みんなのシネマレビュー

エイリアン/ディレクターズ・カット

ALIEN: THE DIRECTOR'S CUT
1993年【米】 上映時間:116分
ホラーサスペンスSFアドベンチャーシリーズものモンスター映画
[エイリアンディレクターズカット]
新規登録(2004-01-10)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2017-07-27)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督リドリー・スコット
キャストトム・スケリット(男優)ダラス船長
シガニー・ウィーバー(女優)リプリー
ヤフェット・コットー(男優)パーカー
イアン・ホルム(男優)アッシュ
ハリー・ディーン・スタントン(男優)ブレット
ジョン・ハート(男優)ケイン
ヴェロニカ・カートライト(女優)ランバート
幸田直子リプリー(日本語吹き替え版)
樋浦勉ブレット(日本語吹き替え版)
大川透パーカー(日本語吹き替え版)
森田順平ケイン(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしアッシュ(日本語吹き替え版)
小宮和枝マザー(日本語吹き替え版)
原作ダン・オバノン(原案)
ロナルド・シャセット(原案)
脚本ダン・オバノン
音楽ジェリー・ゴールドスミス
撮影デレク・ヴァンリント
製作デヴィッド・ガイラー
ウォルター・ヒル
ゴードン・キャロル
製作総指揮ロナルド・シャセット
特撮カルロ・ランバルディ(特殊効果)
美術H・R・ギーガー(エイリアンデザイン)
ダン・オバノン(視覚デザインコンサルタント)
動物ジョーンズ(ジョンジー)
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
12


36.《ネタバレ》 劇場版とあまり違いを感じなかったけど、後半のあのシーンは居るかなぁ?
「2」への辻褄合わせに感じるし、せっかく脱出するというスピーディーな展開でちょっと立ち止まってしまうので、テンポが悪く感じた。 ヴレアさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2017-09-16 20:01:14)

35.2を見るために予行演習として8年ぶりに鑑賞。今回はせっかくだからディレクターズカット。結構内容忘れていて新鮮に楽しめた。緊張感のある仕上げは素晴らしいね。リドリースコットは名監督だし自分も大好きだけど、これがほぼデビュー作でしかも出世作となると、やっぱり力量があるということだし、映画史を飾る一人ということは間違いないだろう。SFだよね、やっぱり彼は。前回見たときは何故か7点評価にしてしまっていたけど、9点の仕上がりはあると思った。なんで7点したんだろう。自分の価値観も8年で移り変わってきたということだろうな。 タッチッチさん [DVD(字幕)] 9点(2016-07-02 12:26:15)

34.《ネタバレ》 どこがDCなのかわからなかった 当時はあまりの緊迫感に息をするのも忘れたが、あれから何度も見て、すべて起こる事がわかっているので残念ながら緊迫感そのものは余り無い スターウォーズで有名になった宇宙船の汚し塗装がこれほどはまる映画は無いんじゃなかろうか ノストロモ号の風情は完璧 長いミッションをすでにこなして帰還の途である事が一瞥で判る 冒頭、ノストロモ号から探査艇が切り離されるシーンは感動もの出来 脱出艇がナルキッソス号と名前がついているのにこのかっこいい探査艇の名前が判らないのは不満だ 知っている人がいたら教えてほしいぐらいだ 精巧な舞台装置と今となっては稚拙な警告モニター等の線画のみのグラフィックが非常にバランスが良くてリアル ラストの時限装置を止めようとしたのに止まらなかった、さらに、脱出して助かったと思ったら助からなかった、さらに、敵をやっけたと思ったらダメだった、さらに…、さらに…、の繰り返しは本当に心臓に悪い この全部のっけ方式の演出はこの映画で初めて見た気がする 時限装置の場違いなさわやかなネーチャンの警告音もとにかく緊迫感を盛り上げる これ以降この手法が何度使われた映画を見たか すべてはここから始まった記念碑的映画 しかしこの映画の最大の魅力は極限状態の緊迫感なので何度も見てはだめだと思った 点数は今現在の自分の面白さ 初見の状態なら満点でもいいだろう エンディングのリプリーが、必死で宇宙服を跨ぐ時の白パンの股間だけでもう一度見て良かったと思わせる傑作(笑) にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-04-26 14:39:53)

33.その「感覚」を久しく忘れていた気がする。
美術、音響、照明、そしてキャストの迫真の演技、それらが織り成す緊張感と恐怖心は、まさに至高の映画芸術と呼ぶに相応しい出来栄えだった。
リドリー・スコット監督の映画への真摯な情熱を5感で感じとり、映画を心底から楽しめたと思えた当時のあの感覚が蘇ってきたのだから。
劇場公開版と比べ、いくつか追加シーンがあるが今となっては蛇足な気もします。
それでも、映画ファンには堪らないSF映画の記念碑的作品であることに偽りはない。 シネマブルクさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2012-01-01 14:33:53)

32.《ネタバレ》 エイリアンの『卵』からフェイスハガーが出てきて、そのフェイスハガーがチェストバスターを潜伏させる為の宿主として「獲物をがんじがらめにした『繭』」が用意されてると考えてらっしゃる方もいるようですね。『2』のせいで、そっちを先に体験した人の中には、そういう受け止め方の人もいるんでしょう。でも僕の受け止め方は違います。エイリアンに狩られた生物(ブレットと船長)は、なにか不思議な作用の物質(体液)を注入されて、全身の肉が次第に卵に変化していくのだろうと受け止めました。ブレットと船長は、あの後、完全に卵の形になって、その肉の一部はフェイスハガーになる予定だったってこと(お尻を上にした方が効率イイと思うけど・・・って冗談も、肛門がパカッと四つに開くと思ったらコワイ)。最初に発見した宇宙船に卵が一杯並んでたけど、あれはきっと宇宙船の搭乗員たちだったんじゃないかなぁ(整然と並んで冬眠中に卵にされたとか)。ただ、効率悪そうだけどね。エイリアン1体誕生するのに卵用の生物1体とチェストバスター潜伏用の1体の計2体の生物を必要とするのだから。けれど、あの卵がどうやってできるのかって設定は、『2』でのクィーン・エイリアンとかよりも、捕らえた生物の肉を卵に変化させちゃうって方が、よっぽどキモくて不可解で残酷で怖いと思っとります(酸の血の持ち主に相応しい不思議生態じゃありませんか)。昔ショウジョウバエかなにかの昆虫の生態についてのTV番組で知ったのだけど、さなぎの時期にその中身は細胞を維持するのではなくドロドロの液状に溶けちゃうんだとか。そして新たに成虫用に細胞を構築し直す作業が行われてるんだそうだ。それって独立した生命体だったミトコンドリアが他の生命体に乗っ取られたのと同じように、もともと芋虫で完成形だった生命体が何かに乗っ取られ遺伝子組み替えられて、羽のある別生命体になってるのかもしれないじゃん??? 足の数も口の構造もまるで変わるんだよ~!! そういうことが現実に地球上の生命体であってることを思えば、他生物の肉を再構築して自種の卵に変化させちゃうって生態もアリだと思えます。積み上げた緊迫感のリズムを失速させるとかでカットされたらしいけど、あのシーン込みで初公開されてたら、『2』のクィーンなんてできなかったのに・・・(『2』も好きだけど、クィーンだけは興醒めだったんですよね、急に凡庸な昆虫に思えて)。 だみおさん [DVD(字幕)] 10点(2011-09-23 04:58:00)(良:1票)

31.フィルム修復、サウンドリミックスに、約6分のカットを追加した版。
「こんなシーンがあったの?」とびっくりしてしまった場面があるのだが、
2以降を鑑賞している人にとっては衝撃的なカットだと思う。
これが初見の人には何の説明もないので、このシーンに一体どういう意味があるのか、
ちょっと困惑するかも。監督もその点を考慮して、ばっさりカットしたんだろうね。
本作だけの完成度という観点から見れば、オリジナルよりはやや減点という印象もあるが、
それでも面白い作品には違いない。 MAHITOさん [DVD(字幕)] 9点(2011-08-06 06:05:39)

30.30年以上前の作品でこのクオリティは立派。「エイリアン」という言葉を一般に浸透させた功績は素晴らしい。 カラミティさん [DVD(吹替)] 8点(2011-01-11 23:57:37)

29.《ネタバレ》 ど派手なアクションや露骨なこわがらせシーンはないのだが、宇宙船の薄暗い船内が持つ恐怖感が効果的に利用されていて、見ている間中どきどきしていた。船内の大量の配管やスイッチ、噴き出す蒸気等の小道具の使い方も上手。SFもホラーも苦手なのだが、さすが名作といわれるだけあって、この映画は無事最後まで観られた。
逆に終盤にはちょっとエイリアンのことを好きになっていたり。丸くなって救命船に隠れている様は可愛かった。また「2」で会いましょう! 枕流さん [DVD(字幕)] 7点(2010-09-25 22:01:23)

28.《ネタバレ》 子供の頃テレビでやっててえらい怖かった記憶あり。改めて観てみました。
今で言う「死亡フラグ」ってやつがいっぱい出てくる。
ストーリーを進める上でしょうがないんだろうが
乗り組み員達のチームワークは最低で
3人で警戒して捕まえにいってなんでその後すぐ単独行動するんだよ。
エイリアンがでかくなるのもさすがに早すぎる。
何も捕食せずに数時間(数十分?)であれは無い…
突っ込み所は多いが今観てもかなり面白く、これが30年も前の映画ってのはすごい。 虎王さん [DVD(字幕)] 7点(2010-07-21 21:13:41)

27.《ネタバレ》 子供の頃エイリアンを観て非常に衝撃を受けすっかりエイリアン漬けになった自分は、様々な資料(シネフェックスとかギーガーズエイリアンとか)を買いあさってむさぼるように読みふけったものでした。するとどうやら公開時にはカットされたが、物語的に非常に重要なシークエンスがあったらしい。その代表的なものが「船長の繭化シーン」。これを知ったとき、そのシーンが見たくて見たくてでも見れなくて、写真(モノクロ)から想像を膨らませたりしてたものです。
それが、今ではあっさりとDVDに収録されているんですよね。そうなると時間が過ぎたこともあってむしろ興味がわかない自分。。。観終わった結果、、「悪くないけど確かにカットしてよかったかも・・」 HAMEOさん [DVD(字幕)] 7点(2010-02-05 21:15:39)

26.《ネタバレ》 SF、ホラー部門で革新的な進歩を遂げた記念碑的作品。その影響力は計り知れない。しかし、今観直してみると、いくつか疑問が湧きます。星間旅行ができ、人間と見分けがつかない人造人間が作れる科学力があるのに、惑星への着陸に失敗して故障するなんてしょぼいです。故障させる必要もないですね。また地球外生物の宇宙船や化石を見つけたのに、そのことは一切言及されないのはどうしたことか。写真撮ったり、採集したりして記録に残すでしょう。世紀の発見ですよ。見せ方がうまいです。ゴシック・ホラーの見本のようなもの。なかなか姿を現さないエイリアン。光の点滅、影、水蒸気、サイレン、コンピュータ音、火などの演出で恐怖を盛り上げます。舞台が宇宙船で、他に逃げ場がないのが怖いです。閉塞感をつくるのが本当にうまい。エイリアンのデザインはまさに芸術。三つの変態と繭があり、飽きさせません。血液が強い酸なので、ヘタに殺せない。実に厄介です。クルーは軍人ではなく一般人なのでみな怖がり。そこが少し不満です。脳みそが筋肉でできているような軍事おたくや仲間を犠牲にする卑怯者、知恵と勇気のある者など、バラエティに富んだ人物が欲しかった。ボーナスの苦情をいう輩は不要でしょう。リプリーは船を爆破させますが、その必要はないでしょう。脱出すればいいのだから。ブレットが猫を探す場面で、水が雨のように降ってますが、何故ですかね。水道管が故障しているんでしょうか?コンピュータの反乱は「2001年宇宙の旅」、腹から怪物出てくるのは「遊星からの物体Ⅹ」という先駆者があります。途中、地球まで10ヶ月かかると言っていたのに、最後リプリーは地球まで6週間と言っている。 よしのぶさん [DVD(字幕)] 7点(2009-10-09 15:47:48)

25.《ネタバレ》 通常版を観て以来、20ン年ぶりの鑑賞となりましたが、やはりよく出来ている映画だと関心しました。心に残る場面が、当時と変わっていないように思えるのは、自身の進歩のなさか、young at heartか。で、当時も思ったのが、最後に宇宙に放出される奴ですが、やっぱり不味いですね。作品を通じて、チラ見せチラ見せで、徐々に、且つ深々と刻み込まれていった、奴への恐怖心が一挙にスポイルされるっていう感じですかね?絶大・完全な禍々しき存在の最期があれっていうのは納得できないですね。アメリカ人の感覚だと、「最後には全部見ておかないと納得できない」みたいなのがあるのでしょうか??? チェックメイト・キングIIさん [DVD(吹替)] 8点(2009-09-23 22:05:59)

24.久々に鑑賞したらディレクターズ・カット版、ということでこちらに投稿。恐らく最後に観てから10年以上たつので、どこが違ったかよくわからず…ああ繭か。うーん、ここは可もなく不可もなし。さて、全体的に。子供の頃はエイリアンに襲撃されるところも怖かったが、「子エイリアンが腹から飛び出す」シーンと「白い液を出してぐちゃぐちゃになるアンドロイド乗組員」のシーンはもっと心臓バクバクだった。今観ると、きききーっと逃げていく子エイリアンが妙に可愛い(汗)。でも子供の頃は惑星上陸に反対した乗組員がいたのに法律や上下関係で強行されたとか、裏に「本社」の陰謀があってアンドロイドがそれを上手く誘導していたという背景がよく解ってなくて、いらんことしぃの自業自得的ストーリーと思っていたので、中々よく出来たお話だったのだと感心することしきり。理性的かつ勇敢ではあるが、まだ「健気」という形容詞が許されるシガニー・ウイーパーが初々しいですな。完全に筋肉ホラーになった続編より恐怖、絶望、孤独がどよどよ~っと描写されている本作の方が私は好み。とにかくSFホラーの金字塔であることは疑いないだろう。ケチをつけさせてもらうと、これは子供の頃も思ったことだが、エイリアンはちら見せの怖さが良いので、ヒトの被り物っぽい全身を見せられると思いっきりがっくり。頭部のアップなど、全体像がよく解らない絶妙のショットがとても怖かったのに。全身はあえて見せなくても良かったと思うのだが。 あっかっかさん [DVD(字幕)] 8点(2009-08-29 17:42:24)

23.《ネタバレ》 スコットが手直しした1作目は元々構図やライティングが優れており、階調が少ないので画質が向上してもさほど印象は変らない。 本筋とは直接関係ないシーンでの細かい変更がされているが、それについてはかまわないと思う。 大きな変更点は2つで、ブレットがジョーンズを探している場面でボラジ・バデジョーが入ったエイリアンのスーツを鎖から吊るしているシーンと、ブレットとダラスの繭を焼き払うリプリーを加えた箇所だが、どちらも余計に感じる。 エイリアンの成体が初めて姿を見せるのはテールからの方が効果的であるし、繭のシーンは陳腐以外の何物でもない気がする。 リプリーが火炎放射器を使うのもキャメロンの「2」と重複するので、総体的に見ればオリジナルよりいいわけではない。 レインさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-07-20 01:45:18)

22.《ネタバレ》 何回みても緊張しますね spputnさん [DVD(字幕)] 8点(2009-01-25 22:08:44)

21.追加カットは可もなく不可もなく、かな。点数は追加カットに対する評価です。通常版は公開時に観ていて10点を付けました。 アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 5点(2008-09-29 03:45:36)

20.なんなのですかこのすごいセットは。
作中にチラッとしか出てこないような部分まで恐るべき作り込み。
メカメカしい船内。キモ美しいエイリアンの住処。
本当に存在しているかのような怪生物の迫真の特撮。
もうこの映像へのこだわりが命ですね。
ぬこかわゆす。リプリー猫の箱投げすぎ。
なんですかあの平凡パンチて。
タバコ吸いまくりなのが時代を映している、見ているだけで煙い。
このタイプの映画はDVDとかでじっくり見るとドキドキ感下がっちゃいますね。
初版は見てないので、初版との違いはよく知りません。 さん [DVD(吹替)] 8点(2008-09-27 15:00:49)

19.《ネタバレ》 通常版は劇場公開時さすがに子供だったので、テレビが初だったのだが
(「心臓の弱い人は観ちゃいけないんだって!!」「ひゃーそんな怖いんだ、、。」
というやり取りを覚えてる)
今回やっと初めて劇場で観れるといそいそ楽しみに行ったのを覚えている。
そして、終わってテレビで観るのと全く違いがなかったという、己の目や耳の
スペックの低さに、驚いたというか安上がりで良かったと喜ぶべきか
(HDとかでも違いが気にならないので)複雑な気持ちで映画館を後にしたものだ。
結局、映画に入り込めさえすれば、映像が汚かろうが大画面でなかろうが
エフェクトがチープであろうが音響がショボかろうが自分にはどうでもいい
という事がはっきりしたのでした。
入り込むには、しっかりした説得力のある脚本と役者の演技、雰囲気のある
画面構成とかなのかな。エイリアン自体が自分には10点ですので
船長さんの繭化も見れるディレクター版はそれ以上にしかならないです。 梅干御飯さん [映画館(字幕なし「原語」)] 10点(2008-05-28 21:02:00)

18.《ネタバレ》 映像がとにかく美しい。新たにリマスターされたことで、後続のシリーズよりも画質が鮮明になっている。どのショットもひとつの画として完璧な仕上がり。ケインの腹をチェストバスターが食い破るシーンはいつ観てもおぞましい。楽しい団欒のひと時から、恐怖が形をなして襲ってくる。リアルタイムで観たら、どれほどショッキングだったことか。また、これまでは単なる被害者か添え物的な扱いをされていた女性が、率先して外敵と戦い、恐怖に打ち勝つという展開も、当時は非常に画期的なことだった。この映画が後の作品に与えた影響は計り知れない。今観ても全く古さを感じさせない、SFホラーの金字塔。 フライボーイさん [DVD(字幕)] 10点(2008-02-19 07:35:19)

17.《ネタバレ》 何度観ても緊迫感がたまらない。25年以上前の映画とは思えない。コンピューターが古くさいのはご愛敬ですかね。
しかし、アッシュ(ロボット)はロボット三原則が組み込まれていないのだろうか? あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 8点(2007-07-22 19:37:52)

別のページへ
12


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 7.89点
000.00% line
100.00% line
212.78% line
300.00% line
400.00% line
525.56% line
612.78% line
7616.67% line
81541.67% line
9616.67% line
10513.89% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review8人
2 ストーリー評価 7.70点 Review10人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review8人
4 音楽評価 7.20点 Review10人
5 感泣評価 4.00点 Review6人

Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS