屋の持つ純粋な優しさと復讐を果たすために必死に努力する少女の健気さが素直に心に響く映画です。ストーリーも良かったです。 ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-09-25 19:53:15)

422.とっても有名な映画だけど、そんなにいい映画かなぁ miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-28 00:23:17)

421.《ネタバレ》 随分前に完全版のほうは投稿してますが、こっちはしてなかったんだ。。。
今さらですが・・・ちょっと視点を変えて感想などを。

カサベテスの「グロリア」が元ネタだそうで、そういわれてもピンとこないんですよ。
孤独な大人と家族を殺された近所の子ていうのはわかるけど。
グロリアは完璧な大人だったので、小生意気な男の子に対して「あんたは子どもで、子どもとしての分をわきまえろ」ということを厳しく教えます。
レオンはあのとおり精神年齢は12~13歳で止まってしまっているので、主導権はマチルダが握るんです、そしてマチルダは生き延びレオンは死ぬ。

飲み物はミルク、ミルクというのはあちらでは幼さを表現するアイテムだそうです。
会話の必要はなく、でも世話をすればキチンとそれに応えてくれる植物を愛する。
こう考えるとストイックなのではなく、レオンはそうすることしかできない、できることが極端に少ない人なんじゃないかと。マチルダと関わった途端に仕事中に深手をおって帰ってきたレオンが痛々しかったです。
「お前は子どもだ、子どもは学校へ行け」と最後に一喝したダニー・アイエロにほっとしました、アイエロと悪徳DEAのゲイリー・オールドマンはさすがの貫禄と存在感。
今、いちばん印象に残っているのはオールドマンの悪役っぷりです。

映画7本撮ったら引退というのは伝説になったリュック・ベッソン、もうすぐ公開のスカーレット・ヨハンソン主演の「LUCY/ルーシー」はおもしろいかなぁ envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-23 18:33:41)

420.《ネタバレ》 ナタリーポートマンあってこその作品。星の数ほどいる子役の中で、この時の彼女は存在感といい色気といい演技力といい、絶妙です。タクシードライバーのジョディフォスター以来の衝撃。このこまっしゃくれたリトルレディと寡黙な殺し屋のコンビがまた絵になる。最期に交わした「アイラヴユー(トゥー)」はお互い大人の意味のラヴに違いない。 ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-08-22 14:01:42)

419.俺もナタリーポートマンに恋をした。まいった。 JFさん [DVD(字幕)] 7点(2014-07-17 16:14:31)

418.リュック・ベッソンが本作を思いついた時、この年齢のナタリー・ポートマンがいた。特に可愛いとか奇麗だとかは感じませんが、数年後でも数年前でもない、この年齢にしか出せない微妙な幼さと大人っぽさや危うさを見事に醸し出す。映画のタイトルは「レオン」ですが、僕にとっては「マチルダ」でもいいと思うくらいにナタリーが強烈に印象に残る作品です。勿論ジャン・レノのシブさに、脇を固めるゲイリー・オールドマン、地味ですがダニー・アイエロもいい味を出しています。冷酷な殺人者の心に少しずつ変化が生じていく様と、レオンとマチルダの時に切なく時にコミカルな心の触れ合いの見せ方がいい。ストーリーはそれ程好きな映画ではないですが、それでも何度か見ています。やはりこのキャストも含め魅力を感じる作品です。 とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2014-03-25 21:43:06)

417.《ネタバレ》 映画館上映当時以来の観賞
こんなに大味な映画やっけ?
当時は傑作やと思ってたんやけどね。
一流の殺し屋の割には不用心だとか迂闊だとか余計な考えがよぎって
のめりこめないところが多々ありましたが、ラストに向かう盛り上がりはさすが。
コミック風映画やと思えば良質映画。
ワンシーン、ワンシーンの演出や見易さテンポはよかった。
映画中に1,2か所「オッ」と思わせるシーンがあれば結構いい映画に思えてまう。
しかしジャンレノもナタリーポートマンもゲイリーオールドマンも若い! CBパークビューさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-03-21 18:16:38)

416.《ネタバレ》 只者ではない殺し屋と只者ではない少女という奇妙な組み合わせという個性的なキャラクターが登場する一方、ストーリーの展開自体はオーソドックスでわかりやすかったです。
個人的にはおじさんと少女の純愛というテーマに抵抗感はありましたが、元々結びつきようもないものだけにラストも結びつかずに終わって予想通りといったところです。
ただ、お約束的とはいえ最期の一連の流れはドラマチック。撃たれて倒れるシーンの切なさには涙ものでした。 牛若丸さん [DVD(字幕)] 7点(2013-12-26 21:36:35)

415.悪くはない。観ているときのどきどき感はある物の、まあそれだけかな。
主役二人の演技は見事。 まささん [DVD(字幕)] 5点(2013-06-19 20:36:46)

別のページへ
1234567891011121314151617181920
2122


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 434人
平均点数 7.56点
030.69% line
120.46% line
281.84% line
392.07% line
4143.23% line
5327.37% line
6419.45% line
76314.52% line
810524.19% line
97517.28% line
108218.89% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.73点 Review19人
2 ストーリー評価 8.64点 Review28人
3 鑑賞後の後味 8.58点 Review29人
4 音楽評価 8.36点 Review25人
5 感泣評価 7.65点 Review23人

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS