みんなのシネマレビュー

極底探険船ポーラーボーラ

The Last Dinosaurs
(最後の恐竜/極底探険船ポーラーボーラ)
1976年【米・日】 上映時間:105分
アクションSFアドベンチャー特撮もの
[キョクテイタンケンセンポーラーボーラ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-07-17)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督小谷承靖
キャストリチャード・ブーン(男優)マステン・トラスト
中村哲(男優)川本博士
円谷皐(男優)
森山周一郎マステン・トラスト(吹き替え)
平井道子フランキー・バンズ(吹き替え)
堀勝之祐チャック(吹き替え)
音楽広瀬健次郎
主題歌ナンシー・ウィルソン[音楽]『 The Last Dinasaur 』
撮影上田正治
製作円谷皐
円谷プロダクション
配給東宝東和
特撮佐川和夫(特殊効果)
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1


8.《ネタバレ》 東宝特撮としてはそれなりの出来である。Polar Borerというネーミングはいいと思うが、それ以外はほめるところがない。
基本設定については多分、大昔にあった地球空洞説というものから着想を得たのではないかと思うが、劇中の図を見る限りは同じでもない。地底の空間で昼夜があるのはなぜかという説明があるわけでもなく、サイエンス・フィクションというより荒唐無稽ファンタジーになっている。
また最大の問題は主役が汚い顔のジジイなことで、この時60歳くらいの役者を引っ張り出しておいて「アダムとイブ」とは何たることか。そもそもこの主人公が自力で成り上がったわけでもないのに粗暴で傲慢でスケベであって、これまで金も権力も何にも不自由せず勝手放題やって来ておいて年取ったからといって悲哀を語られても共感できるものではない。孤独なハンターとか孤高の英雄のようなものを称揚する文化が向こうにはあるのかも知れないが、個人的にはキ○○○じみたこだわりとしか見えず、アメリカ人とは人種が違うことを思い知らされる映画だった。

ところで原地住民役で出ている日本人女優に関して、自分としては昔のTVドラマ「特捜最前線」の高杉婦警役が好きだったのだが、この映画に出ている顔(眉毛がつながっている)を見ても全く得にはならない。ただ体形が意外にふくよかで、こういう感じの人だったのかと認識を新たにした。またDVD特典で、ご本人が映像付きでコメントを寄せられているのも嬉しかったりする(コメンタリーも務められている)。この関谷ますみさんを人質に取られた形になっているために、映画そのものを全否定できないのは困ったことである。 くるきまきさん [DVD(邦画)] 2点(2016-05-14 20:08:39)

7.《ネタバレ》 トリケラトプスの造形はほぼ完璧なんだが、ティラノはダサい。その差は一体なんなんだ?  そんなことより、このティラノ、 登場の際には(常に合成で ) 森林から頭2つも3つも飛び出すほどの怪獣並みの馬鹿デカさなのに、実写の着ぐるみシーンとなるとやたら小さい。その差が顕著に現れているのが池でお魚を食うシーン。あれって鯉なのか何なのか知らんが(少なくともクジラでもなければ鮫でもない) そんな小さなお魚一匹加えただけで口いっぱい。  って大小関係どんだけでたらめやねんって その後は、実寸関係はもちろん一切信用出来ない。 なので当然、ポーラーボーラ号の実寸関係も今イチ信用出来ない。  っで、あっ そうそう、そのポーラーボーラ号と言えば、結局、ティラノが巣穴にお口で加えて持ち帰ってしまって、不運というか、(湖から遠く陸揚げされてしまって、その時点でもう湖に戻す事って100%無理なんだろなって思いながらもボケッと見てたんですが ) 最終的には、 うげぇっ なんと このひとたち、(というか、キャシャな男)  なんともまあ 強引というかデタラメというか よくもあんなリアル感ゼロな手段でポラボラ号を湖まで戻してしまいましたね。  よろしい 大変笑えましたさ。 総じてツッコミ満載。サクッと楽しい。ティラノはダサイが、まあ憎めないし 悪くはない。意外と楽しめましたね。  さてと、そんなコレ。自分としては、絶対にスピのジュラシック・パークの後に見ることをお奨め致しますね。 まさに天と地ですか いや、月とスッポン? いや、笑いキノコと毒キノコってか? (間違っているのでしょうか この例え ^^; ) まあ、いいじゃないか とにかく楽しんだもん勝ちということですよね。ブンタに免じて許してください。(プハハッ) 3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-04-24 22:26:34)(笑:1票)

