Menu
 >
 >
 > キャリー(1976)

キャリー(1976)

Carrie
1976年【米】 上映時間:98分
平均点: / 10(Review 201人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンスシリーズもの青春もの学園もの小説の映画化オカルト映画
[キャリー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-10-15)【S&S】さん
公開開始日(1977-03-03
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
キャストシシー・スペイセク(女優)キャリー・ホワイト
パイパー・ローリー(女優)キャリーの母 マーガレット・ホワイト
エイミー・アーヴィング(女優)スー・スネル
ウィリアム・カット(男優)トミー・ロス
ベティ・バックリー(女優)コリンズ先生
ナンシー・アレン(女優)クリス・ハーゲンソン
ジョン・トラヴォルタ(男優)ビリー・ノーラン
プリシラ・ポインター(女優)スーの母 スネル夫人
エディ・マックラーグ(女優)ヘレン
潘恵子キャリー・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
里見京子キャリーの母 マーガレット・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
吉田理保子クリス・ハーゲンソン(日本語吹き替え版【TBS】)
幸田直子スー(日本語吹き替え版【TBS】)
三ツ矢雄二ビリー・ノーラン(日本語吹き替え版【TBS】)
武藤礼子コリンズ先生(日本語吹き替え版【TBS】)
原作スティーヴン・キング「キャリー」(新潮社)
音楽ピノ・ドナッジオ
撮影マリオ・トッシ
製作ポール・モナシュ
ブライアン・デ・パルマ
ルイス・A・ストローラー(製作補)
配給ユナイテッド・アーチスツ
美術ジャック・フィスク
ロバート・グールド〔美術〕(セット装飾)
編集ポール・ハーシュ
字幕翻訳高瀬鎮夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
61.ホラーのようでいて、ホラーでない感じでした。怖いというより悲しいという感じ。今まで幸せを味わったことが無い少女が幸せの頂点のど真ん中に、奈落の底に落とされる。キャリーを大切に思ってくれた人も見境なく殺すあたりに傷ついた思春期の少女の心がよく出ていた。結末がとても悲しいです。
civiさん [インターネット(字幕)] 6点(2003-10-30 06:04:01)(良:1票)
60.《ネタバレ》 自分はビデオのパッケージでこの映画を少し避けていた。しかし観でみると、それはバカな思い違いにきずかされた。これはただのホラー映画ではない。ラブストーリーもあり、コメディぽい所もある。なかでもプロムでキャリー(シシー・スペイセク)とトミー(ウィリアム・カット)が回りながら踊るシーンは最高だった。
俳優の演技も素晴らしくアカデミーノミネートというのも理解した。
音楽・歌にしても作品にマッチしている。悲しいストーリーではあるが、ぜひ観てほしい。DVDの特別編では、コリンズ先生(ベティ・バックリー)の笑う有名なシーンの真実が解かるので、気になる人はチェック!!
Ko-banさん [DVD(字幕)] 8点(2003-10-28 16:59:09)
59.キャリーって着飾ると結構可愛い子なのに、皆ひどいなぁ。
殺されても仕方ないね(極端)って思った覚えがあります。
自分がどちらかと言えば日陰側にいると自覚してる人たちは大抵彼女に同情しそうですね。
ひろほりともさん 7点(2003-10-28 12:16:43)
58.シシースペイセクがかわいそうでいてちょっとむかつくとこいいな。
たましろさん 6点(2003-10-25 00:04:34)
57.《ネタバレ》 あれが豚の血だったなんて…、しかもトラヴォルタが絡んでるなんて…大人の真実をつき付けられた感じだわ。怖いのは、キャリーじゃなくてお母さんだったのね。先生は?あの一瞬の笑いが真実の姿だったの?
桃子さん 6点(2003-10-21 18:33:33)
56.《ネタバレ》 クラスメートが彼氏を貸してくれるトコは、また何か仕組んでるんだろうとか勘ぐってしまった。実はいいヤツだったんだな。狂信的とはいえ、最後の心の拠り所的だった母親にまで裏切られて可哀相だった。キャリーは綺麗だったな。
ロカホリさん 9点(2003-10-19 15:57:23)
55.オープニングのシャワーシーンでの意外な展開や、スローモーション、分割された画面など、他の映画とは変わった趣向が凝らしてあり、それが作品への好奇心となって集中して楽しめた。怖かったシーンは、キャリーが信頼を寄せていた先生が、血に染まった彼女を見てクスクスと笑うシーン。
VIEW-REさん 9点(2003-10-19 15:24:24)
54.《ネタバレ》 キャリー(シシー・スペイセク)の怒り爆発の描写はなんとなく後の映画「炎の少女チャーリー」に通じる所が有りますね。両作品ともスティーブン・キング原作だから…と言うのも有りますが、キングらしい味付けが効いて良い。イジメ描写は観ていてあまり気分の良いものでは無く、しかもそんな彼女が報われるかと思いきや…あのラストです。特に、豚の血がバシャ―ッとキャリーに降り注いだ血まみれ姿が、恐い程印象に残っています。しかし恐ろしかったのはキャリーの母親(パイパー・ローリー)だった! ラストシーンはもうホラー映画…。前半はモテない女の子が奮起する青春映画だと思っていたので、ラストの物凄い展開は暫しア然、ボー然。ストーリー展開は良い意味で裏切られ、作品性も優れた映画。
_さん 7点(2003-10-17 18:54:12)(良:1票)
53.小さい頃、ビデオのパッケージが怖くて怖くて最近まで敬遠してちゃんと観ていなかったのですが、なるほどこういう物語だったんですか。思っていた以上に面白かったです。キャリーのママは本当に怖いね。
きすけさん 7点(2003-10-16 16:53:52)
52.10年くらい前に見た時、トラボルタって今どうしてんだろうとか、そっちの方に気がいってた。人間じゃなくて豚の血でちょっと安心。でも気色わるい・・
たつのりさん 5点(2003-10-06 23:43:42)
51.こわかったけどなんていってもキャリーのママがこわかったです。
fujicoさん 7点(2003-09-06 16:26:12)
50.好きです。キャリーに自分を重ねるかどうかで見方も変わってくると思いますが、十分すぎるほど説得力のあるキャリーの悲しさがダイレクトに伝わってきて、自分とかぶりまくりでせつなかった。切なければ切ないほど、クライマックスでのカタルシスはすごい。恐怖感と爽快感と切なさを同時に味わえるなんて、やっぱりこりゃ名作。
あにさきすRさん 8点(2003-07-11 01:16:36)(良:1票)
49.デパルマの作品は好き。たまに「スネークアイズ」のようなハズレもあるけど。観ているうちにキャリーに感情移入してしまい、「辛抱していればたまには良いこともあるよ。」とプロムのシーンでは、自分のことのように嬉しかったけど、ブタの血を浴びせられて怒りに我を忘れ、自分に好意的だった人までも巻き添えにしてしまうところが・・・。キャリー役のシシースペイセクがはまっていた。サイッキクホラーというよりも可哀想ないじめられっこのお話。
くるみぱぱさん 8点(2003-07-09 05:54:26)
48.エクソシスト、オーメンと並んでオカルトの最高傑作だと思いますが、この3本の中でどれが良いかと言われればはやはりこの作品が1番好きですね。狂信的な母親の圧倒間などは見ていて本当にゾクゾクするし、ラストでの、ナイフで十字を切る時のあの顔!あの表情は、“ミザリー”のキャシー・ベイツよりも怖いと思います。プロムのシーンの、画面を2分割した映像は凄く斬新だと思うし、ラストのシーンも、大体予想が付くけれども、やはりこの作品が先駆け的なものであるため、ちっとも使い古した感じがしません。全編を通して、やはりキャリーが可哀相だと思いました。近寄りがたいとはいっても、ブスではない(と言うより結構可愛い)ので余計にそう思いました。色々な意味で心に残る名作です。
クリムゾン・キングさん 9点(2003-07-01 18:26:56)(良:1票)
47.ずいぶん前に見ましたが、超能力による少女の復讐と悲劇を描いた、見応えのある映画だったと記憶しています。ところで、主人公のシシー・スペイセクはさておき、アメリカの高校生というのはやけに大人びているというか、老けているという印象を受けましたね。とくにJ・トラヴォルタ、N・アレンあたりなんか…。しかしまぁ、その後の活躍は皆さん大したものです。そんな思い出の青春オールスター映画に、7点。
光りやまねこさん 7点(2003-06-28 20:41:57)
46.偶然にもこれの原作を読み終わった夜にテレビでやってて見ました。普段は怖い系は見ないのに、すごい偶然だったから・・・。ち、血が・・・。夜眠れなくなりました。
ネフェルタリさん 6点(2003-06-19 15:13:41)
45.はじめて映画館でこの映画を見たとき、ラストで持っていたポップコーンのケースを落っことしました。友人のひとりは何度見てもキャリーがかわいそうで泣けると言っています。アメリカングラフィティの中でプレムで騒ぐ若者たちが出てきますが、それにのれずに裏側にいる若者を見てしまった気がします。ラストのシーンを他の人に見せて驚かせたくて、今までに1番繰り返し見た映画です。
omutさん 8点(2003-06-17 03:48:44)(良:1票)
44.昔から、オカルトホラーの傑作として知られる本作。やはり後半を超えたあたりのダンスパーティーでの、キャリーの非常に幸せそうな笑顔が印象的である。この笑顔と、終盤に発狂モードに入ってからの惨劇と、そのキャリーの表情の描き方とが、非常に好対照である。これまでのキャリーの人生にとって最も幸せな瞬間から、その幸せが、あっけなくも崩壊してからの怒りの描写への急展開と、そこから悪夢の結末に向かって、ひた走るホラードラマは、実にダイナミズム溢れる展開である。ただし、昔としては斬新だったかどうかは知らないけど、マルチカメラアングルによる惨劇シーンの表現法は、蛇足な気もした。
叫真さん 8点(2003-06-12 19:21:09)
43.この映画がホラーとして敬遠されているとしたら勿体無い。ここまでどうしようもない悲劇を、キッチリと娯楽作品として成立していることに驚き。凡庸な監督では陳腐なサイキックものにされてしまうんだろうが、あくまで「異常人の悲哀」を最後まで主題にした監督のおかげで、一級の人間ドラマとして仕上がっている。デ・パルマらしい映像センスも随所に見られて満足。
二重奏さん 8点(2003-05-27 16:14:13)(良:1票)
42.見た目の怖さは少しありましたが、心理的には別に何も感じなかったです。キャリーの母親に問題があるからで、なんだか日常でもありえるような気さえしてきます。最後は血まみれだからいかにもホラーっぽくなりすぎです。
フィャニ子さん 5点(2003-05-14 22:12:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 201人
平均点数 7.09点
010.50%
110.50%
200.00%
352.49%
452.49%
5146.97%
63718.41%
75929.35%
84220.90%
92210.95%
10157.46%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.22点 Review9人
2 ストーリー評価 7.00点 Review12人
3 鑑賞後の後味 6.90点 Review11人
4 音楽評価 7.91点 Review12人
5 感泣評価 5.90点 Review10人

【アカデミー賞 情報】

1976年 49回
主演女優賞シシー・スペイセク候補(ノミネート) 
助演女優賞パイパー・ローリー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1976年 34回
助演女優賞パイパー・ローリー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS