みんなのシネマレビュー

トゥームレイダー2

Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life
2003年【米・英・日・独・オランダ】 上映時間:117分
アクションアドベンチャーシリーズものゲームの映画化
[トゥームレイダーツー]
新規登録(2003-07-22)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-03)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ヤン・デ・ボン
演出サイモン・クレイン(スタント・コーディネーター)
ディッキー・ビアー(スタント・スーパーバイザー)
キャストアンジェリーナ・ジョリー(女優)ララ・クロフト
ジェラルド・バトラー(男優)テリー・シェリダン
ノア・テイラー(男優)ブライス
キアラン・ハインズ(男優)ジョナサン・ライス博士
ジャイモン・フンスー(男優)コーサ
ティル・シュヴァイガー(男優)ショーン
サイモン・ヤム(男優)チェン・ロー
テレンス・イン(男優)ジェン
リチャード・ン(男優)バイヤー
トム・ウー(男優)Sean's Man
クリス・バリー〔1960年生・男優〕(男優)ヒラリー
湯屋敦子ララ・クロフト(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小杉十郎太テリー・シェリダン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
成田剣ブライス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石塚運昇ジョナサン・ライス博士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
楠大典コーサ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小山力也ショーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
古澤徹チェン・ロー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
平川大輔ジェン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
相沢まさきヒラリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
家中宏(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
咲野俊介(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小野健一(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐藤しのぶ【声優】(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
木村雅史(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
深見梨加ララ・クロフト(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
江原正士テリー・シェリダン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宮本充ブライス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
仲野裕ヒラリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
菅生隆之ジョナサン・ライス博士(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中田和宏ショーン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野島昭生チェン・ロー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木梅治(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石井隆夫(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ジェームズ・V・ハート(原案)
スティーヴン・E・デ・スーザ(原案)
脚本ディーン・ジョーガリス
音楽アラン・シルヴェストリ
挿入曲KORN"Did My Time"
撮影デヴィッド・タッターサル
製作ローレンス・ゴードン
ルイス・A・ストローラー(共同製作)
パラマウント・ピクチャーズ
東宝東和
配給東宝東和
特撮ジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップ(視覚効果)
アサイラムVFX(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
フレームストアCFC(視覚効果)
ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
美術ヤン・デ・ボン(タイトル・デザイン)
衣装リンディ・ヘミング
編集マイケル・カーン
録音ランディ・トム
字幕翻訳松浦美奈
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1234567


130.《ネタバレ》  1より面白い。1よりスピーディ。1よりドラマチック。1より緊迫感がある。何より1よりアクションが多い。
 すべてにおいて、1より少しずつパワーアップしています。
 続編としては◎です。
 1より見所も多いですね。
 特にお気に入りのポイントは2つ。『バイクレース』と、ラストの『クリーチャーとのバトル』。
 ここはどちらもA級レベルのクオリティで、素晴らしい完成度。
 バイクレースの臨場感、スピード感は最高。迫力満点。でこぼこ道ならではの興奮が味わえます。
 そしてラストのクリーチャー。今まで人間同士のバトルがメインだったのに、ここにきて突然のホラーテイスト。意表をつかれながらも、『嬉しい想定外』で、凄く良いです。クリーチャーのアクション、クリエイティブかつエキサイティングで最高ですね。
 憎たらしい敵の部隊が、瞬く間に一網打尽にされていく様子は、爽快ですらあります。
 視覚効果で楽しむ映画で、ストーリーなんて最初から期待していませんが、今作はストーリーも何気に良かったのでは?少なくとも前作よりかは面白いと思います。
 特に、何を企んでいるのかわからないテリー・シェリダンの存在が、絶妙な緊張感を作るのに一役かっています。
 少しずつヒントを集め、小さなバトルを繰り返して謎を解いていくプロセスは、ゲームっぽくて非常に楽しい。
 オリジナルのゲームは知りませんが、駄作が多いゲームの映画化としては、間違いなく成功している作品だと思います。
 また、酷評されることが多いヤン・デ・ボン作品群ですが、どれも個人的には好きなのばかり。『スピード2』ですら結構好きなんですよね。この監督さんとはとても相性が良いみたいです。 たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2016-06-05 02:34:06)(良:1票)

129.《ネタバレ》 前作よりはスケールアップしてるはずなんだけど…アタシ的にはまだ1のほうが良かったような気がするっていうか。 強いオンナが大好きなはずのアタシがなぜララ・クロフトには惹かれないのか…ララ・クロフトって「オンナ」じゃないのよねー。 もともと男だったものを性別だけ女にした感じで、どっちかっていうと中身は男、ヒーローなのよ。 いくら美人でスタイルよくても、派手なアクションだけでオンナっぽさとか艶っぽさがないから全然魅力的じゃないっていうか。 フェミニズム万歳!の欧米では峰不二子的な強いオンナは受け入れられないのかしら?? オンナにはオンナの勝ち方があるのにねえ。 ジェラルド・バトラー演じるテリーも終盤まではいいオトコだったのに、最後でいきなり金に目がくらんじゃうから「なんじゃそりゃ!?」ってなもんで。 …これじゃ続編が作られなかったのも仕方ないわね。 梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-07-31 20:10:07)

128.《ネタバレ》 「1」よりはマシな出来映えですが、やはり面白くないですね。ひと通りのメニューを揃えているんだけど、揃い過ぎていて面白味に欠ける印象でした。ゲームの映画化に際して主人公像を特に掘り下げず、「強い女」だけを強調しているために単調になっている。主人公の中身がスカスカです。また、敵がその気になれば殺されてしまう場面が何度もあったことが、その強さも半端なものに見せています。個人的にアンジーが最も魅力的に見えたのは「17歳のカルテ」で、同じツッパリキャラでも本作のように表面的なツッパリだけで持たせるには限界がありますな。 アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-08-26 17:23:39)

127.1よりもよりアクション大作。でも心には残らない。旦那がゲームのシリーズをプレイしていたので楽しめました。 movie海馬さん [地上波(字幕)] 6点(2012-09-28 20:20:28)

126.《ネタバレ》 前作の時も、まぁ、なんて中身のないアクション映画なんだと思いましたが、
パート2も似たような出来。
所々、元恋人の相棒キャラが出てきて、そいつが助けてくれたり裏切ったりと、物語の見せ所を作るのですが、最後に戦いあう理由が今一つ弱いせいで、
結局、パワーアップさせようとしたすべてがオジャンになってしまった。
まぁ、アクション映画なので、あんまり細かいことを言ってしまうのは野暮かもしれませんが、アクションシーン自体はこだわって作ってるのにもったいない。
その辺がバイオハザードが成功し大衆受けしたのに、対し、こっちはほとんどの人に忘れかけられてる決定的な理由なんだろうな。 バニーボーイさん [DVD(吹替)] 3点(2012-08-15 18:46:29)

125.お宝を巡り、ヒロインと悪党たちが争奪戦を繰り広げるアドベンチャーアクション。
アンジェリーナ・ジョリーのカッコ良さを、ひたすら前面に押し出した作りになっているので、
当然のことながらシナリオの内容は薄っぺらい仕上がりに。
「おい、おい」と突っ込みを入れたくなるほどの、ヒロインの破天荒かつ
無駄なアクションの連続には苦笑したけど、彼女が片眉をピクリと上げるたびに、
「どう? 私ってカッコいい? きれい?」
と言われているようで、だんだんとうんざり感が・・・。
まあこれでこれで、気楽に楽しめる娯楽作品には仕上がっているかと。 MAHITOさん [地上波(吹替)] 2点(2011-07-26 19:32:14)

124.《ネタバレ》 ゲームが原作だと駄作になるジンクスの観点から見たら、それに反して前作と同じく悪くはないアクション映画。だが展開やシナリオは似たり寄ったりで、どこかで見たことあるなと思わせる部分は多く、絶対に見るべきとまでは言えない。ヒマなら見てもいいんじゃないかなという感じ。 シバラク・オバマさん [DVD(字幕)] 6点(2011-05-04 15:44:39)

123.'11・3/4 鑑賞。ジョリーの魅力につきる。
字幕版で観たが被り過ぎで観ずらい。
2017.12/13 2回目 BS鑑賞。前編に続き荒唐無稽なお話。ジョリーの魅力だけか? ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-03-09 14:05:44)

122.《ネタバレ》 公開当時に観ていれば、こんな高い点数は付かなかったかも。
最近は面白い超大作少ないので、こういうの観たかった♪
ララが男に媚びないところも良いなぁ。 たんぽぽさん [地上波(吹替)] 8点(2011-03-06 19:37:38)

121.1も2も同じような印象。アクションはこちらの作品が勝っていたが、盛り上げにやや欠けるか。 たこちゅうさん [地上波(吹替)] 6点(2011-02-20 23:33:14)

120.2作目は普通おもしろくなくなるが、前作と変わらぬレベルを保っている。むしろ良くなっているんではないか。 長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 1点(2010-12-16 15:55:00)

119.少し流行った映画の続編を作って碌な事にならなかった典型。ラストのカオスっ振りは一周して凄いとも思える。 民朗さん [地上波(吹替)] 3点(2010-07-06 23:19:09)

118.格好良いアクションを見せようとしてるが、逆になんかダサく感じます。元ネタがゲームとはいえ演出が過剰すぎますねぇ。 真尋さん [地上波(吹替)] 2点(2010-03-27 12:00:20)

117.《ネタバレ》 ずいぶんと酷い映画だと感じました。派手に見せようとしているのは分かるんだけど、全てが偽者っぽい。007を目指しているのかな?って思う場面もちらほら見受けられるけど、到底足元にも及ばない。アクションシーンを見せたいがために、そのアクションシーンのためのアイテムやシーンを無理やり作り出している。何かが本末転倒。完全なる失敗作でしょう。 いっちぃさん [地上波(吹替)] 3点(2010-02-09 20:56:49)

116.《ネタバレ》 妻投稿■5年くらい前に見ました。サメを殴るシーンは実際には結構有効らしいので許せますが、アドベンチャーゲームの映画化の分際で仲間が次々と殺され、最後はパートナーも自分が殺すという無駄に悲劇的な内容なのが解せないです。■で「なんでこんなストーリー」なのか考えてみました。簡単にいえばこれ、「ゲームの映画化」ではなくて「映画とゲームを混合」しているんだと思います。このゲームをやったことがない私の身勝手な推測なのですが、香港のビルを滑空するシーンでは空中にコインが浮かんでいそうですし、人が無駄に死ぬのも(前回の悪役たちはある程度現実世界の住人として自分が死なないで目的を達成する技術を持っていた)、連中にとっては喜劇でも悲劇ではなくゲームオーバーなんでしょう。 はち-ご=さん [地上波(吹替)] 5点(2010-01-24 15:36:57)

115.楽しめると思う。1より娯楽性が上がっている。ただ、少しとっ散らかっているかな。なんかアドベンチャー、トレジャーハント、SFホラーなど有名どころの人気映画コンセプトが雑多に盛り込まれている感じ。なんで緊張感が伝わらなくお気楽なつくりになっている。でもまあA.ジョリーの魅力で最後までもっているしいいんでは。もう5年以上経つし3作目はないのかな。少し残念。 タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-12-26 16:01:50)

114.《ネタバレ》 一作目の反省点が活かされていない。アンジェリーナ・ジョリーの魅力だけではカバー仕切れず鑑賞していて辛くなる。 ああ、勿体無い・・・ たくわんさん [DVD(字幕)] 3点(2009-07-10 19:05:45)

113.1は客が入ったかもしれないが、内容は低調だった。にもかかわらず続編を製作する勇気に驚きです。内容としては1と変わらないクオリティには脱帽です。 あるまーぬさん [地上波(吹替)] 5点(2008-07-18 17:50:26)

112.《ネタバレ》 気性の荒さと監督作のコケ振りからハリウッドから干されかけているヤン・デ・ボンですが、ゲームの映画化で続編ということで調子に乗ったんでしょうか、そのまんますぎです。都合良すぎなストーリーに怪我をほとんどしなくて危険さを微塵も出してくれないララ・クロフトはあり得ません。後半番人(?)みたいな感じでわけわからん怪物が出た時には普通にシラけました。ゲームの映画化を強調しすぎて映画として成りたってないような気がします M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 3点(2008-06-30 14:10:34)

111.まず前作の出来がアレだったんで、正直なところ内容に関しては期待などつゆほどもせずに何気なくテレビで鑑賞。それが幸いしてか、前作よりは面白かったかなと思います。全体にどこかB級臭が漂っていた前作とは違い、今回は全体的なアクションシーンの量が増え&スケールもデカくなり、テンポもだいぶ良くなったのが成功の要因だったのではないかと。ただ後半になるとやっぱりあの変なCGのモンスターが出てきて「やっぱりB級に戻りやがった(--;)」て感じでゲンナリ。アレが原作の味なんでしょうか??ま~、死ぬほど暇なときに暇つぶしで見る映画、それ以上でも以下でもないです。 ポール婆宝勉(わいけー)さん [地上波(吹替)] 5点(2008-04-29 13:52:23)

別のページへ
1234567


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 130人
平均点数 4.41点
000.00% line
143.08% line
275.38% line
32922.31% line
42720.77% line
53325.38% line
61914.62% line
786.15% line
821.54% line
910.77% line
1000.00% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review9人
2 ストーリー評価 4.31点 Review16人
3 鑑賞後の後味 4.93点 Review15人
4 音楽評価 4.84点 Review13人
5 感泣評価 1.57点 Review7人

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2003年 24回
最低主演女優賞アンジェリーナ・ジョリー候補(ノミネート)「すべては愛のために」に対しても

Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS