みんなのシネマレビュー Menu

スリング・ブレイド

Sling Blade
1996年【米】 上映時間:135分
平均点: / 10(Review 60人) (点数分布表示)
ドラマ戯曲(舞台劇)の映画化
[スリングブレイド]
新規登録()【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-06-20)【S&S】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ビリー・ボブ・ソーントン
キャストビリー・ボブ・ソーントン(男優)カール
ドワイト・ヨーカム(男優)ドイル
J・T・ウォルシュ(男優)チャールズ
ジョン・リッター(男優)ヴォーン
ルーカス・ブラック(男優)フランク
ジェームズ・ハンプトン[男優](男優)ウールリッジ
ロバート・デュヴァル(男優)カールの父
ブレント・ブリスコー(男優)スクーター
ジム・ジャームッシュ(男優)バーガーショップの店員
原作ビリー・ボブ・ソーントン
脚本ビリー・ボブ・ソーントン
音楽ダニエル・ラノワ
撮影バリー・マーコウィッツ
配給アスミック・エース
編集ヒューズ・ウィンボーン
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
60.そこまで面白くない映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-22 12:22:54)
59.なんか『うなぎ』みたいな話だが、キリスト教が絡む、父殺しの神話性が絡む。一番引っかかったのは、周囲の主人公への反応で、やさしいか軽蔑かのどっちかなんだな。誰も薄気味悪がらない。最初スーパーに来たとき、母親が「つけてきたの?」と言ったときぐらい。こういう前科もの・精神病院退院者の場合、薄気味悪がられるってのはドラマとして大事な要素だと思うんだ。明確な拒絶でも受け入れでもない中途半端さが、社会というもののややこしさのエッセンスを見せてくれて。どうなんだろう、個人主義が発達したあちらの社会ではこういう応対が普通なのか、このドラマだけの演出なのか、やたら薄気味悪がる日本の濃厚な“世間”の方が異常なのか、そこらへんが気になった。この映画のポイントじゃないんだけどね。あとアーカンソーあたりだと、日本ふうの竹林があることを知ったこと。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2009-02-28 12:07:10)
58.このキャラはさすがに作り過ぎではないでしょうか。ところどころ地声が出ていたし、何より彼の喉が心配でドラマどころじゃなかったです。ドワイト・ヨアカムのろくでなしっぷりだけが光っていた映画でした。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 3点(2009-02-25 21:04:05)
57.《ネタバレ》 冒頭でカールは「殺さなきゃならない奴はもういない」と言っていたように、それはイコール「殺すべき奴がいればまた殺人を犯すかもしれない」という意味で彼が完全に更生したとは言えない状態である事を証明していました。その事から彼にとっての殺人は、絶対にしてはならない事ではなくて自分や自分の大切な人を守る為なら犯してもやむをえない行為であったようにも思えます。ドイルを殺害した後も日常と同じ行動をとれる冷静さからは恐ろしさを感じられ、もはや人を殺すという事が善悪という判断を超え彼にとっては一種の作業、彼の中での正義の審判にもなっている感じをも受けました。そんなとてつもない恐ろしさと穏やかさの二面性を持ったカールの人間性の問題云々というよりか、再犯の可能性がある人物を服役期間に達したからといって何のフォローも監視もなしに手放しに釈放してしまう制度への問題を感じました。
ちゃじじさん [DVD(字幕)] 7点(2008-03-11 21:03:09)
56.ビリー・ボブの迫力が突出しすぎて、他の人たちが置いていかれ気味なのが気になるが(特に、一番大事な母子の存在感不足が痛い)、主人公のたどった軌跡を飾らずに盛り上げずに素朴に追い切った好作品。ただし、まわりの人の設定がみんな善悪問わずステレオタイプなのは不満が残るし、全体の尺ももっと短くできたと思う。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2006-12-23 03:19:27)
55.《ネタバレ》 とってつけた偏見のかたまりのようなストーリーで、「世の中にはこういう幻想ってあるよな」というとおりに最後まで進みます。「まさかそんなふうには終わるまい」という期待は、悪い意味で裏切られます(笑)。
小原一馬さん [テレビ(字幕)] 1点(2006-11-21 23:36:10)
54.ビリー・ボブ・ソーントンさんの成りきりぶりには脱帽。
静かな展開で途中までは面白いと思いましたが・・
ラストがあれでは。
そりゃないでしょう・・と思いました。
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-02-03 21:57:00)
53.《ネタバレ》 ビリー・ボブ・ソーントンの演技がすごい!!!! 演技なんていっていいのかわかんないくらい。重いテーマで、やっぱり、予想どおりのラストでした。自分がしたことをフランクに経験させないために、殺したとゆうかんじなのかな?つらいなぁ…みたあとしばらく放心状態。途中なんでかわかんないけど、涙とまんなかったです。何でないてるのかもわかんないかんじで、へんなかんじだぁ。すごくつらくなりました、でも出来がすごくいい映画だぁー。そこらの映画監督じゃ作れないすごい重みをかんじる映画です。考えることもたくさんでてきたし、みてよかった。フランク役の男の子は、今もう20歳超えてるくらいなんだね!! チェックしてみます:)
ギニュー隊長★さん [DVD(字幕)] 7点(2006-01-21 00:02:44)
52.本作といい、バーバーといいビリー・ボブ・ソーントンの個性的な演技には脱帽です。
秀逸な演技もさることながら、落ち着いて登場人物の感情の起伏に思いをはせられる
様な作りも嬉しい。自分の日常の目線を下げさせられる様な、主人公の強さに微笑。
温度のある映画だ、と思いました。
o-zさん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-10-27 19:59:56)
51.淡々として始まり、淡々と終わる。この作品を観て感じる雰囲気とは実に微妙なものだ。だけどこれだけは言える二回目を振り下ろしたときの脳天に響く”音”が私にはとても哀しく感じた・・・。
tetsu78さん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-05-23 23:50:51)
50.正直観ていて辛い・・・。通しで観たら落ち込みそうで駄目だった。良い映画なんだが、知的障害者が出てくる映画は失礼だけれども、辛い気持ちになる。ちなみに主人公が殺しを決意し、準備をしている時のエレキギターの音楽はいかがなものか?安っぽい感じが・・・
misoさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-05-23 22:09:38)
49.なんとも胸の苦しくなる話でした。
Kさん [DVD(吹替)] 9点(2005-05-16 00:30:50)
48.《ネタバレ》 100人が100人、予想できるラスト。「最後はこうなりそう。でもそれじゃ当たり前すぎる。きっと何か予想を裏切ることが起きるのでは」とずっと思いながら見ましたが、予想どおりの結末。ここまで予想どおりのラストの映画を作る意味っていったい何?ラストに至るまでの過程を描きたかったのでしょうね、きっと。でも私は素直じゃないから、いろいろ深読みしてしまいます。....初対面のカールが殺人者だと聞いても少しも少年は驚かなかった。彼はカールの純朴さを一目で見抜き、ドイル殺害に利用することを計画する。彼は母親にカールの前科のことは話さなかったと言っているが、実は母親には最初から説明済みで、母親も最初からカールのことをドイル殺害に利用するつもりだった。そしてカールを同居させ、ドイルがどんなにひどい男かを故意にカールに見せ、自分たちはカールにひたすら親切にして恩義を感じさせ、ドイル殺害へと誘導した。ヴォーンもぐるかもしれない。そう考えれば、素性のわからない他人を同居させたことも説明がつく。カールはだまされたのだ....って考えすぎですか?
チョコレクターさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-05-13 21:14:48)(良:1票)
47.結末がどうも・・・
リーム555さん 5点(2005-03-18 18:17:15)
46.やりきれないがイイ映画。。つーかボブ??!!すげーよあーた!常に別人!
マミゴスチンさん 7点(2005-03-12 06:30:37)
45.全てがあの結末に持っていくためにくっつけられた設定のように感じました。少年と仲良くなるのはいいとしても、あのお母さんがあそこまで優しいことや、お母さんの恋人があそこまで嫌なやつであること、子どもに悪影響なのになぜ何としてでも離れようとしないんだろう?など。そこまで無理しているのに何を伝えたいのかよくわからない。心温まる話というのも違うし、切ない話というのもちょっと・・・。でも見ているときは面白かったのでいいです。
るいるいさん 5点(2005-02-09 21:49:56)
44.結構観ていて辛くなる映画だった。でも、本当にするどいからだと思います。
Geneさん 7点(2005-02-09 09:18:14)
43.《ネタバレ》 ゆったりとした映画は好きなんだけど、これは退屈だった。言いたいこともよくわかるんだけど、無理があり過ぎた感じ。一番良かったのは、ゆくゆく殺されることになるドイルが家を追い出されるシーン。あのカットでは常時カールが映っているのだが、表情がとても印象的だった。そして、フランクがドイルに物を投げつけていたが、あれが全てなのかなと思った。子供だって真剣に悩み、色んなことを考えている。カールは、フランクに自分のようになってほしくなかった。彼はフランクに自分の人生を託した。フランクと母親がこの先、幸せに暮らしてゆけることを祈る。
こばやんさん [テレビ(字幕)] 3点(2005-01-30 04:53:49)
42.人というのは色んな人生を送り、色んな事情を抱え生きている..複雑な人間関係、偏見や傲慢さ、怒り..人としての優しさ..主人公を通して、色んなことを考えさせてくれる作品です...
コナンが一番さん [ビデオ(字幕)] 7点(2004-12-23 14:38:56)
41.淡々と静かに進んでいくが、人生の影と人間の悲しさが随所に表現されており、静かな感動が広がっていく。優秀と言われる人間ほど計算高く、自分を不利な状況に追い込む行為は行わないものだ。君子危うきに近寄らず。また、それを非難する者はいない。しかし、打算や損得を超越した、人間としての純粋な思いに勝る美しいものはない。少年と彼の家族の善と悪を考え、その悪を排除するために自分が悪になる。犠牲とか愛というより、それを知った一人の人間として、友人としての当然の行為のように。
パセリセージさん 8点(2004-07-13 19:19:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 60人
平均点数 6.92点
000.00%
111.67%
200.00%
335.00%
446.67%
558.33%
6813.33%
71626.67%
8915.00%
9813.33%
10610.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
主演男優賞ビリー・ボブ・ソーントン候補(ノミネート) 
脚色賞ビリー・ボブ・ソーントン受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2016 JTNEWS