6.基本、昔の映画なんで、しかも恐竜はキグルミ、役者もあまり有名じゃないし、原始人はボロボロのメイクした普通の日本人、まー、ジュラシックパーク観た直後にこれ観たら、そのチャチさに、ウンザリ度はかなりなもんやと思うけど。うーん、俺、最近、昔の映画、観まくって慣れてるせいか、かなり楽しめました。まず、主要役者は外人なんだけど、日米合作のせいか、なんだか70年代邦画の雰囲気がかなりあり、ちょっぴり古い大人な空気と哀愁、そして邦画特撮の空気がごっちゃまぜになったよーな、昔のレインボーマンと傷だらけの天使とウルトラマンを足した感じのようなテイストが映画全体から漂ってきてまして、特にこれは主役の横暴でうさんくさい、それでいて屈強なハンターの社長おっさんキャラと哀愁たっぷりの音楽の影響だと思われます。そんなおっさんと彼に付き従うマサイ人、軽い感じの女記者、魅力ゼロの男隊員、唯一のおっさん日本人博士の、誰にも感情移入できそーにない異色の5人がドリルモグラに乗り込み、地底の世界に調査に旅立つとゆう内容。そこはキグルミの恐竜がいる原始時代のよーな世界なんですが、風景は綺麗ですが上高地。でも雰囲気で原始時代と思えば、なんだか変な味わいがあります。とくに主要メンバーが異色なので、映画自体も異色に感じれるのは素敵だ。それに出発してからの、テンポのよさもいい。あっとゆーまに地底世界、恐竜は、すぐに現れてくれるし、恐竜どうしの戦いなんかもあって、退屈しませんでした。原始人たちが大勢でダンダン近づいてくるところは、結構怖いし、特に何を考えているのかわからない原始人達の目が怖いです。特撮もチャチーながら人との合成映像も迫力あるし、ドリルモグラは実物大(軽そうだけど)もちゃんと作ってありました。単純な冒険映画でなく、おっさんハンターと最後の恐竜との執念の戦いドラマって感じに仕上げてあるのもいいです。女が「あれは最後の恐竜なのよ」とおっさんに戦う事を諦めさせようとするのですが、そん時のおっさんの台詞「俺もだ」にはしびれました。こりゃ、まさに異色の恐竜映画です。ちょっと変わった恐竜映画を観たけりゃオススメします。 なにわ君さん [ビデオ(字幕)] 7点(2008-11-19 17:50:11)(笑:1票)

5.この当時の幼いワタシと言えば、「恐竜・怪鳥の伝説」ですら大興奮して観てたくらいですから、これより若干上等な恐竜対決シーンのあるこの映画に文句のあろう筈も無く。批判能力ゼロですな(成長した今でやっと1くらい)。あれこれ武器作って恐竜やら原始人(!)と戦うんですが、この辺デズモンド・バグリイの「高い砦」のパクリではないかという気もします。気にしないことにしましょう。そんな作品ですが、クライマックスからラストにかけてはかっこいいのです。 鱗歌さん 5点(2003-05-10 23:52:39)(笑:1票)

4.主人公のかっこよさは忘れん あきさん 5点(2003-03-11 21:27:39)

3. 確かに円谷プロは参加してますな。恐竜のぬいぐるみが暴れる関係からでしょう。胡散臭い日米合作の代表的作品と言えますが、主役のオッサンというのは恐らくリチャード・ブーンという二流アメリカ人俳優(「アラモ」に出てたっけ?)です。日本側からはクラリオン水着ギャルだった関谷ますみが出演、とキャストも寒い限り。見せ場は恐竜特撮とタイトル・ロールのポーラーボーラ号のつもりなんだろうけど、「スター・ウォーズ」全盛の御時世によくもまぁ臆面も無くヌケヌケと…いくら時代性を考慮しても「ショボい」の一語で切り捨て御免てな感じ。つくづく英二御大の偉大さを痛感するのみ。 へちょちょさん 4点(2003-02-15 12:00:50)

2.子供の頃は“恐竜映画って言えばこれ!”って感じで記憶していました。ラストのおやじが残るシーンがかなり衝撃的だったもんで。しかし大人になって再び観て・・・・・ハハハッハハハ!大いに笑わせてもらいました・・・・・?特に恐竜の股をくぐったりするシーンなんか最高です。それ以前に、ここに登場しているのは“恐竜”だって思わなくちゃいけないんですよね。だって、どう見たって“珍獣”に見えてしまったもので・・・・・あっ!失礼! イマジンさん 5点(2002-08-25 15:26:30)(笑:1票)

1.なんか円谷プロが参戦していたような。子供心にイマイチだったような。でも主役のおっさんの執念みたいなものは覚えているぞ(笑) 3Mouthさん 4点(2002-05-22 00:58:14)

別のページへ
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 4.88点
000.00% line
100.00% line
2112.50% line
300.00% line
4225.00% line
5337.50% line
600.00% line
7225.00% line
800.00% line
900.00% line
1000.00% line

Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS