みんなのシネマレビュー
レビュー詳細表示 画面
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

タイトル名 15時17分、パリ行き
レビュワー たくわんさん
点数 9点
投稿日時 2019-07-23 18:05:20
変更日時 2019-09-16 13:41:20
レビュー内容
良作。
クリント・イーストウッドの作品には外れが無い。
テロを阻止するクライマックスに至るまでの描写が淡々とし過ぎているかの様に思えるが、
本作を鑑賞する人は皆、これから彼らに何が起こるかを知っている訳で、
それが故に各シーンに巧みに散りばめられた伏線が最後に最大限の効果を発揮するのだと思う。
(落ちこぼれだった事、身体を鍛えた事、色々と努力した事、信仰が主人公の価値観に大きく影響を与えた事 等々)
本作最大の複線は、今更説明不要だが主人公含め主要登場人物を本人が演じている事だろう。
私は事前に予備知識として知っていたが、皆中々の演技をしていたと思うし、
フランス大統領から叙勲されるシーンや故郷でのパレードのシーンは、逆に本人が演じている事を
知っているが故に感動が増した様に思う。
本人を使うのは大英断だと思うし、彼らを被写体として最大限活用した監督の手腕にも脱帽する。
劇場で観るべき作品だった。



Copyright(C) 1997-2021 JTNEWS