ヒア アフターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ヒア アフター
 > (レビュー・クチコミ)

ヒア アフター

[ヒアアフター]
Hereafter
2010年【米】 上映時間:129分
平均点:6.61 / 10(Review 92人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-02-19)
公開終了日(2011-03-14)
ドラマファンタジー
新規登録(2011-01-09)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-11-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
キャストマット・デイモン(男優)ジョージ・ロネガン
セシル・ドゥ・フランス(女優)マリー・ルレ
ジェイ・モーア(男優)ビリー・ロネガン
ブライス・ダラス・ハワード(女優)メラニー
マルト・ケラー(女優)ルソー博士
デレク・ジャコビ(男優)デレク・ジャコビ
リチャード・カインド(男優)クリストス
ステファーヌ・フレス(男優)ギョーム
ミレーヌ・ジャンパノイ(女優)レポーター ジャスミン
内田夕夜ジョージ・ロネガン(日本語吹き替え版)
小林由美子ジェイソン/マーカス(日本語吹き替え版)
根本泰彦ビリー・ロネガン(日本語吹き替え版)
小林さやか〔声優・1970年生〕マリー・ルレ(日本語吹き替え版)
糸博デレク・ジャコビ(日本語吹き替え版)
脚本ピーター・モーガン〔脚本〕
音楽クリント・イーストウッド
撮影トム・スターン〔撮影・照明〕
製作クリント・イーストウッド
キャスリーン・ケネディ
ロバート・ロレンツ
ワーナー・ブラザース
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ
ピーター・モーガン〔脚本〕
フランク・マーシャル
配給ワーナー・ブラザース
美術ジェームズ・J・ムラカミ(プロダクション・デザイン)
フランク・ウォルシュ[美術](美術監督)
衣装デボラ・ホッパー
編集ゲイリー・ローチ
ジョエル・コックス〔編集〕
あらすじ
フランスのジャーナリストのマリーは、津波にのまれた時に臨死体験を経験し人生が変わりはじめる。ロンドンに住む少年マーカスは、双子の兄を亡くし悲しみから立ち直れずにいる。アメリカ人ジョージは、霊能者として有名だったが、今ではその能力を使うことをやめ静かに生きようとしていた。3人は、それぞれの苦悩と向き合いながらも、必死に何らかの答えを見つけようとしていた。
ネタバレは非表示中です(ネタバレを表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.出だしの津波シーンなど、言い方が良くないが、凄い迫力で美しいシーンも多かった。死後の世界を描いていくのだが、現実離れ時過ぎで私には合わなかった。
SUPISUTAさん [地上波(邦画)] 5点(2018-10-07 10:16:49)
42.2度目の鑑賞。

淡々と進む映画。

もしもこんな能力が備わっている人が身近にいたら興味津々だけど、自分にこんな能力が備わっていたら、苦しいだろう。

料理教室のシーンがやけに官能的に感じたのだが、なぜ?

ラストが唐突過ぎるが、なんとなく意味が伝わってくるから不思議。
R.P.さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-05-25 17:43:55)
41.丹波哲郎の大霊界よりは よっぽど面白いんじゃなかろうか。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-03-28 16:35:27)
40.クリント・イーストウッド監督作品にハズレなし。

僕は彼のことを、クリちゃんと呼んでます。
プラネットさん [DVD(字幕)] 6点(2015-11-08 23:13:19)
39.3人の絶妙な距離感。兄弟のエピソードがもっとあるとよかった。
Yuさん [DVD(字幕)] 7点(2015-02-01 23:33:12)
38.日本ではパッケージに津波のシーンがありますと配慮されています。この映画では津波は一つの事例として取り上げられており、交通事故も同じ条件(死)で扱われています。かなり真面目な映画です。死をどのように考えるか、どんな人にも納得できないし誰にも結論は出せないことです。

全体的に暗いトーンで描かれていますが、冷やかしが無いので当事者も鑑賞できると思います。当事者は簡単に気持ちの切り替えなど出来ませんが、そのきっかけになりうる映画ではあると感じます。人間の本質を映画化するのは難しいが、それにトライした映画だと思います。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2014-09-24 11:55:15)
37.ラスト辺りもう少し説明がほしかったが、まぁ野暮ってものなのだろう。
misoさん [地上波(字幕)] 7点(2014-03-08 19:40:43)
36.サラッと現在と死後の世界を描いた映画。
こじつけがましい運命論はナシ、説教くさい現世・来世の話もナシ。

(「ヒアアフター」は訳すと「来世」ですが、日本語の「来世」とは意味合いがかなり違う。単純に「現世の次の世界」というような感じ。「あの世」でもOKだと思います)

当然のように死んだ者はあの世にいて、まれに、ジョージのようなサイキックを通して、現世の者とほんの少しだけ交信する。

生の隣には死が存在しているのに、生きる者は死を全く意識していない。

それと同じで、死に触れた経験を持つ者だけが、死後の世界を知っている。
その経験は生しか見ていない人間にはまったく理解してもらえず、彼ら彼女らには孤独が付きまとう。
死を強く知ってしまった彼らは、死を知らない人間たちよりも数倍、生きるのが困難なのだ。

そんな彼らが、悩み、行動し、迷い、考え、感じる姿が描かれる。

彼らの望む幸福は、死を知らない人間たちと同じ、ごく普通の幸福だ。
だが死を知っている分、彼らの方が幸福の得難さ・有りがたさを何十倍も感じているのだろう。
だから、自分にもたらされた小さな幸福を、彼らはきっととてもとても大切にして生きていくに違いない。
そんな風に感じるラストでした。
りりらっちさん [地上波(字幕)] 6点(2013-12-12 16:10:19)
35.津波からからの臨死体験からどのような展開にさせるのかと思いつつ鑑賞いたしました。色々なシーンがこの作品にはありましたが、上手く纏められていたので心安らかに鑑賞できました。
SATさん [地上波(字幕)] 7点(2013-10-14 08:46:26)
34.死後の世界なんて真面目に議論する価値は無いが,映画の中であればネタにするのは自由.その辺に興味のない人はサラッと流せるような味付けした.あのお姉さん少しタイプでしたし.
マー君さん [DVD(吹替)] 6点(2013-10-13 01:11:16)
33.アメリカ、フランス、イギリス、たとえば重要かもしれない死生観等欧米の機微が日本人は見過ごしてしまい物語が伝わりにくい嫌いが。イーストウッドはまごうことなき
世界を作ったとあらためて思う。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-21 01:40:31)
32.イーストウッドの映画は冗長である、そんなことを思い出させられた一作でした。『クィーン』『フロスト×ニクソン』でアカデミー賞にノミネートされた経験を持つピーター・モーガンによる脚本は悪くないのですが、なんせ演出が冗長で眠くなります。『ミスティック・リバー』から『グラン・トリノ』までの6作がいかに奇跡的な完成度だったかを思い知らされました。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 5点(2012-09-05 23:31:34)
31.さすがにイーストウッドも年を取ってしまったのか、死を変に神秘主義的に描き出したどちらかというと退屈な作品。これまでのイーストウッド作品は、その重厚なテーマをなるだけ宗教色を排除して描くところが魅力だったのだけど、これはちょっと宗教色が濃すぎてげんなりしてしまう。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2012-07-26 16:12:01)
30.超現実を、きわめて普通に違和感なく取りいれており、演技もオーバーではなく好感が持てます。私的には、イーストウッドのベストの作品に思います。確かに、誰かにこの作品を声高におすすめするかと言えば、微妙ですが・・・。展開が全く読めず、最後どうなるのか?前半の女性が出てくるのか?落としどころとしてはまっとうなところだったんではないかと・・・。
たかちゃんさん [DVD(吹替)] 7点(2012-06-08 07:29:27)
29.この映画の意図することが、最後まで理解できなかった。理解できたとしてもおもしろいかは別だが・・・ 前半のちりばめられたエピソードは良かったかな。
ラグさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2012-05-17 22:23:49)
28.期待し過ぎてしまった。
主人公に全く感情移入できず、
最後まで消化不良となってしまった。
ナラタージュさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2012-02-22 19:59:07)
27.あの料理教室に通いたい。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 5点(2011-12-27 22:48:03)
26.イーストウッドの、以前(ミスティックリバーとかミリオンダラーベイビーとか)のガツガツドスン系(?)の人間ドラマよりも、こういうサラっとしたタッチで描かれている作品のほうが、最近好きになってきた。俺はXメンを「特殊な才能をもった者たちの低レベルな戦い」というふうに観たのだけれど、こちらは「特殊な才能をもった者の普通の悩み」といった感じ。かといって決して悪いわけじゃなくて、むしろ親近感を覚えた。ラストの展開もバカバカしくて、「そう重く考えすぎるな。肩の力でも抜け童貞」と言われたかんじで良かった。東日本大震災を経験してしまった後ではちょっと辛いところもあるけれど、それでもこういう呑気な(?)フィナーレは良かったです。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 8点(2011-12-21 12:00:03)(良:1票)
25.良い作品だったんだけど、3人の人生が交差するであろう場面にもう少しドラマ性が欲しかった。3名個々ののエピソード自体はとても興味深く丁寧に作られている。ラストは余韻のあるつくりだったんだけど、説明も不足していてちょっと唐突だったかな。本編とは別に、お料理教室の場面は秀逸でしたね。あれで1本ラブストーリー物が作れそうなくらい。
タッチッチさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2011-12-14 17:45:12)
24.内容薄いですね。アメリカは宗教国家だからこういうのも真面目に見ちゃうんでしょうが、実にバカバカしい題材。
どちて坊やさん [DVD(字幕)] 0点(2011-12-01 15:33:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 92人
平均点数 6.61点
011.09%
100.00%
200.00%
333.26%
422.17%
51415.22%
62325.00%
72223.91%
81819.57%
955.43%
1044.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.14点 Review7人
2 ストーリー評価 6.07点 Review13人
3 鑑賞後の後味 6.07点 Review13人
4 音楽評価 6.00点 Review11人
5 感泣評価 6.00点 Review12人
chart

【アカデミー賞 情報】

2010年 83回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS