オールド・ボーイ(2013)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オールド・ボーイ(2013)
 > (レビュー・クチコミ)

オールド・ボーイ(2013)

[オールドボーイ]
Oldboy
2013年【米】 上映時間:103分
平均点:6.26 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-06-28)
アクションドラマサスペンスリメイク漫画の映画化バイオレンス
新規登録(2014-07-02)【にょろぞう】さん
タイトル情報更新(2018-08-14)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スパイク・リー
キャストジョシュ・ブローリン(男優)ジョー・デュセット
エリザベス・オルセン(女優)マリー・セバスチャン
シャールト・コプリー(男優)エイドリアン / 謎の男
サミュエル・L・ジャクソン(男優)チェイニー
マイケル・インペリオリ(男優)チャッキー
ポム・クレメンティエフ(女優)黄色い傘の女(ハエン=ボク)
ジェームズ・ランソン(男優)トム・メルビー
ラミ・マレック(男優)ブラウニング
サンキ・リー(男優)ベルボーイ
原作土屋ガロン「オールド・ボーイ」
脚本マーク・プロトセヴィッチ
音楽ロケ・バニョス
撮影ショーン・ボビット
製作ロイ・リー
ダグ・デイヴィソン
ネイサン・カヘイン
スパイク・リー
製作総指揮ジョー・ドレイク
配給ブロードメディア・スタジオ
美術シャロン・シーモア(プロダクションデザイン)
衣装ルース・E・カーター
編集バリー・アレクサンダー・ブラウン
ネタバレは非表示中です(ネタバレを表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.そんなに面白くなかったけど、何とか最後まで見られました。
ジョシュ・ブローリンの演技がよかったです。
主人公とヒロインのつながり方とか、腑に落ちない点が沢山ありました。
韓国版のほうが面白いです。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-07-09 10:54:41)
5.韓国版と比較するとスッキリ整理されていて、オリジナルのファンは満足いかないだろう。別物として見れば、テンポの良さや各キャラクターの濃さから、飽きることなく楽しめる出来栄え。
カワウソの聞耳さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-05-05 13:45:58)
4.この映画は韓国版を見ていると、必ず比較されてしまう映画である。
もちろん、時代背景や国の違い、文化の違いのおかげで全く別の映画になり得るし、そうなってはいるのだが、
どうしてもリメイクということもあり、最後のオチが同じなのはしょうがなく、内容を知ってしまっているだけに
そこへどうやって持っていくのだろうという見方をしてしまい、純粋に映画を楽しめないのが残念である。
これが、shall we dance?だと違ってくる。あの手の映画はオチまで分かっていようが過程を楽しむものなので、
エンディングまでどうやって持ってくという考えを持たずに見ることができるのだが、
こういったサスペンスではなんかこう、カンニングしてしまった感じになり、どうしても得点が下がってしまう。
ただ、さすがはスパイクリーだけあって、カンニングした人にも、ちゃんと最後まで飽きさせずに見せる演出はたいした物だ。
なので、もしも韓国版を見ていないなら8点、見ていたら6点という感じではないだろうか。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-11-08 14:35:24)(良:1票)
3.韓国版を観てしまっているのと、いないのでは、感想が違うでしょうね。私は前者です。韓国版のあの印象深い胸糞感を思い出しながら不安に駆られながらも観てみました。が、あらま、アメリカ版はなんだかアッサリ!!おおまかに筋は一緒なんですが、大事な部分が変化しています。こっちの展開の方が犯人の思想がよりキモいもののキャラがゆるいし、ラストもアレだし、胸糞感はかなり少ないです。でも別物として観るならばこっちも嫌いでは有りませんでした。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-05-20 22:36:47)
2.オリジナルを観ていたのでストーリーは分かっていました。結構楽しめました。ところどころオリジナルに似ているシーンもありましたが、やっぱりオリジナルの雰囲気には及ばないなって思いました。韓国映画としての狂気じみた部分が本作にはあまり感じられませんでした。それでも飽きることなく観れました。
珈琲時間さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-04-22 12:22:55)
1.2003年の韓国映画版が、世界的な評判に反してどうしようもなく受けつけられなかったことは、今でも“生々しく”覚えている。
「妥協のない凄まじい映画」だとは思ったが、それ以上に明確な嫌悪感が自分自身の価値観の中で際立ち、あまりに不快で救いがないラストの顛末に対して、ラストの主人公の心情とシンクロするように、嫌悪感を超えて反吐が出そうだった。
それなりに数多の映画を観てきているが、これほど明確に“嫌い”と言い切れる映画もなかなかなかった。
それ故に、このハリウッドリメイク版に対しても、高まる興味と相反して拒否感が先行してしまい、随分と遅れた鑑賞となってしまった。

結果としては、ストーリーに対する「嫌悪感」は、当然ながら韓国映画版と相違なかった。
だが、映画として同じように「嫌いか?」どうかと問われると、そうでもない。
むしろ、結構心に残る映画として鑑賞直後の心象が混乱とともに渦巻いている。

「衝撃的」とされる顛末を知っていたため、描き出される“禁忌”に対しての耐性はあったのかもしれない。
ただそれ以上に、韓国映画版に比べて随分と“受け入れられる”映画としてエンドロールを迎えたことが、不思議だった。
ストーリー展開自体は殆ど同じであるはずなのに、ちょっとした描かれ方の違いでこうも印象が変わるものなのか。
実際に何がどう違うのかということは、映画の詳細を忘れてしまっている韓国版を再度観直して検証したいものだが、こういう部分でも映画というものはつくづく奥深いものだと思える。

韓国映画版ではあまりに救いのない物語性に対して、テーマ的にも、登場人物の行動原理的にも、“アンフェア”に感じずにはいられなかったことが、嫌悪感の最たる要因だった。
ただこのリメイク作においては、同じラストの顛末において一抹の救いを感じることができた。

主人公が実は背負っていた罪と、その代償として背負わされた罪。
それが符号するとは決して思えないけれど、復讐する者と復讐される者それぞれの行動原理は理解できるような気がした。
それは、この映画における登場人物たちの描き出され方が“フェア”だったからに他ならない。

繰り返しになるが、今一度傑作とされる韓国映画版を再鑑賞して、両作品の真価を見極めたいと思う。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-10-08 23:09:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 6.26点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
415.26%
5210.53%
6736.84%
7947.37%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS