みんなのシネマレビュー

ザ・コア

The Core
2003年【米・英】 上映時間:134分
ドラマサスペンスSFアドベンチャーパニックもの
[ザコア]
新規登録(2003-06-16)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-26)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・アミエル
演出リック・エイヴリー(スタント・コーディネーター〔ノンクレジット〕)
キャストアーロン・エッカート(男優)ジョシュ・キーズ博士(地球物理化学者)
ヒラリー・スワンク(女優)レベッカ・”べック”・チャイルズ少佐(米空軍)
デルロイ・リンドー(男優)エドワード・”ブラズ”・ブラズルトン(バージル設計者)
スタンリー・トゥッチ(男優)コンラッド・ジムスキー博士(地球物理化学者)
チェッキー・カリョ(男優)サージ・レベック博士(高エネルギー武器専門学者)
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)トーマス・パーセル将軍
アルフレ・ウッダード(女優)スティックリー(NASA管制塔 飛行主任)
ブルース・グリーンウッド(男優)ロバート・アイバーソン船長(米空軍)
DJ・クオールズ(男優)セオドア・ドナルド・”ラット”・フィンチ
グレン・モーシャワー(男優)FBI捜査官
大塚芳忠ジョシュ・キーズ博士(日本語吹き替え版【DVD】)
魏涼子レベッカ・”べック”・チャイルズ少佐(日本語吹き替え版【DVD】)
島香裕エドワード・”ブラズ”・ブラズルトン(日本語吹き替え版【DVD】)
土師孝也サージ・レベック博士(日本語吹き替え版【DVD】)
有本欽隆トーマス・パーセル将軍(日本語吹き替え版【DVD】)
松岡洋子スティックリー(日本語吹き替え版【DVD】)
金尾哲夫ロバート・アイバーソン船長(日本語吹き替え版【DVD】)
井上和彦ジョシュ・キーズ博士(日本語吹き替え版【テレビ】)
朴璐美レベッカ・”べック”・チャイルズ少佐(日本語吹き替え版【テレビ】)
銀河万丈エドワード・”ブラズ”・ブラズルトン(日本語吹き替え版【テレビ】)
牛山茂コンラッド・ジムスキー博士(日本語吹き替え版【テレビ】)
菅生隆之サージ・レベック博士(日本語吹き替え版【テレビ】)
小川真司〔声優・男優〕トーマス・パーセル将軍(日本語吹き替え版【テレビ】)
塩田朋子スティックリー(日本語吹き替え版【テレビ】)
石塚運昇ロバート・アイバーソン船長(日本語吹き替え版【テレビ】)
脚本クーパー・レイン
ジョン・ロジャース〔脚本〕
音楽クリストファー・ヤング
作曲ジャレッド・レト"Echelon"
編曲ジョン・キュール
ピート・アンソニー
撮影ジョン・リンドレー
フィル・メヒュー(イタリア班撮影)
製作デヴィッド・フォスター〔製作〕
ショーン・ベイリー
クーパー・レイン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特撮カフェFX社(視覚効果)
リチャード・O・ヘルマー(視覚効果)
美術フィリップ・ハリソン(プロダクション・デザイン)
衣装ダン・レスター
編集テリー・ローリングス
スタントダグ・コールマン(ノンクレジット)
ジョーイ・ボックス(ノンクレジット)
エド・アンダース(ノンクレジット)
その他ピート・アンソニー(指揮)
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
123456789101112


110.これが本当の意味で、「世界の中心で、愛をさけぶ」映画です。 STYX21さん 4点(2004-05-09 23:44:44)(良:1票) (笑:2票)

109.荒が目立つよね。でも暇なときにならお勧めかも? misoさん 5点(2004-05-06 16:26:14)


108.導入部はワリと面白かったものの、後は皆様の批判通りでございました。

 ここらで誰か殺しておくか的ご都合主義予定調和的に進行するシナリオ、
地球に潜る為ではなくエピソードを用意する為に設計されたかの如き船体構造、
誰にも魅力を感じない(なぜそこにその人がいるのかが解らない)キャラ全員の造型の浅さ、等々、
 もうすべてが、「B級映画にしてもこれはどうなの?」というほどの安直さ。
 そのくせB級映画に必須のお色気シーンはないし。プンプン。

 ....なんだけど、ここで酷評を読んだ後にこの映画を見たせいか、
130分を超える映画なのに最後まで普通に見てしまい、人間、事前に予想できる不幸には結構耐えられるもんだな、と実感。

 ..まさに(全然期待しないで行くとひょっとしたらひょっとする。)という言葉がぴったりなので4点です。4点しかありません。
 
あばれて万歳さん 4点(2004-05-05 10:47:33)

107.前半は割と迫力があってよかったのに徐々に尻すぼみになってしまったのが残念。でも発想のスケールが大きすぎて表現がついて行けないのはしょうがない。どう転んでも所詮は想像の世界、神の領域が舞台なのだから。 うこっけいさん 5点(2004-05-03 18:27:57)

106.や、面白かったですよ? どんな駄目映画かと期待してみたんですが、普通に(普通じゃないか…)楽しめました。内容は勿論つっこみどころ満載ですが、不思議と飽きたり退屈したりせず、最後までちゃんと見れましたから。二時間超えてるのにそんなに長くも感じなかったし。確かに登場人物無駄に死に過ぎとか色々思いはしましたが、まぁ、細かい部分きにしないで、真面目に考えないで見るにはいいかな、と思います。 あかりん☆さん 5点(2004-05-02 01:31:08)

105.人間が想像で作り上げたものは実在するのだ…という言葉を聞いたことがある。未来を描く映画や、未確認の物体を映画の主題にする場合、その想像力をどのような形にするか、また、物語に組み込むかが、その映画の出来具合を大きく左右させるものだと思う。その逆に、実在するのだが、その真の姿を見たことがない場合がある。それは、想像を形に変えるよりも難しい作業なのかもしれない、ということを、この作品によって感じた。…と、この作品を庇ってみたが、いくら庇ってみたところで、地球を救うという使命を持った人物像の描写が平べったくて、どうにもこうにも、結局は庇いきれないのだー、ということを記しておく。 日雀さん 4点(2004-04-30 17:34:13)

104.”地球の核が停止”ってのにはワクワクされられたんだけどねェ・・・。前半はパニック映画のお約束、徐々にコア停止による被害が拡大していく所は「コアが停止するとこういう現象が起きるんだ・・・」と素直に楽しめたんだけどね。まあ、「アルマゲドン」同様、”おバカ映画”と割り切ってみればそれなりに楽しめる作品。
しかしねェ・・・どうしてコアが停止しちゃったかって話しだよねェ。
もうちょっとその辺”突っ込もうよ!”って話だよね。 カズゥー柔術さん 6点(2004-04-20 11:38:41)

103.アルマゲドンと違って役立たずが居ない。ここは感心。
微妙にチェッキー・カリョの役が役立たずっぽいけど。彼が最後に守った家族のノート。あれ写真以外に最後に起きた核爆発の規模の問題とか解決する方法のヒントなりが書いてあるとかにすればいいのに。なんか勿体無い使い方でしたこの役者さん。

偉い学者さんが結構好きですね、ジムスキー。この人が一番、親近感を覚えます。最後にボイスレコーダー入れててふと「何をやってるんだ私はフフフ」って所。ちょっと悲しいですね。生き残って欲しかった。 マンダムさん 6点(2004-04-12 14:47:05)

102.B級ってことを考えたらおもしろかったね。最後の送信先に日本のどっかが入ってるかなぁ、と思ってみてたら、「ASAHI SINBUN」だった。 ディーゼルさん 6点(2004-04-11 02:53:53)

101.観ていて論評するのも恥ずかしいと思いましたけど・・・人物描写、ストーリー、CG映像、何もかもが張りぼてのような映画ですね。 メルトダウンさん 3点(2004-04-09 03:09:23)

100.題材は面白いです、でも宇宙と違って無理がありますなー。細かいところを気にしなければそれなりに楽しめるかとおもいます。
ヒラリースワンク、だんだんジュリアロバーツみたいになってきてちょっとガッカリしました。 kenzさん 6点(2004-04-06 18:23:55)

99.《ネタバレ》 アルマゲドンみたいにクサくはない。前半はテンポ良く結構面白いが、クルーを見殺しにしすぎ。今まで仲間だったクルーが死んでる
のに主人公気楽過ぎでは? ucsさん [DVD(字幕)] 4点(2004-04-03 22:00:01)

98.《ネタバレ》 人類滅亡をテーマにしたお話は
皆同じようなストーリーになってしまう。
最後は必ず救われるのよね。
たまには全滅の映画作ってみたら。

これは『アルマゲドン』の地底探検版。
キャラクターとして
分野は違うが学者が4人もいるのはかぶりすぎ。
だからだろうか、メンバーにハッカーがいるってのが
ポイントで味だしてた。
最後引き上げられたとき、
二人がヌードで現れるのを期待したのが
あまりにもアッサリしてておもろくないぞ(笑)
個人的には『アルマゲドン』より好きだ。 虎鉄さん 6点(2004-04-03 12:32:33)

97.期待しすぎていたせいか、おもしろくなかった。もうちょっと合成頑張れよ!って感じでした。まぁ、一見の価値はあるかも。 映画大好き人!さん 5点(2004-03-29 19:35:35)

96.《ネタバレ》 パニック映画の多くに出てくる恋愛があまり絡んでないところが良い。タングステンという金属はかなり硬い材質でアルマーニの腕時計に使われていますね。ちょっと無理矢理な内容だったりCGが多かったりもするが意外と楽しめた。実は一番、世界平和に貢献したのはDJ・クオールズ演じるラットだろうね(笑)あのコンピューター技術羨ましいです☆核を平和に使うとか地下に進むとかの設定は斬新!!ラストシーンでバッドエンディングにならずに無事発見されるところが良い。ただ、登場人物が死にすぎだし、全体的に誰が見ても話が旨くいきすぎだろうね(笑) マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 7点(2004-03-27 18:51:49)

95.これはヤバイ・・・・隕石モノのネタが尽きたので少し趣向を変えてやってみましたという感じだが、やってることは同じ。むしろわけのわからんマグマとか大丈夫な謎の乗り物のせいでリアリティゼロ!前宣伝でコロッセオとヴィットリオエマヌエーレが崩壊するのをみて期待して観た人も居るだろうが、「壊すなら自分の国だけの建物にしろよアメリカ人!」といいたい!! わーるさん 0点(2004-03-26 15:59:16)(良:1票)

94.《ネタバレ》 チェッキー・カリョは生き残って欲しかった。 ギニューさん 5点(2004-03-23 22:23:32)

93.宇宙に行ったり、海に行ったり、で今度は地球の中へですか。映画の世界だからどんな表現もアイデアも、具現化出来てしまうのは分りますが、果してそれが見せるべき要素のつまったものなのかは別問題。パニックの題材としての表現なら「ただ面白い」ですみますが、そのただ面白い部分がなければ、これはもう苦痛です。全体的に地球における危機感が全く感じられないのと、乗組員の描写があまりにも画一的なのが、う~ん。変化のない展開に先が読めてしまいます。また、感情移入もできず、ものすごく遠くの方から眺めている感じになります。特撮とかCGとかの表現のみで見せる映画はもういいです。中身の詰まったものがみたいですね。 映画小僧さん 5点(2004-03-23 16:37:33)

92.意外といけたなぁ・・・って感じです。この手のはもう・・・って期待しないで見ると、なかなか楽しめます。 <<追記2005/12/25>>テレビにて2度目の試聴。やっぱりそこそこ見れるね。結局は人間ドラマを中心に置いてるとこが自分的には好きみたい。あの全てをなめきったクールなコンピューターおたく青年が、涙を流しながら必死でパスワード探してるシーンとか好きですわ。 ◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [DVD(字幕)] 7点(2004-03-20 11:16:31)

91.《ネタバレ》 「さてさて、最後に生き残るのはおそらくこの人」こういう見方は良くないです。が、どうしてもそうなってしまいますね。しかも簡単に当たってしまう程度の展開。前半は決して悪くないと思いますが、徐々に失速、ピンチの連続にスリル感が今ひとつ。 monteprinceさん 5点(2004-03-13 00:00:51)

別のページへ
123456789101112


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 230人
平均点数 4.71点
052.17% line
152.17% line
2135.65% line
33515.22% line
44117.83% line
55323.04% line
64419.13% line
7229.57% line
893.91% line
920.87% line
1010.43% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.90点 Review11人
2 ストーリー評価 3.88点 Review25人
3 鑑賞後の後味 4.36点 Review25人
4 音楽評価 3.81点 Review16人
5 感泣評価 3.00点 Review16人

Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS