みんなのシネマレビュー
レビュー詳細表示 画面
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

タイトル名 お葬式
レビュワー にじばぶさん
点数 7点
投稿日時 2011-05-15 01:29:01
変更日時 2011-05-15 01:37:54
レビュー内容
この映画は、山崎努と宮本信子が主役の夫婦を演じているが、実質的な主役は、大滝秀治であり、菅井きんである。

他の映画では端役を演じることの多い大滝秀治と菅井きん。
この映画でも端役ではあるのだが、その見せ場が素晴らしい。
まさに熟達した役者の演技を見せてくれた。

さて本作は、表題通り『お葬式』の内容を、3日間に分けて時間軸に従って忠実に描いている。
その中で、ちょっとしたブラックユーモアが散りばめられていて、監督である伊丹十三の器用さと職人芸を堪能できる。
しかし、宮本信子がやっぱり気に入らない。
監督の実際の妻だからという理由で、ここまで露出していいもんだろうか。
だって、華がないし、存在感も薄い。
そして、顔が私の好みじゃない。

お葬式の流れをかなり忠実に描いているので、一種の“お葬式マニュアル”として、特に、お葬式で挨拶をするのが苦手な人には、実用的で役に立つ作品である。

それと、晩年の藤原釜足、田中春男、吉川満子が出演しており、往年の日本映画ファンには嬉しいキャスティングも、本作の隠れた魅力の一つである。



Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS