Menu
 >
 >
 > キャリー(1976)

キャリー(1976)

Carrie
1976年【米】 上映時間:98分
平均点: / 10(Review 201人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンスシリーズもの青春もの学園もの小説の映画化オカルト映画
[キャリー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-06-04)【イニシャルK】さん
公開開始日(1977-03-03
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
キャストシシー・スペイセク(女優)キャリー・ホワイト
パイパー・ローリー(女優)キャリーの母 マーガレット・ホワイト
エイミー・アーヴィング(女優)スー・スネル
ウィリアム・カット(男優)トミー・ロス
ベティ・バックリー(女優)コリンズ先生
ナンシー・アレン(女優)クリス・ハーゲンソン
ジョン・トラヴォルタ(男優)ビリー・ノーラン
プリシラ・ポインター(女優)スーの母 スネル夫人
エディ・マックラーグ(女優)ヘレン
潘恵子キャリー・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
里見京子キャリーの母 マーガレット・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
吉田理保子クリス・ハーゲンソン(日本語吹き替え版【TBS】)
幸田直子スー(日本語吹き替え版【TBS】)
三ツ矢雄二ビリー・ノーラン(日本語吹き替え版【TBS】)
武藤礼子コリンズ先生(日本語吹き替え版【TBS】)
原作スティーヴン・キング「キャリー」(新潮社)
音楽ピノ・ドナッジオ
撮影マリオ・トッシ
製作ポール・モナシュ
ブライアン・デ・パルマ
ルイス・A・ストローラー(製作補)
配給ユナイテッド・アーチスツ
美術ジャック・フィスク
ロバート・グールド〔美術〕(セット装飾)
編集ポール・ハーシュ
字幕翻訳高瀬鎮夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
141.《ネタバレ》 (DVD特別編での鑑賞です。)血に塗れた少女キャリーの叫ぶ姿は、切なくも美しく見えました。このシーンのために本作は在るのだと感じます。それほどまでに魅力的なシーン。ただ其処へ結び付けるための強引さも感じました。クラスメイトたちの行動は完全に常軌を逸しています。あそこまで執拗にキャリーを虐める理由がみえ難い。また自身の能力をコントロールできるキャリーが、彼女に好意的な人間まで死に至らしめたのも理解に苦しむ。母親殺しにしてもそう。我が身を守るためだけなら、包丁1本だけ刺せばいい。意図的な殺人者と言われても仕方ないと感じます。もっとも、それだけ彼女は精神的に追い込まれていたということなのでしょう。祈りの小部屋で母と供に果てる姿は、憐れとしか言いようが無い。死してなお誹られるキャリー。彼女の母こそ罪深い。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 7点(2008-01-18 19:08:32)
140.ちょっとこの映画テンポが悪い気がします。プロムでのシーンもいまいち。シャワーシーンだけが印象に残りました。
doctor Tさん [DVD(字幕)] 6点(2007-09-01 20:16:37)
139.《ネタバレ》 プロムでぐるぐる廻る幸せ絶頂シーンでは思わず泣きそうになった。そして、あまりに壮絶なテレキネシスによる復讐は、「やっちまえ!」などという気持ちすら差し挟む隙もない程、哀切に満ちていて、「なぜこんなことに…」とただただ呆然とするほかない。いじめられっ子のキャリーに扮したシシー・スペイセク(当初はナンシー・アレンの役になる予定だった)の完璧な演技により、この作品は永遠の名作となり得た。絶頂期のデ・パルマの演出テクニックも冴えまくり、原作者のS・キングでさえ「小説より怖い」と太鼓判を押すほど。ラストのショックシーンは、その後のホラー映画に多大な影響を与えた。個人的には、『エクソシスト』『シャイニング』と並ぶ「本当に怖いホラー映画」。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 10点(2007-07-26 23:54:09)(良:2票)
138.《ネタバレ》 こえー。あのカッと開いた目こえー。そして最後は完全に想定の範囲外だったんでびびりまくり。。。あの子は一番キャリーの事を考えてくれたのにねぇ。まぁ生きてただけよしかぁ。最後の一瞬に七点
マキーナさん [インターネット(字幕)] 7点(2007-03-30 23:54:36)(良:1票)
137.《ネタバレ》 観た当時はジョン・トラボルタを知らなくて、今になってどこにいた?という状態でちょっと残念。でも見直そうとは思わない。ホラーだと思って観たのが間違いだった。何故あんなに酷い苛めになるのかが分からない。わざわざ豚を殺しにまで行っていじめるほどキャリーは嫌なやつなのでしょうかね。そう見えなかったなぁ。むしろ、良い子で可愛いじゃないかと思った俺はおかしいのでしょうか。いや少なくともその他大勢の女よりかは美人。パーマばっかり。話も説明不足すぎて何が何だか、ラストの方も何が起こったのかわからなかった。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 3点(2007-01-22 21:10:04)
136.私はジョントラボルタが出てきたときにすぐわかりましたよ。
Michael.Kさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-01-19 03:21:05)(笑:1票)
135.復讐モノのホラーの中ではこれがダントツに怖い気がします。シシー・スペイセクのあの強い目とロングのヘアーの風貌から魔女っぽくも見えてしまいました。但し彼女が受けていたイジメは同情に値するし、復讐に関しては途中まで「それいけキャリー」的な目で観ていたのも事実です。デパルマの映像魔術師ぶりはこの作品でもいかんなく発揮され、スロー、分割、クローズアップ等の効果を適材適所に使用していて、恐怖が増したと思います。皆さんが仰るようにラストの墓場のシーンは、心臓が止まるかと思う程怖かったです。あとトラボルタもさすがに若かったですね。
まさかずきゅーぶりっくさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-07-20 14:34:05)
134.「恐怖」というより「悲哀」
Syuheiさん [DVD(字幕)] 5点(2006-06-21 15:33:21)
133.《ネタバレ》 ホラー映画だと思っていたのですが、悲しい映画ですと書いてあったので借りてみました。
悲しい映画でした。キャリーも、おかあさんも、先生も、クラスメートも悲しい。
ひどい悪だくみをした顔だけ可愛い子なんて、あまりにも馬鹿で、悲しかった。
moguさん [DVD(吹替)] 8点(2006-05-17 23:16:42)
132.何かB級な展開のもっていき方が好き。内容どうこうじゃないもんな。ワクワクしたり、ドキドキしたり、監督にいいように動かされてんのが分かる。いじめられっ子が
だんだん可愛くなっていってハッピーエンド…じゃなくて救われんし。救わんし。期待は裏切るためにあるものなんです的な発想。心に残るより記憶に残ってしまう映画なんよな。腐るほど映画が溢れてる中でこれだけ金かかってなくて、記憶にこれだけキッチリ残ればデ・パルマの勝ちやと思う。
ハッシーふりかけさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-04-18 04:07:22)
131.過去に一度観ようとして怖くて観れなかった覚えがあります。その怖さを振り切って、いざ観ようと思って挑んだこの映画。あれ、おかしいな?もっと怖かったはず、いや!きっとこの後にオレがかつておびえた恐怖のシーンが・・・と待つこと小1時間。とうとう早送りも一時停止もすることなく、平穏無事に観終わってしまいました。オレはかつて何のシーンであんなにおびえていたんでしょう。いや、確かに血をかぶった後のキャリー(=シシー・スペイセク)のギョロ目はかなりキていましたが、でも今のオレには許容範囲内・・・。いつのまにかホラー免疫が発達していたのか、成長した自分につっこみを入れたくなったひとときでした。最後の豚の血のバケツって、ジョン・トラボルタカップルだけがしくんだ仕掛けだったんですね。自分の彼氏をキャリーのプロムに付き添わせた女の子も一枚かんでるもんだと思ってました。てゆーか、あれをいたずら感覚で実行できるほうも相当ですが、それをかぶったキャリーを笑える会場の人たちもどうかしてるだろう。そりゃあキャリーじゃなくてもキレるわな。ちょっとこれ観た後に原作が読みたくなりました。また書店で購入してこようか思います。
TANTOさん [DVD(字幕)] 6点(2006-03-25 22:19:40)
130.《ネタバレ》 母親の狂気の演技、コレに尽きる。
力を解放したキャリーのマネキンのような立ち姿と表情も凄まじく怖い。
眼に焼きつく、脳裏にこびりついて離れない。
と同時に、着飾った彼女の美しい変貌振りも印象的だった。
トミー&スーは彼女のことを思ってパーティーに誘ったわけだが、
あのような結果になってしまい残念でしょうがない。
トミーなんて死んじゃうし・・スーもトラウマに。
女性教師も味方でしたがキャリーにはそうは見えなかったようで浮かばれません。
ホラー物といいますがやりきれない切なさがこみ上げてくる。
青春ドラマの光と影をサイコに演出してみました、といった感じです。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-02-26 03:59:32)
129.時はオカルトホラーブーム。これもすごい話題になってたっけ。当時としては怖かったですね~。デ・パルマの映像ってなにかモヤ~としたものを感じる、そこが好きです。今よ~く観たら「こんなところにこの人が出てるよ~」の宝庫かもね。ラストはやっぱり飛び上がりました。ああいうオチを経験したのはたぶんコレが初めてだったと思う。
envyさん [地上波(吹替)] 8点(2006-02-13 23:31:21)
128.小さい頃に、予告を見てて『すっごく』怖い映画なんだろうな、と思っていた。あれから20年以上も経ってようやく鑑賞にいたったのですが、あまり恐怖を感じなかった。きっと現在のホラームービーに慣れてしまって当時のホラーに恐怖感がないからだと思う。しかし、注目すべきはシシー・スペイセクの演技。あれは、ストーリーとは別にほんとに怖さを感じる。
MSさん [DVD(字幕)] 6点(2006-02-12 20:22:45)
127.《ネタバレ》 リアルな日常をしつこくしつこく描いた末にそうなる、というのがミソであった。そのしつこい部分があまりに出来がよいことが驚きだ。Mかと思ってたら逆ギレてドSに変身。ホラーというよりは変形の青春映画といったほうがよい。全米の不細工な少女たちはスカッとしたのであろうか?
パブロン中毒さん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-12-18 00:50:20)
126.《ネタバレ》 怖すぎ。こんなに怖い映画は好きくない。でもシシー・スペイシクの出世作でもあるから貴重な作品。
湘爆特攻隊長さん [地上波(吹替)] 3点(2005-10-26 23:22:48)
125.シシー・スペイセクが佐々木蔵之助に見えてしょうがない。
カイル・枕クランさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-10-13 16:15:05)(笑:2票)
124.このあいだ、久々に見ましたけどオープニング(正確には2番目のシーン)であんなサービスショットがあったなんてこと、すっかり忘れていました。『キャリー』といえば血を浴びたキャリーの顔、そしてその後の超能力を使うキャリーの青い目だけが強烈に頭にこびりついています。見直すと冒頭のシーンも更衣室からシャワーを浴びるキャリーへとスローで移動してゆく映像が美しくも、もう早くもここで何かが起こるんじゃないだろうかという不安を煽ってます。高校生で初潮をむかえるウブな少女を当時27歳のシシー・スペイセクが好演。ちなみにナンシー・アレン26歳、ウィリアム・カット25歳である。キャスティングが絶妙なんですが、中でもシシー・スペイセクは怖いくらいにはまってます。いや、実際怖いです。昔、シシー・スペイセクに似た子がいて、気付かれないように警戒していたことがありました。
R&Aさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-09-26 14:08:02)(良:1票)
123.《ネタバレ》 実は今まで観てなかってん。結末は知ってるから退屈かな~って思ってたら、意外と引き込まれた。最初、キャリーはほんまキショイ。イジメの陰鬱さや母親がキモイのもあいまって、前半からえげつなさ全開。ところが、途中能天気な青春コメディータッチなノリになってゆくねん。これが、この映画のさらにキモイとこ。で、その後プロムに誘われた時のキャリーは、最初のキショさが嘘のようにかわいくなってるねん。すごいわシシー・スペイセクってゆう役者さん。そして監督。恋すれば誰もがキュートになるってのが観ててよーわかる。でも結末知ってるやろ?だから、幸せそーにしてるるキャリーを見れば見るほど、ドンドン不安感あおられて、悲しさこみ上げてくる。展開を知ってるがゆえのせつなさ。「火垂るの墓」で冒頭から泣いてまうのと一緒。で、例のアレが起こるねん。ただ、このシーン、観る前は復讐のカタルシスを得られるんかな~って思ってたけど、違ってたわ。それよりただ悲しくせつなかったわ。全体的にはせつない青春ホラーって感じやわ。超能力使うときの一瞬の音響効果がオレは怖かったな~。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2005-08-16 04:02:44)(良:1票)
122.《ネタバレ》 ホラー(特に古いもの)は苦手なジャンルなんで期待はしたいなかったが青春ものサスペンスみたいな感じの内容でした。シシー・スペイセクは主演女優賞をノミネートされるだけあって怪演技を目に焼きつけられる。キャリーはとことん可哀想な女の子ですね~クラスメートからはいじめられ、トミー・ロスによって立ち直ったキャリーを豚の血で鮮血のドレスに替えられてしまって・・・。最後には母親にも魔女として扱われて殺されかける。語っているだけでも切ない。あのバケツさえ避けていればハッピーエンドに終わったもののホラー映画はそれを許してはくれない。だから、自分はホラーが苦手なんです。マーガレット・ホワイトのキレぐあいも凄かったが日本にも居てるよ・・・ベランダで怒鳴ったり、大音量で音楽鳴らして近所に嫌がらせしていてニュースで話題になっていた狂犬病並のおばさん(笑)それとジョン・トラボルタが若い。初めは気付かなかったぐらいですから。血まみれのシシー・スペイセクがこの作品の全てです。ラストの手は雰囲気で何かが起こると感じ取っていたので意外と驚かなかった。続編やTVMのリメイク版も機会があれば観賞したいと思います。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 4点(2005-08-06 02:39:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 201人
平均点数 7.09点
010.50%
110.50%
200.00%
352.49%
452.49%
5146.97%
63718.41%
75929.35%
84220.90%
92210.95%
10157.46%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.22点 Review9人
2 ストーリー評価 7.00点 Review12人
3 鑑賞後の後味 6.90点 Review11人
4 音楽評価 7.91点 Review12人
5 感泣評価 5.90点 Review10人

【アカデミー賞 情報】

1976年 49回
主演女優賞シシー・スペイセク候補(ノミネート) 
助演女優賞パイパー・ローリー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS