Menu
 >
 >
 > キャリー(1976)

キャリー(1976)

Carrie
1976年【米】 上映時間:98分
平均点: / 10(Review 201人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンスシリーズもの青春もの学園もの小説の映画化オカルト映画
[キャリー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-10-15)【S&S】さん
公開開始日(1977-03-03
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
キャストシシー・スペイセク(女優)キャリー・ホワイト
パイパー・ローリー(女優)キャリーの母 マーガレット・ホワイト
エイミー・アーヴィング(女優)スー・スネル
ウィリアム・カット(男優)トミー・ロス
ベティ・バックリー(女優)コリンズ先生
ナンシー・アレン(女優)クリス・ハーゲンソン
ジョン・トラヴォルタ(男優)ビリー・ノーラン
プリシラ・ポインター(女優)スーの母 スネル夫人
エディ・マックラーグ(女優)ヘレン
潘恵子キャリー・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
里見京子キャリーの母 マーガレット・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
吉田理保子クリス・ハーゲンソン(日本語吹き替え版【TBS】)
幸田直子スー(日本語吹き替え版【TBS】)
三ツ矢雄二ビリー・ノーラン(日本語吹き替え版【TBS】)
武藤礼子コリンズ先生(日本語吹き替え版【TBS】)
原作スティーヴン・キング「キャリー」(新潮社)
音楽ピノ・ドナッジオ
撮影マリオ・トッシ
製作ポール・モナシュ
ブライアン・デ・パルマ
ルイス・A・ストローラー(製作補)
配給ユナイテッド・アーチスツ
美術ジャック・フィスク
ロバート・グールド〔美術〕(セット装飾)
編集ポール・ハーシュ
字幕翻訳高瀬鎮夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.原作に負けないくらいおもしろい。あの豚の血にまみれるシーンはほんとにえげつなくて強烈。シシースペイセクはうまいなあ。
ビビンバさん 7点(2002-07-27 23:48:39)
20.スチーブン・キングの原作の映画化はポシャることが多いけど、これは成功した方の部類ですよ。シシーは今は脚本書いたり、落ち着いた演技してるけど(ストレイト・ストーリーとか)、このときはけっこう凄い演技でしたね。でもこの時点でもう27歳だったんだね。女の子を怒らせてはいけませんよ、みなさん。この映画のように、後が怖いですから。
オオカミさん 7点(2002-07-15 08:19:10)
19.まぁ~俺的には トラボルタが何処に出ていたのだろう?まったく気が付きませんでした。最後にキャリーの墓の中から手が出てきたとき怖かったですねー客席中から悲鳴が聞こえそれ観たさに2回観た覚えがあります。
東京JAPさん 7点(2002-04-20 01:52:06)
18.豚の血!ぶひーぶごー!
洪金寶さん 6点(2002-03-18 00:49:35)
17.恐怖映画のすべての美質を備えた映画。
死亀隆信さん 9点(2002-03-11 18:54:01)
16.シシー・スペイセクに尽きる!!、余りにハマリすぎてて怖い。
眼力王さん 5点(2002-02-14 18:29:16)
15.血を浴びたキャリーの恐い事!でも、お友達に血をかけてやろうと思いつく若者が、もっと恐かったりして・・
okピーちゃんさん 8点(2002-02-04 20:27:11)
14.まあまあ。
ooo-oooo-oさん 3点(2002-01-31 12:37:02)
13.ビデオのセイか映像があんんまりよくなかったがおもしろかった。オレ的にはキャリー=エコエコアザラクでした。母親がイッてて凄かった。しかしプロムっていいよね。。。
バカ王子さん 7点(2002-01-24 20:04:51)
12.今でいうところの切れる十代ってやつです。しかしトラボルタが出てるなんて・・・これが一番びっくりしたシーンだったかな。
かぶさん 6点(2002-01-21 07:12:48)
11.おとなしい人ほどキレると怖いということが実感できる映画。それにしても巻き添えを食った人たちって・・・
てぃむさん 7点(2002-01-04 09:59:39)
10.どうしようもない、いやーな恐怖感がある。光と影の使い方がうまい。映像表現も独特なものがある。話としては簡単なものなんだが、デ・パルマ監督の奇才ぶりが見て取れる作品でした。
あろえりーなさん 7点(2001-10-05 08:25:23)
9.単純なストーリーなのに、ここまで引きつけるのはさすがです。キャリーの怒り爆発シーンではスカッとしました。
i borgさん 7点(2001-08-21 00:30:06)
8.デ・パルマの出世作。シシー・スペイセクの出世作でもあります。ある意味、健さん映画のような我慢に我慢を重ねた上でのラストの大爆発。体育館の扉が全てバタン!バタン!と閉じていくところが印象に残ってます。サイキック・ホラーの走りでもありました。本当の意味で心臓の弱い人は観ない方がいい、てわけで6点献上。
sayzinさん 6点(2001-08-08 16:54:05)
7.赤い血を浴びた瞬間、画面が2つに分かれて、キャリーの眼がギロッと向く場面!!衝撃的でした!! ラスト、母親の体に容赦無く刃物が刺さる場面も すっ・・凄い!!
プレデターさん 6点(2001-08-05 08:03:45)
6.血を浴びるといってもただの血じゃないんですよ。ブタの血やで、ブタの血!おーこわっ。
さかQさん 7点(2001-06-26 07:00:22)
5.昔の作品だからなのか、そうじゃないのかの判断は私にはできないけど、なんか最近のCGになれている目には新鮮でした。んでじれったくもある。少なくとも2人の女性はキャリーを救いたかったはずなのに、その2人が理解し合えなかったためにおきた最後の惨劇が悲しい。ん~★にしても、このキャリー役の子コワイよぅ、びじある的にさぁ~。冒頭のシャワーのシーンでも怖いのに、赤い血のなかにでっかい目がぎらりってコワいよぅ。こわいよぅ。
ちっちゃいこさん 7点(2001-06-20 11:01:49)
4.この頃のデ・パルマは才能の垂れ流しです。あらゆる個所でドキッとさせられる。勿論映像だけ。
プリンさん 9点(2001-02-13 11:24:50)
3.エクソシストがオカルトの原点だとよく言われるけど僕はこっちの方が衝撃的です。変わり者の少女のいじめられ続けてる青春で前半はそんなに怖くないんですけど、ラストのダンス・パーティーでキャリーの幸せが最高潮に達した直後に事件が起きて怒り爆発、超能力で血の惨劇。ごく普通の日常の生活の展開の中でラストが一気に地獄に変わるって言うのが衝撃的でした。
T・Yさん 7点(2001-01-09 16:01:29)
2.ブライアン・デ・パルマ監督の映像には、映画的表現という言葉がいかにも似つかわしく、彼が描き続ける「愛」と「恐怖」という二つのテーマはただひたすら美しく、そして恐ろしい。特にこの作品はその最たるものとして記憶に残る。中でも冒頭のシャワー・シーンでの初潮の血のイメージや、クライマックスの阿鼻叫喚の前段の、バケツに入った血がキャリーの頭上から降り注ぐまでのスローモーションの効果などは、改めて映画でしか表現しえないものと痛感させられる。ラストの“ビックリ”はこの作品から流行りだした。
ドラえもんさん 8点(2000-11-18 23:48:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 201人
平均点数 7.09点
010.50%
110.50%
200.00%
352.49%
452.49%
5146.97%
63718.41%
75929.35%
84220.90%
92210.95%
10157.46%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.22点 Review9人
2 ストーリー評価 7.00点 Review12人
3 鑑賞後の後味 6.90点 Review11人
4 音楽評価 7.91点 Review12人
5 感泣評価 5.90点 Review10人

【アカデミー賞 情報】

1976年 49回
主演女優賞シシー・スペイセク候補(ノミネート) 
助演女優賞パイパー・ローリー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1976年 34回
助演女優賞パイパー・ローリー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS